MONEY

仮想通貨Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)とは?概要・特徴を徹底解説

KISHU_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のKishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)について詳しく知りたい。Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の概要
  • Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の特徴
  • Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の将来性
  • Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のKishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は、イーサリアムブロックチェーンを活用したコミュニティトークンです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとKishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の概要

KISHU①

出典:https://kishu.com/

 

Kishu Inu(紀州犬コイン)は、イーサリアムブロックチェーンを活用して開発された仮想通貨であり、現在人気の「柴犬コイン(SHIB)」と同じコミュニティトークンです。

 

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

 

Defiのひとつである分散型取引所(DEX)である「KISHU SWAP」も提供する他、「KISHUCRATE」と呼ばれるNFTマーケットプレイスも運営しており、ユーザーはKISHUを使ってNFT売買が可能です。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

 

Kishu Inu(紀州犬コイン)は2021年4月17日にローンチがされたばかり新しいコインですが、すでにTwitterのフォロワーは10万人を超えており、SHIBやDOGEのような値上がりを期待されています。

 

dogecoin
【仮想通貨】ドージコイン(DOGE)とは?概要・特徴などを解説

続きを見る

 

仮想通貨Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の特徴

KISHU②

出典:https://kishu.com/

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の特徴は以下のとおり。

 

  1. KISHU保有者に報酬を付与
  2. コミュニティの存在
  3. すでに多くの保有者がいる
  4. ヴィタリック・ブテリン

 

①KISHU保有者に報酬を付与

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は保有者に対して報酬を付与しています。

 

ブロックチェーンで完了した各トランザクションの2%は、所有者への報酬として配布され、コミュニティの活発な運営を促進します。

 

KISHUを積極的に利用すればするほど、より多くの報酬が得られる仕組みです。

 

②コミュニティの存在

 

KISHUのネットワークは完全に分散化されており、活気のあるコミュニティが形成されています。

 

TelegramでKISHUのコミュニティが作られており、KISHUユーザーが活発にやりとりを図っています。

 

Twitterのフォロワーも12万人を超えており、巨大なコミュニティと言えるでしょう。

 

 

③すでに多くの保有者がいる

 

KISHUは18万人以上の所有者がおり、全体の価値は2億ドルにも上ります。

 

さらに、毎日約3000万ドル相当のKISHUが取引されており、こうした数字は潜在的な投資家や新規購入者への良いアピールとなっています。

 

KISHUは現在、2021年5月に急速に値上がりした時のSHIB(柴犬コイン)と同じような動きをしていると言われています。

 

KISHUの開発チームが精力的にプロジェクトに取り組み続ければ、KISHUはミームコインの分野で次のビッグネームになる可能性があります。

 

④ヴィタリック・ブテリン


イーサリアムの作成者であるヴィタリック・ブテリンは、慈善団体に寄付する手段として、KISHUの開発チームからギフトトークンを受け取っています。

 

この戦略は、ドージコインのおかげで生み出されたトークンである柴犬コインも導入しており、暗号資産(仮想通貨)界隈ではよく見られる手法です。

 

参考:【仮想通貨】ドージコイン(DOGE)の今後の予想や将来性を徹底解説

 

コインの10%が慈善団体に寄付されると言われています。

 

仮想通貨Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. KISHU CRATE
  2. KISHU SWAP
  3. ロナウジーニョの支持

 

①KISHU CRATE

 

「KISHUCRATE」と呼ばれる興味深いNFTマーケットプレイスを立ち上げています。

 

KISHUのユーザーはKISHUトークンを使って、KISHUコミュニティのアーティストのNFT作品を売買して報酬を受け取ることができます。

 

日本国内でもアイドルやスポーツチームがNFTを活用したプロモーションを実施しています。

 

nft
【画像付き】コインチェックでSKE48の「NFTトレカ」を購入する手順を解説

続きを見る

 

NFTは今後さらに様々な分野で導入されていくと見られており、今日では効果的なマーケティング手法として使用されているため、NFTをきっかけにKISHUの知名度が上がるきっかけになります。

 

②KISHU SWAP

 

KISHU SWAPと呼ばれる取引所を提供しており、トークンを使用してユーザー同士で取引が出来ます。

 

Kishuトークンはイーサリアムブロックチェーン上に作成され、プラットフォーム内でユーザーはトークンを他のトークンと交換できます。

 

ETHlogo
【2021年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

続きを見る

 

ミームコインの中でKISHUを特別なものにしているのは、KISHUはトークンをバーンする点です。これは、ユーザーの信頼を高めるために有効な方法のひとつです。トークンの供給が途方もなく大きい他のミームコインは流動性プールをロックしているため、コインにアクセスできません。

 

こうした利便性の高さや、価値を維持する仕組みなどから今後さらにKISHUの保有者が増える可能性があります。

 

③ロナウジーニョの支持


Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は有名サッカー選手のロナウジーニョに支持されています。

 

ロナウジーニョは正式な公式アンバサダーとして就任しているようです。

 

 

こうした有名人の支持により信頼度が増すため、今後もサッカーファンを中心にKISHUユーザーが増えるものと見られています。

 

【注意】Kishu Inuと称した発表に関する注意喚起

【注意】Kishu Inuと称した発表に関する注意喚起

 

一部でSoftbankグループがKishuのコンサルタントになったとのうわさがありますが、そうした事実はありません。

 

以下のようにSoftbankが公式に発表しています。

 

このたび、SoftBank SingaporeまたはSoftbank Investment Pte. Ltd.がKishu Inuのコンサルタントになった、といった趣旨の発表が確認されました。当社グループはこのような活動は一切行っていませんのでご注意ください。また、SoftBank SingaporeならびにSoftbank Investment Pte. Ltd.は当社グループと一切関わりがありません。

引用:https://group.softbank/20210528

 

Softbankとの関わりをアピールして勧誘などをされた場合には十分に注意するようにしてください。

 

仮想通貨Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でKishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでKishu Inuを購入する

 

なので、Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

今回はKishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)について解説いたしました。

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は、取引所やNFTマーケットプレイスを次々と展開し暗号通貨としての地位を確立する上で大きな進歩を遂げています。

 

今後のプロジェクトの進捗次第ではドージコインやSHIBA INU、その他のミームコインを時価総額で抜き去ってしまうかもしれません。

 

Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は2021年10月現在は1円以下と非常に買いやすい金額ですので、少ない資金でも大量に購入できるので将来の売却益が期待できます。

 

KISHU価格

 

繰り返しになりますが、Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

ドージコインについては以下で詳しく解説しています。

dogecoin
【仮想通貨】ドージコイン(DOGE)の今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5