CRYPTO

仮想通貨WAVES(ウェーブス)とは?概要・特徴、買い方を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のWAVES(ウェーブス)について詳しく知りたい。WAVES(ウェーブス)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • WAVES(ウェーブス)の概要
  • WAVES(ウェーブス)の特徴
  • WAVES(ウェーブス)の買い方
  • WAVES(ウェーブス)のチャート・価格推移
  • WAVES(ウェーブス)の将来性
  • WAVES(ウェーブス)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

WAVES(ウェーブス)は、分散型アプリケーションプラットフォーム「Waves Platform」で使われる仮想通貨です。

今回は実際に暗号資産(仮想通貨)を運用中の僕が、WAVES(ウェーブス)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでWAVES(ウェーブス)に関する理解が深まるはずです。

なお、WAVES(ウェーブス)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して少額のビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

WAVES(ウェーブス)の概要

名称 WAVES(ウェーブス)
時価総額 64位
取引所 BINANCE、Kucoin
価格(2022年6月時点) ¥868
時価総額(2022年6月時点) ¥94,342,175,574
公式サイト WAVES公式サイト

WAVES(ウェーブス)は分散型アプリケーションプラットフォーム「Waves Platform」で使用される仮想通貨です。

2016年にウクライナ生まれの科学者Alexander Ivanov氏によって開発されました。

Ivanov氏は米ドルと連動したステーブルコインのCoinoUSDの考案者としても知られています。

Waves Platformは分散型取引所(DEX)や独自トークンの発行といった機能のほかにも、エアドロップ・ICOプラットフォームなど多彩な機能を備えています。

WAVES(ウェーブス)は与沢翼氏も購入したと明言しており、今後の動向に注目が集まっています。

 

WAVES(ウェーブス)の特徴

WAVES(ウェーブス)の特徴は以下のとおり。

  1. 独自トークンを発行できる
  2. コンセンサスアルゴリズムLPOSを採用
  3. WAVES NGによる高速送金
  4. スマートコントラクトを利用可能

順番に解説します。

 

①独自トークンを発行できる

Wavesを使用してユーザーが独自のトークンを発行することが可能です。

発行したトークンは送金もできるので、支払いに利用することもできます。トークンの発行には費用として1WAVESが必要です。

実際にロシアのバーガーキングがWAVESプラットフォームを利用して独自トークン「Whoppercoin」を発行し、話題となりました。

 

②コンセンサスアルゴリズムLPOSを採用

WAVES(ウェーブス)はコンセンサスアルゴリズムに「LPOS(Leased Proof of Stake)」を採用しています。

仕組みとしては、貸し出す通貨の量が多いほどに応じ報酬が増加するというもの。

既存のコンセンサスアルゴリズムPoSを発展させ、通貨の保有者により多くの報酬を付与できるようにしています。

 

③WAVES NGによる高速送金

WAVES NGという機能により、高速送金が可能です。

WAVES NGは「リキッド」ブロックを使用することで、ブロックチェーンのパフォーマンスを毎秒数百トランザクションまで向上させることができます。

例えば、ビットコインでは1秒に処理できるトランザクションは7個ほどですが、WAVES NGは1秒間に100トランザクションを処理可能です。

そのため、タイムラグなくほぼリアルタイムで送金することができ、スムーズな取引を行うことができます。

 

④スマートコントラクトを利用可能

WAVES(ウェーブス)はスマートコントラクトを利用可能です。

スマートコントラクトとはブロックチェーン上で自動的に契約などを実行する仕組みのことです。イーサリアム等の多くの仮想通貨でスマートコントラクト機能が実装されています。

>>【2022年】イーサリアム(ETH)の今後はどうなる?価格予想・将来性を徹底解説

WAVES(ウェーブス)はスマートコントラクト開発者のためにRideと呼ばれるプログラム言語を提供しています。

Rideは非常にわかりやすいため、スマートコントラクト機能を容易に開発することができます。

 

WAVES(ウェーブス)の買い方・購入方法

WAVES(ウェーブス)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

WAVES(ウェーブス)を購入する手順は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設する
  2. BINANCEで口座開設する
  3. BINANCEに仮想通貨を送金する
  4. WAVES(ウェーブス)を購入する

順番に解説します。

 

①コインチェックで仮想通貨を購入

まず、国内取引所の口座を開設しましょう。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設してイーサリアムなど好きな通貨を購入しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②BINANCEで口座開設する

