CRYPTO

仮想通貨Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

Zcash(ZEC)

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のZcash(ZEC/ジーキャッシュ)について詳しく知りたい。Zcash(ZEC/ジーキャッシュ)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Zcash(ZEC)の概要
  • Zcash(ZEC)の特徴
  • Zcash(ZEC)が機能する仕組み
  • Zcash(ZEC)の買い方
  • Zcash(ZEC)のチャート・価格推移
  • Zcash(ZEC)の将来性
  • Zcash(ZEC)の今後の価格予想
  • Zcash(ZEC)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

Zcash(ZEC)はプライバシーと匿名性に特化した分散型の仮想通貨です。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Zcash(ZEC)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでZcash(ZEC)に関する理解が深まるはずです。

なお、仮想通貨取引を始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックが使いやすいです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Zcash(ZEC)の概要

名称 Zcash(ZEC)
時価総額 55位
取引所 BINANCE、Kucoin、Kraken
価格(2023年1月時点) ¥5,417
時価総額(2023年1月時点) ¥87,100,411,538
公式サイト Zcash(ZEC)公式サイト

Zcash(ZEC)はプライバシーと匿名性に特化した分散型の仮想通貨です。

取引に関する機密情報を一切開示することなく、ネットワーク上のノードが取引を検証することができるようになっています。

これは、zk-SNARKと呼ばれる、ゼロ知識証明技術を使用しているからです。

一般的に仮想通貨は匿名であると考えられていますが、実際には、Bitcoin(BTC)をはじめとする多くの仮想通貨では、仮名を使用しています。

このため、ユーザーの身元は明らかにされていませんが、データ科学やブロックチェーンフォレンジックの手法を使えば、各ユーザーを追跡することができます。

Zcashの場合は、同様に、パブリック・ブロックチェーンを介して中継する必要がありますが、デフォルトでは送受信先のアドレスや送金額が明らかにされません。

ただし、規制や監査を受ける場合はこの情報を公開することもできます。

 

Zcash(ZEC)の特徴

Zcash(ZEC)の特徴は以下のとおり。

  1. 高い匿名性
  2. 送金手数料が格安
  3. 最大供給量が少ない
  4. JPモルガンと提携
  5. コンプライアンスの追求
  6. Equihashを使用

順番に解説します。

 

①高い匿名性

Zcash(ZEC)は高い匿名性が大きな特徴です。

Zcashは暗号化技術であるzk-SNARKsを用いています。これにより、送信者や受信者、取引量を開示することなく、トランザクションの整合性を保つことができるため匿名性が保証されています。

zk-SNARKsは、リング署名とペダーセン・コミットメントの2つの技術の組み合わせです。

リング署名では複数名での決済時の署名を行うことにより、決済者の特定を防ぐことができます。ペダーセン・コミットメントでは、取引量と取引額を非公開にすることができます。

具体的にはshielded poolと呼ばれる、非公開にされたアドレスが集まったプールを使用しています。

このプールには残高やトランザクションの内容が全て暗号化されています。

このプールに入ったり出たりするトランザクションや、異なるプール間のトランザクションは確認可能ですが、プールに属するアドレスは非公開。

このshielded poolを使用する手数料は0.0001ZECであり、格安の手数料で利用可能です。

 

②送金手数料が格安

現在(2023年1月)、ビットコインの送金手数料は0.001BTC(約$27)ですが、Zcashの送金手数料は0.001ZEC(約$0.17)と比較すると、かなり安価です。

また、他のアルトコインと比較してもZcashは非常に安価です。例えば、Stellarの手数料は$0.004、Litecoinは$0.041です。

Zcashではshielded poolを使用することで、匿名性を担保した取引を非常に安価な手数料で提供しています。

つまり、Zcashを使用することで高い匿名性を持つ取引をより安い手数料で実現できるようになります。

 

③最大供給量が少ない

Zcash(ZEC)は、最大供給量が2,100万枚と少なめに設定されている仮想通貨です。

このため、その供給量が有限であるため、希少価値を持った仮想通貨として評価されています。

しかし、このような仮想通貨にはデメリットもあります。その一つが、価格が乱高下しやすいということです。

つまり、Zcash(ZEC)の価格は、様々な要因により急激に変動することがあります。そのため、投資をする場合は、十分に注意する必要があります。

 

④JPモルガンと提携

Zcash(ZEC)はJPモルガンと提携しブロックチェーンを使った新たな決済システムを開発しています。

JPモルガンは、アメリカ合衆国の大手金融サービス企業です。銀行、投資銀行、証券、資産管理、金融情報などを提供する多角化したビジネスを展開。

会社は1871年に設立され、現在では世界的な金融サービス企業として広く知られています。

このJPモルガンとの提携により、低コストで匿名性の高い決済を行う事ができるため、ユーザーの利便性が飛躍的に向上します。

また、こうした提携をきっかけに他の企業等との提携が進む可能性もあり、期待されています。

 

