Metaverse

スマホで体験できるメタバース10選!やり方・始め方も紹介

 

悩んでいる人
スマホで使えるメタバースってあるのかな?スマホで使えるメタバースを教えてほしい。メタバースの始め方も知りたいな。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • スマホで体験できるメタバース10選
  • メタバースのやり方・始め方
  • メタバースでよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にメタバースに触れており、その情報発信で月330万ほどの収益を得ています。

 

最近話題のメタバースですが「スマホで使えるの?」と疑問をお持ちの方も多いはず。

そこで今回は、スマホでサクッと体験できるメタバースを紹介します。

メタバースのやり方・始め方も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、メタバースを始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめビットフライヤーで購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

メタバースとは

 

メタバースは、インタネット上にある仮想空間のこと指しています。

元々はSF小説「スノウ・クラッシュ」の中に登場した仮想空間として描かれたのが最初です。

メタバース内ではユーザーはアバターを操作し、他のユーザーとコミュニケーションを図ったり、商品を売買したりビジネスを行うことができます。

>>メタバースは個人で稼ぐビジネスチャンスである3つの理由【具体的な稼ぎ方も解説】

2000年初頭にはメタバースの先駆けである「セカンドライフ」が一時話題となりましたが、結局失敗に終わりました。

>>メタバースの元祖セカンドライフとは?人気だった理由などを解説

ここ数年ではゲームのマインクラフト、フォートナイト、あつまれどうぶつの森などがメタバースとして有名ですね。

メタバースはネット上でたくさんの人と空間を共有できるので、今後爆発的に普及すると見られており企業も続々と参入しています。

このようにメタバースは単なる仮想空間にとどまらず、人々が多く集まる経済活動のプラットフォームとして確固たる地位を築いています。

メタバースについては【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

 

スマホで体験できるメタバース10選

スマホで使えるメタバースは以下のとおり。

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. ROBLOX
  4. メタパ
  5. STYLY
  6. REALITY
  7. ZEPETO
  8. REV WORLDS
  9. Rec Room
  10. BUD

 

①Cluster

cluster

まずはメタバースの代表格、Clusterです。

ユーザーが3Dアバターを選んでメタバース内に入り、公開されているワールドを探索したり、イベントやライブに参加したりできます。

どのメタバースを使うか迷ったら、ひとまずこのclusterを試してみるといいでしょう。

 

②Axie Infinity

axie01

Axie Infinityは、Axie(アクシー)というモンスターを育成する対戦型のゲームです。

アクシーやゲーム内の土地は全てNFTなのでマーケットプレイスで売買して収益を得ることができます。

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

ゲームをやり込んでいくと、より強いアクシーやレアなアイテムをGETできるようになり、効率的に収益を上げることができるようになります。

Axie Infinityは、初心者が始めても月に1~5万ほどは稼ぐことが可能です。初期費用は約2ヵ月程度で回収できるので、興味があるなら始めてみることをおすすめします。

AXIE_TOP
アクシーインフィニティ(Axie Infinity)とは?ゲームの始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説!

続きを見る

 

③ROBLOX

ROBLOXはユーザーがゲームを作成、共有したり、他のユーザーが作成したゲームをプレイしたりできるメタバースです。

自分の作ったゲームが利用されると,開発者に収益が発生するという仕組み。

既に全世界で絶大な人気を誇っており、月間のユーザー数は2億人を超えています。

 

④メタパ

メタパはリアルとバーチャルを融合したメタバースショッピングモールです。

スタッフによる接客を受けたり、友人と一緒に買い物をすることが可能。

スマホで気軽にメタバース内で買い物ができます。

 

⑤STYLY

STYLYはアーティストに空間表現の場を提供する VR/AR/MRクリエイティブプラットフォームです。

スマホやタブレット(iOSおよびAndroid端末)でメタバースVR・ARコンテンツをシームレスに体験可能です。

ショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどを自由にデザインすることができます。

 

⑥REALITY

REALITYはスマートフォン向けメタバースです。

簡単な操作で自分だけのアバターを作成することができ、ライブ配信等で収益を得ることができます。

法人向けの「REALITY World」も提供しており、メタバースを利用したイベントやビジネスのサポートも行っています。

 

⑦ZEPETO

ZEPETOは3Dアバターソーシャルアプリです。

AI機能+カスタマイズで世界に一つだけのバーチャルキャラクターを作成可能。

メタバースで世界中のユーザーと交流することができ、オリジナルアイテムを販売して収益を得ることもできます。

 

⑧REV WORLDS

REV WORLDSは仮想都市のコミュニケーションプラットフォーム・スマホアプリです。

伊勢丹新宿店なども出品しており、店員による接客を受けながら買い物が可能です。

デパ地下も再現されており、実際の店舗で取り扱う商品を購入できます。

 

