MONEY

仮想通貨用語ATHとは?その他知っておくべき用語も紹介

ATH

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)投資で「ATH」って言葉をよく見かけるけどどういう意味なんだろう。ほかにも暗号資産(仮想通貨)投資で知っておくべき用語があればを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 暗号資産(仮想通貨)におけるATHとは?
  • その他暗号資産(仮想通貨)で知っておくべき用語

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで仮想通貨に関する記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)投資をはじめると聞いた事のない用語が多くて、最初は戸惑うことがあります。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、「ATH」「ROI」など暗号資産(仮想通貨)投資で知っておくべき用語について解説します。

 

この記事を読むと暗号資産(仮想通貨)関連のニュースの内容がすんなりと理解できるようになります。

 

用語よりも早く暗号資産(仮想通貨)投資を始めたい!という方はサクッと5分ほどで口座開設できるコインチェックで口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

暗号資産(仮想通貨)におけるATHとは?

貸仮想通貨に関するよくある質問

 

ATHはオール・タイム・ハイの頭文字をとってできた言葉であり、「過去最高値」という意味です。

 

例えば「ビットコインはATHを更新」といった使い方をします。

 

 

ATHは暗号資産(仮想通貨)のみならず金融商品全般においても用いられるので、覚えておくと良いでしょう。

 

その他暗号資産(仮想通貨)で知っておくべき用語

その他暗号資産(仮想通貨)で知っておくべき用語

 

その他、暗号資産(仮想通貨)で知っておくべき用語についても触れておきます。

 

  1. ATL
  2. ROI
  3. HODL
  4. DYOR
  5. APR
  6. APY

 

①ATL

 

ATLはオール・タイム・ローの略で、過去最低値の意味です。

 

ATHと同様に頻繁に使われるため、覚えておくと相場の状況が理解しやすくなります。

 

ATHやATLのあとにはトレンドが変わることが多いので、今後の価格推移などを予測する際にも役立ちます。

 

②ROI

 

ROIはリターン・オン・インベストメントの略で「投資利益率」の意味です。

 

ROIを知る事で今までのトレードの成果や、異なるトレード方法でどちらが効率的に利益を得られるかを判別することができます。

 

ROIは「利益額÷投資額×100」で求められます。

 

例えば、投資額が100万円で10万円の利益が出たとします。その場合、「10÷100×100=10」となりROIは10%です。

 

つまり、投資額に対して10%の利益が出たということがわかります。

 

③HODL

 

HODLは"hold"のスペルミスから誕生した言葉です。

 

暗号資産(仮想通貨)を長期保有する戦略のことを指しています。

 

HODLの発祥は有名なビットコイントークフォーラムの2013年の投稿にさかのぼります。

 

トピックのタイトル「I AM HODLING」のスペルミスがきっかけとなりHODLが使われるようになりました。

 

④DYOR

 

DYORは「Do Your Own Research」の略で、投資をする際は自分でしっかりと情報収集すべきということを意味しています。

 

特にDefiなどでは日本語での解説が少ないサービスも多いため、自力で調べろ!という意味でよくDYORが使われます。

 

 

⑤APR

 

APRとはAnnual Percentage Rateの略であり、「年換算利回り」の意味です。

 

名目金利とも呼ばれ、複利を考慮しない年間収益率(%)になります。

 

PancakeswapやPancake bunnyなどのDefiサービスでよく使われるので覚えておくと良いでしょう。

 

Pancake bunny
【自動複利運用】PancakeBunny(パンケーキバニー)とは?概要と使い方を解説

続きを見る

PancakeswapTOP
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

続きを見る

 

⑥APY

 

APYはAnnual Percentage Yieldの略で、複利を考慮した場合の年間収益率(%)です。

 

APRからAPYを知りたい場合は「Convert APR to APY.」を使うと自動計算できるので便利です。

 

まとめ:暗号資産(仮想通貨)の用語を蓄積して投資に活用しよう

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回は暗号資産(仮想通貨)でよく使う用語について解説しました。

 

ATHやATLは日頃のニュースでもよく使われるため、覚えておくと良いでしょう。またATH・ATL直後には大きく価格変動する傾向があるので、そのことも知っておいて損はありません。

 

今回ご紹介した用語が特によく目にするものなので、しっかりと意味を頭に入れておくとこれからの資産運用に役立つはず。さらにマンガで仮想通貨の基礎知識を理解しておくと完璧です。

 

 

まずは勉強の意味でも少額の暗号資産(仮想通貨)を保有してみると多くのことが学べます。

 

おすすめは500円から暗号資産(仮想通貨)が購入できるコインチェック。

 

まずはお試しで5,000円分くらいのビットコインを買って暗号資産(仮想通貨)の世界への一歩を踏み出しましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

暗号資産(仮想通貨)のおすすめ銘柄・取引所についてはこちらで紹介しています。

暗号資産(仮想通貨)
【初心者向け】仮想通貨の買い方とおすすめ銘柄、取引所を解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5