CRYPTO

仮想通貨dYdX(DYDX)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のdYdX(DYDX)について詳しく知りたい。dYdX(DYDX)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • dYdX(DYDX)の概要
  • dYdX(DYDX)の特徴
  • dYdX(DYDX)の買い方
  • dYdX(DYDX)のチャート・価格推移
  • dYdX(DYDX)の将来性
  • dYdX(DYDX)の今後の価格予想
  • dYdX(DYDX)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

dYdX(DYDX)は同名の分散型取引所(DEX)のガバナンストークンです。

今回は仮想通貨ブログで月300万円以上の収益を得ている僕が、dYdX(DYDX)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでdYdX(DYDX)に関する理解が深まるはずです。

なお、仮想通貨取引を始めるには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

初心者の方にとってはコインチェックが使いやすいです。

コインチェックでは500円から仮想通貨が購入でき、さらに積立購入やレンディングサービスに対応しているため幅広い取引が可能です。

口座開設は無料なので、まずはサクッとコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

dYdX(DYDX)の概要

名称 dYdX(DYDX)
時価総額 195位
取引所 BINANCE、Kucoin、Kraken
価格(2022年12月時点) ¥160.65
時価総額(2022年12月時点) ¥10,539,303,656
公式サイト dYdX公式サイト

dYdX(ディーワイディーエックス)は、同名の非保護分散型暗号通貨取引所のレイヤー2プロトコルのガバナンストークンです。

レイヤー2の運用を促進する役割を果たし、トレーダー、流動性プロバイダー、パートナーはコミュニティとしてプロトコルの将来の定義に貢献することができます。

トークン保有者には、dYdXのレイヤー2の変更を提案する権利が与えられ、トークンのステーキングと取引手数料の割引を通じて利益を得る機会が提供されます。

StarkwireのStarkExスケーラビリティエンジン上に構築されたレイヤー2は、プラットフォーム上のクロスマージン永久債の取引に使用されます。

このスケーリングソリューションにより、dYdXは取引速度の向上、ガスコストの排除、取引手数料の削減、プロトコル上の最小取引サイズの引き下げを実現します。

スマートコントラクト機能を備えたオープンソースのプラットフォームであるdYdXは、ユーザーが暗号資産を貸し借りし、取引するために設計されています。

dYdXはスポット取引をサポートしていますが、このプラットフォームの主な焦点は、デリバティブとマージン取引です。

この取引所は、1000万ドルを超えるシードベンチャーキャピタリストの資金で2017年に設立され、2019年に稼働を開始しました。

さらにDXDYトークンのイニシャルコインオファリング(ICO)が2021年9月9日に行われています。

 

dYdX(DYDX)の特徴

dYdX(DYDX)の特徴は以下のとおり。

  1. 分散型の仮想通貨取引所
  2. 自動レンディングが利用可能
  3. ゼロナレッジ・ロールアップを採用
  4. ステーキングが利用可能
  5. レバレッジ取引が可能
  6. 高速・格安で取引できる
  7. クロスマージンの無期限先物契約取引に特化

順番に解説します。

 

①分散型の仮想通貨取引所

dYdXは、高度な金融ツールと分散化を組み合わせた暗号通貨取引所です。

dYdXの分離証拠金は、ユーザーが取引の一部として口座内の特定の資金を割り当てることができ、クロスマージンはトレーダーがプラットフォーム上に保持するすべての資産を利用します。

dYdXでは、あらかじめ売りの期日が決まっていない先物取引の一種であるパーペチュアルも取引可能です。

この取引所では現在、有効期限のない合成資産に最大25倍のレバレッジをかけることができます。

 

②自動レンディングが利用可能

dYdX(DYDX)は自動レンディングが利用可能です。

dYdXのユーザーは、口座に資金を入金すると、各暗号通貨に固有のグローバルな貸出プールに資産が入るため、自動的に利息を得ることができるようになります。

つまり、すぐにリターンを得ることができるのです。

もちろん、必要な担保を用意すれば、プラットフォームから融資を受けることも可能です。

このプラットフォームは、借り手が常に口座に十分な担保を持つようにすることで、貸し手のセキュリティを保証しています。

dYdXでの借入により、ユーザーは手持ちの資金を担保にプラットフォーム上で利用可能なあらゆる資産を即座に取得することができます。

また、Uniswapなどの自動マーケットメーカーとは対照的に、dYdXはオーダーブックアーキテクチャを特徴としています。

 

