NFT

【保存版】OpenSeaでガス代が発生する取引まとめ【安くする方法アリ】

 

悩んでいる人
OpenSeaのガス代ってどのタイミングで発生するんだろう?ガス代がかかる取引とガス代を安く済ませる方法が知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Openseaでガス代がかかる取引
  • Openseaでガス代がかからない取引
  • イーサリアムのガス代を調べる方法
  • Openseaのガス代を安くする方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にOpenseaでNFTアートを販売し、完売しています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中であり、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

NFTマーケットプレイスの代表とも言えるOpenSea(オープンシー)。

 

日本人利用者も多く、僕自身もNFTアートを出品しており、NFT取引には欠かせない存在です。

 

しかし、Openseaではガス代と呼ばれる手数料を払う必要があり、ガス代を理解していないと知らないうちに多くのガス代を払うことになってしまいます。

 

そこで今回はOpenseaでガス代がかかる取引や、ガス代を節約する方法を解説します。

 

これからOpenseaでNFT取引を始めたいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

 

なお、OpenseaでNFT取引をはじめるためにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Openseaでガス代がかかる取引

Openseaでガス代がかかる取引

 

まずはOpenseaでガス代がかかる取引について説明します。

 

出品時

 

出品時にガス代がかかるタイミングは以下のとおり。

 

  1. ETHのNFTを初めて出品するとき
  2. オファーを承諾するとき
  3. ETHのNFTメタデータをIPFSに保存するとき
  4. ETHのNFTをトランスファーするとき
  5. 固定価格販売をキャンセルするとき
  6. オークションをキャンセルするとき

 

OpenseaはETHで初めての出品時にはガス代がかかりますが、二回目以降の出品時にはかかりません。

 

また、NFTデータをOpenseaではなく、IPFSという分散型のネットワークに保存する際もガス代がかかります。

 

購入時

 

購入時にガス代がかかるタイミングは以下のとおり。

 

  • 固定価格のETH作品のNFTを購入するとき
  • ETH→WETHへ交換するとき
  • ETH→Polygonにブリッジするとき
  • ETH作品へのオファーをキャンセルするとき
  • ETH作品のオークション入札をキャンセルするとき

 

このようにETHでの取引にはガス代が頻繁にかかることがわかります。

 

一方でNFT作品の取引高を比較すると、PolygonよりもETHの方が圧倒的に多いのが現状です。

 

 

今後コレクションを長く運営したい場合や転売などの二次流通を考えている場合はETH作品を購入しておくと良いでしょう。

>>【2022年】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

 

Openseaでガス代がかからない取引

 

Openseaではガス代がかからない取引もあります。

 

出品時

 

出品時にガス代不要の取引は以下のケースです。

 

  • PolygonのNFTを初めて出品するとき
  • ETHのNFTを値下げするとき
  • PolygonのNFTをトランスファーするとき
  • Polygon作品のIPFS(Freeze metadata)を設定する時

 

このようにPolygonでの出品やトランスファーにはガス代がかからないことが特徴です。

>>仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

そのため、お試しでNFTアートを出品してみたい方や、Giveawy企画などではPolygonがよく利用されています。

 

ちなみに、ぼくがGiveaway企画をやった際もPolygonを利用しました。

 

 

これがきっかけでコレクションが完売したので、経緯を今話題のNFTアートを販売してみたら全部売れた件【売るコツも紹介】にまとめてあります。興味がある方はどうぞ。

 

購入時

 

購入時にガス代が不要のケースは以下のとおりです。

 

  • オファーでNFTを購入するとき

 

以上がOpenseaでガス代がかかる取引・かからない取引の一覧です。

 

ざっくりと頭に入れておいて、自分の目的に応じてETHとPolygonを使い分けてください。

 

イーサリアムのガス代を調べる方法

 

イーサリアムのガス代についてはこちらのサイトで確認できます。

 

サイト内の中央にある「Gas Price」の数値を確認します。

 

 

 

基本的にはこの数字が低いほどガス代が安くなります。

 

何度か確認してみて、数字が小さくなったタイミングで取引をするとガス代が節約できます。

 

Openseaのガス代を安くする方法

 

Openseaのガス代を安くする方法は以下のとおり。

 

  1. ETHのガス代が安い時に取引する
  2. Polygon作品を取引する

 

①ETHのガス代が安い時に取引する

 

ETHはガス代が常に変動しているので、安いタイミングで取引することでガス代を節約できます。

 

先述のガス代確認サイトで安いタイミングを確認してもいいですし、以下のようなMetamaskのガス代承認画面で5分ほど待っているとガス代が安くなることがあります。

 

gasETH

 

安いタイミングで承認することでガス代を節約できます。

 

②Polygon作品を取引する

 

Polygon作品を中心に取引することでガス代が節約できます。

 

Polygonであれば出品や購入のガス代は無料になるからです。

 

ETHと比較して取引高が少ないというデメリットはありますが、ガス代を抑えてNFTに触れたいという方はPolygonがおすすめです。

 

まとめ:Openseaでガス代を節約してNFTを取引してみよう

 

今回はOpenseaでガス代がかかる取引について解説しました。

 

結論として、以下のように使い分けるのが良いかと。

 

  • 本腰を入れてNFT売買をしたい人:ETH
  • お試しでNFT売買をしたい人:Polygon

 

NFTはまだ発展途上にあるので、今から始めることで先行者利益を得られる可能性が高いです。

 

この記事を読んだ人の100人中95人はページを閉じて終わりです。残りの行動した5人しかその恩恵を得ることはできません。

 

迷っている時間が勿体ないので、少しでも興味があるならNFTに触れてみましょう。以下の参考記事を読むと行動しやすいはず。

 

 

繰り返しですが、NFTを売買するためにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

 

アプリダウンロード数No.1のコインチェックで口座を無料開設してイーサリアムを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5