MONEY

仮想通貨Hdac(HDAC)とは?特徴や将来性、おすすめ取引所を徹底解説

HDAC_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のHdac(HDAC)について詳しく知りたい。Hdac(HDAC)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Hdac(HDAC)の概要
  • Hdac(HDAC)の特徴
  • Hdac(HDAC)の将来性
  • Hdac(HDAC)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のHdac(HDAC)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Hdac(HDAC)は、韓国の財閥として知られる現代(ヒュンダイ)グループが発行する仮想通貨です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Hdac(HDAC)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとHdac(HDAC)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Hdac(HDAC)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨Hdac(HDAC)の概要

hdac①

出典:https://www.hdactech.com/

 

HDACは、韓国の有名企業である現代(ヒュンダイ)グループによって開発された仮想通貨です。

 

ヒュンダイは韓国の10代財閥のひとつであり、自動車、自動車、造船、建設、海運、電子工業など様々な事業を展開しています。

 

HDACはセキュリティに特化したIoTのためのプラットフォームを提供しています。

 

ブロックチェーン技術を医療分野へ健康管理などに応用する「ブロックチェーン3.0」の主導者になるべく、技術開発に取り組んでいます。

 

仮想通貨Hdac(HDAC)の特徴

仮想通貨Burger Swap(BURGER)の特徴

 

Hdac(HDAC)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ブロックチェーンを利用したIoT
  2. コンセンサスアルゴリズムにePOWを採用

 

①ブロックチェーンを利用したIoT

 

Hdac(HDAC)が提供するブロックチェーン上にあるデバイスは、IoTコントラクトによって制御されます。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

IoTコントラクトはデバイスを制御するだけではなく、すべての通信の履歴をブロックチェーン上に記載して信頼性を担保します。

 

高いプライバシー性が特徴であり、工場や住居、オフィスビルに至るまでさまざまな分野に適用可能です。

 

将来的には自動車にもその技術を適用し、スマートカーの分野への進出も検討しています。

 

②コンセンサスアルゴリズムにePOWを採用

 

Hdac(HDAC)のコンセンサスアルゴリズムには独自のアルゴリズムePOWを採用しており、電力使用の効率化とマイニング報酬の平準化を実現できます。

 

ブロック生成時間も約3分なので、高速な取引処理も可能です。

 

仮想通貨Hdac(HDAC)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Hdac(HDAC)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. CertiKと業務提携
  2. ヒュンダイの後ろ盾

 

①CertiKと業務提携

 

Hdac(HDAC)は監査会社のCertiKと提携し、IOTデバイスをブロックチェーンに組み込むことで同意しています。

 

 

CertiKはスマートコントラクトとブロックチェーンエコシステム向けの検証テクノロジーを提供する企業です。

 

Hdac(HDAC)の理念であるセキュリティ向上と、それをサポートするCertiKの姿勢とおうことで両者の思惑が一致した形です。

 

今後、他の企業との提携が進めばHdac(HDAC)の価値が上昇していくはずです。

 

②ヒュンダイの後ろ盾

 

韓国の財閥であるヒュンダイが後ろ盾になっているので、投資をする上では安心感があると言えます。

 

仮想通貨には開発母体が不明確なものも多いですが、誰もが知るヒュンダイが開発しておりプロジェクトの進捗状況も確認できます。

 

今後のプロジェクトが順調に推移することで、より価格が上昇する可能性があります。

 

仮想通貨Hdac(HDAC)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Hdac(HDAC)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でHdac(HDAC)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでHdac(HDAC)を購入する

 

なので、Hdac(HDAC)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Hdac(HDAC)はiOT需要による後押しが期待できる

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

今回はHdac(HDAC)について解説いたしました。

 

Hdac(HDAC)は、ブロックチェーンを活用したセキュリティ性の高いiOTサービスを提供するプロジェクトであり、iOTの需要に後押しされて需要が増える可能性が高いです。

 

Hdac(HDAC)は2021年10月現在は約8円と非常に買いやすい金額ですので、少ない資金でも大量に購入できるので将来の売却益が期待できます。

 

HDAC価格

 

繰り返しになりますが、Hdac(HDAC)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Hdac(HDAC)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5