⑨Rec Room

Rec Roomはスマホに対応したソーシャルVRアプリです。

自分でゲームを作ることはできませんが、用意されたゲームを不特定多数のユーザーと遊べる点が大きな特徴です。

メタバース内で他のユーザーと音声やジェスチャーを通じてコミュニケーションを図る事もできます。

 

⑩BUD

BUDは次世代型のメタバースSNSです。

ユーザーがアプリで3D世界を簡単に作成できる点が特徴であり、世界中で1,000万人以上のユーザーが利用しています。

開発元の「BUD Technologies」は、1500万ドル(約17億2000万円)の調達に成功しており、将来性が期待されています。

 

メタバースのやり方・始め方

メタバースの始め方は以下のとおり。

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する
  2. メタバースのアカウントを作る
  3. メタバース内通貨を購入する
  4. プラットフォームに入る

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する

メタバースを利用する際に暗号資産(仮想通貨)が必要なので、口座を開設します。

取引所はいくつかありますが、「ビットフライヤー」がおすすめ。

アプリがとても使いやすく、初心者でも迷うことなく簡単に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

暗号資産(仮想通貨)を1円から購入可能であり、口座開設は無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②メタバースのアカウントを作る

続いてメタバースのアカウントを作りましょう。

一般的には各メタバースがアプリを提供しているのでそれをダウンロードしてアカウントを作成する流れです。

代表的なメタバースのアプリは以下のとおり。

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. ROBLOX

すべて無料で使えるので全部試してみて、自分の好みにあったメタバースを探してみるといいでしょう。

おすすめはClusterです。メタバースの代表的なプラットフォームなので迷った場合はまずはClusterを使ってみてください。

 

③メタバース内通貨を購入する

続いて、メタバース内通貨を購入しましょう。

メタバース内では特定の暗号資産(仮想通貨)が通貨として用いられています。

例えば、以下のような感じで各メタバースで使う暗号資産(仮想通貨)が決まっています。

  • Axie Infinity:ETH
  • The Sandbox:SAND
  • Decentraland:MANA

 

メタバース内通貨の買い方

ビットフライヤーで暗号資産(仮想通貨)を購入し、それをBINANCEへ送金してメタバース内通貨を購入する形です。

SANDやMANAはビットフライヤーでは取り扱いが無いので、取り扱い通貨が豊富な海外取引所のBINANCE(バイナンス)で購入する必要があります。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

④プラットフォームに入る

アカウントを作成したら早速どこかのメタバースに入ってみましょう。

メタバース内にはユーザーが作ったワールドや企業ブースなどがあり、いろいろな楽しみ方ができます。

大抵のメタバースにはチュートリアルを学べるワールドがあるので、そこで基本的な操作などを学ぶといいでしょう。

基本的な操作を学んだあとは、自由にメタバース内を探索してみてください。

メタバースを体験するにはNFTゲームもおすすめです。ゲームで遊びながら仮想通貨を獲得できることが特徴。

スマホで遊べるおすすめのNFTゲームは【保存版】スマホで遊べるNFTゲームの始め方・稼ぎ方とは?人気ゲームも紹介で紹介しています。

 

スマホでメタバースを使う際によくある質問

NFTゲームに関するよくある質問

 

最後にスマホでメタバースを使う際によくある質問にお答えします。

 

①スマホでメタバースは無料で使える?

無料で使えます。

Clusterは無料で使えますし、その他無料利用できるメタバースは複数あります。

最初は無料で利用できるものを試して、メタバースを体験するといいでしょう。

 

②未成年でもスマホでメタバースを体験できる?

メタバース自体は未成年でも体験できます。

ただし、NFT売買などには暗号資産(仮想通貨)が必要になり、暗号資産(仮想通貨)は未成年では入手できません。

そのためメタバース内で限られた機能しか使えないことに注意しましょう。

 

③スマホを使ってメタバースで稼ぐことはできる?

はい、稼ぐことができます。

いわゆるPlay to Earnと呼ばれる遊んで仮想通貨が獲得できるゲームが多数リリースされています。

おすすめのゲームについてはPlay to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説で紹介しています。

その他、アバターを作成したり、メタバース内の土地売買等で利益を得ることも可能です。

メタバースを利用してお金を稼ぐ方法はメタバースは個人で稼ぐビジネスチャンスである3つの理由【具体的な稼ぎ方も解説】で詳しく解説しています。

 

メタバースはスマホで体験可能!早速始めてみよう

今回はスマホで体験できるメタバースについて解説しました。

メタバースは様々なイベントへ参加したり、自分でビジネスを行うなどあらゆることが可能です。

メタバースの市場規模は今度数兆円に上ると見られており、今のうちから始めることで先行者利益を得られるかもしれません。

メタバース内を利用する際にはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるため、事前に準備をしておくことでチャンスを逃さずに済みます。

メタバースに少しでも興味があるなら、仮想通貨が1円から購入できるビットフライヤーで口座を無料開設して少額のイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5