BLOG SEO

内部リンクとは?SEO効果を高める4つのコツを解説

ブログの画像サイズ変更におすすめの圧縮ツール

 

悩んでいる人
ブログの内部リンクってSEOに影響あるのかな?内部リンクのSEO効果を高めるコツを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 内部リンクとは
  • 内部リンクのSEO効果
  • 内部リンクのSEO効果を高めるコツ4つ

 

本記事の信頼性

筆者は2020年8月にブログを開設し、300記事以上更新しています。

 

「内部リンクってSEOに影響あるのかな?」こんな風に思って困っていませんか?実際、僕自身も内部リンクのSEOへの影響がよくわからないまま、漫然と内部リンクを貼り続けていました。

 

結論、内部リンクはSEOに影響を与えます。

 

本記事ではブログを300記事以上更新している僕が、内部リンクのSEO効果と、SEO効果を高めるためのコツをご紹介します。

 

内部リンクのSEO効果を高めるためのコツは、どれもすぐに真似できますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

この記事を読むと、SEOに効果的な内部リンクの貼り方がわかるようになり、ブログ全体のSEO評価を上げることができます。

 

記事は3分ほどで読み終わります。内部リンクのSEO効果を高めるコツを知りたい方は、3分だけおつきあいください。

 

まだブログを開設していない、という方は初心者でも10分でできるWordpressブログの始め方【超簡単】をご覧ください。初心者でも10分でブログを開設する方法を紹介しています。
ふぁふぁ

 

内部リンクとは

内部リンクとは

 

内部リンクとは、サイト内のページ同士を結びつけるリンクのこと。

 

当ブログも内部リンクを以下のように貼っています。

 

内部リンク

 

内部リンクを最適化することで、Googleのクローラーがサイト内部を満遍なく巡回できるようになります。その結果、インデックスされやすくなるため、SEO効果が高まり検索順位の上昇が見込めます。

 

例えば、AmazonやWikipediaは多くのキーワードで検索結果の1ページ目に表示されることが多いですよね。その理由は、サイト内部にリンクを張り巡らせ、お互いのページ同士の評価を上げることに成功しているからです。

 

このように、内部リンクを最適化することで、SEO効果が期待できます。SEOを強化する対策については、以下の記事で詳しく解説しています。

>>WordPressのSEOを強化するためにやるべき12の対策

 

一方で他サイトの自サイトのURLのリンクが貼られることを、外部リンクといいます。外部リンクについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

外部リンクとは?SEOにおける重要性と獲得のコツを解説

 

内部リンクのSEO効果

内部リンクのSEO効果

 

つづいて、内部リンクのSEO効果について、説明します。SEO効果は以下のとおり。

 

  1. クローラーが回遊しやすい
  2. 関連ページが増え評価が上がる
  3. サイト全体に評価が行き渡る

 

順番に説明します。

 

①クローラーが回遊しやすい

 

1つめの効果は、クローラーが回遊しやすくなること。

 

Googleのクローラーはリンクをたどって、ページをクロールしていくからです。

 

Googleも以下のように、リンクをたどってクロールすることを明言しています。

 

クロール – 新しいウェブページや更新されたウェブページを検出するプロセスのことです。Google はリンクをたどる、サイトマップを読み込むなど、さまざまな手段で URL を検出します。Google はウェブをクロールして新しいページを検出し、そのページをインデックスに登録します(例外もあります)。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

内部リンクがないと、クローラーがそのページにたどり着けないのでインデックスされず評価されません。

 

なので、まずは内部リンクでページとページをつなぎ、Googleから評価されやすいサイトにすることが重要です。

 

②関連ページが増え評価が上がる

 

2つめの効果は、関連ページが増えて評価が上がること。

 

関連ページが増えると、Googleからそのテーマについて専門性が高いと評価されるからです。

 

「ブログ」をテーマにした記事が10個しかないサイトと、100個あるサイトだと後者の方が信頼性が高いですよね。

 

内部リンクで関連ページを紐づけることで、テーマの専門性を底上げすることができます。

 

③サイト全体に評価が行き渡る

 

3つめの効果は、サイト全体に評価が行き渡ること。

 

内部リンクを適切に設置することで、サイトの隅々までクローラーがインデックスできるからです。

 

サイト全体の記事の質や量で評価されるため、適度な量の良質なコンテンツがあれば、検索順位の上昇が見込めます。

 

記事同士がタッグを組んで、サイトの評価をあげるチーム戦みたいな感じですね。

 

SEO効果が出るまでにはある程度の期間が必要です。SEO効果が出る期間については、SEO対策の効果とは?効果が出るまでの期間について解説で詳しく解説しています。

 