⑤コンプライアンスの追求

Zcash(ZEC)は高い透明性を誇っており、開発者はすべてのコンプライアンスに準拠しています。

その結果、ダークウェブ上のアドレスのうち、Zcashのアドレスは0.2%未満であったという調査結果があり、大きな成功を収めています。

Zcash開発チームの長期的な焦点は、暗号通貨の可能性を実現するためにプロトコルをさらに開発することです。

彼らは常にプロトコルを改善し、継続的な開発に必要な資金を確保する方法を探しています。

 

⑥Equihashを使用

Zcash(ZEC)は匿名性を保持したトランザクションも通常のトランザクションも、ノードによって検証されブロックチェーンに記録されます。

Equihashというアルゴリズムを使用することで、コンピューターによるブロックの追加が可能です。

この設計により、小型のコンピューターでもマイニングを行い、リワードを得ることができるようになっています。

また、Zcashではブロックチェーンを運用する期間の初期の4年間、80%のブロックリワードがマイナーに割り当てられます。

そして残りの20%がElectric Coin Company、Zcash Foundation、従業員、およびステークホルダーに割り当てられていました。

このリワードは2020年に有効期限が切れる予定でしたが実施されていませんでした。半減期には、ZECの新しい供給量が減少することがあります。

 

Zcash(ZEC)が機能する仕組み

Zcashは、高度な数学とコンピュータサイエンスを用いて、高度なセキュリティとプライバシー保護を実現したデジタル通貨です。

Zcashを使用することで、ユーザーは低い手数料で効率的かつ簡単にネットワーク上でトランザクションを送信することができます。

さらにプライバシーを必要とするユーザーは、Zcashのシールドトランザクションを使用することで、個人情報を非公開にすることができます。

Zcash は、プライベートな取引を可能にする独自の構造を持っています。

Zcash のアドレスはプライベートな「Z」アドレスか、パブリックな「T」アドレスのどちらかです。トランザクションのプライバシーは、使用されるアドレスの種類と、値の送信先のアドレスの種類によって決まります。

ZtoZの取引はパブリックブロックチェーン上で見ることができるので、ユーザーは取引が発生したことや手数料が支払われたことを確認できますが、アドレス、取引額、メモ欄はすべて暗号化されており、一般には公開されません。

ユーザーは、必要に応じて、ビューキーと支払い開示を使って、信頼できる第三者にこの情報を開示することを選択することができます。ZtoZ取引は、ゼロ知識証明(zk-SNARK)を使用してのみ可能。

zk-SNARKsにより、ZEC取引はブロックチェーン上で完全に暗号化されていますが、有効な取引として検証可能です。

この仕組みは、ユーザーが秘密鍵などの特定の情報を所有していることを証明できるようにするものです。

T-to-T取引はビットコイン取引と同様に機能し、すべての取引の詳細が公開されます。

2種類のZcashアドレスは互換性があり、相互に資金を送ることができます。クロスウォレット取引に関する追加情報は、Zcash (ZEC) の公式ガイドに記載されています。

 

Zcash(ZEC)の買い方・購入方法

Zcash(ZEC)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Zcash(ZEC)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでZcash(ZEC)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでZcash(ZEC)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでZcash(ZEC)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

 

Zcash(ZEC)のチャート・価格推移

Zcash(ZEC)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりで一気に話題となり、価格は26,000円近くまで跳ね上がりました。

匿名性の高い仮想通貨ということでもかなり注目を集めた形です。

Zcash(ZEC)のような匿名性の高い仮想通貨は犯罪活動に悪用される恐れがあることから、規制が強化されています。

そのような規制が厳しくなることで、需要は減少しそうに思えますが、その反面、この取り組みから注目を集めることもあります。

そのような背景の中で、ファイブアイズ(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド)やインド、日本などが仮想通貨の取引情報への捜査当局のアクセスを許可する署名を行っています。

こうした規制の中で、Zcash(ZEC)の認知度が上昇し価格を押し上げたと見られています。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

Defiの始め方については、【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②2022年6月~10月

2022年6~10月にかけて金融情勢の緊迫化に伴う仮想通貨全般の下落に伴い、価格が激しく上下に動きました。

一時7,000円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨市場が若干持ち直したため、10,000円前後まで上昇しています。

その後、しばらくの間は方向性に乏しい展開で価格は安定的に推移しています。

今後の価格推移を予想するためには、基軸通貨であるビットコインの価格推移を注視することも重要です。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落トレンドにあるため価格は停滞しています。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は5,000円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

Zcash(ZEC)の将来性

続いて、Zcash(ZEC)の将来性について解説します。

  1. POSへの移行
  2. マネロン防止の対応
  3. 新たな取引所への上場

それぞれ解説します。

 

①POSへの移行

Zcashは2024年までにProof-of-Stake (PoS)に移行する予定です。

Proof of Stake(PoS)は、仮想通貨のブロックチェーンで使われるコンセンサスアルゴリズムの一種です。

PoSによるコンセンサスアルゴリズムでは、その仮想通貨のブロックを生成する際、採掘する代わりに、参加者が当該ブロックを生成することを選択できるようになっています。

