CRYPTO

【厳選】Web3.0を学びたい人におすすめの本3冊【無料あり】

 

悩んでいる人
Web3.0を学べる本ってあるのかな?おすすめの本を教えてほしい。できれば無料で読めるといいんだけど…。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • そもそもWeb3.0とは
  • Web3.0を学べるおすすめの本3冊
  • 本で学んだらWeb3.0を体験してみよう

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にWeb3.0に触れており、その情報発信で月7桁の収益を得ています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

最近Web3.0が話題を集めており、ニュースやSNSで耳にする機会が増えました。

 

しかし、「Web3.0に触れてみたいけど、なにから始めればいいんだろう?」と悩んでいる方も多いはず。

 

ズバリ、最初は本でWeb3.0に関する基礎知識を学んでおくと安心です。

 

そこで今回は日常的にWeb3.0に触れている僕が、Web3.0を学べるおすすめの本3冊をご紹介します。

 

本を読んだあとにやるべきことについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Web3.0を始めるにはイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

そもそもWeb3.0とは

 

Web3.0はアプリやプラットフォームの名称ではなく、ネット環境の時代を表す概念的な呼称です。

 

現在はWeb2.0の時代で、Web3.0が徐々にはじまっているのです。

 

それでは、Web1.0の時代から順番に解説します。

 

①Web 1.0

 

Web 1.0はダイヤルアップの時代です。

 

Web1.0の時代は、インターネットに接続するには電話回線を使う必要がありました。

 

そのため、インターネットを利用している間は電話が使えなかったのです。(携帯電話もあまり普及していなかったため)

 

インターネットへの接続は不便であったものの、それまで新聞やテレビでしか情報を発信できなかった一部の企業だけではなく、さまざまな企業や個人もインターネットを通してホームページを持つことが可能になりました。

 

このことが、インターネットが普及した事による最大の恩恵であるといえます。

 

しかしホームページは存在しますが、ユーザー間の交流はなく、ユーザーは一方的に閲覧するだけの時代でした。

 

そして、ISDNやADSLなど、電話回線を使用しながらネットに繋げるようになり、通信速度も向上することで加速的にインターネットの文化が広がって行きます。

 

②Web 2.0

 

現在のWeb2.0の時代は相互交流、SNSの時代だといわれています。

 

ネットユーザー同士のコミュニケーションが盛んに行われるようになりました。

 

それまでPCからでしかインターネットをまともに使えなかったのが、スマホが登場したことにより飛躍的にインターネットを利用するユーザーが増加したのです。

 

また、インターネット回線も3Gから4Gになることで、YouTubeやニコニコ動画のような動画配信サービスも普及しました。

 

今やインターネットやSNSは社会にとって不可欠な存在となっています。

 

しかし、Web2.0には問題があります。

 

それは、中央集権化とプライバシーの問題です。

 

一部の企業が個人情報を独占してしまうと、この企業に問題があった場合、個人情報の流出などのプライバシーを守れない状況が起きてしまいます。

 

ニュースでも、企業からの個人情報の流出がたびたびf起こっていると報じられています。

 

こうした企業の中央集権化と個人のプライバシー問題を解決するために、ブロックチェーン技術を使うことで、新しいインターネットの世界を作るとなったのがWeb3.0の始まりです。

 

③Web 3.0

 

Web3.0はWeb2.0で問題視されていた、巨大企業に独占されていた個人情報をブロックチェーン技術により分散化を目指す時代です。

 

GAFAMに代表される巨大企業に個人情報が独占され、サービスを利用するたびにマージンを搾取される現状を脱却すべく、ブロックチェーンを利用したさまざまなプロジェクトが進行しています。

 

ブロックチェーン技術とは、インターネット上の取引データを適切に記録し、取り扱う技術のことです。

>>【初心者向け】ブロックチェーンについて学べるおすすめの本3冊【無料あり】

 

ブロックチェーン技術を例えるなら、全員が同じ通帳をもち、取引記録がすべての通帳に同時に記録されていくと想定します。

 

そして改ざんや複製、不正アクセスが行われた場合、他のユーザーのもつ情報と違ったものになるため、すぐに不正がバレてしまうのです。

 

ユーザー同士が互いに情報をチェックし合うことで情報に信頼性が生まれ、中央集権的な企業を通すことがなくても個人間の取引が可能になります。

 

このようにWeb3.0は非中央主権的であるため、透明性が高くユーザーにメリットが多いことが特徴です。

 

Web3.0を学べるおすすめの本3冊

 

Web3.0を学べるおすすめの本は以下の3冊です。

 

 

順番に解説します。

 

①Web3.0の重要性を徹底解説! 初心者向け入門書

 

書籍名 Web3.0の重要性を徹底解説! 初心者向け入門書
著者 イケダ ハヤト
発売日 2021/12/23
価格 Kindle:390円
Kindle unlimited:0円

 

本書のポイント

  • Web3.0ジャンルでベストセラー1位
  • Web3.0の基礎知識から最新情報までを網羅的に学べる
  • Amazonの「Kindle Unlimited」会員なら無料で読める

