MONEY

超初心者がビットコイン投資を始める方法・やり方とは?おすすめな仮想通貨取引所も解説

暗号資産(仮想通貨)

 

悩んでいる人
ビットコイン投資のやり方がよくわからない。ビットコイン投資の始め方やおすすめ取引所などを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ビットコインの仕組み
  • 初心者がビットコイン投資を始めるメリット・デメリット
  • 初心者がビットコイン投資を始める方法を5ステップで解説
  • 初心者におすすめのビットコイン仮想通貨取引所3選
  • 初心者がビットコイン投資を始める際の注意点

 

本記事の信頼性

 

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

近年、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨投資を始める人が増えています。

 

特にビットコインは、仮想通貨投資をしたことがない人でも、耳にすることが多いのではないでしょうか。

 

しかし、


「ビットコイン投資ってどうやって始めればいいの?」
「ビットコイン投資初心者におすすめの仮想通貨取引所ってどこ?」


といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

 

この記事では、初心者がビットコイン投資を始める方法・やり方、おすすめの仮想通貨取引所を3つ解説していきます。

 

超初心者でもわかりやすいように説明しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

早く暗号資産(仮想通貨)を買いたい!という方は、暗号資産(仮想通貨)の取り扱い数が一番多いコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

もくじ

ビットコイン(暗号資産)とは?

ビットコイン(暗号資産)とは?

 

ビットコイン(暗号資産)は、暗号化された電子データをブロックチェーン技術で価値を持たせた通貨です。

 

仮想通貨
仮想通貨ビットコイン(BTC)とは?概要・特徴や将来性を徹底解説

続きを見る

 

普段から利用している円やドルなどは、国家が発行・管理しているため「法定通貨」と呼ばれています。

 

しかし、暗号資産は国家や金融機関が管理している通貨ではないため「暗号資産」と表しています。

 

多くの暗号資産は発行母体を保有しておらず、非中央集権で運営が行われています。

 

そのため、暗号資産専用のコインや紙幣が発行されることはなく、全てデジタル上でやり取りする点も特徴です。

 

仮想通貨
【初心者向け】デジタル通貨とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説

続きを見る

 

ブロックチェーン技術と毎日の暗号資産のやり取りによって通貨の価値は保障されていますが、株やFXのように暗号資産の価格は毎日変動しています。

 

ビットコインの仕組み


ビットコインとは暗号資産の一つで、世界で初めて誕生した暗号資産と呼ばれています。

 

一方、イーサリアムリップルなどビットコイン以外の通貨は、アルトコインと呼びます。

 

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

 

2008年に正体不明の日本人「Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)」が、ビットコイン(暗号資産)に関する論文をインターネット上に掲載したことで、開発が行われました。

 

また、ビットコインは初めてブロックチェーン技術を用いて発行された暗号通貨のため歴史が古く、発行数は2,100万が上限となります。

 

そのため、発行から10年以上経過しても、トップクラスの価値と希少性を維持していると言えるでしょう。

 

取引所と販売所の違い


暗号資産は非中央集権で運営されているため、取引所か販売所で購入・取引が必要です。

 

暗号資産(仮想通貨)
【初心者向け】仮想通貨の買い方とおすすめ銘柄、取引所を解説

続きを見る

 

取引所とは、暗号資産を購入したい人同士で取引を行う形になります。一方、販売所では仮想通貨取引所と暗号資産の取引を行います。

 

取引所と販売所の違いは、取引を行う対象が異なる点です。

 

また、取引所と販売所では、暗号資産のスプレッド(売値と買値の差額)が大きく異なり、取引所の方が圧倒的のスプレッドが狭いです。

 

仮想通貨
【初心者向け】仮想通貨/ビットコインのスプレッドとは?スプレッドが狭い取引所3選

続きを見る

 

そのため、初心者がビットコイン投資を行う場合、取引所で購入するようにしましょう。

 

初心者がビットコイン投資を始める5つのメリット

初心者がビットコイン投資を始める5つのメリット

 

近年注目されているビットコイン投資ですが、実際に始めるメリットがわからない方も多いのではないでしょう。

 