参加者は、その仮想通貨を保有している順位によって選ばれます。

PoSによるコンセンサスアルゴリズムは採掘によるコンセンサスアルゴリズム(Proof of Work)と異なり、コンピューターの計算能力よりも、仮想通貨を保有する量によって権利を決定するという点で異なります。

つまり、PoSによるコンセンサスアルゴリズムでは、より多くの仮想通貨を保有するほど、より多くの影響力を持つことができるということです。

また、ZcashはクロスチェーンプロトコルのCosmos Networkとの提携も示唆されており、これによってより多くのデベロッパーがZcashを利用した開発が可能になります。

さらに、クロスチェーンへの参加も可能になるため、より多くのプロジェクトへの参加ができるようになるでしょう。

 

②マネロン防止の対応

Zcashは匿名性が高いため、マネーロンダリングに利用される懸念があります。

このため、世界中で規制が厳しくなっており、ZcashのCEOであるジーコ・ウィルコックス氏は、取引所を通したAML/CFT(anti-money laundering/combating the financing of terrorism)規制をクリアすることで、このような懸念を払しょくすることができると述べています。

Zcashには「閲覧鍵」という仕組みがあり、これを用いることで取引所から出金されるZcashの取引内容を確認することができ、取引の透明性を確保することができます。

そのため、不正流出が発生したとしても、流出先を取引所を通じて調べることができます。2020年9月には、アメリカの取引所GeminiでAML/CFT規制をクリアした上での取扱いが開始されました。

今後も規制は厳しくなると予想されますが、Zcashが需要を拡大するためには、規制をクリアした形で、特徴である匿名性を活かし、理解を得られるようにアピールすることが重要です。

 

③新たな取引所への上場

Zcash(ZEC)は現在BINANCEなどの主要な取引所に上場済です。

これはZcash(ZEC)の将来性や実用性に一定の評価が与えられていると言えます。

今後新たな取引所へ上場する可能性もあり、上場時にはさらなる価格高騰が期待できます。

 

Zcash(ZEC)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトBitnationによると、AIを使ったZcash(ZEC)の今後の価格予想は以下のとおり。

最小値 平均値 最大値
2023 $49.16 $61.45 $73.74
2024 $90.13 $102.42 $114.71
2025 $131.09 $143.38 $155.67
2026 $172.06 $184.35 $196.64
2027 $213.03 $225.32 $237.61
2028 $253.99 $266.28 $278.57
2029 $294.96 $307.25 $319.54
2030 $335.93 $348.22 $360.51
2031 $376.90 $389.19 $401.48

2年後には現在の価格の2倍程度に上昇

2031年には約400ドルまで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

Zcash(ZEC)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、暗号通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

このトークンはユーティリティやガバナンストークンとしては素晴らしいものの、暗号通貨市場ではまだその実力を証明できていません。

Zcash(ZEC)に投資する第一の理由は、高い匿名性と格安な手数料で決済できる機能を提供していることです。

今後プライバシー保護の観点から匿名性の高い仮想通貨の需要が増加すると見られており、Zcash(ZEC)への注目も高くなるでしょう。

 

Zcash(ZEC)に関するよくある質問

最後にZcash(ZEC)に関するよくある質問に答えます。

  1. Zcash(ZEC)は国内取引所で買える?
  2. Zcash(ZEC)はステーキングできる?
  3. Zcash(ZEC)の発行上限はどのくらい?
  4. Zcash(ZEC)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Zcash(ZEC)は国内取引所で買える?

Zcash(ZEC)は国内取引所では購入できません。

Zcash(ZEC)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Zcash(ZEC)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

BINANCEの公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Zcash(ZEC)の発行上限はどのくらい?

Zcash(ZEC)の発行上限は21,000,000です。

発行上限が定められているため、価値が下がりにくく価格が上昇する傾向にあります。

そのため、将来性があり購入しやすい投資先として注目を集めています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Zcash(ZEC)の創設者は?

Zcashは2013年に、マシュー・グリーン教授エリ・ベン-サッソン教授をはじめとする暗号作成者や研究者によって作成された「Zerocoinホワイトペーパー」に由来します。

このホワイトペーパーは、ビットコインではユーザーの匿名性が守られないという問題に対応する新たなソリューションを提案しています。

しかし、Zerocoinはビットコインのブロックチェーンに多数の複雑な変更が必要であり、実現することが難しかったため、プロジェクトは進展を見せませんでした。

その後、暗号作成者のズーコ・ウィルコックスがこの研究を引き継ぎ、新しい暗号資産の開発に利用する方法を探究するスタートアップを立ち上げました。

その結果、2016年にZcashが公表され、10月に正式にリリースされることとなりました。

 

まとめ:Zcash(ZEC)は将来性が期待できる銘柄

今回はZcash(ZEC)について解説してきました。

Zcash(ZEC)は高い匿名性が特徴であり、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Zcash(ZEC)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Zcash(ZEC)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5