CRYPTO

YouTubeのうざい広告が多すぎて邪魔!広告を消して快適に視聴する方法3選

 

悩んでいる人
YouTube広告が多すぎてうざいし邪魔だ。広告を消して快適に視聴する方法が知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • YouTube広告が多すぎてうざい!広告を消す方法3選
  • なぜYouTube広告は多すぎるのか
  • 仮想通貨BATとは
  • 仮想通貨BATを受け取る方法

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

YouTubeって無料プランで観てると広告が多すぎてぶっちゃけ邪魔ですよね。

そこで今回はYouTubeの広告を消す方法を3つご紹介します。

有料・無料それぞれの方法を紹介しているので、自分にあった方法を選ぶと良いかと。

結論を先に言うと、一番おすすめの方法はBraveブラウザを使うことYouTube広告が消えるだけじゃなく、仮想通貨BATも貰えるので一石二鳥です。

なお、BATを受け取るためにはBraveブラウザとビットフライヤーを連携させる必要があります。

BATをスムーズに受け取る事前準備としてビットフライヤーに無料登録をしておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

YouTube広告が多すぎてうざい!広告を消す方法3選

YouTube広告を消す方法は以下の3つ。

  1. YouTubeプレミアムに加入する
  2. 拡張機能を使う
  3. Braveブラウザを使う

順番に解説します。

 

①YouTubeプレミアムに加入する

1つめがYouTubeプレミアムに加入する方法です。

いちおう僕も加入しており、毎月料金(1180円)を支払うことで広告を消すことができます。

広告を消す以外にも、以下のような機能を利用可能。

  • オフライン再生
  • バックグラウンド再生
  • YouTube Music Premiumの利用
  • YouTube Originalsの視聴

それぞれ解説しますね。

 

オフライン再生

動画や再生リストをスマホなどに一時保存して、インターネットにつないでいないオフラインの状態でも再生できます。

観たい動画を保存しておいて、移動や外出時など好きな時に視聴できます。

 

バックグラウンド再生

アプリを使用しているときや画面をオフにした状態でも、バックグラウンドで動画を再生することができます。

そのため、ラジオのように動画の音声を楽しんだり、音楽をBGMとして楽しむこともできます。

 

YouTube Music Premiumの利用

YouTube Music Premiumも追加料金なしで利用可能です。YouTube Music Premiumの機能は以下のとおり。

  • YouTube Music の何百万本もの楽曲や動画を広告なしで視聴する
  • 楽曲や動画をモバイル デバイスに一時保存して、オフラインで再生する
  • バックグラウンド再生を使用して、他のアプリを使用している間も音楽を再生
  • 音声のみモードをオンにして、動画を読み込まずに音楽だけを再生する

YouTube Music Premiumは単体だと月額980円の有料サービスなので、とてもお得ですね。

 

YouTube Originalsの視聴

人気ユーチューバーが制作したYouTube Originalsの動画や映画を視聴可能です。

YouTube Originalsのコンテンツは有料のものが多いので、追加料金なしで視聴できるのは大きなメリットです。

 

こんな感じで月額料金はかかりますが、YouTube Music Premiumが使えたり、TVでも広告なしで動画を観れるので満足しています。

あとは家族も広告なしでYouTubeを観れるので、家族がいる方にも良いかと。

 

②拡張機能を使う

Google chromeの拡張機能を使ってYouTubeの広告を消すことができます。

拡張機能は基本的に無料で使えるので、できるだけ出費を抑えたい方におすすめの方法です。

使用する拡張機能は「AdBlock」です。

AdBlockを使用するとGoogle Chromeで表示されるすべての広告をブロックしてくれます。

そのため、YouTubeの広告も表示されなくなり快適に視聴可能です。

設定方法は以下のとおり。

  1. Chromeウェブストアを開く
  2. 検索boxに「Adblock 」と入力して検索
  3. 「Chromeに追加」をクリック

AdBlockはYouTube以外の広告もブロックしてくれるので、拡張機能に入れておくと重宝しますよ。

 

③Braveブラウザを使う

最もおすすめなのがBraveブラウザを使う方法で、僕もこのBraveを使っています。

Braveは広告ブロック機能を実装しており、Webサイトの広告をブロックしてデータ通信料を抑えられるブラウザです。

PC、iOS、Android全てに対応しているため、手持ちのデバイスですぐに使うことが可能です。

さらに、Braveの大きな特徴が仮想通貨BATが無料でもらえる点です。

>>仮想通貨ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?概要・特徴を解説

Braveブラウザを使用して任意の広告を閲覧するごとに、一定量のBATが付与されます。

普段どおりネットを使うだけで、仮想通貨がもらえるのでBraveを利用するユーザーが急増しています。

なので、少しでもお得に利用したい方はBraveブラウザを使うと良いかと。

Braveの使い方については、Braveブラウザの使い方・やり方・稼ぎ方を徹底解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

BATを受け取るにはビットフライヤーの口座が必須になるので、サクッと開設しておきましょう。口座開設はもちろん無料です。

>>ビットフライヤーで無料開設する

 

なぜYouTube広告は多すぎるのか

なぜYouTubeの広告はあんなにも多いのか?理由は以下のとおりです。

  1. YouTuberの収益確保
  2. YouTubeマーケティングの確立
  3. インターネット広告市場の拡大
  4. ユーザー行動の取得
  5. YouTubeの収益源

順番に解説します。

 

