NFT

Sleep To Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説

 

悩んでいる人
最近「Sleep To Earn」って言葉をよく聞くけど、どういう意味なんだろう?ゲームで遊んで稼げるらしいけどよくわからない…。Sleep To Earnの仕組みや始め方、おすすめゲームを教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Sleep To Earnとは?
  • Sleep To Earnの仕組み・稼ぎ方
  • Sleep To Earnの特徴
  • Sleep To Earnの始め方
  • おすすめSleep To Earnゲーム3選
  • Sleep To Earnの将来性
  • Sleep To Earnに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Sleep To Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、寝るだけで仮想通貨が稼げるSleep To Earnゲームが続々とリリースされています。しかし、仕組みがいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は日頃からSleep To Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Sleep To Earnの特徴や始め方などを解説していきます。

おすすめのSleep To Earnゲームについても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、Sleep To Earnゲームを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Sleep To Earnゲームを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Sleep To Earnとは?

Sleep To Earnとはブロックチェーンを使って作られたNFTゲームをプレイし、睡眠をとることでゲーム内トークンを獲得したりNFTの売却で利益を得ることを指します。

Sleep To EarnはPlay to Earnの一種であり、まさに文字通り「寝ながら稼ぐ」ことを意味しています。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

スマホアプリやウェアラブルデバイスなどを活用することで、プレイヤーの睡眠の質に応じたトークンが付与される形です。

従来のゲームは単純に遊び目的で開発されており、ゲーム内通貨の使用用途はそのゲームだけに限定されていました。

しかし、Sleep To Earnゲームは獲得したトークンなどを日本円に換金可能であるため、寝ながら稼ぐことが可能になったのです。

Sleep To Earnでは初期費用がかかるゲームがほとんどですが、一定期間プレイすることで1ヵ月程度で原資回収できる場合が多く、新しいタイトルがリリースされる度にSNS等で話題となっています。

Game+Defiを組み合わせた「Gamefi」という新しい造語も誕生しており、今後さらにSleep To Earnが普及していくと考えられています。

>>GameFi(NFTゲーム)の始め方を徹底解説!おすすめのゲームも紹介!

 

Sleep To Earnの仕組み・稼ぎ方

Sleep To Earnの仕組み・稼ぎ方は以下のとおり。

  1. ゲーム内トークンを獲得する
  2. NFTを売却して利益を得る
  3. NFTをレンタルして利益を得る

順番に説明します。

 

①ゲーム内トークンを獲得する

1つめはゲーム内トークンを獲得する方法です。

Sleep To Earnゲームによってトークンの獲得方法は異なりますが、ざっくりと以下のような感じです。

  • 睡眠をとる
  • ミッションをクリアする
  • 大会で上位入賞する

Sleep To EarnゲームはSleepagotchiに代表されるように、睡眠をとることでトークンを獲得できるものが大半です。

>>Sleepagotchi(スリーパゴッチ)とは?概要や始め方、稼ぎ方を徹底解説

睡眠の質により獲得できるトークンの量が増えるため、良い睡眠サイクルを習慣化できるというメリットがあります。

 

②NFTを売却して利益を得る

2つめがNFTを売却して利益を得る方法です。

Sleep To Earnゲーム内のベッドや家具などのアイテムはすべてNFT化しており、マーケットプレイスで売却することで利益を得ることができます。

>>【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介

Sleep To Earnゲームの多くで使われるベッド等はレア度やレベルが設定されており、レア度とレベルが高いほど高価で取引される傾向にあります。

そのため、自分が保有するNFTの寝具類を育成して売却することを繰り返すことで、安定した収入を得ることも可能です。

 

③NFTをレンタルして利益を得る

3つめがNFTをレンタルして利益を得る方法です。

NFTベッドなどを他のプレイヤーにレンタルすることで、報酬としてレンタル料を受け取ることができます。

借り手側は安い料金でNFTベッドを利用することができ、貸し手側は報酬を得られるため双方にとってメリットがあります。

Sleep To Earnゲームはまとまった額の初期費用が必要になる場合があり、興味があっても始められない人も多いのが実情です。

その点、NFTベッドのレンタル制度があれば初期費用を気にする必要が無いため、誰でも気軽にSleep To Earnゲームを始めることができます。

 

Sleep To Earnの特徴

Sleep To Earnの特徴は以下のようなものがあります。

  1. 仮想通貨を稼げる
  2. トークンの値上がりが期待できる
  3. 各ゲームを併用できる

順番に解説します。

 

