CRYPTO

Braveブラウザのリアルな評判とは?口コミや使い方を徹底解説

Brave

 

悩んでいる人
Braveブラウザの評判ってどうなんだろう?Braveの評判や口コミ、使い方などを知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Braveブラウザとは
  • Braveブラウザの良い評判・口コミ
  • Braveブラウザの悪い評判・口コミ
  • Braveブラウザのメリット
  • Braveブラウザのデメリット
  • Braveブラウザの使い方
  • Braveブラウザに関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

BraveはPC、Mac、モバイル端末で使用できる高速で安全性の高いWeb3.0に対応したブラウザです。

今回はWeb3.0ブログで月100万円以上の収益を得ている僕が、Braveの評判・口コミ、使い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでBraveに関する理解が深まるはずです。

なお、Braveを使用すると仮想通貨BATを受け取ることができます。

BATの受け取りにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと無料で口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

Braveブラウザとは

Brave

Brave(ブレイブ)は、Brave Software社によって開発されたウェブブラウザです。

広告の挿入を制限することで、Webページの閲覧が高速化される点が大きな特徴。

また、Braveはプライバシー保護に重点を置いており、ユーザーのプライバシーを守るための機能も搭載しています。

Google Chromeと互換性があるため、Chromeの拡張機能を利用可能。

Braveは多くのプラットフォームで利用可能であり、Windows、macOS、Linux、Android、iOSなどで利用することができます。

その他にもBraveを使ってウェブサイトを閲覧することで、BATを獲得することができます。

BATは仮想通貨の取引所で交換することができるので、それを利用することで実際の通貨に換金して稼ぐことができます。

BATについては、仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

Braveブラウザの良い評判・口コミ

Braveブラウザの良い評判・口コミについて見ていきましょう。

サクッとまとめるとこのような感じ。

  • 広告が出なくて快適
  • chromeより使いやすい
  • サクサク速い
  • BATがもらえて稼げた

Braveは大学や企業の研究により、安全性が高いことも認められているので安心して使えます。

Braveの危険性については、Braveブラウザとは?特徴や危険性、メリット・デメリットを徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

Braveブラウザの悪い評判・口コミ

続いて、Braveブラウザの悪い評判・口コミも知っておきましょう。

まとめると以下のような声が多いです。

  • 翻訳が微妙
  • 提携している取引所が少ない
  • Braveの情報が少ない
  • iPhoneだと使いにくい

いずれも今後改善される可能性が高いので、運営による改善を待ちましょう。

 

Braveブラウザのメリット

Braveブラウザのメリットは以下のとおりです。

  1. 広告ブロック機能が搭載
  2. Webサイトを高速表示
  3. Brave Rewardsで稼げる

それぞれ解説します。

 

①広告ブロック機能が搭載

Braveでは標準ではBrave shields(ブレイブシールド)という広告ブロック機能が搭載されています。

Brave shieldsは、Webページの閲覧中に表示される広告をブロックし、Webページの閲覧を高速化するための機能です。

また、Brave shieldsは、トラッキングプロテクションやフィッシングサイト防止の機能も搭載しています。

これらの機能はWebページの閲覧中にプライバシーを守り、セキュリティを強化するためのものです。

他のブラウザでも広告ブロック機能があるものがありますが、設定に手間がかかります。

その点、Braveであれば設定不要でインストールするだけで広告ブロック機能を利用できます。

 

②Webサイトを高速表示

Braveブラウザは不要なコンテンツをブロックすることで、Webページの読み込みを高速表示しています。

これにより、Webページの閲覧時間を短縮することができます。

そのため、サクサクと快適なブラウジングが可能になり、読み込みが遅いなどのストレスが軽減します。

また、先述のとおり広告をブロックすることで、ページの読み込みをより高速にすることができます。

 

③Brave Rewardsで稼げる

BraveブラウザはBrave Rewardsという仮想通貨収益システムを導入しています。

このシステムを利用すると、Braveブラウザを使用して広告を閲覧することで、BATという仮想通貨を獲得することができます。

獲得したBATは仮想通貨の取引所で交換することができるので、それを利用することで実際の通貨に換金することが可能です。

このようにBrave Rewardsを使うことで、ウェブサイトを閲覧するだけで仮想通貨を獲得することができるので、楽に稼げるシステムと言えます。

BATの受け取りにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと無料で口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

