MONEY

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

VEGA_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のVega Protocol(VEGA)について詳しく知りたい。Vega Protocol(VEGA)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Vega Protocol(VEGA)の概要
  • Vega Protocol(VEGA)の特徴
  • Vega Protocol(VEGA)の価格推移
  • Vega Protocol(VEGA)の将来性
  • Vega Protocol(VEGA)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のVega Protocol(VEGA)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

Vega Protocol(VEGA)は、完全に分散化されたネットワーク上で金融商品を作成・取引するためのプロトコルです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、Vega Protocol(VEGA)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとVega Protocol(VEGA)の概要や特徴が理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Vega Protocol(VEGA)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の概要

VEGA01

出典:https://vega.xyz/

 

名称 Vega Protocol
通貨単位 VEGA
仮想通貨ランキング 542位(2021.11月現在)
価格 ¥1,356(2021.11月現在)
時価総額 ¥8,841,750,447
公式サイト https://vega.xyz/
ホワイトペーパー https://vega.xyz/papers/vega-protocol-whitepaper.pdf
購入できる取引所 Gate.io

 

Vega Protocol(VEGA)は、完全に分散化されたネットワーク上で証拠金付きの金融商品を作成・取引するためのプロトコルです。

 

 

コンセンサスアルゴリズムにproof-of-stakeを採用しており、完全自動化で証拠金取引と金融商品の取引が可能です。さらに、誰でも自由にこのプロトコルを使って分散型市場を開発することができます。

 

Vega Protocol(VEGA)は既存の取引サービスの不公平さの解消と、ユーザーにとって快適な取引環境を提供することを目標としています。

 

Tendermint上のブロックチェーンプロトコルとして提供されているため、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決し、高速処理・低コストでの取引が可能です。Tendermintは暗号資産(仮想通貨)COSMOSでも使われている技術です。COSMOSについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

Cosmos(ATOM)ロゴ
仮想通貨Cosmos(ATOM)とは?概要や特徴、将来性を解説

続きを見る

 

さらに、APIなどの機能も実装しているため、プロ投資家向けのデリバティブ市場の運営にも適したオープンソースのプロジェクトになります。

 

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の特徴

VEGA02

出典:https://vega.xyz/

 

Vega Protocol(VEGA)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 流動性インセンティブ
  2. 担保オプション
  3. 市場の創造

 

①流動性インセンティブ


Vegaには、さまざまな金融商品全体でトレーダーとマーケットメーカーを一致させる流動性インセンティブが組み込まれています。

 

流動性にインセンティブを供給する方法は会社の株式を購入することに似ており、その市場を買って一定の比率のシェアを所有することになります。

 

将来的に市場が拡大すればそれに応じて自分のシェアも価値が上昇します。

 

このように、市場へ流動性を提供したりすることでインセンティブを得られるため、保有することへの強い働きかけとなります。

 

②担保オプション


Vega Protocol(VEGA)は、ビットコイン、イーサリアム、その他のERC-20トークン、さらにはステーブルコインなどの暗号資産を担保として使用するために、主要なブロックチェーンに接続できます。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

担保を取得することで、ネットワークの閉鎖を防止しています。担保になった暗号資産(仮想通貨)は、ネットワークによって分散化された方法で適切に管理されます。

 

③市場創造


Vega Protocol(VEGA)を利用することで、ユーザーは誰でも簡単に市場を作成して運営することができます。

 

開発者は、マーケットメーカーからのキャッシュフローと決済指示を簡単に実行するための開発ツールを無料で使うことができます。

 

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の価格推移

VEGAチャート

 

この1年は価格が下降トレンドにあることがわかります。

 

現在は比較的安定して推移していますが、誰でも市場を作ることができるVega Protocol(VEGA)に注目が集まる可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Vega Protocol(VEGA)の価格の後押しとなるでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の将来性

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の将来性

 

続いて、Vega Protocol(VEGA)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. 多くの企業が出資
  2. デリバティブ取引にブロックチェーンを活用
  3. マルチチェーン化

 

①多くの企業が出資

 

Vega Protocol(VEGA)は多くの企業からの出資を獲得しています。

 

Pantera Capital、Arrington Capital、Cumberland DRWなどの有名VCが出資をしています。

 

 

これは各VCがVegaの開発陣のスキルを評価しており、Vegaが既存のDeFiプロトコルと比較して優位性が高いと判断されているためです。機関投資家の間でも従来の中央集権的な市場から分散型市場への期待が高まっていると言えるでしょう。

 

Defiについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

②デリバティブ取引にブロックチェーンを活用

 

Vegaは、既存のデリバティブ取引にブロックチェーンを活用しようとしています。

 

従来の中央集権型のデリバティブ取引に関係するすべてのサービスと市場をブロックチェーン上に作成できるためです。

 

ブロックチェーンは改ざんが不可能であるため、金融取引の透明性を担保しやすいためデリバティブ取引への導入ニーズが高まっています。

 

この計画が実現すればかなりの規模の資金が既存のデリバティブ市場からVega Protocol(VEGA)へ流入するでしょう。

 

③マルチチェーン化

 

Vega Protocol(VEGA)は現在はイーサリアムのブロックチェーンを活用しています。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

今後はテラ(Terra)に接続予定であり、その他のプラットフォームとも接続可能なマルチチェーンを目指しています。テラ(Terra)については以下の記事で詳しく紹介しています。

 

LUNATOP
仮想通貨LUNA(テラ/Terra)とは?概要や特徴、購入方法を徹底解説

続きを見る

 

マルチチェーン化すると他の暗号資産(仮想通貨)ユーザーを呼び込むことにもつながるので、Vega Protocol(VEGA)の利用者増加が見込めます。

 

暗号資産(仮想通貨)Vega Protocol(VEGA)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Vega Protocol(VEGA)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに、おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCE公式サイト

 

ちなみに、海外取引所でVega Protocol(VEGA)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでVega Protocol(VEGA)を購入する

 

なので、Vega Protocol(VEGA)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

まとめ:Vega Protocol(VEGA)はデリバティブ市場のシェアを握る可能性がある

まとめ:XinFin(XDC)は今後のDefi需要増加で価格上昇が見込まれる

 

今回はVega Protocol(VEGA)について解説いたしました。

 

Vega Protocol(VEGA)は、分散化されたネットワーク上で高速で低い手数料でデリバティブ取引を行うことができるプロジェクトであり、今後のDefi拡大により需要が増加する可能性が高いです。

 

Vega Protocol(VEGA)は2021年11月現在で、1,300くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

VEGA価格

 

繰り返しになりますが、Vega Protocol(VEGA)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Vega Protocol(VEGA)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで無料口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5