①仮想通貨を稼げる

Sleep To Earnの一番の特徴は、仮想通貨が稼げることです。

ゲームの種類によって獲得できる仮想通貨は違いますが、睡眠時間や所有するNFTベッド等の種類に応じて報酬が得られます。

基本的にはSleep To Earnゲームのアプリを起動して睡眠をとることでゲーム内トークンが獲得できます。

その他のトークン獲得方法として自分が育成したNFTベッドやNFTアイテムなどをマーケットプレイスで販売することもできます。

>>【徹底比較】おすすめNFTマーケットプレイス5選!選び方のコツも紹介

獲得したトークンは自分が保有するベッドのレベルアップやアイテムの購入、新たなベッドを生み出すミント費用などに充てられます。

もちろん、国内の仮想通貨取引所に通貨を送り、日本円に換金することも可能です。

まさに「寝ているだけでお金が稼げる」を半ば実現した形と言えるでしょう。

 

②トークンの値上がりが期待できる

Sleep To Earnゲームでは必ずゲーム内トークンが使われており、その値上がりによる利益が期待できます。

例えば、Move to Earnの代表であるSTEPNの場合はGSTトークンがゲームのリリース後急騰し、多くの利益を得たプレイヤーが続出しました。

>>仮想通貨Green Satoshi Token(GST)とは?概要や特徴、将来性について徹底解説

こんな感じでトークン値上がりの恩恵を受けたユーザーが数多く生まれました。

もちろん逆に値下がりするというリスクもありますが、基本的にはゲームリリース後はトークンが上昇する傾向にあるため、早期参入することでうまく先行者利益を得られる可能性が高くなります。

Sleep To Earnの新しいタイトルは今後も次々とリリースされるので、興味があるものには早めに手を出しておくのが良さそうです。

 

③各ゲームを併用できる

Sleep To Earnゲームは同時起動して併用することができます。

複数のSleep To Earnゲームを併用することでそれぞれのゲームのトークンを獲得できます。

そのため、いくつものアプリを併用して睡眠をとることで、トークンの獲得効率を何倍にも高めることができます。

今後Sleep To Earnゲームは続々と新しいタイトルがリリースされる見込みであり、3,4個のゲームを併用して稼ぐのが当たり前になるかもしれません。

さらに、昼間はMove to Earnゲームで運動などをして稼ぎつつ、夜はSleep To Earnゲームで寝ながら稼ぐことも可能なので、一日の中で無駄なく稼ぐこともできます。

おすすめMove to Earnゲームについては、Move to Earnとは?特徴や始め方、おすすめゲームを徹底解説で詳しく解説しています。

 

Sleep To Earnの始め方

Sleep To Earnの始め方は以下のとおり。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する
  2. Sleep To Earnゲームのアカウントを作る
  3. Sleep To Earnゲーム通貨を購入する
  4. Sleep To Earnゲームプラットフォームに入る

順番に解説します。

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する

Sleep To Earnゲームを利用する際に暗号資産(仮想通貨)が必要なので、口座を開設します。

取引所はいくつかありますが、「コインチェック」がおすすめ。

アプリがとても使いやすく、初心者でも迷うことなく簡単に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

暗号資産(仮想通貨)のアプリダウンロード数No.1の取引所であり、口座開設は無料なのでメタバースへの事前準備となります。

>>コインチェック公式サイト

 

②Sleep To Earnゲームのアカウントを作る

続いてSleep To Earnゲームのアカウントを作りましょう。

一般的には各Sleep To Earnゲームがアプリを提供しているのでそれをダウンロードしてアカウントを作成する流れです。

代表的なSleep To Earnゲームは以下のとおりです。

上記は知名度が最も高くユーザーも多いため、ネット上に情報が豊富で初心者でも簡単に始めることができます。

なお、稼ぎやすいNFTゲームは【2022年最新】おすすめNFTゲーム人気ランキング10選【GameFi】で詳しく紹介しています。

 

③Sleep To Earnゲーム通貨を購入する

続いて、Sleep To Earnゲーム通貨を購入しましょう。

Sleep To Earnゲームを始める際には特定の暗号資産(仮想通貨)が通貨として用いられています。

例えば、以下のような感じで各Sleep To Earnゲームで使う暗号資産(仮想通貨)が決まっています。

  • Sleepagotchi:SHEEP
  • SleeFi:SLFT
  • DreamN:DreamN

 

Move to Earnゲーム通貨の買い方

※クリックすると解説記事へ飛べます。

手順としてはコインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入し、それをBINANCEへ送金してゲーム通貨を購入する形です。