続いては、初心者がビットコイン投資を始める5つのメリットを解説していきます。

 

メリット1:市場全体が成長する可能性が高い


ビットコインを含めた暗号資産市場は、世界的に注目されていることから成長する可能性が高いです。

 

特に投資商品としてだけではなく、上場企業が商品やサービスの決済手段としても導入しています。

 

暗号資産の登場当初は、流通量が少なく通貨価値が証明されていなかったため、法定通貨以上の信頼はありませんでした。

 

しかし、暗号資産市場全体の流通量が増え、ブロックチェーン技術の信頼性が高まったことで、ビットコインの通貨価値も向上しています。

 

実際に2016年〜2021年にかけて、1BTC約20万円から1BTC約360万円まで成長しています。

 

今後も暗号資産市場は注目される可能性が高いため、市場が成熟する前にビットコインへ投資しておくことで、大きなメリットを得られるでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)とは
暗号資産(仮想通貨)は今後どうなる?将来性やおすすめ銘柄、取引所などを紹介

続きを見る

 

メリット2:暗号資産の中でも信頼性がある


ビットコインは世界で1番初めに登場した歴史ある暗号資産で、流入量もアルトコインに比べて多いため信頼性があります。

 

また、ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる暗号化技術を用いて、価値の担保を誇っています。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

ブロックチェーンとは、10分に1度データのブロックを生成し、分散型台帳で監視を行うことで取引を管理するシステムです。

 

ブロックチェーンで管理されているデータの改ざんは事実上不可能と言われているため、比較的安全に取引できるでしょう。

 

メリット3:少額の資産で投資を始められる

 

2021年現在で1BTCあたりの金額は100万円を超えているため、価格の大きい暗号資産と考えている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ビットコインは0.001BTCや0.00001BTCなど、1BTC以下の価格で購入可能です。

 

お金を追う
ビットコインは高い?実はめっちゃ少額から購入できます【500円】

続きを見る

 

例えば、1BTCが100万円の場合、0.0001BTCで購入すれば100円で投資できます。

 

そのため、投資可能な資産が少額でも、ビットコインを手に入れられます。

 

また、ビットコインは他の暗号資産よりもボラティリティが高いため、少額の投資でも利益を得られるでしょう。

 

メリット4:決済手段として利用できる


近年、様々な企業がビットコインを決済手段の一つとして導入しています。

 

例えば、ビックカメラやDMM.comでは、実際にビットコインを使用して商品やサービスの決済が可能です。

 

暗号資産(仮想通貨)
暗号資産(仮想通貨)は買い物で使える?ビットコインなどの使い方を解説

続きを見る

 

まだまだ個人経営や中小企業の商品やサービスの決済にビットコインは使用できませんが、暗号資産市場の成長とともに、導入する企業は増えてくるでしょう。

 

また、ビットコインは海外でも決済手段として利用できるため、日本円を現地通貨に両替する必要もありません。

 

クレジットカードやQRコード支払いのように、新たなキャッシュレス決済手段として活用できる可能性が高いです。

 

メリット5:レバレッジ取引が可能


ビットコインは、FXのようにレバレッジを効かせて取引が可能です。

 

レバレッジとは、証拠金を元手に何倍もの金額で取引を行うことです。そのため、5倍・10倍のレバレッジを効かせることで、少ない資産でも大きな金額で取引できます。

 

また、レバレッジを効かせた状態で売りから取引を始めれば、下落相場でも利益を得られる可能性があります。

 

ビットコイン投資に利用できる資産が少ない場合は、レバレッジ取引は大きなメリットと言えるでしょう。

 

初心者がビットコイン投資を始める3つのデメリット

仮想通貨のデメリット

 

初心者がビットコイン投資を始める際は、メリットだけが存在しているわけではありません。

 

デメリットについて把握しておくことで、スムーズに取引を進められるでしょう。

 

デメリット1:損失が出る可能性がある


ビットコインは近年急激に価格が上昇しているため、利益を得やすい投資先ではありますが、損失が発生するケースもあります。

 

お金が漏れる
ビットコインは怖い?5つのリスクと知らないと損する対策方法

続きを見る

 

