LIFE

仕事をしばらく休みたい時は休むべき3つの理由【休む方法も解説】

日記ブログは稼げない理由

 

悩んでいる人
仕事がしんどいので、しばらく休みたい…。仕事をしばらく休む方法が知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仕事をしばらく休みたい時は休むべき3つの理由
  • 仕事をしばらく休みたい時に休む方法
  • 仕事をしばらく休みたいときは、周囲の目は気にしない
  • 仕事を休んだあとは、自分の適職を探すべき

 

本記事の信頼性

筆者は激務で体調を崩して長期間仕事を休んだことがあり、その経験をふまえて記事を作成しています。

 

「仕事がしんどいのでしばらく休みたい…」こんな風に思って困っていませんか?実際、僕自身も激務で体調を崩し、3カ月ほど仕事を休んだことがあります。

 

本記事では仕事を3カ月ほど休んだ経験のある僕が、仕事をしばらく休みたい時に休む方法について解説します。

 

仕事をしばらく休んだあとにやるべきことについても、併せて紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、仕事をしばらく休む方法がわかるので、体調を回復できます。

 

記事は3分ほどで読み終わります。仕事をしばらく休む方法知りたい方は、3分だけおつきあいください。

 

仕事をしばらく休みたい時は休むべき3つの理由

仕事をしばらく休みたい時は休むべき3つの理由

 

まず、仕事をしばらく休みたい時は休むべき3つの理由について、説明します。理由は以下の3つ。

 

  1. 心が弱っているから
  2. 早く休めば早く回復するから
  3. 健康が一番大事だから

 

順番に説明します。

 

①心が弱っているから

 

1つめの理由は、心が弱っているからです。

 

「仕事をしばらく休みたい」と思う時点で、精神的に参っている状態です。

 

この時点で無理をしてしまうと、重いうつ病などに移行してしまう危険性があります。症状が比較的軽い段階で、早く手を打つことが重要です。

 

なので、まずはゆっくりと休んで心を回復させましょう。

 

②早く休めば早く回復するから

 

2つめの理由は、早く休めば早く回復するからです。

 

もし、仕事に行けないレベルになってから休もうとすると、回復するまでに数カ月を要します。

 

実際に僕も、仕事で無理を続けて出社できなくなり休みましたが、復帰までに3カ月かかりました。逆に、無理をせずにすぐに休んでいれば1カ月程度で復帰できたかもしれません。

 

このように、これ以上体調が悪化する前に早めに休むことで、早い回復が期待できます。

 

③健康が一番大事だから

 

3つめの理由は、健康が一番大事だからです。

 

当たりまえのようですが、心と身体が健康じゃないと何もできません。

 

ぶっちゃけ、あなたがいなくても会社は回るので、仕事を理由に休まないのは馬鹿げていますよ。平均寿命は年々伸びているので、これからの長い人生をいかに健康に過ごすかが大事。ここで無理をして健康を損なうと今度の人生の足かせになってしまいます。

 

健康>>>仕事ととらえ、健康を最優先してください。

 

仕事をしばらく休みたい時に休む方法

仕事をしばらく休みたい時に休む方法

 

つづいて、仕事をしばらく休みたい時に休む方法について、説明します。方法は以下の3つ。

 

  1. 有給休暇を使う
  2. 病気休暇を使う
  3. 休職する

 

順番に説明します。

 

①有給休暇を使う

 

有給休暇があれば、まとめて取得して休みましょう。

 

会社にもよりますが、年間12~20日程度の有給休暇が付与されることが多いです。有給休暇は特に理由を問わず自由に取得できるので、10日間くらいまとめて取得すれば、その間ゆっくり休めます。

 

②病気休暇を使う

 

2つめの方法は、病気休暇を使って休むこと。

 

長期にわたる治療等が必要な疾病等、治療を受けながら働く従業員のために病気休暇があります。会社により、病気休暇中でも90日程度までは給料が出る場合と、病気休暇中は無休の場合があります。

