MONEY

【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

ポルカドットロゴ

 

悩んでいる人
仮想通貨のポルカドット(DOT)について詳しく知りたい。ポルカドットの特徴やどこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ポルカドットの概要
  • ポルカドットの特徴
  • ポルカドットの展望
  • ポルカドットの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にポルカドットや他の仮想通貨を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

ポルカドット(DOT)は2020年8月に上場した新しい仮想通貨ですが、2021年に入って価格が急騰しており、投資家の注目を集めている仮想通貨のひとつです。

 

 

実際に、この1年でに300円→4500円へと価格が15倍に高騰しています。そして、今後も上昇トレンドにあります。

 

ポルカドットチャート

 

今回はそんなポルカドットについて、仮想通貨取引で200万円ほどの利益を上げている僕が特徴や特徴、そして今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

 

ビットコインの始め方・買い方については、【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】で詳しく解説しています。

 

動画版はこちら。聴くだけで理解できるようになってますのでどうぞ~。

 

 

 

ポルカドットの概要

ライトコイン概要

 

ポルカドット(DOT)は、イーサリアムの共同創設者であるGavin Wood博士を中心に設立された、公平かつユーザー主導の分散型ウェブ(Web3.0)の構築を目指す団体、Web3 Foundationが開発するブロックチェーンプロジェクトです。イーサリアムについては、【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説で詳しく解説しています。

 

プライベートチェーン、コンソーシアムチェーン、パブリックネットワーク、パーミッションレスネットワーク、オラクルといった新技術を活用して相互運用性を高めるために構築されています。

 

複数のブロックチェーンを1つのネットワークに統合して接続する次世代のブロックチェーンプロトコルとしての機能を持つポルカドットは、1秒間に数千回のトランザクション処理が可能であり、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

 

ポルカドットの特徴

ステラルーメンの特徴

 

ポルカドットの特徴は以下のとおり。

 

  1. インターオペラビリティの実現
  2. スケーラビリティ問題の解決
  3. ブロックチェーンの開発が容易
  4. 高いセキュリティ性
  5. オープンガバナンス体制

 

順番に説明します。

 

①インターオペラビリティの実現


インターオペラビリティとは、「相互運用性」という意味です。

 

仮想通貨の世界においては、異なるブロックチェーン同士をつなぎ、相互運用する状態を指しています。ブロックチェーンについては以下の記事で詳しく解説しています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

これまでのブロックチェーンを例にすると、ビットコインやイーサリアムは互換性が無いため、それぞれのブロックチェーン同士をつなぐことはできません。

 

そのため、ビットコインをイーサリアムに変換するためには、取引所を通じて変換をする必要があります。

 

取引所を利用するということは、ニーズを満たす場合には中央集権的なものを利用しなければならないということです。

 

つまり従来のブロックチェーンは分散性を有しており非中央集権を目指しているにもかかわらず、中央集権的なものに頼らざるを得ない側面がありました。

 

しかし、ポルカドットを活用することで異なるブロックチェーン同士をつなぐインターオペラビリティを実現でき、完全なる分散型web=Web3.0を構築できます。

 

②スケーラビリティ問題の解決


スケーラビリティ問題とは取引処理の件数が増えすぎて、取引処理が遅延し、手数料が高くなる問題のことです。

 

遅延の主な要因は、トランザクションの検証に多くの時間を要するからです。

 

一方でポルカドットでは、「Parachain(パラチェーン)」と呼ばれる複数のブロックチェーンがトランザクションを並行処理できるので、処理速度が向上することによりスケーラビリティ問題を解決しています。

 

③ブロックチェーン開発が容易


ポルカドットでは、「Substrate(サブストレート)」というブロックチェーンの開発ツールを一般に公開しています。

 

 

Substrateを使うことによって、誰でも簡単にポルカドットと互換性のあるブロックチェーンを開発できます。

 

④高いセキュリティ性


従来のブロックチェーンは、セキュリティを確保するために、個々のブロックチェーンごとに多くのリソースを必要としていました。

 

また、規模の小さいブロックチェーンではそうしたセキュリティ用のリソースを確保できず、外部からの攻撃を受けることもしばしばありました。

 

ですが、ポルカドットの場合は「Pooled Security」というセキュリティのプログラムがネットワーク上に設置されており、それを各ブロックチェーンが活用することができます。

 

そのため、個々のブロックチェーンでリソースを必要とせず、すべてのブロックチェーンで一定のセキュリティ性を保つことができます。

 

⑤オープンガバナンス体制


ポルカドットでは、運営主導で開発を進めるのではなく、ユーザーと協働しながらネットワークを構築していくオープンガバナンス体制をとっています。

 

具体的には、ポルカドットのユーザーは仮想通貨(トークン)を保有するとガバナンスに参加する権利が与えられ、ネットワーク内の手数料の決定やブロックチェーンの追加・削除、プロトコルのアップデートなど携わることができます。

 

ポルカドットの今後の展望

クアンタムの今後の展望

 

テゾスの今後は以下の点から有望視されています。

 

  1. TIL/Tidal Financeプロジェクト
  2. PolkaBTCプロジェクト
  3. 独自トークンを発行可能に
  4. コンフリクト問題解消

 

①TIL/Tidal Financeプロジェクト


TIL/Tidal Financeプロジェクトとは、Tidal Financeは、ポルカドット上で分散型保険売買ができるプロトコルを開発するプロジェクト。そのプロトコル上の報酬トークン名が「TIL」である。

 