例えば、世界的にビットコインのハッキングが発生した際やマイナスなニュースが流れると、大きく価格が下落する可能性があります。

 

ボラティリティーが高く、価格が上昇しているビットコインも投資タイミングに注意が必要です。

 

デメリット2:ハッキングのリスクがある


ビットコインをはじめとする暗号資産は、全てインターネット上で管理しているため、ハッキングのリスクがあります。

 

仮想通過
【仮想通貨】真のリスクは「ハッキング」です【基礎知識を解説】

続きを見る

 

高いハッキング技術を持った集団が、取引所から暗号資産をハッキングし、ユーザーの資産がなくなってしまう事例も存在しています。

 

 

年々、取引所のセキュリティレベルも向上していますが、大手金融機関と比較すると劣っていると言えるでしょう。

 

デメリット3:取引所の破綻リスクがある


ビットコインを取り扱っている取引所は、運営状況が悪化すると破綻するリスクがあります。

 

金融機関や証券会社の場合は運営元が破綻した際、ユーザーの資産を保証する仕組みが存在していますが、暗号資産の取引所は法整備が整っていない可能性が高いです。

 

まだまだビットコインをはじめとする暗号資産市場は発展途上であるため、取引所の補償も充実していないことがあります。

 

そのため、万が一ビットコインを運用している取引所が破綻した場合に、自身の資産が返還されないリスクがあるでしょう。

 

初心者がビットコイン投資を始める方法・やり方

仮想通貨を購入

 

ビットコインを購入した経験がない方でも、投資を始める方法・やり方を解説していきます。

 

本記事では、暗号資産取引所の「コインチェック」を例に挙げて解説していきます。

 

口座開設の準備をする

 

ビットコイン投資を始めるためには、取引で専用の口座を開設する必要があります。

 

口座開設に必要なものは、以下の通りです。

 

・銀行口座

・ビットコイン購入資金

・取引環境(スマートフォンやPC)

・本人確認書類

 

また、利用できる本人確認書類は、以下の通りです。

 

・運転免許証

・マイナンバーカード

・住民基本台帳カード

・在留カード

・特別永住者証明書

・パスポート

・住民票

・印鑑登録証明書

 

運転免許書やパスポートなどの顔写真付き本人確認書類を所有している場合、1点提出するだけで問題ありません。

 

しかし、前述した顔写真付き本人確認書類がない場合は、住民票と印鑑登録など、2点提出が必要です。

 

上記で紹介している本人確認書類以外にも提出が認められる書類は存在しているため、コインチェックや開設予定の取引所HPを確認しておきましょう。

 

また、多くの暗号資産取引所では、別途マイナンバーの提出が求められるため、合わせて用意しておくとスムーズに口座を開設できます。

 

実際に暗号資産取引所を開設する

 

必要なものを用意した後は、実際に暗号資産取引所で口座を開設しましょう。

 

コインチェックの場合は、スマートフォンアプリや公式HPからアカウントの登録が必要です。以下のリンクからコインチェックへアクセスしましょう。

 

コインチェック公式サイト

 

アカウント登録は、メールアドレスとパスワードを設定するだけです。

 

アカウント登録が完了した後は、本人確認を行います。

 

本人確認に必要な情報は以下の通りです。

 

・氏名(フルネーム)

・郵便番号

・住所

・居住地

・本人確認書類の提出

 

上記の入力が完了した後は、利用規約に同意して次に進みます。

 

また、コインチェックでは本人確認書類提出時にスマートフォン上で、自身の顔と本人確認書類を一緒に撮影することですぐに本人確認が可能です。

 

暗号資産取引所に入金する

 

コインチェックの口座開設が完了した後は、取引所に日本円を入金しましょう。

 

本記事では、コインチェックスマートフォン版の入金・購入・売却方法を開設していきます。

 

また、コインチェックで日本円を入金する方法は、以下3種類です。

 

  1. 銀行振込
  2. コンビニ入金
  3. クイック入金

 

銀行振込を活用する場合、振込先の口座情報を確認・入金金額を指定することで、コインチェック口座へ入金が完了します。

 

