MONEY

仮想通貨ブルゼル (BLZ)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のブルゼル (BLZ)について詳しく知りたい。ブルゼル (BLZ)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ブルゼル (BLZ))の概要
  • ブルゼル (BLZ)の特徴
  • ブルゼル (BLZ)の展望
  • ブルゼル (BLZ)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にブルゼル (BLZ)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

ブルゼル (BLZ)ってどんな仮想通貨なんだろう?どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

ブルゼル (BLZ)はDApps(分散型アプリケーション) 開発のための非中央集権型データベースサービスです。

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、ブルゼル (BLZ)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでブルゼル (BLZ)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ブルゼル (BLZ)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどの海外取引所を使う必要があります。BINANCEの使い方については、【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ブルゼル (BLZ)の概要

BLZ①

 

通貨名称 BLZ(Bluzelle/ブルゼル)
最大発行数 5億枚
公開日 2018年1月18日
公式サイト https://bluzelle.com/

 

ブルゼル (BLZ)は、シンガポールのBluzelle社によって開発されたDAppsのための分散型データベースサービスです。

 

 

分散型データベースをBluzelleと呼び、Bluzelle上で使用できるトークンがBLZです。

 

近年は空き容量などを気にせず利用できるクラウドサービスが主流ですが、ブルゼル (BLZ)は安全性の高いデータベースを提供できるため、今後一気に普及する可能性を秘めています。

 

ブルゼル (BLZ)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

ブルゼル (BLZ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 独自のテクノロジーを保有
  2. 高い安全性
  3. 豊富な開発実績

 

①独自のテクノロジーを保有

 

ブルゼル (BLZ)のネットワークは世界中にノードを分散させるため、MicrosoftやGoogleなどが所有するストレージセンターの約1億倍の容量を誇り、さらに1TBあたりのストレージコストは約0.001ほどに抑えられます。

 

またブルゼル (BLZ)は、BLZとBNTという二種類のトークンを使用することができます。

 

ストレージを貸し出すためには一定量以上のBLZを保有している必要があります。そのため、適正なストレージ容量を確保するためのガバナンストークンとしてBLZが用いられます。

 

一方BNTの方は、ブルゼル (BLZ)のネットワークの燃料のような役割を担っています。

 

②高い安全性

 

ブルゼル (BLZ)では、データベースを分散化し安全性を高めています。

 

ブロックチェーンを活用してデータを保存しているため、第三者によってデータを改ざんされる恐れが極めて低いことが特徴です。

 

さらに中央管理者もいないため、クラウドデータベースよりも安価で利用可能です。

 

分散化されているため、障害が起きても他のノードで処理が可能なので、サーバーを使ったサービスのようにシステムがダウンすることが無いことがありません。

 

③豊富な開発実績

 

ブルゼル (BLZ)は既に様々な開発実績を持っています。

 

  • 2015年4月:Ripple ベースのゲートウェイを開発
  • 2016年9月:Ethereumベースのアプリを開発
  • 2017年7月:Ethereumベースの保険プラットフォームを開発

 

このように現在までにリップルやイーサリアムに関する多くの優れたアプリやプラットフォームをリリースしています。リップル、イーサリアムについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

ブルゼル (BLZ)が目指している分散型データベースの原点は、こうした過去の開発がきっかけとなっています。

 

こうした技術力は今後分散型データベース開発以外の他の分野にも応用される可能性が高いです。

 

ブルゼル (BLZ)の将来性

お金を追う

 

続いて、ブルゼル (BLZ)の将来性について解説します。

 

  1. クラウドデータベースのニーズ拡大
  2. AI解析への活用

 

①クラウドデータベースのニーズ拡大

 

今後、動画コンテンツのさらなる普及などにより、容量を気にせず保存できるクラウドデータベースのニーズはますます増えていきます。

 

SNSやアプリもデータベースが無ければ利用することができないため、今後の成長が見込める分野においてクラウドデータベースの活用は必須と言えます。

 

そして安全性もセットで求められるため、分散型で安全性の高いサービスを提供するブルゼル (BLZ)に注目が集まる可能性が高いです。

 

②AI解析への活用

 

将来的にAIによるビッグデータを活用した分析が様々な分野で活発になることが予想されています。

 

しかし分析のために膨大な量のデータを保存しておく必要があり、既存のデータベースは高価であるため一部の限られた企業しか利用できない状況です。

 

その点ブルゼル (BLZ)は従来のデータベースサービスと比較して、安価で安全性が高いため、多くの人や企業がビッグデータ分析を行うことができます。

 

ブルゼル (BLZ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ブルゼル (BLZ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でブルゼル (BLZ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでブルゼル (BLZ)を購入する

 

なので、ブルゼル (BLZ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ブルゼル (BLZ)はデータベース業界で覇権を握る可能性アリ

飛翔

 

今回はブルゼル (BLZ)について解説してきました。

 

今後のクラウドデータベースの需要が増えると見込まれるため、ブルゼル (BLZ)の価格が高騰する可能性があります。

 

ブルゼル (BLZ)は2021年8月現在で5くらいと激安なので、少額の資金大量保有できるので値上がり時の利益が期待できます。

 

BLZ③

 

繰り返しになりますが、ブルゼル (BLZ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ブルゼル (BLZ)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5