トークン「TIL」を獲得するためには、対象の保険プロトコルに流動性を産むこととされており、メリットは「リスク軽減」と「仕組みの効率化」と言われています。

 

 

②PolkaBTCプロジェクト


Polkadot(ポルカドット)は、トークン化されたビットコインとして「PolkaBTC」を発表しました。

 

 

PolkaBTCプロジェクトとは、ビットコインブロックチェーンとポルカドットブロックチェーンをつなぐ技術のこと。これによりユーザーはビットコインをロックし、ポルカドットブロックチェーン上で、その代替トークンである「PolkaBTC」を発行することがきます。

 

厳密に言うと、BTCのパラチェーンを開発しているといった感じです。

 

「PolkaBTC」でトークン化されたBTCは、利用用途が多岐に渡り構想されており、今後の普及が予想されます。

 

③独自トークンを発行可能に


ポルカドットはPolimecを導入予定であることを発表しています。

 

 

Polimecとは、トークン発行や転送のフレームワークで、ポルカドットへの導入は市場の注目を集めています。

 

Polimecの導入により以下の問題が解消できると言われています。

 

  • イーサリアムの手数料問題
  • 詐欺プロジェクトの防止
  • メインネットへの資金移行


ポルカドットは、Polimecを導入することでイーサリアムに近い存在になると考えられています。

 

④コンフリクト問題解消


ブロックチェーン市場では今後、機能や市場が増えすぎて処理が渋滞するようなコンフリクト問題が起こると言われています。

 

そのため、ポルカドットが持つ異なるブロックチェーンをつなげる機能は、コンフリクト問題の解消につながると期待されています。

 

ポルカドットの購入方法

ライトコイン購入方法

 

ポルカドットを取り扱う主な取引所は以下のとおりです。いずれも海外取引所になりますが、いずれも大手取引所なので好きな方を使えば大丈夫です。

 

 

ちなみに僕はBINANCEを使っています。取引高が世界一ですし、手数料が安く取引通貨の種類も多いので特に不満はありません。

 

最低500円くらいから購入できるので、ポルカドットを少額から始めてみたい方にはBINANCEがオススメです。

 

ポルカドットを購入するためにはまず無料で口座を開設しましょう。スマホから5分くらいでサクッと開設できます。

 

\ 仮想通貨取引高No.1/

BINANCEで口座開設する

 

アルトコインはコインチェックでの購入がおすすめ

コインチェック

 

名称 CoinCheck(コインチェック)
公式サイト CoinCheck(コインチェック)公式サイト
取扱通貨数 15通貨(ビットコイン+アルトコイン14種類)
最低取引額 500円
提供サービス 仮想通貨販売所
仮想通貨取引所
CoinCheckつみたて
貸仮想通貨サービス

 

ポルカドット以外にもアルトコインへの投資を検討しているなら、国内取引所のコインチェックがおすすめです。

 

コインチェックのオススメポイントは以下の3つ。

 

  • アルトコインの取扱数が国内取引所で最多
  • 少額から投資可能
  • 取引画面やアプリがシンプルで使いやすい

 

①アルトコインの取扱数が国内取引所で最多


コインチェックは、アルトコインの取扱数が14種類と国内取引所の中で最も多く取り扱っています。

 

どの通貨もコインチェックによるリスク検証をしたうえで取り扱っているので、安心して取引することができます。

 

②少額から投資できる


コインチェックではどのアルトコインに対しても、500円から投資できます。

 

そのため仮想通貨に投資するのが初めての初心者でも、少額から安心して始めることができます。

 

③取引ツールがシンプルで使いやすい


コインチェックはPC、もしくはスマホアプリで取引することができます。

 

どちらもシンプルで分かりやすい作りとなっており、初心者でも操作をすぐに理解して取引をすることができます。

 

僕自身もよくコインチェックのアプリで仮想通貨をポチポチ買っています。

 

なので、ひとまず口座開設だけしておくと気が向いたときに気軽に仮想通貨を買うことができます。登録はもちろん無料なので安心ですよ。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ポルカドットは今後も価格上昇が期待できる

飛翔

 

ポルカドットは日本ではまだまだ認知度が低いですが、これから価格が上昇する可能性を秘めています。

 

実際に、この1年でに300→4500円へと価格が15倍に高騰しています。そして、今後も上昇トレンドにあります。

 

ポルカドットチャート

 

ポルカドットは2021年4月時点では1枚4500円くらいと手ごろな価格なので、ためしに10,000円分くらいの少額で始めてみると安心です。

 

これから仮想通貨を始めようかと悩んでいる方にとっては、買いやすいオススメの通貨になります。

 

いずれにせよ、仮想通貨を始めようかどうしようか悩んでいる間にチャンスを逃すというのはよくあること。

 

検討だけして現状維持で満足するのか?

それとも、

今ここで行動して未来を変えるのか?

 

この記事を読んだアナタが選ぶ道はもう決まっているはず。軽い気持ちで買ったポルカドットが将来大化けするかもしれませんよ。

 

\ 仮想通貨取引高No.1/

BINANCEで口座開設する

 

 

やっぱり国内取引所で買いたい!という方はコインチェックを利用すると安心ですよ。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定商品への投資を勧誘するものではございません。「ふぁふぁぶろ」における仮想通貨(改正資金決済法において「仮想通貨」は「暗号資産」に呼称が改められました。当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します)に関する情報は本サイトの見解によるもので、情報の真偽、仮想通貨の正確性・信憑性などについては一切保証されておりません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5