BLOG SEO

SEOに効果的なURLとは?効果的なURLを設定するポイント5つ

SEOに関する検索エンジンの仕組み

 

悩んでいる人
URLって適当につけるとまずいのかな?SEOに効果的なURLを設定するポイントが知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • そもそもURLとは何か
  • SEOに効果的なURL設定のポイント5つ
  • SEO的によくないURLの例3つ

 

本記事の信頼性

筆者は2020年8月にブログを開設し、毎日更新しています。

 

「SEOに効果的なURLの設定方法がわからない…」こんな風に思って困っていませんか?

 

本記事では、SEOに効果的なURLの設定のポイント5つをご紹介しています。

 

SEO的によくない例についても併せて紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、SEOに効果的なURLを設定できるようになるので、あなたのブログをより沢山の人に読んでもらえます。

 

記事は3分ほどで読み終わります。SEOに効果的なURLの設定方法を知りたい方は、3分だけおつきあいください。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

そもそもURLとは何か

そもそもURLとは何か

 

URLとは「Uniform Resource Locator」の略で、一言で説明するとそのページのネット上における住所です。

 

URLの構造

 

つづいて、URLの構造について触れておきます。参考までに、当記事のURLは以下のとおりです。

 

●https://fafa0911.com/seo-url

 

上記のURLは、以下の要素に分けられます。

 

要素 URL 説明
プロトコル https URLの先頭に来る通信規格。httpかhttpsのいずれかが主流です。
ドメイン fafa0911.com 住所のようなもの。1サイトに1つ独自のドメインが付与されます。
ファイル名 seo-url ファイルのこと。URLの最後に出てくる部分です。

 

URLがどのような要素によって成り立っているか、ざっくり理解できればOKです。SEO対策でやるべきことは、以下の記事で詳しく解説しています。

>>WordPressのSEOを強化するためにやるべき12の対策

 

SEOに効果的なURL設定のポイント5つ

SEOに効果的なURL設定のポイント5つ

 

つづいて、SEOに効果的なURL設定のポイントを説明します。ポイントは以下の5つ。

 

  1. URLにキーワードを含める
  2. ハイフンで単語を区切る
  3. 小文字に統一
  4. 英語と数字で構成する
  5. できるだけ短くする

 

順番に説明します。

 

①URLにキーワードを含める

 

1つめのポイントは、URLにキーワードを含めること。

 

URLにキーワードを含めることで、一見してどのような内容のページか判別が可能になるからです。

 

例えば、以下の2つのURLを見比べてみるとどうでしょうか。

 

  • https://fafa0911.com/seo-url
  • https://fafa0911.com/12345

 

前者は「SEOとURLについての記事かな?」と察しがつきますが、後者は全く予想もできないですよね。

 

このように、URLにはキーワードを含めておくことで、検索エンジンとユーザー双方に記事内容を伝えることができるため、SEO効果が期待できます。

 

キーワードの選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>SEOキーワード選定の5つの方法と3つのコツ【初心者向け】

 

②ハイフンで単語を区切る

 

2つめのポイントは、ハイフンで単語を区切ること。

 

なぜなら、Googleがハイフンで区切ることを推奨しているからです。

 

URL にはアンダースコア( _ )ではなくハイフン( - )を使用すること。

引用元: Webマスターガイドライン|シンプルな URL 構造を維持する

 

アンダースコア以外にも、スペースなども使わない方がベターです。

 

◯ https://fafa0911.com/seo-url

✕ https://fafa0911.com/seo_url

✕ https://fafa0911.com/seo url

 

単語を区切るのはハイフン一択と覚えておきましょう。

 

③小文字に統一

 

3つめのポイントは、小文字に統一すること。

 

大文字と小文字が混在しているとわかりにくいですし、ユーザーも小文字のURLを想定しているからです。

 

Googleも以下のように、小文字に統一すべきとの見解を出しています。

 

変に(一部が)大文字になっているURLを避けること(多くのユーザーが小文字のURLを想定しているし小文字のほうが覚えてもらいやすい)

引用元:Google's SEO Starter Guide

 

なので、以下のように小文字で統一しておきましょう。

 

◯ https://fafa0911.com/seo-url

✕ https://fafa0911.com/SEO_URL

 

URLを小文字に統一することで、ユーザーの利便性があがるため、Googleからの評価につながります。

 

④英語と数字で構成する

 

4つめのポイントは、英語と数字で構成すること。

 

