MONEY

仮想通貨Swampy (SWAMP)とは?概要や特徴・将来性について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSwampy (SWAMP)について詳しく知りたい。Swampy (SWAMP)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Swampy (SWAMP)の概要
  • Swampy (SWAMP)の特徴
  • Swampy (SWAMP)の将来性
  • Swampy (SWAMP)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

皆さんは、仮想通貨Swampy (SWAMP)についてご存知でしょうか?

 

かわいい緑色のモンスターがトレードマークのトークンです。

 

最近では、仮想通貨トレーダーのイケハヤ氏がツイートしたことでも話題になりました。

 

 

しかしいったい仮想通貨Swampy (SWAMP)とはなんなのか?

 

そもそもイールドオプティマイザー(イールドアグリゲーター)とは何か?という疑問を解決していきます。

 

なお、Swampy (SWAMP)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)とは

SWAMP①

 

まずは仮想通貨Swampy (SWAMP)について解説します。

 

①Swamp.Financeの独自トークン


仮想通貨Swampy (SWAMP)は、Binance Smart Chain (BSC)上でホストされているイールドオプティマイザーサービスで、Swamp.Financeの独自トークンです。

 

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

 

Binance Smart Chainとは、世界最大の仮想通貨取引所Binanceがローンチした独自のブロックチェーン技術です。

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の性質上、ビットコインのように価格の変動を利用した売買での利益を出すこともできますが、どちらかというと仮想通貨Swampy (SWAMP)を預けて、その対価を得ることに重点が置かれるトークンであるといえます。

 

②イールドオプティマイザーサービスとは


イールドオプティマイザーサービスとは、預けたトークンをもとに自動で収益を再投資するなどの運用をしてくれるシステムです。つまり、イールドオプティマイザーを導入すれば、自動的に高利回りを確保できます。

 

また、イールドオプティマイザーはイールドアグリゲーターとも呼ばれます。Pancake bunnyなどが有名ですね。

 

Pancake bunny
【自動複利運用】PancakeBunny(パンケーキバニー)とは?概要と使い方を解説

続きを見る

 

なんだか難しく聞こえますが、単語を分解するとわかりやすくなるでしょう。

 

  • イールド=利回り
  • アグリゲーター=収穫する
  • オプティマイザー=最適化

 

そして、仮想通貨Swampy (SWAMP)は、分散型取引所(DEX)のPancakeSwap(パンケーキスワップ)で購入することが可能です。

 

PancakeswapTOP
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

続きを見る

 

それでは仮想通貨Swampy (SWAMP)の特徴についてみてみましょう。

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の特徴

SWAMP②

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の主な特徴としては以下の2つ。

 

  1. Swamp.Finance
  2. Swamp.Financeのイールドオプティマイザー

 

①Swamp.Finance


Swamp.Financeは2021年3月に立ち上がった比較的新しいサービスです。


あらためて説明すると、Swamp.Financeは、BSC上で動作するイールドオプティマイザー(Yield farming optimizer )です。


Swamp.Financeは、BEP20トークンを扱える数少ないアグリゲーターだといえます。

 

従来のアグリゲーターは大半がイーサリアム上で動いており、手数料が非常に高く、運用の戦略が制限されてきました。

 

ETHlogo
【2021年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

続きを見る

 

しかし、Swamp.Financeは手数料の安いBSCプロジェクトなので、イーサリアムで動くプロジェクトに比べて安価に運用できます。

 

同じ機能なのであれば、手数料の高いイーサリアム上で動くアグリゲーターより、手数料の安いSwamp.Financeで取引を行った方が利益が出ますよね。

 

②Swamp.Financeのイールドオプティマイザー


イールドオプティマイザーとは、利用者に代わってイールドファーミングにより得た報酬を再投資してくれるサービスを指します。

 

イールドファーミングとは、仮想通貨などをDEX(分散型取引所)などに預け入れることで、利息や手数料が受け取れる運用方法です。

 

