CRYPTO

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

Lido DAO(LDO)

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のLido DAO(LDO)について詳しく知りたい。Lido DAO(LDO)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Lido DAO(LDO)の概要
  • Lido DAO(LDO)の特徴
  • Lido DAO(LDO)の買い方
  • Lido DAO(LDO)のチャート・価格推移
  • Lido DAO(LDO)の将来性
  • Lido DAO(LDO)の今後の価格予想
  • Lido DAO(LDO)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

Lido DAO(LDO)はEthereumのための流動的なステーキング・ソリューション及びユーティリティトークンのことです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、Lido DAO(LDO)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでLido DAO(LDO)に関する理解が深まるはずです。

なお、仮想通貨取引を始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックが使いやすいです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

Lido DAO(LDO)の概要

Lido DAO(LDO)

名称 Lido DAO(LDO)
時価総額 30位
取引所 BINANCE、Kucoin、Kraken
価格(2023年1月時点) ¥265.63
時価総額(2023年1月時点) ¥218,925,993,735
公式サイト Lido DAO(LDO)公式サイト

LidoはEthereumのための流動的なステーキング・ソリューションです。

Lidoを使えば、ユーザーは最低入金額やロックなしでETHをステークすることができます。

さらに、同時に貸し出しなどのオンチェーン活動に参加し、リターンを複利で得ることができます。

LDOは、以下の目的で使用されるユーティリティトークンです。

  • Lido DAOの統治権を付与する
  • 手数料のパラメータと分配を管理する
  • ノードオペレーターの追加と削除を管理する

Lidoは、ステークした資産の1:1トークン化したものをユーザーに発行します。

これにより、ユーザーはステークしたPoSトークンの流動性を得ることができます。

具体的にはLidoでステーク報酬を得ながら、他のDeFiオンチェーン活動に参加し、さらなる利回りを得ることが可能です。

 

Lido DAO(LDO)の特徴

Lido DAO(LDO)の特徴は以下のとおり。

  1. リキッドステーキング
  2. 様々な通貨に対応
  3. 高い安全性
  4. マルチチェーン対応

順番に解説します。

 

①リキッドステーキング

Lido DAO(LDO)はリキッドステーキングというサービスを提供しています。

リキッドステーキングでは、ユーザーは資産をロックすることなく、ステーキング報酬を得ることができます。

これらのプロトコルのユーザーは、ステークトークンを預け入れ、見返りとして取引可能なリキッドトークンを受け取ることができます。

DAOが制御するスマートコントラクトは、次にDAOが選んだステーキングプロバイダーとトークンをステーキングします。

ユーザーの預けた資金はDAOによって管理され、ステーキング・プロバイダーはユーザーの資産に直接アクセスすることはありません。

 

②様々な通貨に対応

Lido DAO(LDO)は様々な通貨に対応しています。

Solana (SOL)、Ethereum ( ETH )、Kusama ( KSM )、Polkadot ( DOT )、Terra Classic ( LUNA ) をサポートしており、好みの通貨を選んでステーキング可能。

ユーザーが ETH をステークすると、stETHというトークンを受け取り、ユーザーが Solana または Luna をステークすると、stSOL と stBLUNA を受け取ります。

DAO の参加者は、Yearn、Curve、Maker などのさまざまなプラットフォームでこれらのデリバティブを使用できます。

これらのデリバティブにより、参加者は Lido のEthereum 2.0報酬も受け取り可能です。

 

③高い安全性

Lido DAO(LDO)は高い安全性を担保しています。

すべてのコードをオープンソース化し、継続的にレビューを実施し常に最新の状態に更新しています。

また、ステーキング・リスクを最小化するために、選出された最高クラスのバリデーターからなる委員会を設立しています。

カウンターパーティーリスクを排除するために、非保護のステーキングサービスを活用し、ガバナンスの決定とリスク要因の管理のためにDAOを活用。

通常はETHをステークする場合、バリデーターを1つだけ選択します。

しかしLido DAO(LDO)の場合、多くのバリデーターにまたがってステークし、ステークリスクを最小化していることが特徴です。

 

