MONEY

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR) とは?概要や特徴、将来性を解説

CSPR_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCasper(CSPR)について詳しく知りたい。Casper(CSPR)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Casper(CSPR)の概要
  • Casper(CSPR)の特徴
  • Casper(CSPR)の将来性
  • Casper(CSPR)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のCasper(キャスパー/CSPR)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

Casper(CSPR)は、CasperLabsという企業が開発した分散型台帳プラットフォームです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Casper(CSPR)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとCasper(CSPR)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、Casper(CSPR)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR) の概要

CSPR①

出典:https://casper.network/en/network

 

2021年3月30日にメインネットでリリースされたCasperは、Casper CBC仕様に基づいて構築された最初のプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンです。

 

Casperプラットフォームは、ブロックチェーンテクノロジー、スマートコントラクト、およびDAppsの採用を世界規模で促進するように設計されています。

 

Casperは、ユーザーの進化するニーズに応じてプラットフォームが継続的に開発され、あらゆるバックグラウンドの開発者が最大限にアクセスできるように設計されています。

 

公式ホワイトペーパーによると、Casperは企業と開発者の両方のニーズを満たすように最適化されています。

 

Casperの使命は、直感的で相互接続されたサービスの需要が全面的に支援し、採用のトリレンマ(3つのうち2つしか採用できないこと)を解決することです。

 

セキュリティ、スケーラビリティ、分散化の3つをすべて同じブロックチェーンプロトコル内で提供します。

 

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR) の特徴

CSPR②

出典:https://casper.network/en/network

 

Casper(CSPR)の特徴は以下のとおり。

 

  1. プルーフオブステーク(PoS)を独自に利用
  2. 革新的なCBC機能
  3. CasperLabs

 

①プルーフオブステーク(PoS)を独自に利用


キャスパーは、ブロックチェーンテクノロジーとプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスメソッドを独自に利用し構築されています。

 

完全に分散化されているため、ネットワークの用途が非常に広いです。ちなみにPoSは人気通貨Symbol(シンボル)でも採用されています。

 

NEM_TOP
仮想通貨ネム(NEM)、シンボル(Symbol)の特徴と将来性を徹底解説

続きを見る

 

Casperは、アップグレード可能なスマートコントラクトと予測可能な取引のガス料金を備えた、将来を見据えた設計を誇っています。

 

さらに、Casperはブロックチェーンのエネルギー消費を効率化する仕組みを導入しており、ビットコインよりも136,000%もエネルギー効率を高めています。

 

②革新的なCBC機能

 

Conrect-by-Construction(CBC)は、ネットワークの注目すべき革新的な機能です。

 

この仕様により、すべてのエンタープライズレベルでブロックチェーンサービスを迅速に採用できます。 Casperは、PoSコンセンサスに依存することにより、スケーラビリティとデータベース管理ソリューションを保証します。

 

CasperとCSPRトークンは、CasperLabsによる長年の研究の成果と言えるでしょう。

 

③CasperLabs

 

さらに、CasperLabsは、Red HatがLinuxエコシステム内で構築する組織をサポートするのと同様に、CasperNetwork上で構築する組織にエンタープライズレベルのサービスとサポートを提供するために存在します。

 

アドビ、グーグルなどでの開発経験があるチームメンバーのおかげで、CasperLabsはCasperを発展させるための最適な環境を整えています。

 

オープンソースの分散型プロジェクトからより高次元へのサービスの提供を目指しています。

 

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR) の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

Casper(CSPR)の将来性を語る上でのポイントは以下のとおり。

 

  1. 環境に優しいエコシステム
  2. 高いセキュリティ性
  3. イーサリアムに使用されている

 

①環境に優しいエコシステム


キャスパーネットワークは、ネットワークセキュリティをPoSコンセンサスメカニズムで実現しています。

 

PoSは、ノードバリデーターを選ぶ際にトークンステーキングの量などを加味します。

 

これにより、コンセンサスは非常に用途が広く、スケーラブルになります。ビットコインブロックチェーンで使用されるプルーフオブワーク(PoW)コンセンサスとは異なり、PoSは、検証を実行し、チェーンに新しいブロックを追加するために、大量の電気または計算能力を必要としません。

 

このことから、環境に優しいエコシステムと言えるでしょう。

 

②高いセキュリティ性

 

キャスパーはまた、ビザンチンフォールトトレランス(BFT)アプリケーションへのアップグレードされた(CBC)キャスパー仕様を採用しています。

 

キャスパーのシステムは、複数のセキュリティ監査を完了しています。

 

さらに2021年1月にセキュリティ評価ツールを提供しているTrail of Bitsによるチェックを受けており、結果として重大度の高い結果はゼロであり、キャスパーが「セキュリティが適切である」ことを確認しました。

 

第三者機関からもセキュリティ性について一定の評価を得ているので、今後も需要が増していくと見られています。

 

③イーサリアムに使用されている

 

イーサリアムはスケーラビリティ問題(手数料高騰・処理遅延)を解決するためにアップデートを行っており、その中にCasperが使用されています。

 

イーサリアム(ETH)logo
イーサリアムのハードフォークとは?目的や影響をわかりやすく解説

続きを見る

 

アップデートに伴いイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムがPowからPoSに移行するため、円滑な移行のためにCasperの技術が活用されています。

 

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR) の購入方法

仮想通貨を購入

 

Casper(CSPR)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でCasper(CSPR)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでCasper(CSPR)を購入する

 

なので、Casper(CSPR)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:Casper(キャスパー/CSPR) は今後の需要増加が見込まれる

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

今回はCasper(CSPR)について解説いたしました。

 

Casper(CSPR)の技術は人気通貨イーサリアムにも導入されていることから、今後もイーサリアムの価格に連動して値上がりの可能性が高いと言えます。

 

Casper(CSPR)は2021年10月現在は約12円と非常に買いやすい金額ですので、少ない資金でも大量に購入できるので将来の売却益が期待できます。

 

CSPR価格

 

繰り返しになりますが、Casper(CSPR)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Casper(CSPR)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5