MONEY

仮想通貨ZKSwap(ZKS)とは?概要や特徴・将来性について解説

ZKS_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のZKSwap(ZKS)について詳しく知りたい。ZKSwap(ZKS)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ZKSwap(ZKS)の概要
  • ZKSwap(ZKS)の特徴
  • ZKSwap(ZKS)の将来性
  • ZKSwap(ZKS)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のZKSwap(ZKS)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

ZKSwap(ZKS)は、処理速度遅延や手数料高騰を解決する技術「ZK-Rollups」を導入した分散型仮想通貨取引所(DEX)です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、ZKSwap(ZKS)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとZKSwap(ZKS)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、ZKSwap(ZKS)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ZKSwap(ZKS)の概要

ZKSwap(ZKS)①

 

ZKSwap(ZKS)は、スケーラビリティ問題を解決する技術である「ZK-Rollups」を採用した分散型取引所です。

 

取引板ではなくアルゴリズムを使って仮想通貨売買ができる AMM(自動マーケットメーカー)を導入していることが特徴です。

 

イーサリアムのレイヤー2(メインネットとは別のチェーン)を利用して取引速度を向上させ、より安い手数料(ガス代)で利用できるようになっています。

 

イーサリアムとは
【初心者向け】イーサリアムとは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

ローンチ時点で、イーサリアムなど30種類の暗号資産(仮想通貨)に対応済。

 

ZKSwap(ZKS)で使える独自トークンは「 ZKS 」になります。

 

ZKSwap(ZKS)の特徴

ZKSwap(ZKS)②

 

仮想通貨ZKSwap(ZKS)の特徴は以下の3つ。

 

  1. 手数料0
  2. 高速処理
  3. 高い信頼性
  4. 無制限のトークンリスト

 

①手数料0

 

ZKSwapでのトランザクションは、ガス料金がかからないため手数料0で利用できます。

 

そのため、取引にかかるユーザーの使用コストが大幅に削減されます。


②高速処理

 

理論上のTPS(処理速度)は最大10,000以上で、遅延することなくリアルタイムで取引が可能です。

 

暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しく、一瞬で利益を得るチャンスを逃してしまうこともあります。

 

しかし、ZKSwap(ZKS)を使うことで待つことなくスムーズに暗号資産(仮想通貨)の売買ができます。

 


③高い信頼性

 

ZKSwap(ZKS)ではユーザーは自分の資産が完全に守られています。

 

そのため、トランザクション時にユーザーのプライバシーとアカウントのセキュリティを保護する承認は必要ありません。


④無制限のトークンリスト

 

ユーザーは任意のトークンを追加し、設定された料金で自分で取引ペアを作成できます。

 

ガス料金0でエアドロップもされますし、即時支払い機能を備えたシームレスな取引が可能です。

 

ZKSwap(ZKS)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

ZKSwap(ZKS)の将来性を語る上でのポイントは以下の2つ。

 

  1. 監査チェック済
  2. スケーラビリティ問題を解決

 

①監査チェック済


ZKSwap(ZKS)は、ローンチ時にセキュリティ企業である「Slowmist」「Certik」「ABDK」の監査チェックを受けています。

 

外部機関のチェックを受けることで、プラットフォームの信頼性が保たれます。

 

さらに監査時の指摘事項には全て対応済。

 

第三者的に見ても安心して使える取引所と言えます。

 

②スケーラビリティ問題を解決

 

現状ではスケーラビリティ問題を避けるため、イーサリアムではなくBSCやpolygonが主流になっています。

 

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

PolygonTOP
仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

ZKSwap(ZKS)はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決し、イーサリアムチェーンの分散型取引所の覇権を握ろうとしています。

 

イーサリアムの主要チェーンではなく「レイヤー2」のZK-Rollups技術を利用することで、複数データを集約することで処理速度を上げています。

 

今後ZK-Rollups技術の有効性が認められることで、ZKSwap(ZKS)の需要がさらに高まると見られています。

 

仮想通貨ZKSwap(ZKS)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ZKSwap(ZKS)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でZKSwap(ZKS)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでZKSwap(ZKS)を購入する

 

なので、ZKSwap(ZKS)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ZKSwap(ZKS)は分散型取引所として需要が見込まれる

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はZKSwap(ZKS)について解説いたしました。

 

ZKSwap(ZKS)はイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決できる可能性を秘めた分散型取引所であり、今後ZK-Rollups技術の有効性が認められることで、ZKSwap(ZKS)の需要がさらに高まるはずです。

 

ZKSwap(ZKS)は2021年10月現在は70円前後と非常に買いやすい金額ですので、今のうちに購入しておけば、将来大きな利益が出るかもしれません。

 

ZKSwap(ZKS)価格

 

繰り返しになりますが、ZKSwap(ZKS)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ZKSwap(ZKS)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5