④マルチチェーン対応

当初、Lido DAOはEthereum サービスに対応するために構築されましたが、後にSolanaとTerraのステーキングがプラットフォームに含まれ、マルチチェーンの流動性ステーキングプロジェクトになりました。

これにより、Lido DAOのエコシステムは、新しいチェーンによって拡張され、長期的な流動性、報酬、および他のトークンをサポートする機能を提供しました。

Lido DAO は、一貫したインセンティブ付きのプラットフォームを構築するために、さまざまなブロックチェーンおよびプロトコルを統合することで、プロジェクトをサポートしています。

これにより、Lido DAOは、プラットフォーム上で実行される活動に対するインセンティブを提供し、参加者によるプロジェクトへの投資を促進します。

また、プラットフォーム上で実行される活動を検証し、参加者間の取引をサポートすることで、プラットフォームに参加するすべての参加者の効果を最大化することを目指しています。

 

Lido DAO(LDO)の買い方・購入方法

Lido DAO(LDO)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

Lido DAO(LDO)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでLido DAO(LDO)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでLido DAO(LDO)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでLido DAO(LDO)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

 

Lido DAO(LDO)のチャート・価格推移

Lido DAO(LDO)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりで一気に話題となり、価格は600円近くまで跳ね上がりました。

リキッドステーキングができる仮想通貨ということでもかなり注目を集めた形です。

Lido DAOは、DeFiプロトコルへの資金の投資と、DeFiプロトコル内での資金の配分を容易にするプラットフォームを提供しているという特徴も大きな影響を及ぼしています。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

Defiの始め方については、【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②2022年6月~10月

Lido DAO(LDO)は、2022年6月から10月にかけて、金融環境の引き締めと仮想通貨全体の下落により、大きな価格変動を経験しました。

価格は約60円まで下落しましたが、仮想通貨市場がやや改善されたことで回復し、400円前後まで達しています。

その後、方向感の乏しい比較的安定した値動きが続いています。

今後のLDOの値動きを予測するには、基軸通貨であるビットコインの値動きを注視することが重要です。

さらに、市場全体の状況や新たなパートナーシップやイーサリアム2.0エコシステムの開発など、リドDAOプロジェクト内の動きもLDOの価格に大きな影響を与えるため、考慮することが重要です。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落トレンドにあるため価格は停滞しています。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は250円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

Lido DAO(LDO)の将来性

続いて、Lido DAO(LDO)の将来性について解説します。

  1. Defiの需要増加
  2. 利便性の高いステーキング
  3. 新たな取引所への上場

それぞれ解説します。

 

①Defiの需要増加

Defiは今後、需要が増加すると考えられます。理由としては以下のとおり。

  1. 技術の進歩により、デジタル資産を安全に保管・管理できるようになり、DeFiのプラットフォームが普及してきていること。
  2. DeFiを利用することで、資産の管理および取引が安全かつ便利に行えるため、使用者が増えていること。
  3. DeFiプラットフォームは、仮想通貨やブロックチェーン技術を利用した新しい金融サービスを提供することができるため、需要が高まっていること。
  4. DeFiは、デジタル資産を扱う場合に限らず、金融市場や資本市場などのさまざまな分野で活用される可能性があるため、需要が高まると考えられていること。

これらのことから、Defiの需要増加が後押しとなり、Lido DAO(LDO)のユーザーも増えると予想されます。

 

②利便性の高いステーキング

Lido DAO(LDO)は利便性の高いステーキングを提供しています。

イーサリアムは間もなく最大のステーキング・エコノミーになります。しかし、ETHでのステーキングには専門的な知識と複雑で費用のかかるインフラが必要です。

その主な理由は、ステーキングが不適切に管理された場合、スラッシングとオフラインのペナルティが非常に厳しくなる可能性があるためです。

さらに、従来のステーキングには最低金額のデポジットとトークンロックアップが伴います。

Lido DAO(LDO)のような流動的なセルフステーキングサービスを利用することで、ユーザーはこれらの不便さを解消し、利便性の高いステーキングで報酬を得ることができます。

 