従来のイールドファーミングでは、

 

  • 通貨ペアを預ける
  • LPトークンを受け取る
  • LPトークンを預け入れる


という流れを手動で行う必要がありました。

 

この面倒な作業を、イールドオプティマイザーを利用すると、この一連の流れを自動的に行ってくれます。

 

さらに、ただ再投資するだけではなく、もっとも利率の高い通貨ペアを自動的に見つけてくれるので、ユーザーは資金を預けるだけで効率的な運用が可能なのです。

 

日々、DeFi市場では新しいプロダクトが毎日のように発表されており、その中から利子の高いものを見つけ出して投資して、と気の遠くなるような作業を自動で行ってくれるのです。

 

LPトークンとは

LPトークンとは「Liquidity Provider(流動性提供者)トークン」の略称で、ユーザーがDEXに仮想通貨を預け入れることで流動性を提供した対価として受け取るものです。
LPトークン自体にはビットコインなどのような通貨としての価値は無く、LPトークンを受け取った取引所内での使用がメインになります。

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Swampy (SWAMP)の将来性を語る上でのポイントは以下の2つ。

 

  1. Beefy.Finance、autofarmがBinanceに上場している
  2. Binanceへの上場の期待

 

①Beefy.Finance、autofarmがBinanceに上場している


先発のイールドアグリゲーターサービスである、Beefy.Finance、autofarmがBinanceに上場しています。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

このふたつのプロダクトが上場したタイミングで、Swampy (SWAMP)も上場するのでは?とSwampy (SWAMP)の価格も高騰しました。

 

現状まだSwampy (SWAMP)はBinanceには上場していません。

 

しかし、今後上場する可能性はあるでしょう。

 

②Binanceへの上場の期待


上記の理由から、Swampy (SWAMP)もBinanceに上場する可能性は大いにあります。

 

2021年10月現在、Swampy (SWAMP)の価格は約107円です。

 

それに対して、上場しているBeefy.Finance(BIFI)は現在約​​124,000円。

 

autofarm(auto)は約111,000円とかなりの高値であることがわかります。

 

Swampy (SWAMP)がBinanceに上場することがあれば、間違いなく価格は高騰するでしょう。

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の価格推移

SWAMP③価格推移

 

2021年4月の仮想通貨バブルと、Beefy.Finance(BIFI)、autofarm(auto)がBinanceに上場したことで、Swampy (SWAMP)にも期待が高まり、2021年4月10日に23,064円まで価格が高騰しました。

 

その後、価格は落ち着き、現在は100円前後で安定しています。

 

仮想通貨Swampy (SWAMP)の買い方

仮想通貨Swampy (SWAMP)の買い方

 

残念ながら、Swampy (SWAMP)は国内の仮想通貨取引所では購入することができず、PancakeSwap上で購入することができます。

 

そのため、海外の仮想通貨取引所に登録する必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でSwampy (SWAMP)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. コインチェックからBinanceにビットコインを送る
  3. BinanceでBNBを購入する
  4. BinanceからMetaMaskにBNBを送る
  5. Swamp.FinanceでMetaMaskを連携する
  6. Swampy (SWAMP)を購入する

 

以上のような流れになっています。

 

わかりやすい動画もありますので参考にしてみてください。

 

 

Swampy (SWAMP)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Swampy (SWAMP)で資産運用を効率化させよう

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

Swamp.Financeのイールドオプティマイザーサービスを利用することで、複雑なイールドファーミングを行わなくても、自動で高利回りが期待できます。

 

また、現在は価格も安いので、手が出しやすいでしょう。

 

Swampy (SWAMP)は2021年10月現在で107円くらいと格安なので、試しに先行投資で10,000円分くらいを購入しておくと将来大きな利益が出るかもしれません。

 

SWAMP④価格

 

繰り返しになりますが、Swampy (SWAMP)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Swampy (SWAMP)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5