③ゼロナレッジ・ロールアップを採用

dYdX Layer2は、ゼロナレッジ・ロールアップ(zkSTARKS)を採用し、ネットワークのスケーラビリティを高めています。

ZK-Rollupsは、レイヤー2のスケーリングソリューションの一種で、取引を1つのバッチに束ねる、つまり「ロールアップ」し、その束ねた取引の有効性を証明する証明書とともにイーサリアムのブロックチェーンに掲載されるものです。

さらに、ZK-Rollupsは、レイヤー2のユーザー残高データをレイヤー1で利用できるようにします。

ロールアップのスケーラビリティの利点は、高価な計算作業をオフチェーンに移し、状態遷移の正当性を証明するプルーフのみをオンチェーンで検証することにあります。

ZK-Rollupsは以下の点から高価値取引に適しています。

  • 高いスループット
  • 即時の最終性(取引のロールバックの危険性なし)
  • セルフカストディ
  • 取引戦略のプライバシーを提供

さらに、システムハック時にはユーザーの資金を取り戻すために必要なすべてのデータがイーサリアムのブロックチェーン上にあるため、高い安全性を誇っています。

 

④ステーキングが利用可能

dYdX(DYDX)ではステーキングが利用可能です。

ステーキングとは仮想通貨を預けて報酬が得られる仕組みです。

dYdX(DYDX)保有者は、dYdXのセーフティプールと流動性プールにトークンを賭けることができます。

セーフティプールは、不足イベントが発生した場合のセーフティネットをプラットフォームに提供する一方、流動性プールは、高品質のマーケットメーカーを誘致する役割を果たします。

ステーキングはトレードをする必要なく、安定的に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

dYdX(DYDX)を購入したい場合は海外の取引所で取引をする必要がありますが、海外の取引所では日本円の入金ができません。

そのため、まずは国内の大手仮想通貨取引所のコインチェックにサクッと無料登録しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

⑤レバレッジ取引が可能

dYdXでは、仮想通貨を担保にした金融商品を取り扱っているため、dYdXでは、レバレッジをかけて取引を行うことができます。

レバレッジをかけることで、自分が保有する仮想通貨の枚数よりも大きな取引を行うことができるようになります。

例えば最大レバレッジが10倍の場合、以下のように1万円で10万円分の取引が可能。

  レバレッジ無し レバレッジ5倍 レバレッジ10倍
10%の利益 1万円 5万円 10万円
20%の利益 2万円 10万円 20万円

少ない元手でも利益を大きくできる点がレバレッジ取引の大きなメリットです。

しかし、レバレッジをかけることで、取引損失が大きくなる可能性もあるため、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

⑥高速・格安で取引できる

dYdX(DYDX)はイーサリアムレイヤー2を利用しているため、高速・格安で取引できることも特徴です。

イーサリアムレイヤー2とは、イーサリアム (Ethereum) ブロックチェーンの上に構築された、高速なトランザクション処理を実現するためのテクノロジーのことを指します。

イーサリアムレイヤー2は、イーサリアムレイヤー1と呼ばれる、主要なイーサリアムブロックチェーン上で実行されるトランザクションを補助する役割を果たします。

イーサリアムレイヤー2では、新しいトランザクションがブロックチェーンに追加されるのではなく、既存のブロックチェーンの上に構築された、新しい層として機能します。

そのため、イーサリアムレイヤー2では、ブロックチェーンの下層で実行されるよりも、高速なトランザクション処理を実現することができます。

 

⑦クロスマージンの無期限先物契約取引に特化

dYdX(DYDX)はクロスマージンの無期限先物契約取引に特化しています。

クロスマージンの無期限先物契約取引とは、投資家が借り入れを行わずに、マージンを設定することで、金融商品の価格変動を投資することができる取引方法のことを指します。

dYdXでは、さまざまな仮想通貨を対象とするクロスマージンの無期限先物契約を提供しています。これらの無期限先物契約を利用することで、仮想通貨の価格変動を投資することができます。

また、dYdXでは仮想通貨を担保にして、レバレッジをかけることで、自分が保有する仮想通貨の枚数よりも大きな取引を行うことができるようにもなっています。

dYdXではセキュリティーが高く、使いやすいインターフェースを持つことで、分散型取引所の中でも人気があります。

また、dYdXは分散型自律組織 (DAO) への進化を目指しており、将来的にはコミュニティを統治する役割も果たす可能性があると公式で発表しています。

 

dYdX(DYDX)の買い方・購入方法

dYdX(DYDX)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

dYdX(DYDX)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでdYdX(DYDX)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCEで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設については、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでdYdX(DYDX)を購入する

