MONEY

仮想通貨Jasmy(JMY/ジャスミー)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

jasmy_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のJasmy(JMY)について詳しく知りたい。Jasmy(JMY)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Jasmy(JMY)の概要
  • Jasmy(JMY)の特徴
  • Jasmy(JMY)の価格推移
  • Jasmy(JMY)の将来性
  • Jasmy(JMY)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中であり、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

皆さんは暗号資産(仮想通貨)のJasmy(JMY)をご存知でしょうか?

 

Jasmy(JMY)は2021年10月26日に国内の仮想通貨取引所「BITPoint」に上場したことで注目を浴びています。

 

そんな仮想通貨Jasmy(JMY)ですが、なんと日本の企業が作った仮想通貨なのです。仮想通貨のほとんどが海外製なので、日本人として応援したくなるコインです。

 

そして、11月23日に海外の大手仮想通貨取引所BINANCE、そしてBybitにも上場を果たしています。

 

これを記念して、『先着1,000名様限定!JASMYキャッシュバックキャンペーン』が開催中です。

 

JASMYで入金をするとに、「5%」のJASMYキャッシュボーナスがもらえます。(1人あたり最大100JMYまで)

 

初回入金や最低入金額などの条件は、一切なし!ただただ純粋に「早く入金したもん勝ち」のキャンペーンとなりますので、ぜひお見逃しなく。

 

以下のボタンからキャンペーンに参加し、Jasmyのキャッシュバックを忘れずにもらいましょう。

 

\ 先着1,000名様限定!Jasmyキャッシュバック/

Bybit公式サイト

 

もくじ

仮想通貨Jasmy(JMY)とは

jasmy01

出典:jasmy公式サイト

 

仮想通貨Jasmy(JMY)日本法人であるジャスミー株式会社により発行されている、イーサリアムの技術を利用したERC20規格の仮想通貨です。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)はジャスミー株式会社が運営しているジャスミー IoT Platform内で使われています。

 

まずは、ジャスミー株式会社について解説します。

 

①ジャスミー株式会社とは

 

ジャスミー株式会社は2016年に設立された、IoT向けのプラットフォームの開発・提供を行なっている企業です。

 

IoTとは(Internet of Things)の略で、私たちが普段使用するモノをインターネットに繋ぐことで遠隔操作や自動制御が可能になります。

 

利便性が増す反面、あらゆるモノがインターネットにつながることで、個人情報の流出の危険性があります。

 

そのそのセキュリティ面の問題を、ジャスミーはIoTとブロックチェーンの暗号化技術を使って安心・安全にIoT機器を使えるように開発を行なっています。

 

ジャスミー株式会社の役員は元ソニー株式会社社長の安藤国威氏や、元ソニースタイルドットコム株式会社社長の佐藤一雅氏が務めており、ソニーの元トップ層たちが作った会社として注目を浴びています。

 

また、ジャスミー株式会社はAmazonなどの大企業とも提携を結んでおり、IoTネットワークの大規模な普及を目指しています。

 

そしてジャスミー株式会社の基本理念は、今まで限られた企業に占有されていた個人情報を、ブロックチェーン技術を使って本来の持ち主に主権を取り戻すことだと発表しています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

IoTとブロックチェーン技術を融合させて、新しいプラットフォームを作ることに意欲的です。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の特徴

仮想通貨Jasmy(JMY)の特徴

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の特徴は以下の通りです。

 

  1. データの民主化が基本理念
  2. ジャスミー IoT プラットフォーム
  3. 2種類の独自コアサービス
  4. 安全なデータ分析サービスの提供

 

①データの民主化が基本理念

 

株式会社ジャスミーの基本理念が「データの民主化」です。

 

現在、個人情報はGAFAに代表される巨大IT企業に占有されている状態です。

 

占有された個人情報を株式会社ジャスミーは個人の手に取り戻し、データの民主化をすることを目的としています。

 

個人情報が巨大企業に所有されていると、個人情報の保存期間が明確でないことや、その企業が買収、合併した際の個人情報の運用方法について明確な決まりがありません。

 

そのため、ユーザー自身の個人情報がとのように保管されているのかが不透明な部分があります。

 

また、ハッキングなどによる個人情報の大量流出も何度も発生しており、データ流出によるSNSの乗っ取りや、クレジットカードの不正利用などがニュースで取り上げられることも少なくありません。

 

これらの問題を解消すべく、個人情報を本来もつべき個人に戻し、その個人情報を守ることを、「データの民主化」と呼んでいます。

 

②ジャスミー IoT プラットフォーム

 

ジャスミー株式会社は、IoTプラットフォームのジャスミー IoT Platformを提供しています。

 

ジャスミー IoT PlatformはこれらのIoTシステムのアプリケーションの開発環境の提供や、IoTの導入をしたい企業への企画から導入までの支援を一括で行なっています。