内部リンクのSEO効果を高めるコツ4つ

内部リンクのSEO効果を高めるコツ

 

つづいて、内部リンクのSEO効果を高めるコツについて、説明します。コツは、以下の4つ。

 

  1. アンカーテキストにキーワードを含める
  2. パンくずリストを作る
  3. 重要なページに内部リンクを集める
  4. サイトマップを作る

 

順番に説明します。

 

①アンカーテキストにキーワードを含める

 

1つめのコツは、アンカーテキストにキーワードを含めること。アンカーテキストとは以下のようにリンクで表示される文言のことです。

>>【月0万円→3万円】アフィリエイトで稼ぐコツ4つを解説

 

アンカーテキストにキーワードを含めることで、ユーザーがクリックする前に記事の内容を把握できて、リンク先の記事をスムーズに読み進めることができるからです。

 

例えば、以下のような例を比べてみるとどうでしょうか。

 

 

前者はリンク先の記事がどんな内容か全く想像できないですよね。一方、後者は記事の内容がアンカーテキストにあるため、安心してクリックできます。

 

Googleも以下のようにアンカーテキストの効果を公表しています。

 

ページ上のリンクには内部的なリンク(サイト上の他のページを参照しているもの)もあれば、外部的なリンク(他のサイトのコンテンツにつながるもの)もあります。どちらの場合でも、アンカー テキストが効果であるほど、ユーザーがナビゲートしやすくなり、Google がリンク先のページについて理解しやすくなります。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

このように、内部リンクのアンカーテキストにキーワードを入れることで、ユーザーの利便性が向上し、結果的にSEO効果が期待できます。

 

②パンくずリストを作る

 

2つめのコツは、パンくずリストを作ること。パンくずリストとは、サイト内のページの位置を示して、クローラーとユーザーの双方がサイト構造を把握できるようにするためのナビゲーションリンクのことです。

 

パンくずリストを作ることで、そのページのカテゴリーがすぐ把握できて、目当てのページに素早く辿りつけるようになるので、クローラビリティやユーザビリティが向上するからです。

 

例えば、当ブログでも以下のようにパンくずリストを設置しています。

 

パンくずリスト

 

このように、パンくずリストがあることで、ユーザーやクローラーにとってサイト構造がわかりやすくなるので、Googleに評価され、検索結果の上位化が見込めます。

 

③重要なページに内部リンクを集める

 

3つめのコツは、重要なページに内部リンクを集めること。

 

被リンクの数が多いほど、質の高い価値のあるページと評価されるからです。

 

たとえば、以下のようにキーワード「ブログ」を狙った記事の評価を高めたい場合は、以下のように他の関連ページから内部リンクを集めるようにすると、効果的です。

 

 

このように、評価を上げたい重要なページに内部リンクを集めるようにしましょう。

 

④サイトマップを作る

 

4つめのコツは、サイトマップを作ること。

 

サイト内のすべてのページ内部リンクが作成されるので、クローラーが巡回しやすくなり、ユーザが目的のコンテンツにすばやくたどり着けるようになるため、ユーザーの利便性向上にもつながるからです。

 

例えば、当ブログの場合も以下のようなサイトマップを作成しています。

 

サイトマップ

 

サイトマップは以下のWordPressプラグインを使えば簡単に作成できますよ。使い方も簡単なのでググればOKです。

 

 

その他のWordPressのおすすめプラグインについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>WordPressのおすすめプラグイン厳選7つ【これだけでOK】

 

まとめ:SEOにおいて内部リンクは重要

まとめ:SEOにおいて内部リンクは重要

 

今回は、内部リンクのSEO効果を高めるコツについて説明しました。内容をおさらいすると、以下のとおり。

 

内部リンクのSEO効果

 
  1. クローラーが回遊しやすい
  2. 関連ページが増え評価が上がる
  3. サイト全体に評価が行き渡る

 

内部リンクのSEO効果を高めるコツ4つ

 
  1. アンカーテキストにキーワードを含める
  2. パンくずリストを作る
  3. 重要なページに内部リンクを集める
  4. サイトマップを作る

 

内部リンクはクローラーの回遊性と、ユーザーの利便性を向上させるために不可欠なものです。

 

適切な内部リンクを配置することにより、サイト全体の評価を高め、検索順位の上位化を期待できます。

 

この記事を参考に、まずは関連するページどうしを内部リンクで結びつけるところから始めてみましょう。検索で上位表示ができるようになったら、収益化を検討してみてください。

人気記事
【ブログアフィリエイトとは?仕組みや始め方をわかりやすく解説

続きを見る

人気記事
お金を生む
【初心者用】ブログで月5万円を稼ぐロードマップ【25記事で解説】

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-BLOG, SEO
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5