着金まではタイムラグがあり、特に早朝・深夜に振込処理を行なった場合は着金まで時間がかかります。

 

すぐに振込処理を反映させたい場合は、コンビニ入金やクイック入金を活用すると良いでしょう。

 

ビットコインを購入する

 

続いては、現物取引でビットコインを購入する方法を解説します。

 

コインチェックホーム画面から、ビットコインを選択して購入をタップします。購入金額を入力した後に、確認画面が表示されますので「購入」を選択しましょう。

 

これで、ビットコインの購入は完了です。

 

コインチェックの場合は、購入したビットコインの金額を「総資産」から確認可能です。

 

ビットコインを売却して日本円を出金する

 

保有しているビットコインを売却したい場合は、メイン画面の売却をタップします。

 

売却したいビットコインの数量を入力して、確認画面に目を通した後に「売却」をタップしましょう。

 

これで、ビットコインの売却が完了し、購入した時の金額よりもビットコインの価格が上昇している場合は利益を得られます。

 

投資方法は人それぞれですので、自分に合った購入方法で利益獲得を目指しましょう。

 

初心者のビットコイン投資におすすめな仮想通貨取引所

初心者のビットコイン投資におすすめな仮想通貨取引所

 

ビットコインの投資方法がわかった後は、初心者におすすめの仮想通貨取引所を3つ解説していきます。

 

それぞれの特徴についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.コインチェック

コインチェック

 

コインチェックの特徴

・東証1部上場の企業が運営している取引所

・初心者でも使いやすいアプリ設計

・500円から仮想通貨を購入できる

 

コインチェックは、東証1部上場企業のマネックスグループが運営している仮想通貨取引所です。

 

16種類の仮想通貨を取り扱っており、500円から投資を始められる点が特徴です。

 

また、スマートフォン専用アプリが初心者でも利用しやすい設計となっており、初めて仮想通貨投資を行う人でも簡単に購入・売却ができます。

 

最短5分で口座開設ができるため、仮想通貨投資を始めたい時にすぐ始められるでしょう。

 

取引所名称

Coincheck(コインチェック)

取扱銘柄数

16種類

最低取引金額

500円

 

コインチェックの口座開設は無料なので、暗号資産(仮想通貨)取引に興味がある方はひとまず口座開設だけ済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

2.GMOコイン

GMOコインTOP

 

GMOコインの特徴

・現物とレバレッジ取引に対応

・高いセキュリティ環境を提供

・取引にかかる手数料が全て無料

 

GMOコインは、東証1部上場企業のGMOインターネットを親会社に持つ仮想通貨取引所です。

 

口座開設手数料や即時入金・出金など、取引に必要な手数料が全て無料で設定されています。

 

また、最大2倍のレバレッジをかけて取引できるため、少ない資産でも大きなリターンを得られるでしょう。

 

さらに、2段階認証や24時間ユーザー監視を行なっており、定期的なセキュリティアップデートでハッキングを防ぎます。

 

取引所名称

GMOコイン

取扱銘柄数

13種類

最低取引金額

取引所:0.0001BTC

販売所:0.0001BTC

 

取引コストを抑えて暗号資産(仮想通貨)取引をしたい方はGMOコインで口座開設をしておきましょう。

 

\ 取引手数料無料!/

GMOコインで口座開設する

 

3.ビットフライヤー

ビットフライヤー

 

ビットフライヤーの特徴

・世界トップクラスのセキュリティシステムを提供

・Tポイントを仮想通貨に変換できる

・100円から仮想通貨投資が可能

 

ビットフライヤーは、世界トップクラスのセキュリティサービスコールドウォレットを提供している仮想通貨取引所です。

 

ビットコインやイーサリアムをはじめとする13種類の仮想通貨を取り扱っており、最低100円から投資が可能です。

 

また、自身が保有しているTポイントをビットコインに変換できるため、投資資金がない方でも、ポイントを有効活用して投資できるでしょう。

 

初心者だけではなく、ベテラン投資家にもおすすめのツールも利用できるため、スムーズに仮想通貨投資を進められるでしょう。

 