 

ジャスミー IoT Platformは、IoTデバイスに遠隔操作を行なったり、コントロールしたいIoTデバイスにコマンドを送ったりできるプラットフォームです。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)はジャスミー IoT Platformでユーザーが自身の個人情報を提供した際の対価として支払われます。

 

特徴的な2種類のコアサービスであるSKCと、SGの存在がジャスミー IoT Platformの1番の特徴です。

 

③2種類の独自コアサービス

 

ジャスミー IoT Platformには以下の2種類の独自コアサービスが備わっています。

 

  1. セキュアナレッジコミュニケーター(SKC)
  2. スマートガーディアン(SG)

 

それぞれの特徴を説明します。

 

①セキュアナレッジコミュニケーター(SKC)

 

セキュアナレッジコミュニケーター(SKC)とはジャスミー IoT Platformにおいて、個人のデータをユーザー自身が管理できるサービスです。

 

主に、

 

  • ジャスミーのサービスを利用開始する際に必要な本人認証と登録機能
  • 個人のデータを安全にスマートフォンやブロックチェーン上で分散管理、および蓄積が可能な機能
  • 情報の保有者自身の裁量でデータの受け渡しの許可を行なったり、トレース可能な機能

 

以上の機能があります。

 

今まで企業のサービスを受ける際に、ユーザーは半ば強制的に個人情報を提供する必要がありました。

 

しかしこのSKCサービスを利用することで、ユーザー自身が企業に個人情報を提供するかを決定できます。

 

この仕組みが普及すれば、企業側にもメリットがあるのです。

 

企業が個人情報を保持するためには膨大なコストがかかり、個人情報流出などの恐れもあり細心の注意をはらい取り扱う必要があります。

 

個人情報を保持する必要がなくなると、そのコストを削減できるのです。また、ユーザーは必要な時に必要な個人情報の提供が可能になります。

 

企業側にとっても、ユーザー側にとっても有益な仕組みだと言えるでしょう。

 

②スマートガーディアン(SG)

 

スマートガーディアン(SG)とはジャスミー IoT Platformのもう一つのサービスで、SGを使うことでIoT機器に簡単・安全に独自のブロックチェーンに登録できます。

 

そして同時に持ち主のユーザーしか使用できない環境が構築されるのです。SGを使うことで、ユーザーは安心してIoT機器を使用できます。

 

また、分散管理型ストレージと独自ブロックチェーンの2つの方法でユーザーの情報を安全に管理できます。

 

社会全体で個人情報やプライバーシーの保護への意識が高まっているため、安全に個人情報を管理できるSGの存在は今後社会にとって不可欠となってくるでしょう。

 

④安全なデータ分析サービスの提供

 

ジャスミー IoT Platformでは、蓄積されたデータを安全に分析活用できる環境を提供しています。

 

現在の中央集権的なデータ管理では、個人の行動データと個人情報が紐づいているため、個人のプライバシーを守ることが困難です。

 

しかし、ジャスミー IoT Platformでは、個人情報がわからない状態で行動データのみを利用することが可能です。

 

このデータを活用することで、AI開発に必要なディープラーニングの開発に役立ちます。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の今後の将来性は?

仮想通貨Jasmy(JMY)の今後の将来性は?

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の将来性について重要な点は以下の通りです。

 

  1. ロードマップが明確
  2. IoTデバイスの普及に伴い、Jasmyが活躍する可能性が高い
  3. 香港の仮想通貨取引所XTに上場
  4. 海外の大手仮想通貨取引所BINANCEに上場
  5. シンガポールの取引所Bybitに上場
  6. クウジット株式会社とアプリ開発の共同研究開発を開始

 

①ロードマップが明確

 

株式会社ジャスミーは、今後のサービスモデルの創出を果たすための明確なロードマップを発表しています。

 

Jasmy(JMY)はこのロードマップがいかに実現されるかによって、価格が上昇するかが決まると言ってよいでしょう。

 

  1. 普及期
  2. 価値成長期
  3. エコシステム拡大期
  4. データマーケットプレイス確立期

 

①普及期

 

普及期での目的は、ジャスミー IoT Platformの新規エンドユーザーの獲得です。

 

コア技術であるSKCとSGのサービスのメリットを企業に知ってもらい、そしてエンドユーザーにとっても利益があることを知ってもらう必要があります。

 

そのために株式会社ジャスミーは、企業向けにはブロックチェーン技術の活用により新たな価値の提供ができることをアピールしています。

 

エンドユーザーに対しては自社のサービスを利用することで、より安心感を持ってIoTを利用できるとアピールし、ジャスミー IoT Platformの普及を目指すと表明しています。

 

②価値成長期

 

