MONEY

仮想通貨Pundi X(プンディエックス/NPXS)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

pundixlogo

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のPundi X(プンディエックス/NPXS)について詳しく知りたい。Pundi X(プンディエックス/NPXS)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Pundi X(プンディエックス/NPXS)の概要
  • Pundi X(プンディエックス/NPXS)の特徴
  • Pundi X(プンディエックス/NPXS)の展望
  • Pundi X(プンディエックス/NPXS)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にPundi X(プンディエックス/NPXS)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)てどんな仮想通貨なんだろう?どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)は、仮想通貨を使った決済をより簡単にするためのプロジェクトのことです。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)が浸透することで、電子マネーやクレジットカードと同じ感覚で仮想通貨での決済が可能になります。今後の仮想通貨の普及に影響を及ぼすため、投資家達の注目を集めています。

>>暗号資産(仮想通貨)は買い物で使える?ビットコインなどの使い方を解説

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、Pundi X(プンディエックス/NPXS)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでPundi X(プンディエックス/NPXS)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Pundi X(プンディエックス/NPXS)は現在国内取引所では取り扱いが無く、IDEXなどの海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の概要

PUNDIX①

 

Pundi Xとは、仮想通貨を使った決済をより簡単にできるようにするためのプロジェクトです。

 

専用のデバイスを使うことで、QRコードによる仮想通貨でのキャッシュレス決算が簡単に行えます。

 

実際に使用している動画を観るとイメージしやすいです。

 

 

こうした仮想通貨での決済が一般的になることで、仮想通貨自体の普及につながると見られているため注目を集めています。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の特徴は以下のとおり。

 

  1. Pundi X POS
  2. エアドロップ
  3. 海外では既に導入済み

 

①Pundi X POS

 

Pundi X(NPXS)は、世界で初めて仮想通貨を使ったPOSシステムを開発しました。

 

POSシステムとは商品が売れた時期や場所、種類などのデータを計測できるシステムのことです。

 

Pundi XではPOSシステムをイーサリアムを使って管理しており、決済はイーサリアムのスマートコントラクト機能を使って自動化しています。

 

その結果、仮想通貨を用いた決済の詳細な情報を従来のPOSシステム同様に計測することができます。

 

②エアドロップ

 

PundiXの運営側は2018年度にエアドロップを実施しています。

 

エアドロップとは、仮想通貨の普及を目的に仮想通貨を無料で配布するものです。

 

Pundi Xでは、毎月7%をエアドロップとして配布した実績があります。

 

しかし、エアドロップを前倒しで実施したため、今後エアドロップが実施されるかは不透明なおで注意してください。

 

③海外では既に導入済み

 

Pundi X(NPXS)はすでにPOSシステムのデバイスを完成させており、海外では実際に店舗に導入されています。

 

 

ベネズエラ最大のデパート、トラーキ(Traki)は、ブロックチェーン対応のレジを49店舗に導入する。

トラーキは2019年8月22日(現地時間)、シンガポールに拠点を置くブロックチェーンデバイス製造スタートアップ、プンディX(Pundi X)のPOS(販売時点情報管理)端末「XPOS」を導入し、買い物客に仮想通貨での支払いを提供していくと発表した。

引用元:coindesk japan

 

このように海外では実際に店舗に導入されており、顧客が仮想通貨で買い物ができるようになっています。

 

日本でも一部店舗で既に導入が進んでいます。

 

 

今後は他の業種などでも導入がされることで、一気にPundi X(NPXS)が普及していくと見られています。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の今後の展望

お金を追う

 

続いて、Pundi X(プンディエックス/NPXS)の今後の展望について解説します。

 

  1. Pundi X POSのさらなる普及
  2. 新たな取引所に上場の可能性

 

①Pundi X POSのさらなる普及

 

Pundi X(NPXS)はすでにデバイスがあり、導入も進んでおり、さらにはAmazonでPOS端末の販売もしています。

 

 

手軽にPOS端末を購入できるようになるため、店舗での導入などがさらに容易になり、Pundi X(NPXS)の利用者増につながります。

 

今後海外旅行の際にもわざわざ現地通貨の両替などを行う必要がなくなるため、手軽さや安全性の面からも利用者が増える見込みです。

 

②新たな取引所に上場の可能性

 

Pundi Xは現在、BINANCEなどで取り扱いがあります。

 

BINANCEは上場の審査が厳しいことで知られており、一定の評価を得ていることを証明しています。

 

そのため、今後新たな取引所に上場する可能性も十分にあり、その際には価格が高騰する可能性が高いです。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でPundi X(プンディエックス/NPXS)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでPundi X(プンディエックス/NPXS)を購入する

 

なので、Pundi X(プンディエックス/NPXS)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Pundi X(プンディエックス/NPXS)は急速に普及する可能性あり

飛翔

 

今回はPundi X(プンディエックス/NPXS)について解説してきました。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)は海外では実際に店舗や銀行での導入も始まっているため、すでに実用性については一定の評価を得ています。

 

日本国内でも導入する店舗が見られるので、もし利便性が認められれば一気に普及するかもしれません。

 

Pundi X(プンディエックス/NPXS)は2021年8月現在で0.5くらいと激安なので、少額の資金大量保有できるので値上がり時の利益が期待できます。

 

pundix

 

繰り返しになりますが、Pundi X(プンディエックス/NPXS)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Pundi X(プンディエックス/NPXS)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5