続いて、WAVES(ウェーブス)を取り扱う海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

③BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

④WAVES(ウェーブス)を購入する

送金が完了したら、WAVES(ウェーブス)が購入できます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

上記手順のとおり、まずは国内取引所の口座開設が必須となるのでサクッとコインチェックで無料で開設しておきましょう。

 

\ 最短5分で開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

WAVES(ウェーブス)のチャート・価格推移

WAVES(ウェーブス)の直近のチャート・価格推移について見ていきましょう。

  1. 2021年10月~12月
  2. 2022年1月~3月
  3. 2022年4月~

それぞれの時期の価格推移を解説します。

 

①2021年10月~12月

2021年中盤のDefi人気からWAVES(ウェーブス)も一気に話題となり、4,000近くまで価格が急上昇。

その後は調整で下落を見せたものの、再度2,500前後を推移し底堅さを見せました。

NFTの普及などもWAVES(ウェーブス)の価格の後押しになったと見られています。

 

②2022年1月~3月

2022年1~3月にかけてビットコインを始めとする仮想通貨全般の下落に連動し、大幅な下落を記録。

一時1,000円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨全般の上昇トレンドに連動し7,000円前後まで上昇しています。

 

③2022年4月~

2022年4月以降もLunaの下落などに関連した仮想通貨全般の下落トレンドにより、WAVES(ウェーブス)の価格も低迷中。

現在は870円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので、WAVES(ウェーブス)への期待が高まっています。

 

WAVES(ウェーブス)の将来性

続いて、WAVES(ウェーブス)の将来性について解説します。

  1. 多数のプロジェクトに採用
  2. 法定通貨の取り使いが可能
  3. 新規取引所への上場

順番に解説します。

 

①多数のプロジェクトに採用

WAVES(ウェーブス)は既に多数のプロジェクトに採用されています。

ステーブルコインのneutrinoやNFTマーケットプレイスのSIGNなど、多数のプロジェクトがWAVES(ウェーブス)上に構築されています。

今後も新たなプロジェクトに採用される可能性が高く、WAVES(ウェーブス)の実用性がさらに評価されることで価格の上昇につながりそうです。

 

②法定通貨の取り使いが可能

WAVES(ウェーブス)は円やドルなどの法定通貨の取り扱いが可能です。

例えば、WAVES(ウェーブス)に10,000円入金すると、10,000円分の仮想通貨として使うことが可能になります。

多くのDEXや海外取引所は日本円での入金ができないことが多いため、法定通貨に対応したWAVES(ウェーブス)の利便性の高さが注目されています。

こうした使いやすさを求めて、今後多くのユーザーがWAVES(ウェーブス)を利用する可能性が高いです。

 

③新規取引所への上場

WAVES(ウェーブス)は今後新たな取引所に上場する可能性があり、その際は価格上昇が期待できます。

現時点で既に以下の大手海外取引所に上場しています。

  • BINANCE
  • Kucoin

BINANCEなどは上場時の審査が厳しいことで知られていますが、上場を果たしたことでWAVES(ウェーブス)の実用性について一定のお墨付きを得た形と言えます。

そのため、今後新たな取引所に上場する可能性が高く、その際は価格上昇が見込めるでしょう。

>>【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

WAVES(ウェーブス)に関するよくある質問

最後にWAVES(ウェーブス)に関するよくある質問に答えます。

  1. WAVES(ウェーブス)のウォレットはどうやって作るの?
  2. WAVES(ウェーブス)の最新ニュースはどこで入手するの?

順番に回答します。

 

①WAVES(ウェーブス)のウォレットはどうやって作るの?

Waves Wallet公式サイトにアクセスし、「Sign UP」をクリックします。

メールアドレスやパスワード等、必要情報を入力することでウォレットを作成可能です。

 

②WAVES(ウェーブス)の最新ニュースはどこで入手するの?

各種TwitterやTelegram等で最新ニュースを入手可能です。

こまめに情報を収集し、価格への影響がありそうなニュースをチェックしておきましょう。

 

まとめ:WAVES(ウェーブス)は将来性が期待できる銘柄

今回はWAVES(ウェーブス)について解説してきました。

WAVES(ウェーブス)はdAppsの開発プラットフォームであり、今後のDefi需要増加による価格上昇が見込めます。

>>【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

既にBINANCEやKucoinなどの大手取引所に上場済であり、多くの企業と提携していることから実用性も高く評価されています。

WAVES(ウェーブス)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、WAVES(ウェーブス)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

WAVES(ウェーブス)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 最短5分で口座開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5