MONEY

リップル(XRP)の今後の価格予想!さらに価格上昇するのか?

リップルロゴ2

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のリップルを買いたいけど今後の値動きが気になる…。リップルの今後の価格予想を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • リップルの概要
  • リップルの今後の価格予想
  • リップルを買うべき3つの理由
  • リップル購入におすすめの取引所

 

本記事の信頼性

筆者は実際にリップルを購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

リップルは2013年に発行を開始した暗号資産(仮想通貨)であり、2021年4月現在では、時価総額第7位を誇る人気の暗号資産(仮想通貨)です。

 

仮想通貨の中でも高速処理・低コストという特徴があり、投資家の注目を集めています。

 

実際にリップルの価格はこの1年で19円から一時178円と約10倍ほどに上昇しています。

 

リップルチャート

 

今回はリップルを実際に購入して200万円ほどの利益を上げている僕が、リップルの今後の価格について解説します。リップルについて詳しく知りたい方は、【初心者向け】リップル(XRP)とは?特徴や今後の動向を徹底解説をご参照ください。

 

動画版もあります。耳だけでわかるようになっているのでこちらもどうぞ~。

 

 

なお、リップルを買うにはアプリや取引画面が使いやすいコインチェックがオススメ。

 

リップルを買いたいという方は無料でコインチェックに口座開設をしておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

リップルの概要

リップルロゴ1

 

リップルの概要は以下のとおり。

 

仮想通貨名(通貨略称) リップル(XRP)
発行上限 1,000億枚
発行元 Ripple Labs Inc(リップル社)
時価総額 7位
代表者 Brad Garlinghouse
公式サイト

https://ripple.com/

 

リップル(XRP)は、2012年に発行された仮想通貨です。

 

2020年3月時点で時価総額はビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位の規模を誇っています。

 

カナダのプログラマーRyan Fugger氏が開発し、2004年にリップルの基礎が作られました。

 

2011年には共同開発者であるJed McCaleb氏が次世代マイニングアルゴリズム「Proof of Consensus」を開発し、2013年以降から仮想通貨としての運用が本格的に始まりました。

 

従来の国際送金システムであるSWIFTには以下のような課題があり、それを解決すること目的として開発されています。

 

  • 時間がかかりすぎる
  • 手数料が高い

 

そのため、国際送金に必要な時間やコストを低減できる次世代の国際送金システムとして、期待を集めています。

 

リップルの今後の価格予想

お金を追う

 

リップル(XRP) の今後の価格予想について見ていきます。

 

仮想通貨の専門家による今後の価格予想をご紹介します。

 

①北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

出典:https://www.sbigroup.co.jp/company/information/topmessage.html

 

SBIホールディングス代表取締役の北尾氏の予想は以下のとおり。

 

北尾社長の価格予想

2018年末までに10ドル(約1,100円)

 

北尾氏は「リップルは2018年内に10ドル」と予想していました。

 

2018年内に10ドルには届きませんでしたが、今後リップルが普及していけば、10ドル達成は間違いないと見られています。

 

②Nasdaq(米新興企業向け株式市場)

 

Nasdaq(ナスダック)による価格予想は以下のとおり。

 

Nasdaqの価格予想

数年間の間で5ドル(550円)に到達

 

Nasdaqは「数年間で5ドルに到達」と予測しています。

 

リップルは一時期「1XRP=400円」の最高値を記録したことを考えると、到達する可能性が高いと言えます。

 

③Finder.com

 

イギリスの大手比較サイトであるFinder.comによる価格予想は以下のとおり。

 

Finder.comの価格予想

2019年までに約215円に到達

 

当初は「2019年末までに82円」という予測でしたが、上方修正しています。

 

リップルは現時点(2021年5月)で150円くらいなので、215円に到達する可能性は十分にあります。

 

リップルを買うべき3つの理由

展望

 

つづいて、リップルを買うべき3つの理由について説明します。

 

  1. 高速処理でコストが安い
  2. 複数の銀行で採用
  3. Googleが出資

 

①高速処理でコストが安い

 

リップルの最大の特徴は、取引承認速度が極めて速い点です。

 

リップルが提供する送金システムのxRapidでは、既に国際間での送金実験を成功させています。

 

実験ではアメリカからメキシコへの送金がわずか2分で完了。

 

さらに、従来と比較して4割~7割ほどのコスト削減を成功させています。

 

このように、処理が速くコストが安いことで企業による導入が期待されています。

 

②複数の銀行で採用

 

リップルは、すでに多くの銀行などで採用テストが進んでいます。

 

リップルのプロジェクトには世界中の60社に及ぶ金融機関が参加するプロジェクトがあり、実証実験も実施されています。

 

日本の銀行でも三菱UFJフィナンシャルグループゆうちょ銀行などがこのプロジェクトに参加しています。

 

 

安定性を重視する日本の銀行が参加していることからも、リップルの実用性が高い評価を得ていることがわかります。

 

③Googleが出資

 

リップルは、Googleの子会社のグーグル・ベンチャーズから出資を受けています。

 

つまり、Googleがリップルの実用性や将来性について高く評価しているということ。

 

Google以外にも多数の大企業がリップルに出資しており、主要な企業は以下のとおりです。

 

  • Google
  • アクセンチュア
  • CME ベンチャーズ
  • SBIホールディングス
  • シーゲイト・テクノロジー
  • アンドリーセン・ホロウィッツ
  • GV
  • サンタンデール・イノベンチャーズ


名だたる大企業が出資をしていることを考えると、リップルの将来性に高い期待を寄せていることがわかります。

 

企業のお墨付きのようなものなので、購入する際も安心感があります。

 

リップル購入におすすめの取引所

コインチェック

 

名称 Coincheck(コインチェック)
公式サイト コインチェック
取り扱い通貨数 16通貨
最低取引額 500円
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス

 

リップルを購入するのにおすすめの取引所はコインチェックです。

 

コインチェックでは、リップルを始めとする16種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

スマホ専用のアプリがあるので、スマホでチャートの確認や入出金、売買が簡単にできます。

 

ぼくもよくコインチェックのアプリで仮想通貨をポチポチ買っています。

 

コインチェックは仮想通貨を一定期間貸して、金利を得る貸仮想通貨サービスも提供しています。貸仮想通貨については、貸仮想通貨とは?メリット・デメリットや始め方を徹底解説で詳しく解説しています。

 

リップルを購入してとにかくガチホするという方は、貸仮想通貨でより多くの利益を得ることもできます。

 

口座開設はスマホだけで10分ほどで完了するので、まずは気軽に口座開設をしてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:リップルは将来有望で価格上昇が期待できる

飛翔

 

リップルはここ最近で国内での知名度も上昇し、多くの取引所で取り扱っていることからジワジワと価格をあげてきています。

 

また、リップルは送金が高速処理・低コストという特徴を持っているため、世界各国の金融機関が国際送金システムへの採用を検討しています。

 

そうした背景から、リップルの価格はこの1年で19円から一時178円と約10倍ほどに高騰しています。

 

リップルチャート

 

現在の暗号資産(仮想通貨)相場の上昇トレンドを見ると、リップルもまだまだ上昇ポテンシャルがあるので今のうちに購入しておくのがオススメです。

 

まだリップルを持っていないという方は、コインチェックでサクッと口座開設をして今のうちに仕込んでおきましょう!

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5