入金が完了したら、BINANCEでdYdX(DYDX)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

 

dYdX(DYDX)のチャート・価格推移

dYdX(DYDX)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりで一気に話題となり、価格は1,000円近くまで跳ね上がりました。

dYdX(DYDX)が発行するトークンということでもかなり注目を集めた形です。

また、これだけの取引高を獲得できたのは、2021年9月に中国が本土における仮想通貨取引を全面的に禁止したことも挙げられます。

これにより、数多くのユーザがKYCの必要が無いdYdX(DYDX)に流れたと見られています。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

Defiの始め方については、【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②2022年6月~10月

2022年6~10月にかけて金融情勢の緊迫化に伴う仮想通貨全般の下落に伴い、価格が激しく上下に動きました。

一時140円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨市場が若干持ち直したため、350円前後まで上昇しています。

その後、しばらくの間は方向性に乏しい展開で価格は安定的に推移しています。

今後の価格推移を予想するためには、基軸通貨であるビットコインの価格推移を注視することも重要です。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落トレンドにあるため価格は停滞しています。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は160円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

dYdX(DYDX)の将来性

続いて、dYdX(DYDX)の将来性について解説します。

  1. 豊富な供給量
  2. コミュニティの活発な活動
  3. 新たな取引所への上場
  4. dYdXユーザーによる購入
  5. 取引所トークンの需要増加
  6. iOSアプリのリリース

それぞれ解説します。

 

①豊富な供給量

DYDXの供給量は合計1,000,000,000で、2021年8月3日から5年間かけて分配される予定です。

分配の割合は以下のとおり。

  • 50.00%:コミュニティ
  • 25.00%:取引報酬
  • 7.50%:遡及マイニング報酬
  • 7.50%:流動性プロバイダー報酬
  • 5.00%:コミュニティの金庫
  • 2.50%:流動性ステークプールへのUSDCをステークしているユーザー
  • 2.50% :安全ステークプールへのDYDXをシーケンスしているユーザー
  • 27.73%:過去の投資家
  • 15.27%:創業者、従業員、アドバイザー、コンサルタント

このように適切な分配がなされています。

dYdXは市場における需要と供給の状況を考慮して、dYdXを適切に供給しています。

こうすることで、市場の混乱を防ぎ、仮想通貨の価格の変動を抑制することができます。

ただし、市場の状況やユーザーの需要によって変化することがあります。

 

②コミュニティの活発な活動

dYdX(DYDX)はコミュニティが活発な活動を行っています。

以下のように、コミュニティ内でユーザー同士が様々なディスカッションを行い、決定を行っています。

dYdX(DYDX)は将来的にはDAOで運営することを想定しています。

分散型自律組織 (DAO) は、仮想通貨を使った自律的な組織のことを指します。

DAOでは、すべてのデータや取引がブロックチェーン上で記録され、スマートコントラクトを使って自動的に実行されるため、中央集権的な組織や個人の権限を必要としません。

DAOでは、コミュニティメンバーが共同で意思決定をすることで、組織を統治することができます。

dYdXが将来的にDAOへと進むことにより、dYdXのコミュニティメンバーがより直接的にdYdXの戦略や方針を決定することができるようになると考えられます。

 

③新たな取引所への上場

dYdX(DYDX)は今後、新たな取引所へ上場する可能性も十分に考えられます。

新たな取引所への上場時には、取引所による厳しいチェックが行われます。

そのため、上場した銘柄はそうしたチェックを通貨した将来性のある銘柄ということになり、一定の信頼感が得られます。

こうしたことから新規上場時には価格が高騰する可能性があるので、随時情報をチェックしておきましょう。

 

④OKXユーザーによる購入

dYdX(DYDX)ユーザーによる購入も期待できます。

dYdX(DYDX)を保有していることで、以下のようなメリットを享受できるからです。

  • ステーキング利用
  • ディスカッション参加

今後dYdX(DYDX)が魅力的なサービスを提供することで、魅力を感じたユーザーがdYdX(DYDX)を購入すると見られます。

このようにdYdX(DYDX)ユーザーによる一定の需要があるので、dYdX(DYDX)の価格上昇への期待が持てます。

 

⑤取引所トークンの需要増加

近年、取引所トークンの需要増加が目立っています。

取引所トークンは取引所が発行する仮想通貨であり、その取引所で使用することができます。

例えば、BNBを保有することで、BINANCEでの取引手数料が割引されることがあります。

また、BNBを保有することで、BINANCEで開催されるIEOに参加することもできます。

他にも大手取引所「Huobi」が発行しているHTトークンは、一時50倍近くの価格高騰を見せています。

そのため、dYdX(DYDX)は今後の将来性には期待が持てるでしょう。

 

