MONEY

仮想通貨Bankera(バンクエラ/BNK)とは?概要や将来性、買い方を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のBankera(バンクエラ/BNK)について詳しく知りたい。Bankera(バンクエラ/BNK)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Bankera(バンクエラ/BNK)の概要
  • Bankera(バンクエラ/BNK)の特徴
  • Bankera(バンクエラ/BNK)の将来性
  • Bankera(バンクエラ/BNK)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にBankera(バンクエラ/BNK)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のBankera(バンクエラ/BNK)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

BNKは、ブロックチェーンを活用した新世代の銀行「BANKERA(バンクエラ)」上で使用できる仮想通貨です。

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、Bankera(バンクエラ/BNK)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでBankera(バンクエラ/BNK)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Bankera(バンクエラ/BNK)は現在国内取引所では取り扱いが無く、海外取引所を使う必要があります。おすすの取引所については以下の記事で詳しく紹介しています。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Bankera(バンクエラ/BNK)の概要

BNK①

 

Bankera(バンクエラ/BNK)とは暗号資産(仮想通貨)の銀行を目標とする企業のことで、Bankera(BNK)という暗号資産(仮想通貨)を発行しています。

 

2017年のICOで170億円の調達に成功し有名になりました。

 

Bankera(バンクエラ/BNK)はブロックチェーンを活用することにより、手数料を安く抑えてサービスを提供することを目的としています。

>>【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

既存の銀行システムは必ず間に銀行が仲介する中央集権的な仕組みですが、ブロックチェーンを活用することで非中央集権的なシステムが構築できるため、利用者同士の直接の取引が可能になります。

 

開発目的としては国際送金の課題を解消するために作られたリップルと似ており、Bankera(バンクエラ/BNK)もリップルを採用する予定です。

>>リップル(XRP)は儲かる?今後の価格予想と将来性について解説

 

Bankera(バンクエラ/BNK)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

Bankera(バンクエラ/BNK)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 開発チームが優秀
  2. 配当を受け取ることができる
  3. SpectroCoin(スペクトロコイン)

 

①開発チームが優秀

 

Bankera(バンクエラ/BNK)はICO実施前にすでに50人以上のブロックチェーンエキスパートチームを作っています。こうした高い開発力と緻密な計画によりBankera(バンクエラ/BNK)は常に新しいサービスを開発し続けることができます。

 

こうした体制が高く評価され、将来有望なフィンテック事業を選ぶ「2018 FINTECH 100」で第4位に選出されています。

 

②配当を受け取ることができる

 

Bankera(バンクエラ/BNK)のトークンを保有することで、Bankeraの手数料収入・金利収入などの純利益のうち20%が、Bankerトークンの所有者に保有量に応じて配当として付与されます。

 

 

この点はBINANCEが発行するBNBに仕組みが似ています。BNBについては、【仮想通貨】バイナンスコイン(BNB)とは?特徴・今後の展望などを解説で詳しく解説しています。

 

③SpectroCoin(スペクトロコイン)

 

SpectroCoin(スぺクトロコイン)はBankera(バンクエラ/BNK)のプロジェクトのひとつです。

 

両替機能と仮想通貨対応のデビットカードを発行するサービスで、仮想通貨交換所としての機能も備えています。

 

SpectroCoinにビットコインを入金するとデビットカードでビットコインを利用できるようになるため、仮想通貨での買い物がより容易になるというメリットがあります。

 

Bankera(バンクエラ/BNK)の将来性

お金を追う

 

続いて、Bankera(バンクエラ/BNK)の将来性について解説します。

 

  1. 実際に事業が稼働している
  2. NEM財団の代表ロン氏がアドバイザーに就任

 

①実際に事業が稼働している

 

一般的なICO案件では、まずは事業計画だけを基に資金を集めることが多いです。

 

一方Bankera(バンクエラ/BNK)はそうした案件とは違い、既にSpectrocoinをリリースするなど既に事業が稼働しています。

 

さらに事業で収益を得ているため、実際に配当も支払われており信頼度の高いプロジェクトと言えます。

 

②NEM財団の代表ロン氏がアドバイザーに就任

 

Bankera(バンクエラ/BNK)のアドバイザーにNEM財団の代表であるロン・ウォン氏が就任しています。

 

 

ロン氏はNEMブロックチェーンプロジェクトを取り仕切る責任者であり、実績と知名度があるためプロジェクトの信頼度が向上します。ネムについては、【初心者向け】ネム(NEM/XEM)とは?特徴や今後の動向を徹底解説で詳しく解説しています。

 

そのため、配当が今まではイーサリアムでしたが、NEMでも受け取れるようになりそうです。

>>【2021年版】ネム(NEM/XEM)の今後の将来性は?見通しを予想

 

Bankera(バンクエラ/BNK)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Bankera(バンクエラ/BNK)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

  • Bankera
  • HITBTC
  • Idax

 

ちなみに、海外取引所でBankera(バンクエラ/BNK)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでBankera(バンクエラ/BNK)を購入する

 

なので、Bankera(バンクエラ/BNK)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Bankera(バンクエラ/BNK)は今後の将来性あり

飛翔

 

今回はBankera(バンクエラ/BNK)について解説してきました。

 

Bankera(バンクエラ/BNK)は既存の銀行システムの在り方を変えるプロジェクトであり、今後一気に普及する可能性があります。

 

Bankera(バンクエラ/BNK)は2021年8月現在で0.08くらいと激安なので、少額の資金大量保有できるので値上がり時の利益が期待できます。

 

BNK②

 

繰り返しになりますが、Bankera(バンクエラ/BNK)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Bankera(バンクエラ/BNK)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5