NFT

NLC PROJECTSとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
NLC PROJECTSについて詳しく知りたい。NLC PROJECTSの概要や特徴、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • NLC PROJECTSの概要
  • NLC PROJECTSの特徴
  • NLC PROJECTSの始め方
  • NLC PROJECTSの将来性

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

NLC PROJECTSはカンボジアのRong島が発展していくエコシステムを創出するプロジェクトです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、NLC PROJECTSの概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでNLC PROJECTSに関する理解が深まるはずです。

なお、NLC PROJECTSを始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックが使いやすいです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

NLC PROJECTSの概要

NLC PROJECTSとは、カンボジアのRong島の発展を目指すプロジェクトです。

プロジェクトでは発行枚数が限定されたガバナンストークンNLCと無制限に発行可能な決済通貨LGNを発行します。

NLCプロジェクトは管理(所有)するカンボジアRong島のNIPPON Lagoon地域を中心に、ショッピングからカジノ(オンラインカジノを含む)、不動産、ホテルなどの支払いに利用できるコインを発行。

デジタルコインを中心とした投資家を呼び込むことで、島の魅力を高め、ビーチや宿泊施設、観光地など、長期的に島を豊かにする環境を整えることを目指しています。

 

NLC PROJECTSの特徴

NLC PROJECTSの特徴は以下のとおり。

  1. 不動産・ホテルへ投資可能
  2. 2種類のトークンを採用
  3. NLCウォレットを開発
  4. NFTが売買可能
  5. ステーキングできる
  6. 運営の信頼性が高い
  7. ヴィラNFTキャンペーンを実施中
  8. レンディングが可能

順番に説明します。

 

①不動産・ホテル等へ投資可能

NLC PROJECTSを通じてRong島の不動産やホテルへ投資可能です。

Rong島は観光地として知られており、2019年には年間を通じて26万6千人の観光客を受け入れ、その71%が外国人観光客でした。

Rong島は島であるため、カンボジア本土から来る観光客も想定されます。

カンボジア本土からの観光客は船やボートで移動し、島への輸送に必要な資材もすべて船で移動することになります。

そのため、多大な需要が見込める港湾地域などへの投資も可能になっています。

 

②2種類のトークンを採用

NLC PROJECTSはエコシステムの維持とスケーラビリティを確保するために、2つのトークンを採用しています。

  • NLC
  • LGN

それぞれのトークンの役割の違いについて説明します。

 

NLC

NLCはNLC PROJECTSのガバナンストークンです。

NLCでRong島に建設されるNFTヴィラを購入することができます。

ヴィラのオーナーとなることで、ヴィラに滞在するか、観光客に貸し出してヴィラの運営利益を得るかを選択できます。

今後もNLCトークンの利用可能店舗を拡大し、島内全域でサービスを提供する予定です。

NLCは発行上限があり、20億枚となります。

 

LGN

LGNは、主にNLCエコノミクス内の決済通貨として使用できるユーティリティトークンです。

InvestRを通じて不動産NFTを購入する際にも使用できます。

LGNの流動性を確保するために以下の場合に追加発行が実施される可能性があります。

  1. 価格が1ドル以上となった場合
  2. 30日以内に30%以上価格が上昇した場合

追加発行の回数は、価格の下落率が15%以内であることを前提に決定します。

LGNの発行上限はありません。

 

③NLC Walletを開発

独自ウォレットのNLCウォレットと呼ばれる暗号通貨ウォレットを開発しています。

NLCウォレットは、暗号通貨の送受信を非常に簡単に行うことができます。暗号通貨の送受信には様々な方法があります。

基本的には受信者のウォレットアドレスを入力→送金額を選択→取引に署名→取引手数料を支払って送信します。

NLCウォレットは暗号通貨を保持と送信を一元管理することができます。

 

④NFTが売買可能

NLC PROJECTSでは土地やヴィラをNFTとして売買可能です。

Rong島にて建設予定されているヴィラNFTをUSDTかLGNで購入することができます。

ヴィラの所有者になり、運用益を獲得することが可能です。もちろん、自身でヴィラを利用することもできます。

 

⑤ステーキングできる

NLC PROJECTSではステーキングも利用できます。

NFT WalletでNLC、LGNを一元管理でき、ウォレット内でNLCのステーキングやレンディングサービスが利用可能です。

ユーザーはステーキングをすることで、LGNを配当として受け取ることができます。

NLCをステーキングすると、ステーキング量に応じて、Villa NFTがさらにお得になります。

最大13万円もお得になり、通常の割引との併用も可能です。

ステーキングはトレードすることなく、利益を得られる仕組みであり、初心者にもおすすめの投資法です。

ステーキングについては、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑥運営の信頼性が高い

NLC PROJECTSは運営の信頼性が高いことも特徴です。

運営元の「NC Material Co., Ltd.」はシアヌークビルでカジノ、ホテルを運営している企業集団です。

現在Rong島内でもカジノ・ホテル建設中(一棟)、ヴィラ(約30棟)を建設中。

このように、実際に開発に着手していることからも信頼できるプロジェクトと言えます。

 