①YouTuberの収益確保

一番の大きな理由はYouTuberの収益確保のためです。

YouTubeでは動画を配信すると、再生数や視聴時間などに応じて広告収入が得られます。

例えば、投稿した動画が100万回再生された場合、一般的なYouTuberであれば100万再生×0.1円=10万円ほどの収益となります。

このようなYouTuberへの報酬の元になっているのがYouTube広告です。

企業がYouTubeに広告費を支払い、その広告費の一部が報酬としてYouTuberに支払われます。

最近では副業としてYouTubeを始める人が増えたことで報酬支払額も大きくなり、広告表示の頻度が増えている状況です。

僕もYouTubeチャンネルを収益化しており、毎月数万円程度ですが不労所得が入ってくるので、割と誰でもYouTubeで稼げる状況が続きそうです。

 

②YouTubeマーケティングの確立

YouTubeマーケティングが確立したことも理由のひとつとして挙げられます。

以下のとおり多くの人がYouTubeを利用しており、YouTubeユーザーをターゲットとしてビジネス展開が可能になりました。

  • 国内月間アクティブユーザー数:6,500万人
  • 海外月間アクティブユーザー数:20億人

YouTube広告はユーザーの性別や年齢、出身地や視聴履歴などを基にターゲティングが可能なので、訴求したい層にピンポイントで配信することができます。

そのため、YouTube広告をきっかけに自社商品・サービスを販売する新たなビジネスチャンスとして、YouTubeマーケティングを採用する企業が増えています。

このようにYouTubeを通じて販路の拡大を狙う企業が増えたことも、YouTube広告が多くなっている要因です。

 

③インターネット広告市場の拡大

インターネット広告市場が年々拡大していることも関係しています。

電通の調査によると、インターネット広告費はマスコミ四媒体の広告費をついに上回りました。

様々な分野でデジタル化が進んだことによりスマホ利用者が増えたため、そうした層を狙ったインターネット広告が増加。

5Gによる高速通信などにより動画広告などもスムーズに配信できるようになったことも、インターネット広告の成長に拍車をかけています。

このように、インターネット広告の需要増加の後押しによりYouTubeのユーザーをターゲットにした広告が増えている状況です。

 

④ユーザー行動の取得

YouTubeは広告を閲覧したユーザー行動を取得しており、サービスに活用しています。

その広告を観たユーザーが商品・サービスに申し込んだのか?別の動画を観たのか?それとも離脱したのか?

こうした行動を逐一取得して膨大なビッグデータを蓄積することで、クライアントが欲しがる情報として提供することも可能です。

広告はその一種のテストとも言うことができ、今後も無料プランでは広告の比重が多くなる可能性が高いかと。

 

⑤YouTubeの収益源

YouTube広告が多いのは、それがYouTubeの収益源の一つであるためです。

広告を掲載することで、YouTubeは動画のアップローダーや作者を支援し、サービスを維持することができます。

また、広告を表示することで、YouTubeはビデオコンテンツを視聴するユーザーにターゲットを絞った広告を配信することができます。

これにより、広告主はより効果的に商品やサービスをプロモートすることができ、YouTubeはより多くの収益を得ることができます。

 

仮想通貨BATとは

BAT

BATWebブラウザ「brave」上で利用されるトークンのことで、正式名称は「Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)」です。

デフォルトで広告がブロックされる仕様のブラウザ「Brave」をユーザーが使い、広告を見ることを選択すると報酬としてBATをもらえます。

BATは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって作られ、イーサリアムブロックチェーン上のトークンとして発行されています。

BAT基本情報

  • 発行開始:2017年5月31日
  • 発行要件:Webブラウザ「brave」で広告を閲覧したユーザーに付与
  • 発行枚数:15億bat(全て発行済み)
  • その他特徴:マイニング、半減期なし

BATを取り扱っている取引所はコインチェックGMOコインなどであり、日本ではまだ認知度が低い状況ですが、認知度があがることによりさらなる価格上昇が見込まれます。

 

仮想通貨BATを受け取る方法

Braveブラウザで仮想通貨BATをもらう方法は以下のとおりです。

設定は簡単なのでサクッと済ませておきましょう。

  1. ビットフライヤーで口座開設する
  2. Braveウォレットとビットフライヤーを連携する

順番に解説します。

 

①ビットフライヤーで口座開設する

まずはビットフライヤーで口座を開設します。

BATを受け取るにはBraveとビットフライヤーを連携する必要があるからです。

口座開設は無料で10分ほどで完了するので、サクッと済ませておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

②Braveウォレットとビットフライヤーを連携する

ビットフライヤーで口座を開設できたら、Braveウォレットとビットフライヤーを連携します。

手順は以下のとおり。

 

Braveブラウザの△マークをクリックし、「Braveリワードを認証」をクリック。

 

「続ける」をクリック。

 

「bitFlyer」をクリックして、ログインします。

 

Braveブラウザで「認証済み」になれば提携完了です。

 

こんな感じでBATを受け取る設定はめちゃ簡単なので3分ほどで完了です。

忘れないうちにまずはビットフライヤーの口座開設を早めに済ませておきましょう。

>>ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

まとめ

今回はYouTube広告が多すぎる理由と広告を消す方法を解説しました。

YouTubeはもはや生活にかかせないプラットフォームなので、今後ますます利用時間が増えていくはず。

今回紹介した方法で広告を消して、さくさく快適にYouTubeを楽しんでもらえればと思います。

繰り返しですが、一番おすすめの方法はBraveブラウザを使うこと。

YouTube広告が消えるだけじゃなく、仮想通貨BATも貰えるので一石二鳥です。

なお、BATを受け取るためにはBraveブラウザとビットフライヤーを連携させる必要があります。

BATをスムーズに受け取る事前準備としてビットフライヤーに無料登録をしておきましょう。

 

\ 仮想通貨を1円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5