Braveブラウザのデメリット

Braveブラウザのデメリットは以下のとおり。

  1. 翻訳が使いづらい
  2. 表示が崩れる場合がある

それぞれ解説します。

 

①翻訳が使いづらい

BraveブラウザはGoogle Chromeをベースにしているため一部の機能はGoogle Chromeと同様ですが、Google Chromeの一部の機能は実装されていないこともあります。

特にGoogle ChromeではWebページを表示する際にプッシュ通知で翻訳するかを聞いてきたり、右クリックで翻訳を実行することができます。

しかし、Braveブラウザではこの機能は実装されていません。

そのため、Braveブラウザを使用している場合にはGoogle Chromeの拡張機能の翻訳を使うことで、Webページを翻訳することができます。

また、Braveブラウザを使用している場合でも、その他のWeb翻訳サービスやアプリを利用することで、翻訳を行うことができます。

 

②表示が崩れる場合がある

Braveは広告をブロックするため、サイトによっては画面が表示されなかったり、崩れて表示される場合があります。

以下は大手ASP「バリューコマース」の公式サイトをBraveで表示したものです。

画面下部のバナーが一切表示されていません。

このように、場合によっては必要なバナー類もブロックされてしまい、表示が崩れて見える場合があります。

 

Braveブラウザの使い方

Braveブラウザの使い方、BATをもらう方法は以下のとおりです。

設定は簡単なのでサクッと済ませておきましょう。

  1. ビットフライヤーで口座開設する
  2. Braveウォレットとビットフライヤーを連携する

順番に解説します。

 

①ビットフライヤーで口座開設する

まずはビットフライヤーで口座を開設します。

BATを受け取るにはBraveとビットフライヤーを連携する必要があるからです。

口座開設は無料で10分ほどで完了するので、サクッと済ませておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②Braveウォレットとビットフライヤーを連携する

ビットフライヤーで口座を開設できたら、Braveウォレットとビットフライヤーを連携します。

手順は以下のとおり。

 

Braveブラウザの△マークをクリックし、「Braveリワードを認証」をクリック。

 

「続ける」をクリック。

 

「bitFlyer」をクリックして、ログインします。

 

Braveブラウザで「認証済み」になれば提携完了です。

 

こんな感じでBATを受け取る設定はめちゃ簡単なので3分ほどで完了です。

忘れないうちにまずはビットフライヤーの口座開設を早めに済ませておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

Braveブラウザに関するよくある質問

最後にBraveブラウザに関するよくある質問に答えます。

  1. Braveはどこの国で開発されてるの?
  2. Braveは無料で使えるの?
  3. BraveでもらえるBATって何?

それぞれ回答します。

 

①Braveはどこの国で開発されてるの?

Braveブラウザはアメリカのサンフランシスコにある、Brave Software社が開発しています。

中国で開発されたとの噂もありますが、中国は関係ありません。

 

②Braveは無料で使えるの?

はい、Braveは無料で使えます。

デスクトップやスマホ用のBraveブラウザをダウンロードするだけで使用可能です。

Web閲覧だけでなく、Brave Talk プレミアムやBrave Firewall + VPNなどを含む、サブスクリプション機能も実装しています。

 

③BraveでもらえるBATって何?

BATWebブラウザ「brave」上で利用されるトークンのことで、正式名称は「Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)」です。

デフォルトで広告がブロックされる仕様のブラウザ「Brave」をユーザーが使い、広告を見ることを選択すると報酬としてBATをもらえます。

BATは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって作られ、イーサリアムブロックチェーン上のトークンとして発行されています。

BAT基本情報

  • 発行開始:2017年5月31日
  • 発行要件:Webブラウザ「brave」で広告を閲覧したユーザーに付与
  • 発行枚数:15億bat(全て発行済み)
  • その他特徴:マイニング、半減期なし

BATを取り扱っている取引所はビットフライヤーコインチェックGMOコインなどであり、日本ではまだ認知度が低い状況ですが、認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

 

まとめ:Braveブラウザの評判は上々!安心して使おう

今回はBraveブラウザについて解説してきました。

Braveブラウザは広告ブロック機能と仮想通貨BATの付与により今後のさらなる普及が期待できます。

BATの付与などは将来的に打ち切りなる可能性もあるので、早めに利用しておくことで先行者利益を得られるでしょう。

BATの受け取りにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと無料で口座開設を済ませておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5