価値成長期では、ユーザー数を拡大し、交換可能となる個人情報量の増加を目指します。

 

ジャスミー IoT Platformに参加する企業が増えていくことで、その参加した企業を通してエンドユーザーが拡大していくと想定しています。

 

そしてジャスミー IoT Platformでは、個人ユーザーたちが今までみることがなかった個人情報量の多さと、その個人情報を無条件に企業に渡していたことを認識し、個人情報の価値が上昇する可能性に気がつくと表明しています。

 

③エコシステム拡大期

 

エコシステム拡大期では、個人情報が価値のあるものだとユーザーたちが認識し、データをもつ個人が対価を得る代わりに、個人情報を積極的に提供する状況を実現させることが目的です。

 

今まで企業に対して無償、無条件で提供していた個人情報は価値のあるものだとユーザーが気づく期間がエコシステム拡大期です。

 

このエコシステム拡大期によって、多くの個人情報が集められることになりますが、株式会社Jasmyはあくまで中立的な立場であることを明記しています。

 

④データマーケットプレイス確立期

 

データマーケットプレイス確立期ではIoT技術発展の最終段階です。

 

ブロックチェーン技術を利用して分散管理された個人情報を、安心・安全に利用するためにユーザーたちはジャスミー IoT Platformを利用します。

 

そして、企業と個人、または企業同士がデータ取引を行うことで新しいサービスモデル創出のきっかけになることが目的です。

 

今はまだジャスミー IoT Platformは普及期の段階であり、Jasmyはまだ始まったばかりであるといえます。今後の開発状況が順調に進めば、仮想通貨Jasmy(JMY)の価格も上昇していくことでしょう。

 

②IoTの普及に伴い、Jasmyが活躍する可能性が高い

 

今後、IoTはより普及していくことが考えられます。

 

身近な例で見てみると、スマホで操作できる電球や、外出先から操作できるエアコンなどが私たちの生活に浸透してきていることがわかるでしょう。

 

今後は車の自動運転、農業、医療などのIoT化が進められており、ありとあらゆるモノがインターネットにつながる未来が待っています。

 

そこで、IoT機器を安心・安全に利用できるJasmyの仕組みがうまく合致すれば、今後Jasmyが活躍する可能性は高いと考えられます。

 

③香港の仮想通貨取引所XTに上場

 

仮想通貨Jasmy(JMY)は11月20日、香港の仮想通貨取引所のXT.comに上場が決まりました。

 

 

XT.comは2018年に立ち上げられた仮想通貨取引所で、1日の仮想通貨の取引量が1億ドルを超えると言われている大規模な取引所です。

 

ユーザー数は900万人を超えるとXT.comは発表しています。

 

XT.comに上場したものの、その後大きな値動きはありませんが、今後の価格の上昇に影響があるでしょう。

 

④海外の大手仮想通貨取引所BINANCEに上場

 

仮想通貨Jasmy(JMY)は11月23日、海外の大手仮想通貨取引所のBINANCEに上場しました。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

BINANCEに上場した仮想通貨はほぼ価格が高騰します。

 

Jasmy(JMY)も22日にBINANCEから上場の発表があってから、価格が約16円から約30円まで価格が上昇しました。

 

BINANCEでの上場が決まったことで、注目度がさらに上がったJasmy(JMY)。

 

今後も大手の仮想通貨取引所での取り扱いが決まる可能性もあります。

 

10月から立て続けに取引所に上場しているので、今のうちに購入しておいた方がよいかもしれません。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCE公式サイト

 

⑤シンガポールの取引所Bybitに上場

 

Jasmyは11月24日に大手仮想通貨取引所のBybitに上場を果たしました。

 

 

Bybitはシンガポールの取引所であり、手数料が安いことから世界中のユーザーが利用している取引所です。

 

bybit
Bybit(バイビット)とは?特徴やメリット・デメリット、口座開設方法を解説

続きを見る

 

Bybitではjasmyの上場を記念してキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

JASMYで入金をすると、「5%」のJASMYキャッシュボーナスがもらえます。(1人あたり最大100JMYまで)

 

初回入金や最低入金額などの条件は、一切なし!ただただ純粋に「早く入金したもん勝ち」のキャンペーンとなりますので、ぜひお見逃しなく。

 

キャンペーンは以下のボタンから参加することができます。

 

\ 先着1,000名様限定!/

Bybit公式サイト

 

⑥クウジット株式会社とアプリ開発の共同研究開発を開始

 

ジャスミー株式会社は2021年3月より、AIによるデータ解析を行なっている、クウジット株式会社と共同で新たなアプリケーションフレームワークエンジン「KJ Engine(仮称)」の共同開発や実証実験の実施を開始することに合意しました。

 

 