取引所名称

bitFlyer(ビットフライヤー)

取扱銘柄数

13種類

最低取引金額

100円

 

初心者がビットコイン投資を始める際の注意点

初心者がビットコイン投資を始める際の注意点

 

初心者がビットコイン投資を始める際は、様々な部分に注意が必要です。

 

投資を始める前に把握しておくと、失敗することなく取引ができるでしょう。

 

少額の資産から取引を始める

 

初心者がビットコイン投資を始める際は、少額の資産から取引を始めましょう。

 

仮想通貨市場は常に変動しているため、相場の動きが読めない状態でいきなり大きな金額を投資してしまうと、大きな損失を発生させる可能性があります。

 

そのため、投資初心者は少ない資産を少しずつ投資する「ドルコスト平均法」で取引を行いましょう。

 

お金
仮想通貨初心者にはドルコスト平均法がオススメな3つの理由

続きを見る

 

ドルコスト平均法とは、市場の動きに関わらず毎月10%〜20%前後の資金を投資に使うことで、市場変動の影響を受けることなく、投資する方法です。

 

大きな損失を発生させるリスクを減らせるため、ぜひ利用してみてください。

 

一定のリスクが存在することを把握しておく

 

仮想通貨投資には、一定のリスクが存在しています。特にビットコインは仮想通貨全体の中でもボラティリティが高いため、価格が高騰する可能性もありますが、大きく市場が下落する可能性も高いです。

 

そのため、必ず価格が上昇すると信じて投資するのではなく、一定のリスクを把握した上で投資を行いましょう。

 

余剰資金で取引を始める

 

初心者がビットコイン投資を行う場合、余剰資金で取引を始めましょう。

 

貯金や生活費を切り詰めて投資を初めてしまうと、価格が下落したときに精神的な余裕がなくなってしまいます。

 

精神の余裕がなくなると、正常な判断ができなくなり、大きな損失を引き起こしてしまいます。

 

そのため、ビットコイン投資を行う際は、貯金や生活費以外の余剰資金で始めることが重要です。

 

現物取引から始める

 

初心者がビットコイン投資を行う際は、現物取引から始めましょう。

 

レバレッジを効かせて取引を初めて、価格が上昇すれば少ない資産で大きなリターンを得られます。

 

しかし、価格が下落してしまうとレバレッジを効かせた分だけ自身の証拠金を使用してしまいます。

 

レバレッジ取引はリターンだけではなく、リスクも大きい取引であるため、現物取引で投資の経験を積んだ後、始めるようにしましょう。

 

分散投資を行う

 

初心者がリスクを減らしてビットコイン投資を続けるためには、分散投資が重要です。

 

分散投資とは、複数の取引所で仮想通貨投資を行うことを指します。

 

例えば、A社だけでビットコイン投資を行う場合、A社が経営破綻してしまうと自身が預けていた仮想通貨が全て消えてしまう可能性があります。

 

そのため、複数の取引所に登録し、分散して投資することで損失のリスクを減らしましょう。

 

初心者がビットコイン投資を始める方法・やり方まとめ

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

以上、初心者がビットコイン投資を始める方法・やり方、おすすめの仮想通貨取引所を3つ解説していきました。

 

一見難しいイメージの多い仮想通貨投資ですが、初心者でもビットコイン投資は簡単に始められます。

 

どの取引所でビットコイン投資を始めればいいかわからない方は、本記事で紹介している取引所を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

初心者の方は暗号資産(仮想通貨)の取り扱い数が国内NO.1のコインチェックをおすすめします。アプリや取引画面も使いやすいので初心者でも迷うことなく暗号資産(仮想通貨)取引ができます。

 

口座開設は無料なので、まずはお試し感覚で口座開設を済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

暗号資産(仮想通貨)投資を安心して始める方法についてはこちらで紹介しています。

仮想通貨
【初心者向け】初めての仮想通貨投資を安心して始められる方法を解説

続きを見る

定番&将来性のある銘柄についてはこちらで紹介しています。

仮想通過
【初心者向け】定番&将来性のある仮想通貨5種類を紹介【資産倍増】

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , , , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5