SHEEPやSLFT等はコインチェックでは取り扱いが無いので、取り扱い通貨が豊富な海外取引所のBINANCE(バイナンス)で購入する必要があります。

下記の記事を参考にしながら購入しておきましょう。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

④Sleep To Earnゲームプラットフォームに入る

あとは各ゲームのアプリや公式サイトからプラットフォームに入れば、プレイ可能です。

Metamaskなどのウォレットを接続する場合は、以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

おすすめのSleep To Earnゲーム3選

おすすめのSleep To Earnゲームは以下の3つです。

順番に解説します。

 

①Sleepagotchi

ゲーム名 Sleepagotchi(スリーパゴッチ)
対応言語 英語
対応機種 iPhone
トークン SHEEP
ブロックチェーン 未定
公式サイト Sleepagotchi公式サイト

Sleepagotchiは寝ることで仮想通貨SHEEPが稼げるSleep to Earnアプリです。

ユーザーが一定の睡眠時間を保つことで、無料NFTとSHEEPトークンで報酬を得ることが可能。

ユーザーは目標とする就寝時刻と起床時刻を入力します。実際の就寝時刻と起床時刻が目標時刻にどれだけ近づいたかによって、さまざまな報酬が得られます。また、睡眠時間や睡眠の安定性も評価されます。

Sleepagotchiではベッドやカーペット、壁紙などの家具を配置した「MetaRoom」と呼ばれる仮想の寝室をアプリ内に作成します。

MetaRoom内のキャラクターを含む各アイテムはNFT化されており、他のユーザーと取引することが可能です。NFTのアイテムはすべて異なる特性とパワーレベルを持っています。よりレアでパワフルなNFTを持っているとより多くのSHEEPトークンを報酬として獲得できます。

睡眠はiOSのApple Healthによって把握され、Apple Watchなどのウェアラブルデバイスを装着しているユーザーが獲得できます。

ウェアラブルデバイスを持たないユーザーも、iOSデバイスで「睡眠」モードを有効にしていれば報酬を受け取ることができますが、報酬はやや少なめになります。

SleepagotchiはMagic the Gathering、遊戯王、ポケモンなどからインスピレーションを受けて開発されています。

Sleepagotchiは健康的な睡眠習慣をゲーム化したコレクティブルカードゲームであり、Play to Earnゲームというよりは「Play&Own」なWeb3ゲームと言えるでしょう。

Sleepagotchiについては、Sleepagotchi(スリーパゴッチ)とは?概要や始め方、稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しています。

 

②SleeFi

ゲーム名 SleeFi
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン SLFT・SLGT
ブロックチェーン Avalanche
公式サイト SleeFi公式サイト

SleeFiは寝ることで仮想通貨SLFTが稼げるSleep to Earnアプリです。

ユーザーはベッドNFTを購入し、睡眠をとることでトークンであるSLFTを獲得できます。SLFTは他のNFTを購入したり、換金することもできます。

睡眠の計測は1日1回だけであり、計測に必要なエネルギーは20時間後に回復します。

寝る前に「メインベッド」を選択し、起床時間を選択した後に「スタート」を押すと計測が開始されます。

睡眠中は睡眠時間と睡眠の質がスコア化され、起床時に「ストップ」を選択するとスコアに応じたトークンが付与されます。

SleeFiはこのように睡眠に対して報酬を付与することで、ユーザーがよりよいライフスタイルを手にいれることを目的に開発されています。

従来のPlay to Earnゲームは敵を倒すなどの操作が必要でしたが、SleeFiは寝るだけで稼げるWeb3.0を象徴するアプリと言えるでしょう。

SleeFiについては、SleeFiとは?特徴や始め方、将来性を徹底解説で詳しく解説しています。

 

③DreamN

ゲーム名  DreamN(ドリームン)
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン DreamN
ブロックチェーン BSC
公式サイト DreamN公式サイト

DreamNは寝ることで仮想通貨DreamNが稼げるゲームです。

Social-Fi要素とGame-Fi要素を組み合わせることで質の高い睡眠をとったユーザーに報酬を付与し、健康的な睡眠習慣を定着させることを目的としています。

ユーザーの睡眠データはスマホアプリに組み込まれているモーショントラッカーとアクティビティトラッカーによって記録され、蓄積していきます。

この仕組みによりユーザーは眠るだけで収入を得ることができるため、まさに「寝ながら稼ぐ」ことが実現されるため今後爆発的な人気となることが予想されます。

DreamNについては、眠って稼ぐDreamN(ドリームン)とは?始め方や使い方、稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しています。

