MONEY

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)とは?特徴・将来性、購入方法について解説

META_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のMETAHERO(メタヒーロー/HERO)について詳しく知りたい。METAHERO(メタヒーロー/HERO)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Metahero(メタヒーロー/HERO)の概要
  • Metahero(メタヒーロー/HERO)の特徴
  • Metahero(メタヒーロー/HERO)の価格推移
  • Metahero(メタヒーロー/HERO)の将来性
  • Metahero(メタヒーロー/HERO)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Metahero(HERO)とは人間や物を3Dで立体的にスキャンし、NFTとしてメタバース内で活用できるプラットフォームです。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Metahero(HERO)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとMetahero(HERO)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Metahero(HERO)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)の概要

metahero01

出典:Metahero公式サイト

 

トークン名称 Metahero
シンボル HERO
総発行枚数 10,000,000,000HERO
価格(2022年1月時点) ¥14.49
時価総額(2022年1月時点) ¥73,831,690,758
公式サイト Metahero公式サイト

 

Metahero(HERO)とは自分や物をスキャンしてNFT化し、メタバース空間で使用できるようにするプロジェクトです。

実物そっくりに3Dスキャンができるため、ゲーム、VR、SNSなどの分野での普及が見込まれています。

このプロジェクトが普及すればメタバース内で等身大の自分を操作し、他人とコミュニケーションをとったりビジネスができるようになります。

このようにMetahero(HERO)は3Dスキャン技術を駆使してまさにSF映画のような世界を実現させようとしています。

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)の特徴

metahero02

出典:Metahero公式サイト

 

仮想通貨Metahero(HERO)の特徴については以下のとおりです。

 

  1. エンジェル投資家が創設
  2. スマートステーキング機能
  3. バーンを実施
  4. デフレトークン

 

①エンジェル投資家が創設

Metahero(HERO)はRobertGrynによって創設されました。

RobertGrynはポーランドの長者番付に載るほどの大富豪であり、多くのプロジェクトを成功させています。

特に暗号資産(仮想通貨)TENSETへ巨額の投資をしているエンジェル投資家として知られています。

>>仮想通貨10set(TENSET/テンセット)とは?概要や特徴、将来性について解説

Metahero(HERO)はNFTを身近なものにすることを目標に掲げています。

まずはNFTへの理解が速いゲーマーなどをターゲットに1,000万人のユーザー獲得を計画しています。

Metahero(HERO)の3Dスキャナは今後、東京やニューヨーク、カリフォルニア、中国などの大都市へ設置される予定です。

 

②スマートステーキング機能

Metahero(HERO)はスマートステーキング機能が利用できます。

スマートステーキング機能とは、HEROトークンの取引にかかった手数料の1部がHERO保有者へ支払われる仕組みです。

つまり、HEROを持っているだけで報酬を得ることができるのです。

HEROトークンは持っているだけで少しずつ増えていくため、仮想通貨のLiskに似た特徴を持っています。

>>【仮想通貨】リスク(LSK/Lisk)とは?特徴や今後の展望を解説

 

③バーンを実施

HEROトークンの手数料の一部はバーンされる仕様です。

バーンとは暗号資産(仮想通貨)を使えなくする処理のことで、供給量が減少するため通貨の価値を上げる効果があります。

つまり、Metahero(HERO)は取引されるごとに手数料の一部をバーンするため、価格が上昇し続けます。

 

④デフレトークン

Metahero(HERO)はデフレトークンです。

デフレトークンとは、取引の度に5%の手数料を支払う必要があるものです。そして先述のとおり手数料の一部がHERO保有者へ報酬として支払われ、残りがバーンされる仕組みです。

このようにMetahero(HERO)手数料がかかりますが、結果的にユーザーへの還元が行われるためメリットが多い暗号資産(仮想通貨)と言えます。

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)の将来性

metahero03

出典:Metahero公式サイト

 

仮想通貨Metahero(HERO)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. メタバースの普及
  2. NFT市場の拡大

 

①メタバースの普及

FacebookがMetaへ社名を変更したように、今後メタバースが普及すると見られています。

既に日本でも「あつまれ どうぶつの森」などが支持されており、ゲームなどをきっかけにメタバース空間で自分のアバターを操作することが一般的になりつつあります。

今後世界的にメタバースが普及することでMetahero(HERO)の価格も上昇していくでしょう。

 

②NFT市場の拡大

ここ最近NFT市場は海外を中心に流行の兆しを見せており、クリプトパンクスやBAYCなどが高額で取引され、著名人も購入し話題となっています。

さらにNikeやadidasといった大手スポーツメーカーを初め、多くの有名企業がNFTへ進出しています。

 

今後も様々な分野の企業がNFTに進出すると見られており、NFT市場は拡大の一途を辿ると見られています。

NFT市場の拡大に伴って、NFTを作成できるMetahero(HERO)のニーズも上昇し、価格へ好影響があるでしょう。

なお、NFTについては以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

仮想通貨Metahero(HERO)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

metaheroチャート

 

2021年7月には約1円でしたが、2021年9月にFacebook→Metaへの社名変更の影響で約14円まで急騰。

その後は価格は落ち着いて10円~12円で推移しています。

一時急騰したものの、今後メタバースが普及することによってMetahero(HERO)の3Dスキャン技術のニーズが高まり、さらなる価格上昇が期待できます。

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)の購入方法

仮想通貨Klaytn(KLAY)の購入方法

 

Metahero(HERO)は国内の仮想通貨取引所では購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でMetahero(HERO)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Metahero(HERO)を購入する

 

そのため、Metahero(HERO)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Metahero(メタヒーロー/HERO)は今後の成長が見込まれる

仮想通貨Klaytn(KLAY)は今後の成長が見込まれる

 

今回は、仮想通貨Metahero(HERO)について解説しました。

 

Metahero(HERO)はNFT化できる3Dスキャン技術を提供しているため、メタバースの普及とともに価格上昇が予想されます。

 

2022年1月現在、Metahero(HERO)の価格は約14円と購入しやすい価格です。

 

Metahero価格

 

安い今のうちに1万円分くらい購入しておくと、将来大きな利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Metahero(HERO)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Metahero(HERO)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

この記事を読んだ100人中97%の人は行動しません。少しでも人生を良くするためにまずは無料で口座開設という行動を起こしてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5