MONEY

仮想通貨ダイムコイン(DIME)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

ダイムコイン(DIME)logo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のダイムコイン(DIME)について詳しく知りたい。ダイムコイン(DIME)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ダイムコイン(DIME)の概要
  • ダイムコイン(DIME)の特徴
  • ダイムコイン(DIME)の将来性
  • ダイムコイン(DIME)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のダイムコイン(DIME)の概要や特徴が知りたい。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

ダイムコイン(DIME)は、ブロックチェーンを活用した決済サービスです。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)運用をしているぼくが、ダイムコイン(DIME)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとダイムコイン(DIME)のことが理解できるので、安心してダイムコイン(DIME)を保有することができるはずです。

 

また、ダイムコイン(DIME)は現在国内取引所では取り扱いが無いため、海外取引所を使う必要があります。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

意外と知られていないのですが、海外取引所は日本円をそのまま入金することができないので、仮想通貨での入金が必須です。

 

そのため、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ダイムコイン(DIME)の概要

ダイムコイン(DIME)①-min

 

通貨名称 DIME(Dimecoin/ダイムコイン)
最大発行数 5390億枚
公開日 2013年12月
公式サイト https://www.dimecoinnetwork.com/
ホワイトペーパー https://www.dimecoinnetwork.com/dime/dimecoin.pdf

 

ダイムコイン(DIME)は完全に分散化されたブロックチェーンの上に構築された、革新的でアクセスしやすい決済ソリューションサービスです。

 

ダイムコイン(DIME)は、ブロックチェーンテクノロジーと暗号通貨を活用し、以下のサービスを提供しています。

 

  • POS(Point-of-Sale)
  • ピアツーピア(P2P)
  • 即時送金
  • ボーダレス決済
  • マイクロペイメント/ゲーム内ペイ
  • 通貨スワップ

 

時価総額は50万ドル、従来の20倍のトランザクション速度を誇っており新たな決済サービスとして注目を集めています。

 

ダイムコイン(DIME)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

ダイムコイン(DIME)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 分散型決済サービス
  2. 中央管理者が不要
  3. 高い透明性

 

①分散型決済サービス


ダイムコイン(DIME)は世界中の誰もが自由に接続できます。

 

分散型のサービスであるため、従来の集中型システムのような処理遅延やサーバーダウンなどの問題が起きません。

 

②中央管理者が不要


ダイムコイン(DIME)は中央管理者を必要としないため、ブロックチェーン上のデータのアクセスを一カ所で記録することはありません。

 

その代わり、ブロックチェーンにアクセスする数百~数千のコンピューターのデバイスに個別に記録されます。

 

③高い透明性


ダイムコイン(DIME)におけるすべてのトランザクションレコードは公開されており、監査可能です。

 

それらのレコードを勝手に改ざんすることはできません。これにより、大規模な不正行為を防止できます。

 

ダイムコイン(DIME)の将来性

スカイコイン(SKY)

 

続いて、ダイムコイン(DIME)の将来性について解説します。

 

ダイムコイン(DIME)は今後、支払いエコシステム全体を網羅し、マーチャント/ベンダーのPOSアプリケーション(Webと店舗の両方)、ピアツーピア転送、および送金ベースのソリューションを提供することを計画しています。

 

raodmap

 

同時にユーザーが世界中のどこにいても、瞬時に取引して送金できるようにする利便性の高いサービスを追求していきます。

 

今後のダイムコイン(DIME)に実装予定のサービスは以下のとおり。

 

  • ベンダー/マーチャントサービス用の既存のPOSソフトウェアへの統合
  • 送金ソリューション
  • ピアツーピアトランザクション
  • アプリ内フィアットから暗号への変換
  • 商人の記録管理
  • 交換サービス

 

公式ブログなどでも進捗を定期的に発信しているため、信頼性が高いと言えます。

 

また、これらのサービスが実装されることで、より一層ダイムコイン(DIME)の利便性が高まるため利用者が増えるでしょう。

 

ダイムコイン(DIME)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ダイムコイン(DIME)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ちなみに、海外取引所でダイムコイン(DIME)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでダイムコイン(DIME)を購入する

 

このような手順になります。

 

なので、ダイムコイン(DIME)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ダイムコイン(DIME)は価格の安い今が買い時

飛翔

 

今回はダイムコイン(DIME)について解説してきました。

 

ダイムコイン(DIME)は高速かつ安全性が高い決済サービスなので、今後の暗号資産(仮想通貨)の需要増加と共に利用者が増えると見込まれます。

 

2021年9月現在で0.0004くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

ダイムコイン(DIME)価格

 

繰り返しになりますが、ダイムコイン(DIME)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ダイムコイン(DIME)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

定番&将来性のある仮想通貨についてはこちらで紹介しています。

仮想通過
【初心者向け】定番&将来性のある仮想通貨5種類を紹介【資産倍増】

続きを見る

 

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5