③新たな取引所への上場

Lido DAO(LDO) は現在BINANCEなどの主要な取引所に上場済です。

これはLido DAO(LDO)の将来性や実用性に一定の評価が与えられていると言えます。

今後新たな取引所へ上場する可能性もあり、上場時にはさらなる価格高騰が期待できます。

また、仮想通貨市場が急激に拡大している今、Lido DAO(LDO)プロジェクトは定期的に新しい交換所を開拓する可能性を検討しています。

さらに、プロジェクトが宣言しているように、Lido DAO(LDO)を主とした新しいイーサリアム基盤のテストが完了した後に、Lido DAO(LDO)の需要が急増する可能性を秘めています。

 

Lido DAO(LDO)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトBitnationによると、AIを使ったLido DAO(LDO)の今後の価格予想は以下のとおり。

最小値 平均値 最大値
2023 $2.44 $3.05 $3.66
2024 $4.47 $5.08 $5.69
2025 $6.51 $7.12 $7.73
2026 $8.54 $9.15 $9.76
2027 $10.57 $11.18 $11.79
2028 $12.61 $13.22 $13.83
2029 $14.64 $15.25 $15.86
2030 $16.67 $17.28 $17.89
2031 $18.71 $19.32 $19.93

2年後には現在の価格の2倍程度に上昇

2031年には約20ドルまで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

ビットコインなどを法定通貨に採用する国が増えており、様々な支払い手段として仮想通貨が採用され始めています。

近年、仮想通貨が世界各国に受け入れられるようになり、多くの国が仮想通貨を採用したり、デジタル通貨を開発し始めています。

中央アフリカやエルサルバドルなどの国は、仮想通貨を多様な支払い手段として法定通貨に採用し始めています。

海外でも仮想通貨の保有・取引に関する税制を整備する動きがあるので、国民が安心して取引できる状況が整っています。

Lido DAO(LDO)は将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、仮想通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

Lido DAO(LDO)チームは、自動化取引やスマートコントラクトなどの技術的な専門家だけでなく、ビジネス関連のプロフェッショナルを集め、多彩なマーケティング活動に専念しています。

従来の仮想通貨の欠点を改善するための新しいプロトコルを作成するという画期的な目標を持ち、市場開発に注力しています。

 

Lido DAO(LDO)に関するよくある質問

最後にLido DAO(LDO)に関するよくある質問に答えます。

  1. Lido DAO(LDO)は国内取引所で買える?
  2. Lido DAO(LDO)はステーキングできる?
  3. Lido DAO(LDO)の発行上限はどのくらい?
  4. Lido DAO(LDO)の創設者は?

順番に回答します。

 

①Lido DAO(LDO)は国内取引所で買える?

Lido DAO(LDO)は国内取引所では購入できません。

Lido DAO(LDO)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②Lido DAO(LDO)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

Lido DAO(LDO)の公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③Lido DAO(LDO)の発行上限はどのくらい?

Lido DAO(LDO)の発行上限は1,000,000,000です。

発行上限が定められているため、価値が下がりにくく価格が上昇する傾向にあります。

そのため、将来性があり購入しやすい投資先として注目を集めています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④Lido DAO(LDO)の創設者は?

Lido DAO(LDO)はKasper Rasmussenによって創設されました。

Lido DAOのメンバーにはSemantic VC, ParaFi Capital, Libertus Capital, Terra, Bitscale Capital, StakeFish, StakingFacilities, Chorus, P2P Capital and KR1が含まれています。

Lidoはまた、AaveのStani Kulechov、YearnのBanteg、DeversifiのWill Harborne、Stake CapitalのJulien Bouteloup、SynthetixのKain Warwickなどの主要エンジェル投資家が参加しています。

Lido DAOに関連する個人と組織はDeFi業界において優れた実績を持っています。

Lidoのチームには、アナリスト、開発者、テクノロジー企業など、DeFi業界で活躍する専門家が多数参加しています。またDeFiプロジェクトからの技術支援も受けています。

 

まとめ:Lido DAO(LDO)は将来性が期待できる銘柄

今回はLido DAO(LDO)について解説してきました。

Lido DAO(LDO)は利便性の高いステーキングサービスを提供しており、仮想通貨需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

BINANCE等の大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

Lido DAO(LDO)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

Lido DAO(LDO)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5