 

Sleep To Earnの将来性

Move to Earnの将来性についても見ていきましょう。

  1. 大手企業による参入
  2. Play to Earnとの相乗効果
  3. 利用ユーザーの増加

順番に解説します。

 

①大手企業による参入

Sleep To Earnには続々と大手企業が参入しています。

たとえば大手ベッドメーカーのKINGSDOWNやMysleepなどがSleep To EarnゲームのSleepFutureと提携しています。

>>寝るだけで仮想通貨がもらえるSleep Futureとは?特徴や始め方を解説

その他にもアンダーアーマーやHUAWEI等など大手企業の参入が相次いでいます。

これ以外にも数多くの企業がSleep To Earnへの参入を表明しており、Sleep To Earnゲームの開発が活発化し市場拡大につながると見られています。

 

②Play to Earnとの相乗効果

今後、Play to Earnとの相乗効果でSleep To Earnゲームが普及していくと考えられています。

ゲームをプレイして稼ぐAxie infinityのようなPlay to Earnゲームにより、ゲームをプレイしながら稼ぐ新しいスタイルが生まれました。

そしてSTEPNが爆発的な人気を獲得したことで、誰でも「ゲームで稼ぐ」ことが可能であると証明されました。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

今やゲームをプレイして稼ぐことが当たり前になりつつあり、今後も多数のPlay to Earnゲームがリリースされ、その影響でSleep To Earnも盛り上がると予想されています。

Play to Earnについては、Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説で詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

③利用ユーザーの増加

Sleep To Earnゲームは利用ユーザーの増加が期待できます。

なぜなら、Sleep To Earnゲームは寝るだけで稼げるため、誰でも気軽に始めることができるからです。

例えば、STEPNなどのMove to Earnゲームは歩く・走るなどの一定の運動が必要になります。

Play to Earnゲームでもキャラクターを操作して敵を倒すなどのゲームスキルが必要になる場合があります。

一方、Sleep To Earnであればアプリを起動して眠るだけなのでスキルは一切必要ありません。

このようにSleep To Earnは参入ハードルが低いため、老若男女問わず多くの人に利用される可能性を秘めています。

 

Sleep To Earnに関するよくある質問

最後にSleep To Earnに関するよくある質問に答えます。

  1. Sleep To Earnゲームの初期費用はいくら?
  2. Sleep To Earnゲームはスマホで遊べるの?
  3. Sleep To Earnゲームは他のアプリと同時使用できる?

順番に回答します。

 

①Sleep To Earnゲームの初期費用はいくら?

0円~10万円程度が一般的です。

無料で遊べるゲームもありますが、その分獲得できるトークン量が少なくなります。

>>【初期費用0円】無料で遊べるおすすめNFTゲーム7選

ある程度の初期投資をした方がその後稼ぎやすいので、稼ぐ目的であればある程度の初期投資は必須と言えます。

 

②Sleep To Earnゲームはスマホで遊べるの?

はい、スマホで遊べます。

基本的にはiOSとAndoroid対応のアプリがリリースされており、インストールするだけで始めることができます。

操作も特に難しくはなく、NFTベッドなどを購入してアプリを起動して睡眠をとるだけでトークンが獲得できます。

その他のスマホで遊べるおすすめブロックチェーンゲームについては、以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

>>【簡単】スマホで遊べるブロックチェーンゲーム人気ランキング10選【稼ぎ方も解説】

 

③Sleep To Earnゲームは他のアプリと同時使用できる?

はい、問題なく同時使用できます。

実際に多くのユーザーが複数のSleep To Earnゲームを併用しており、それぞれのゲームのトークンを獲得しています。

さらに昼間はRunBloxやCalo runなどのMove to Earnゲームを使用することで、一日を通して効率的に稼ぐことが可能になります。

>>RunBlox(ランブロックス/仮想通貨RUX)とは?特徴や始め方、将来性を徹底解説

>>Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

今後は複数のゲームを同時利用しながら稼ぐスタイルが一般的になりそうです。

 

まとめ:Sleep To Earnは今後急速に普及する可能性

今回はSleep To Earnの仕組みや始め方、おすすめゲームなどについて解説しました。

Sleep To EarnゲームはGamefiの普及や仮想通貨人気に後押しされ、今後ユーザー数が急増すると見られています。

Sleep To Earn自体は誕生して間もない新しいサービスなので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Sleep To Earnゲームを始めるためにはNFT購入用の仮想通貨が必要になります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。サクッと無料で口座開設してイーサリアムなどの購入を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5