CRYPTO

仮想通貨ビーム(BEAM)とは?概要や特徴・将来性について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のビーム(BEAM)について詳しく知りたい。ビーム(BEAM)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ビーム(BEAM)の概要
  • ビーム(BEAM)の特徴
  • ビーム(BEAM)のチャート・価格推移
  • ビーム(BEAM)の将来性
  • ビーム(BEAM)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のビーム(BEAM)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

ビーム(BEAM)は、2019年1月に公開された高い匿名性が特徴の仮想通貨です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、ビーム(BEAM)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとビーム(BEAM)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、ビーム(BEAM)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ビーム(BEAM)の概要

beam①

 

通貨名称 BEAM(ビーム)
最大発行数 2億6300万枚
公開日 2019年1月
公式サイト https://www.beam.mw/

 

ビーム(BEAM)とは匿名化技術Mimblewimbleプロトコルを実装し、プライバシーとスケーラビリティの向上を目的に開発された仮想通貨です。

 

ビットコインと比較するとスケーラビリティが高く、アドレスを使わずに取引可能です。2019年2月にはリクルートが出資し話題となりました。

 

 

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決できる可能性があるため、大きな注目を集めています。

 

ビーム(BEAM)の特徴

BEAM②

 

仮想通貨ビーム(BEAM)の特徴は以下の3つ。

 

  1. 「MimbleWimble」によりプライバシーとスケーラビリティを両立
  2. 送金時にアドレスが不要
  3. 高いユーザビリティ
  4. 機密性の高いDappsを実現
  5. 多機能なDefi

 

①「MimbleWimble」によりプライバシーとスケーラビリティを両立


MimbleWimbleはプライバシーとスケーラビリティをどちらも向上させることを目的としています。これまでにもどちらか一つを目指す暗号資産(仮想通貨)はありましたが、両立を目指す通貨は珍しいと言えます。

 

スケーラビリティとは処理速度のようなものです。仮想通貨のブロックチェーンは想定以上の取引が発生すると処理遅延や手数料が高くなる問題があり、スケーラビリティ問題と呼ばれます。スケーラビリティを向上させることでこうした問題を解決できます。

 

②送金時にアドレスが不要


ビーム(BEAM)は送金時にアドレスが不要であることが特徴です。アドレス無しでどうやって送金するの?と思ってしまいますが、ユーザーが使うウォレット内に記録されたコードを使います。

 

また、ビーム(BEAM)は送金量も公開しません。ビットコミットメントという技術を用いて実現しています。

 

アドレスが不要で送金量も非公開にすることで取引データの容量を小さくすることができます。そのため取引量が増加してもデータ容量が圧迫せず、スケーラビリティ問題が発生しません。

 

③高いユーザビリティ


ビーム(BEAM)ではデスクトップ用(Windows、Mac、Linux対応)、モバイル用(Andoroid、iOS)それぞれのウォレットを開発しており、ユーザーが簡単に取引や資産管理ができるようになっています。

 

このように各デバイスに応じたウォレットを提供しているので、場所や時間にとらわれずに取引が可能になります。

 

④機密性の高いDappsを実現

 

ビーム(BEAM)では外部からの影響を受けにくいWASMを実行するBeam Virtual Machineにより、機密性の高いDappsを実現します。

 

Contract Shaderという機能を使うことで、Beamウォレットに簡単にアプリケーションをインストールすることができます。

 

⑤多機能なDefi

 

DEX、サイドチェーン、イーサリアムやポルカドットとの分散型ブリッジなど、数多くのイノベーションが進行中です。

 

ステーブルコイン、レンディング、UniswapのようなAMM、NFTトークン、その他多くの金融商品がBeamブロックチェーンによって提供可能です。

 

ビーム(BEAM)のチャート・価格推移

 

ビーム(BEAM)の直近のチャート・価格推移について見ていきましょう。

 

  1. 2021年10月~12月
  2. 2022年1月~3月
  3. 2022年4月~

 

それぞれの時期の価格推移を解説します。

 

①2021年10月~12月

 

2021年中盤のDefi人気、仮想通貨市場の盛り上がりによりも一気に話題となり、110近くまで価格が急上昇。

 

その後はいったん価格が落ち着いたものの、根強いニーズに支えられて再度80前後を推移。

 

ETHのスケーラビリティ問題が話題となったことなどもBORAの価格の後押しになったと見られています。

 

②2022年1月~3月

 

2022年1~3月にかけて金融情勢の緊迫化に伴う仮想通貨全般の下落に連動し、急激に価格を下げました。

 

一時30円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨市場が若干持ち直したため、50円前後まで上昇しています。

 

③2022年4月~

 

2022年4月以降もLunaの下落が発端となった仮想通貨市場の冷え込みにより、価格を下げています。

 

現在は26円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

 

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので、ビーム(BEAM)への期待が高まっています。

 

ビーム(BEAM)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

ビーム(BEAM)の将来性を語る上でのポイントは以下の2つ。

 

  1. Binanceに上場
  2. Lightning Network

 

①Binanceに上場


ビーム(BEAM)は世界最大級の仮想通貨取引所Binanceに上場しています。

 

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 


Binanceに上場するのは、上場申し込みをした仮想通貨の中で2%未満だと、BinanceのCEO、CZ氏が公表しています。


それだけBInanceに上場することは難しく、上場されれば大きなブランド力を持つことができるでしょう。


その後の2021年に起きた仮想通貨バブルでも価格は高騰し、Binanceへの上場は間違いなく影響していると考えられます。

 

②Lightning Network

 

ビーム(BEAM)はmimblewimbleに対応したLightning Networkを実装することを計画しています。

 

Lightning Networkとはブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引によって、暗号資産(仮想通貨)の送金速度の向上や少額決済(マイクロペイメント)に対応した送金方法です。

 

いつ実装するかについては未定ですが、Lightning Networkが実装されることでより利便性が高まるのは間違いありません。

 

仮想通貨ビーム(BEAM)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ビーム(BEAM)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でビーム(BEAM)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでビーム(BEAM)を購入する

 

なので、ビーム(BEAM)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ビーム(BEAM)は今後の価格上昇が見込まれる

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はビーム(BEAM)について解説いたしました。

 

ビーム(BEAM)はプライバシーとスケーラビリティの向上を兼ねているという珍しい暗号資産(仮想通貨)です。

 

今後、安価で高速な送金方法のニーズが高まると見られているため、ビーム(BEAM)の需要が増加すれば価格の上昇は間違い無いでしょう。

 

ビーム(BEAM)は2022年5月現在は18円前後と非常に買いやすい金額ですので、今のうちに購入しておけば、将来とんでもない金額になっているかもしれません。

 

繰り返しになりますが、ビーム(BEAM)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ビーム(BEAM)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5