日本語でも設定可能ですが、外国人には理解不能なのと、シェアしたときにURLの一部が英数字に変換されてしまうからです。

 

例を出すと以下のような感じです。

 

URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/野球

シェア時のURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E7%90%83

 

なので、日本語は極力使わず、英語と数字で構成しておくのが無難です。

 

つい見た目のわかりやすさから、日本語を使ってしまいがちなので注意してくださいね。
ふぁふぁ

 

⑤できるだけ短くする

 

5つめのポイントは、できるだけ短くすること。

 

あまりにも長いURLだとユーザーがクリックする気にならないため、検索エンジンからの評価につながらず、SEO的に逆効果だからです。

 

具体的には、以下のような感じで可能な限り短いURLを設定することが重要です。

 

◯ https://fafa0911.com/seo

✕ https://fafa0911.com/search-engine-optimization

 

ユーザーの利便性と、検索エンジンの認識のしやすさを考慮したURLを設定することで、SEOに効果的なURLになります。

 

SEO的によくないURLの例3つ

SEO的によくないURLの例3つ

 

つづいて、SEO的によくないURLの例を説明します。例は以下の3つ。

 

  1. 日本語を使っている
  2. 日付を使っている
  3. 関係ない単語が入っている

 

順番に説明します。

 

①日本語を使っている

 

1つめは、日本語を使っていること。

 

https://fafa0911.com/新宿のおいしいお店

 

日本語URLは日本人にとってはわかりやすいのですが、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 外国人にはわかりにくい
  • シェア時にURLが文字化けする

 

そもそも外国人は日本語が理解できませんし、シェア時に文字化けすることがあるのが非常に不便です。

 

なので、ターゲットが日本人だけ、という場合や強いこだわりがある場合を除いて、日本語は使わないことをおすすめします。

 

②日付を使っている

 

2つめは、日付を使っていること。

 

https://fafa0911.com/2020/11/10/seo-url

 

日付を使うと以下のようなデメリットがあります。

 

  • URLが長くなる
  • /(スラッシュ)がたくさん入って複雑になる
  • いつ記事を書いたかが一目瞭然

 

URLが長く複雑になるのは、SEO的によくないですよね。記事作成日がはっきりわかってしまうのもデメリットです。ユーザーは常に新しい情報を求めているので、URLで「この記事10年前に書かれたやつじゃん!古っ」となり、離脱される可能大です。

 

ということで、URLに日付を使うのは、SEO的にメリットはなにもないと考えていいでしょう。

 

もし、日付を使っていたら早めに設定変更しましょう。URLを変更するとSEO効果もリセットされてしまいます。
ふぁふぁ

 

③関係ない単語が入っている

 

3つめは、関係ない単語が入っていること。

 

URLに内容と関係ない単語が入っていると、どんな内容なのかがわかりにくいため、ユーザーの利便性を損なうからです。

 

具体的には、以下のように内容と関係のある単語だけでURLを作るようにしましょう。

 

◯ https://fafa0911.com/blog-start

✕ https://fafa0911.com/blog-start-make-money-001

 

「シンプルなURL」を鉄則と心得ることで、関係のない単語を入れる余地がなくなります。

 

まとめ:適切なURLでSEO効果をあげよう

まとめ:適切なURLでSEO効果をあげよう

 

SEOに効果的なURLについて、解説してきました。内容をおさらいすると以下のとおり。

 

SEOに効果的なURL設定のポイント5つ

 
  1. URLにキーワードを含める
  2. ハイフンで単語を区切る
  3. 小文字に統一
  4. 英語と数字で構成する
  5. できるだけ短くする

 

SEO的によくないURLの例3つ

 
  1. 日本語を使っている
  2. 日付を使っている
  3. 関係ない単語が入っている

 

ざっくりまとめると、上記のような感じです。

 

ユーザーの利便性を考慮したURLにすることで、検索エンジンにも評価されやすくなり、SEO効果が期待できます。

 

また、URLだけではなく、検索ニーズに答える記事を書くことでSEO効果はさらにアップしていきます。以下の記事を参考に質の高い記事を書いていきましょう。

人気記事
③タイトル・見出しにキーワードを入れる
【初心者向け】SEOを意識したブログ記事の書き方のコツ10個

続きを見る

人気記事
ブログが簡単に書ける記事作成テンプレートを紹介【初心者必見】

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-BLOG, SEO
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5