共同開発の主な趣旨は、現在個人の情報はSNSやスマホゲームの中でユーザーの好みや行動がAIデータとして蓄積され、それぞれのサービスの品質向上や広告への利用がなされています。

 

その情報を、ユーザーがどんな情報を企業に提供しているか確認することはできません。

 

「KJ Engine(仮称)」はその不透明な情報をユーザーに認知可能な形で可視化することで、新たな気づきを与えてよりよいネットライフをおくることができる、と表明しています。

 

現在はまだ開発段階ですが、「KJ Engine(仮称)が完成すれば新たなネット社会の形が変わるかもしれません。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の直近のチャート

仮想通貨Jasmy(JMY)の直近のチャート

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の直近3ヶ月のチャートを見てみましょう。

 

jasmyチャート

 

2021年10月6日までは約1.8円の価格であったのが、10月7日にコインベースに上場したことによりその後約10円まで価格が上昇。さらに10月26日にBITPointに上場したことで、11月3日に最高で37.53円まで高騰しています。

 

その後価格は徐々に下降し、約18円前後の価格を維持していました。その後20日にXT.comに上場、そして22日に海外の大手仮想通貨取引所BINANCEでの取引が決定。

 

BINANCEへの上場が発表された瞬間に約16円から30.87円に価格時が上昇しました。11月23日に取り扱いが確定されたので、今後の価格の動きから目が離せません。

 

また、過去2021年2月にはシンガポールの仮想通貨取引所MEXCに上場したことで、1JMY=500円以上にまで到達。

 

また5月には1JMY=200円以上まで価格が高騰している実績もあります。大手仮想通貨取引所での取り扱いも決まり、今後なんらかの形で再び価格の高騰が期待できる仮想通貨だといえます。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の購入方法

仮想通貨Jasmy(JMY)の購入方法

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の購入方法は以下の2通りあります。

 

  1. 国内の仮想通貨取引所で購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所で購入する

 

①国内の仮想通貨取引所で購入する

 

仮想通貨仮想通貨Jasmy(JMY)は国内の仮想通貨取引所BITPointで購入できます。

 

また、11月30日までのキャンペーンで、Jasmy(JMY)がもらえるイベントの実施がされていますので、今のうちにBITPointに登録して仮想通貨Jasmy(JMY)を獲得しましょう。

 

キャンペーン内容は以下の通りです。

 

  1. ログインで500円相当のJMYプレゼント
  2. 期間中に1万円入金で2,000円相当のJMYプレゼント
  3. 期間中にJMYを購入すれば購入金額の10%相当のJMYプレゼント
  4. ツイッターのフォロー&リツイートで1万円分のJMYが当たるチャンス

 

BITPointに登録して、1万円を入金すれば2,500円相当のJasmy(JMY)は間違いなくもらえますので、こちらは抑えておきましょう。

 

また、期間中にJasmy(JMY)を10万円分まで購入することで、1万円相当のJasmy(JMY)がもらえます。

 

キャンペーンをフルに利用すれば、12,500円相当のJasmy(JMY)がもらえることになるので、早めにイベントに参加しましょう。

 

ツイッターのフォロー&リツイートも忘れずに行なっておきましょう。

 

②海外の仮想通貨取引所で購入する

 

仮想通貨Jasmy(JMY)は、国内の仮想通貨取引所BITPointでも購入できるのですが、Jasmy(JMY)人気もあり、口座開設まで時間がかかるのがネックです。

 

いますぐにJasmy(JMY)を購入したい、というかたは海外の仮想通貨取引所BINANCEで購入する方法があります。

 

BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いことが特徴。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%がオフになります。

 

\ 世界最大級の取引所/

BINANCE公式サイト

 

ちなみに、海外の仮想通貨取引所でJasmy(JMY)を購入する場合には日本円を直接入金できません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になりますので、以下の流れで購入手続きをおこないます。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Jasmy(JMY)を購入する

 

そのため、Jasmy(JMY)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

まとめ:Jasmyは将来日本を代表する仮想通貨となる可能性も

まとめ:Jasmyは将来日本を代表する仮想通貨となる可能性も

 

以上、仮想通貨Jasmy(JMY)について解説しました。

 

IoT技術の発達により、Jasmyが活躍するシーンは増えていくことでしょう。それに伴い、Jasmy(JMY)の価格も上昇していくと考えられます。

 

大手仮想通貨取引所のBINANCEに上場し、今後は世界的な仮想通貨への成長していくのではないでしょうか。

 

仮想通貨Jasmy(JMY)の2021年11月の価格は約23円ほどです。

 

jasmy価格

 

今後の将来性に期待して、日本の仮想通貨を応援するためにも今のうちに購入しておけば将来的に大きな利益を得られるかもしれません。

 

Jasmyに興味がある方はコインチェックに無料登録し、購入用のビットコインやイーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5