 

インフルエンサーのイケハヤことイケダハヤト氏の著書であり、Web3.0を学ぶために一番最初に読むべき一冊。

 

従来の中央集権の仕組みが変わっていくことへの課題などについて、サクッと理解することができます。

 

初心者にもわかりやすく書いてあるので、これを読めばWeb3.0の全体像は理解できます。

 

なお、本書はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

 

 

無料で読む手順は以下の通りです。

 

  1. Kindle Unlimitedに登録
  2. 本書をダウンロードして読む
  3. 30日以内に解約する

 

とりあえず無料で学びたいという方は、この本を読んでみることをおすすめします。

 

②だれにでもわかる NFTの解説書

 

書籍名 だれにでもわかる NFTの解説書
著者 足立 明穂
発売日 2021/11/8
価格

単行本:1,430円
Kindle:1,430円
Audible:1コイン

 

本書のポイント

  • 一番わかりやすいNFTの解説書
  • 旬の情報が満載で楽しみながら読める
  • 無料では読めない

 

Web3.0とNFTは密接な関係にあるので、こちらも必読です。

 

専門用語を使わずに書かれているので、初心者でもわかりやすく一気に読めます。

 

Web3.0やNFTのことをこれから勉強したい方にとっての良書です。

 

なお、本書はAmazonのAudible(オーディブル)で無料で読むことができます!

 

無料で読む手順は以下の通りです。

 

  1. Audible(オーディブル)に登録
  2. 本書をダウンロードして読む
  3. 30日以内に解約する

 

解約してもダウンロードした本は残るので、使わないと逆に損かと。

 

③Web3 完全初心者への徹底解説

 

書籍名 Web3 完全初心者への徹底解説: 社会を変える緻密なアルゴリズム
著者 白辺 陽
発売日 2022/1/17
価格 Kindle:780円
Kindle unlimited:0円

 

本書のポイント

  • 内容がコンパクトでサクッと読める
  • Web3.0関連サービスを網羅的に紹介
  • Amazonの「Kindle Unlimited」会員なら無料で読める

 

Web3.0とは何かについてソフト・ハードの両面から解説しています。

 

Web3.0関連のサービスや、今後想定されるリスクなどが整理されています。

 

Web3.0って何のこと?と思ったときに、サクッと概要が理解できる本です。

 

Kindleでたったの780円で購入できるので、お試しで読んでみるのもアリかと。

 

なお、本書はKindle Unlimitedで無料で読むことができます。

 

本で学んだらWeb3.0を体験してみよう

 

本でWeb3.0に関する基本的な知識をインストールしたら、実際にWeb3.0に触れてみましょう。

 

Web3.0に触れる方法は以下の3つです。

 

  1. 暗号資産(仮想通貨)を購入する
  2. NFTを購入する
  3. メタバースを体験する

 

①暗号資産(仮想通貨)を購入する

 

まずは暗号資産(仮想通貨)を購入してみましょう。

 

暗号資産(仮想通貨)はWeb3.0を構成するNFTやメタバースに欠かせないものだからです。

 

暗号資産(仮想通貨)取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

 

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

 

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

口座開設の方法はコインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

②NFTを購入する

 

続いて、NFTを購入してみましょう。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

 

NFTを実際に購入することで、その世界観や価値を身をもって体験することができるからです。

 

NFTは以下のように1個数百円から買えるので、手ごろで見た目が気に入ったものを買えばよいかと。

 

>>Cryptoman NFT

 

NFTの買い方については、【2022年版】NFTの買い方を徹底解説!購入できるサイトも3つ紹介で詳しく解説しているの参考にしてください。

 

NFT
【2022年版】NFTの買い方を徹底解説!購入できるサイトも3つ紹介

続きを見る

 

③メタバースを体験する

 

メタバースも体験しておきましょう。

>>【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!

 

adidasやGucciなどの大企業がメタバースに参入しており、今後大きなブームになると予想されているからです。

 

 

今のうちから参入しておくことで、先行者利益を得ることができるかもしれません。

 

おすすめのメタバースプラットフォームは以下のとおり。

 

 

上記が現在人気のメタバースで、ユーザー数やSLPSANDなど各銘柄の価格が急上昇しています。

 

メタバースの始め方については【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】

続きを見る

 

まとめ:本を読んでWeb3.0を体験してみよう

 

以上、Web3.0を学べるおすすめの本を3冊紹介しました。

 

おさらいすると以下のとおり。

 

 

今後NFTやメタバースがさらに普及すると見られており、Web3.0が急速に浸透していくと見られています。

 

しかし、Web3.0について正しく理解している人はごく一部です。

 

そのため、今のうちからWeb3.0について勉強し、実際に体験しておくことで周囲に差をつけ先行者優位に立つことができます。

 

迷っている時間がもったいないので、この大きなチャンスを逃さないようにサクッとWeb3.0の世界を体験してみましょう。

 

なお、Web3.0を体験する際はイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要です。

 

取引画面が使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、サクッと暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5