⑥iOSアプリのリリース

dYdX(DYDX)はiOSアプリをリリースしています。

iOSアプリでは以下のような機能を使用できます。

  • 取引で$DYDXを獲得
  • 取引にかかるガス代が無料
  • 低額の取引手数料と最小注文サイズ
  • 高度な注文タイプ
  • 流動的なオーダーブック
  • クロスマージン
  • 最大20倍のバイイングパワー
  • 毎週$350,000の賞金を授与するトレーディングリーグ

ブラウザと同様の機能がスマホで利用できるため、時間や場所を問わず自由に取引することが可能です。

これにより、iPhoneで簡単にdYdX(DYDX)が利用できるようになるため多くのユーザーがdYdX(DYDX)に流れると見られています。

 

dYdX(DYDX)の今後の価格予想

仮想通貨の価格予想サイトBitnationによると、AIを使ったdYdX(DYDX)の今後の価格予想は以下のとおり。

最大値 平均価格 最大価格
2022 $1.45 $1.81 $2.18
2023 $2.66 $3.02 $3.38
2024 $3.87 $4.23 $4.59
2025 $5.08 $5.44 $5.80
2026 $6.29 $6.65 $7.01
2027 $7.49 $7.86 $8.22
2028 $8.70 $9.07 $9.43
2029 $9.91 $10.27 $10.64
2030 $11.12 $11.48 $11.85

2年後には現在の価格の2倍程度に上昇。

2030年には11ドルまで上昇するとの予想がされており、今後の価格上昇が期待できます。

dYdXは将来的に何人ものユーザーを魅了する可能性を秘めた本当に良いプロトコルですが、暗号通貨ユーザーの間ではまだ人気がありません。

このトークンはユーティリティやガバナンストークンとしては素晴らしいものの、暗号通貨市場ではまだその実力を証明できていません。

dYdXに投資する第一の理由は、このプラットフォームが真に分散型でありながら、デジタル資産の取引をより魅力的にする先進的な機能を提供していることです。

また、このトークンはステーキング機能を提供しており、暗号通貨から受動的な収入を得るのに適した方法です。このコインが市場である程度の安定性を獲得できれば、良い買い物になる可能性があります。

 

dYdX(DYDX)に関するよくある質問

最後にdYdX(DYDX)に関するよくある質問に答えます。

  1. dYdX(DYDX)は国内取引所で買える?
  2. dYdX(DYDX)はステーキングできる?
  3. dYdX(DYDX)の発行上限はどのくらい?
  4. dYdX(DYDX)の創設者は?

順番に回答します。

 

①dYdX(DYDX)は国内取引所で買える?

dYdX(DYDX)は国内取引所では購入できません。

dYdX(DYDX)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②dYdX(DYDX))はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

dYdX(DYDX)の公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③dYdX(DYDX)の発行上限はどのくらい?

dYdX(DYDX)の発行上限は1,000,000,000です。

発行上限が定められているため、価値が下がりにくく価格が上昇する傾向にあります。

そのため、将来性があり購入しやすい投資先として注目を集めています。

ただし、仮想通貨の価格変動には、発行上限だけではなく、様々な要因が影響を与えます。

仮想通貨の発行上限が定められていることが、仮想通貨の価格が上昇するという保証をするものではありません。

仮想通貨市場は、常に変化しており、仮想通貨の価格も常に変動しています。

仮想通貨を投資する場合は、常に最新の情報を確認し、リスクを理解した上で、自己責任で判断することが重要です。

 

④dYdX(DYDX)の創設者は?

dYdX(DYDX)の創設者はAntonio JulianoとZhuoxun Yinです。

Antonio Julianoは、ブロックチェーン技術のバックグラウンドを持つ経験豊富なプログラマーで、DYDXの創設者兼CEOです。

彼は2015年に暗号通貨交換プラットフォームであるCoinbaseでソフトウェアエンジニアとして就職し、初めて暗号資産に足を踏み入れました。

プリンストン大学でコンピュータサイエンスの学位を取得したアントニオ・ジュリアーノは、起業の旅に乗り出し、2017年初頭にdYdXを設立しました。

Zhuoxun YinはdYdXの運営責任者です。ソーシャルセールス&マーケティングCRMとBain & Company - コンサルティングサービスに勤務していました。

University of Queenslandで学び、商学部の学士号を取得しています。

 

まとめ:dYdX(DYDX)は将来性が期待できる銘柄

今回はdYdX(DYDX)について解説してきました。

dYdX(DYDX)は取引所トークン需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

分散型取引所dYdX(DYDX)が発行する独自トークンであり、実用性も高く評価されています。

dYdX(DYDX)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

dYdX(DYDX)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5