CRYPTO

仮想通貨ApeCoin(APE/エイプコイン)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

apecoin

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のApeCoin(エイプコイン)について詳しく知りたい。ApeCoin(エイプコイン)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ApeCoin(エイプコイン)の概要
  • ApeCoin(エイプコイン)の特徴
  • ApeCoin(エイプコイン)の将来性
  • ApeCoin(エイプコイン)の価格推移
  • ApeCoin(エイプコイン)の買い方

 

本記事の信頼性

筆者は実際にApeCoin(エイプコイン)や他の暗号資産(仮想通貨)を運用しています。暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ApeCoin(エイプコイン)ってどんな暗号資産(仮想通貨)なんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

 

ApeCoin(エイプコイン)は大人気NFTの「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を手掛ける「Yuga Labs」が発行した暗号資産(仮想通貨)です。

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、ApeCoin(エイプコイン)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでApeCoin(エイプコイン)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ApeCoin(エイプコイン)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

お得なキャンペーン中

 

【~3/31迄の期間限定】コインチェックの口座開設と購入で最大12500円が当たるキャンペーンを実施中です。

 

口座開設&入金だけでも2,500円分のビットコインがもらえるので、超お得です。

 

これほどお得なキャンペーンはなかなかないので、この機会にサクッと口座開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

ApeCoin(エイプコイン)の概要

 

名称 ApeCoin(APE)
時価総額 38位
取引所 BINANCE
価格(2022年3月時点) ¥1,597.46
時価総額(2022年3月時点) ¥443,296,298,384
公式サイト https://apecoin.com/

 

ApeCoin(APE)は、大人気NFTコレクションの「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を販売する「Yuga Labs」が発行する暗号資産(仮想通貨)です。

 

ApeCoin(APE)は、APEエコシスエムのネイティブ・ガバナンストークンとして機能します。

 

既にBINANCE・coinbase・FTXなどの大手海外取引所に上場を果たしており、話題を集めました。

 

有名NFTが発行する暗号資産(仮想通貨)ということで、その将来性が期待できることもあり、僕も購入しました。

 

 

BAYC自体は一枚3,000万円くらいで普通の人は手が出ないと思うので、ApeCoin(APE)を購入して間接的にその恩恵を受けるのが良さそうです。

 

ApeCoin(エイプコイン)の特徴

 

ApeCoin(エイプコイン)の特徴は以下のとおり。

 

  1. APE財団
  2. APECoin DAO
  3. ApeCoin BOARD

 

①APE財団

 

APE財団はApeCoin DAOの実行機関であり、DAOコミュニティのアイデアが実現するための各種タスクを実行します。

 

APE財団の目標は、APEエコシステムの成長と発展を適切に管理すること。

 

ApeCoin DAOの決定に従って、ApeCoin保有者が積極的にガバナンスに参加するためのエコシステムを提供します。

 

②APECoin DAO

 

ApeCoin(エイプコイン)はApeCoin DAOによって運営されています。DAOとは自律分散型組織のことで、管理者を必要としない集団です。

 

ApeCoin所有者はDAOに参加することができ、以下のようにガバナンスの決定に参加することができます。

 

  • 運営アイデアの提案
  • ガバナンスへの投票
  • 資金の割り当て
  • パートナーシップに関する決定

 

こうしたメンバー参加型の分散型組織にすることで、意思決定が迅速になりグローバルな展開がスムーズに行えるといった利点があります。

 

③ApeCoin BOARD

 

ApeCoin BOARDはいわゆる理事会です。

 

理事会の目的は、DAOの提案を管理し、コミュニティの発展に貢献すること。

 

最初の理事会は6か月の任期を務め、その後、DAOメンバーは毎年新しい理事会メンバーを投票で選出します。

 

ApeCoin(エイプコイン)の将来性

 

続いて、ApeCoin(エイプコイン)の将来性について解説します。

 

  1. BINANCEに上場済
  2. 550億円の資金調達に成功
  3. メタバースへの進出

 

①BINANCEに上場済

 

ApeCoin(エイプコイン)は、海外の大手仮想通貨取引所であるBINANCEに上場を果たしています。

>>BINANCE(バイナンス)の手数料はいくら?手数料を安くする方法・他社比較を解説

 

BINANCEは上場時の審査が厳しいことで知られており、そのBINANCEに上場したことで実用性に一定のお墨付きが得られた形です。

 

BINANCE以外にも、Coinbase、FTX、Gate.ioなど他の大手取引所にも上場済であり、多くの投資家がApeCoin(エイプコイン)を買える状況です。

 

今後他の取引所に新規上場する可能性もあり、その際にはさらなる価格上昇が期待できそうです。

 

②550億円の資金調達に成功

 

ApeCoin(エイプコイン)を開発するYuga Labs社は550億円の資金調達に成功しています。

 

 

この投資には以下のようなブロックチェーン企業や取引所が多数参加しており、Yuga Labs社とApeCoin(エイプコイン)の将来性が期待されていることがわかります。

 

  • FTX
  • a16z crypto
  • Animoca Brands
  • The Sandbox
  • LionTree
  • Sound Ventures
  • Thrive Capital
  • FTX
  • MoonPay
  • adidas

 

この資金を元手に社員の採用や新規・合同プロジェクトの運営開発に充てるとのこと。

 

資金調達で苦労するプロジェクトも多い中、550億円もの資金調達に成功したYuga Labs社は既にブランドとして確立しています。

 

このブランド力を生かした新たなNFTやメタバースの開発などを通じて、ApeCoin(エイプコイン)の需要も増していくと考えられます。

 

③メタバースへの進出

 

Yuga Labsはメタバース「Otherside(アザーサイド)」のローンチを予定しています。

 

 

ティーザー映像を観ると、BAYC以外にも以下の有名NFTのキャラクターが登場するなど豪華な内容となっています。

 

  • Mutant Apes
  • CryptoPunks
  • Meebits
  • Nouns
  • CoolCats

 

otherside内ではApeCoin(エイプコイン)も使用されるため、ローンチされた後は価格上昇が期待できるでしょう。

 

今後メタバースも一気に普及すると見られており、価格の後押しとなりそうです。

>>【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!

 

ApeCoin(エイプコイン)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

ApeCoin(エイプコイン)の直近のチャートを見てみましょう。

 

 

2022年3月に上場した直後に約4,300円まで急騰。

 

その後は価格は落ち着いて1,200円~1,600円台で推移しています。

 

新たなプロジェクトの発表や、Othersideのローンチなどにより今後の価格上昇が期待できそうです。

 

ApeCoin(エイプコイン)の買い方・購入方法

 

ApeCoin(エイプコイン)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でApeCoin(エイプコイン)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックで仮想通貨を購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金
  3. ApeCoin(エイプコイン)を購入する

 

なので、ApeCoin(エイプコイン)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

コインチェック公式サイト

 

まとめ:ApeCoin(エイプコイン)は今後さらなる成長が期待できる

 

今回はApeCoin(エイプコイン)について解説してきました。

 

ApeCoin(エイプコイン)は有名NFTを手掛けるYuga Labsが発行しているため、今最もホットな暗号資産(仮想通貨)と言えるでしょう。

 

ApeCoin(エイプコイン)は2022年3月現在で1600くらいと買いやすいので、少額の資金大量保有できるので値上がり時の利益が期待できます。

 

 

繰り返しになりますが、ApeCoin(エイプコイン)海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ApeCoin(エイプコイン)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5