⑦ヴィラNFTキャンペーンを実施中

NLC PROJECTSでは$700,000相当のヴィラNFTをgiveawayするキャンペーンを実施中です。

$700,000相当のヴィラNFTを52分割にしてgiveawayするとのこと。

こちらのgiveawayについてはチケット(抽選券)制度を設けており、抽選券はNLCウォレット上にて配布されます。

チケット(抽選券)がもらえる方法は以下のとおり。

  • プロモーターや運営からTwitter上でgiveawayをした場合に参加
  • NLCを5,000枚、360日以上ステーキングするごとに1枚付与

1年をかけてgiveawayしていく企画であり、第一弾は1月31日にチケット(抽選券)を持っている人の中から10名を抽選し2月上旬〜中旬に発表をします。

最新情報やgiveawayに参加したい方はNLC PROJECTS公式Twitterをフォローしてみてください。

 

⑧レンディングが可能

NLCウォレットにはUSDTとLGNレンディングが実装予定です。

初期実装に関してはUSDTのみとなっており、4%〜10%の年利が得られるように設計しています。

また、ステーキングサービスとの連携できるようにしています。

Walletレベル(ステーキング量)によってレンディングの年利が上がる仕組みになっており、0.2〜4%もプラスされるようになります。

なので、レンディング量がMAXで、WalletレベルもMAXだった場合、最大14%の年利が受けられる形になります。

この利率で配当できる理由は、NL Materialはカンボジアでマイクロファイナンス事業を行っており、年利20%以上で事業を運営しています。

ステーキングされたUSDTをマイクロファイナンス事業で運用し、しっかり事業に裏付けされた利益を配当している点が大きな特徴です。

 

NLC PROJECTSの始め方

NLC PROJECTSの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでUSDTを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. NLCを購入する

少し手順が多いですが、NFT取引は全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックに登録

NFTを始める最初のステップとして、コインチェックで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからコインチェックにアクセスします。

 

コインチェック公式サイト

 

トップページの「口座開設(無料)はこちら」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②コインチェックでイーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にてイーサリアムを選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

NFTを取引する際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでUSDTを購入する

続いて、BINANCEでNFT購入に必要となる仮想通貨を購入します。

まずはUSDTが必要になるので、USDTを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

③Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

④Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにNFTを取引するために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したUSDTをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑤NFTを購入する

続いて、公式サイトにアクセスし、ウォレットを連携してNLCを購入すればプレイ可能になります。

 

NLC PROJECTSの将来性

続いて、NLC PROJECTSの将来性について解説します。

  1. カンボジアの不動産価格の上昇
  2. トークンアロケーションが理想的
  3. NFT不動産の需要増加

それぞれ解説します。

 

①カンボジアの不動産価格の上昇

カンボジアの不動産価格は年々上昇しており、投資対象として非常に魅力的です。

年間の期待利回りは5.0%~8.0%で、一般的な利回りと比べても高い水準にあります。

また、カンボジアのGDPは年々上昇傾向にあるため、今後不動産価格の上昇も期待できます。

 

②トークンアロケーションが理想的

NLC PROJECTSはトークンアロケーションが理想的と言えます。

具体的なトークンアロケーションの内訳は以下のとおり。

マーケティングの割合が10%であり、報酬への配分が20%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがNLC PROJECTSは理想的な割合と言えるでしょう。

 

③NFT不動産の需要増加

NFT不動産の需要増加による価格の後押しが期待できます。

ここ最近、NFTの利便性の高さから土地や不動産をNFTとして取引するケースが増えています。

例えば、実際の不動産を購入する場合、以下のように多くの手順を踏むため時間と手間がかかります。

  • 現地で物件の下見
  • 重要事項説明へ署名
  • 売買契約を結ぶ
  • 手付金を支払う
  • ローン申し込み

しかし、NFT不動産であれば以下のとおり少ない手順で購入が完了します。

  • 不動産を選ぶ
  • 購入する

サクッと購入できる上に所有者情報はブロックチェーン上に記録されるので、自分の土地であることが客観的に証明されます。

このように不動産を購入する際の手間や時間がとても少ないため、投資先として人気を集めています。

こうしたNFT不動産の需要増加の後押しもあり、NLC PROJECTSも多くの注目を集める可能性があります。

NFT不動産投資の始め方については、NFT不動産投資とは?始め方とメリット・デメリットを解説【おすすめメタバースも紹介】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

まとめ:NLC PROJECTSは将来性が期待できるプロジェクト

今回はNLC PROJECTSについて解説してきました。

NLC PROJECTSは今後のNFT不動産需要の増加に伴い、多くの注目を集めることが予想されます。

すでにホテルやヴィラを建築中であるため、信頼がおけるプロジェクトと判断できます。

NLC PROJECTSはこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、早めに参加することで先行者利益を得やすくなります。

最新情報やgiveawayに参加したい方はNLC PROJECTS公式Twitterをフォローしてみてください。

NLC PROJECTSに興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金してNFTの購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5