 

ちなみに、僕が休んだ時はこの病気休暇を使いました。休暇中も給料が出るので安心して静養できました。

 

あなたの勤めている会社で病気休暇があれば、それを使うのも手です。病気休暇を使う条件として、医師の診断書が必要になる場合も多いので、状況に応じて受診しましょう。

 

③休職する

 

3つめの方法は、休職することです。

 

病気休暇の制度がない会社に勤めていて、しばらくの間休みたい場合は、休職を選択することになると思います。

 

休職の場合は、無給がほとんどですが、その代わり傷病手当金が支給されます。傷病手当金は最長1年6カ月の間、支給されます。

 

傷病手当金の支給期間

引用元:病気やケガで会社を休んだとき

 

支給額は給料の約60%となります。詳細は以下のとおり。

 

傷病手当金の支給額

引用元:病気やケガで会社を休んだとき

 

なので、ある程度はお金の心配はせずにゆっくりと休むことができますよ。休職の場合も診断書が必要になるので、医師の診断を受けてください。

 

仕事をしばらく休みたいときは、周囲の目は気にしない

仕事をしばらく休みたいときは、周囲の目は気にしない

 

仕事をしばらく休みたい時は、周囲の目は気にしなくてOKです。

 

あなたが休んでも、誰かがカバーするので会社に影響はないですし、人員配置は経営者の責任だからです。

 

なので、「周囲に迷惑がかかるから休めない…」などというのは勘違いであり、健康を損なってからではとりかえしがつきません。

 

休みたいと思ったときは、周囲のことは気にせず休んでください。

 

仕事を休んだあとは、自分の適職を探すべき

仕事を休んだあとは、自分の適職を探すべき

 

仕事を休んだあとは、自分の適職を探すべきです。

 

もちろん、元の会社に復帰するケースが多いですが、環境が変わらないとまた体調不良が再発する場合があるからです。なので、自分にとってどういう環境が働きやすいのかを理解し、その環境に身を置くことが重要になってきます。

 

例えば、働くうえで自分がしたくないことを列挙し、それが叶えられそうな業種に転職するのも有効です。「自分がやりたいこと」で選ぶと求めるものが多くなりがちですが、「やりたくないこと」をベースにすると現実的な視点で考えらえれるからです。

 

  • 満員電車に乗りたくない
  • 仕事中に話しかけられたくない
  • ムダな会議に出席したくない

 

上記のような感じなら「完全リモートワークのIT会社」に転職するなどの方法があります。

 

転職を視野に入れる場合は、以下の転職エージェントを利用すると便利ですよ。

 

リクルートエージェント 

※日本最大級の転職エージェントサービス。昨年は、約5万2,000名と多くの転職成功を実現

マイナビジョブ20's

※専任のキャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリング。サービスは全て無料

 

上記の転職エージェントを使うことで、効率的に自分の適した転職先を見つけることができます。登録は無料なので、まずは登録してどんな職種があるかを探してみるのも結構楽しいですよ。

 

まとめ:仕事をしばらく休みたい時は遠慮せずに休もう

まとめ:仕事をしばらく休みたい時は遠慮せずに休もう

 

今回は、仕事をしばらく休みたいときに、休む方法について紹介しました。

 

重要なのは、とにかく早めに休みを取得することです。無理をすると必ず今よりも体調が悪化して、回復にも時間がかかってしまいます。

 

この記事を参考に、自分にあった方法でしばらく休みをとって、体調を回復させてください。

 

体調が回復したら、無理のない範囲で転職活動なども初めていきましょう。まずは以下の転職エージェントに登録をするだけでも気が楽になりますよ。もちろん登録は無料です。

 

リクルートエージェント 

※日本最大級の転職エージェントサービス。昨年は、約5万2,000名と多くの転職成功を実現

マイナビジョブ20's

※専任のキャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリング。サービスは全て無料

 

 

コインチェック
GMOコイン

-LIFE
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5