MONEY

仮想通貨TomoChain(トモチェーン/TOMO)とは?概要や特徴、将来性を解説

TOMO_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のTomoChain(トモチェーン/TOMO)について詳しく知りたい。TomoChain(トモチェーン/TOMO)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • TomoChain(トモチェーン/TOMO)の概要
  • TomoChain(トモチェーン/TOMO)の特徴
  • TomoChain(トモチェーン/TOMO)の将来性
  • TomoChain(トモチェーン/TOMO)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のTomoChain(トモチェーン/TOMO)の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)はPoSVを採用した高速処理、安い手数料で取引可能な、高セキュリティのイーサリアムブロックチェーンベースの暗号資産です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、TomoChain(トモチェーン/TOMO)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとTomoChain(トモチェーン/TOMO)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、TomoChain(トモチェーン/TOMO)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨TomoChain(トモチェーン/TOMO)の概要

tomo①

出典:https://tomochain.com/

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)は、スケーラビリティーとスマートコントラクトを両立させたパブリックブロックチェーンです。

 

TomoChainは、TomoChainブロックチェーン上で機能する様々な分散型アプリ(DApps)開発の基盤となることを目指しています。

 

TomoChainは、ゼロに近い手数料と2秒程度で済む高速処理を可能にするPoSV(Proof of Stake Voting)コンセンサスを採用していることが特徴です。

 

仮想通貨TomoChain(トモチェーン/TOMO)の特徴

tomo②

出典:https://tomochain.com/

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)の特徴は以下のとおり。

 

  1. TomoChainコアブロックチェーン
  2. TOMOコイン
  3. 開発者向けのTomoChain

 

①TomoChainコアブロックチェーン


TomoChainコアブロックチェーンは、TomoChainマスターノードネットワークによって運用および保護されています。

 

ブロックチェーンのコアレイヤーは、コンセンサスアルゴリズムPoSによって管理されています。

 

これにより、開発者は完全に分散化され、最適化された、費用効果の高いトランザクションシステムを使用して、TomoChainで最小限のコストで革新的でスケーラブルなアプリケーションを作成できます。

 

②TOMOコイン


TOMOコインのTomoChainのICOは2018年3月に実施。TOMOの価格は0.25ドルで、イーサリアムで作成されたERC-20トークンとしてリリースされました。

 

ただし、2018年12月にTomoChainメインネットのローンチ後、保有者はTOMOコインをネイティブのTRC-21トークン標準に1:1の比率で交換することができました。

 

TOMOはTomoChainエコシステムの中心であり、プラットフォームの分散型ガバナンスを促進します。

 

CoinGeckoによると、TOMOは販売開始から価値が上昇し、2018年4月に2.09ドルの最高値を記録 。2020年3月にICO価格の0.19ドルを割るなど下落トレンドへ。しかし、2021年に再び価格上昇し約3.31ドルを記録しています。

 

③開発者向けのTomoChain


TomoChainはEVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性があります。これにより、開発者はイーサリアムベースのスマートコントラクトベースの分散型アプリケーション(dApp)を、簡単にTomoChain用にカスタマイズできます。

 

また、TomoChainはトリュフスイート、リミックス、 MetaMaskなどのツールと提携することが可能です。

 

TomoChainは、セキュリティを担保した上で、dAppsを作動できるようにします。これは、TomoChainソフトウェア開発キット(SDK)、TomoP SDK、TomoX SDK、およびTomoWalletSDKを提供することで実現されています。

 

さらに、TomoChainは非常にスケーラブルです。2,000トランザクション/秒(TPS)もの処理速度を誇っています。TomoChainブロックチェーンは、処理が多くなった場合でも安定して処理するための容量とスループットを備えています 。

 

仮想通貨TomoChain(トモチェーン/TOMO)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

TomoChainの将来性のポイントは以下のとおり。

 

  1. TomoChainマスターノード
  2. 高いセキュリティ性

 

①TomoChainマスターノード


TomoChainブロックチェーンは、マスターノードに依存してネットワークを保護します。

 

 

TomoChainマスターノードは、新しく生成されたブロックを検証する重要な役割を果たすフルノードです。TomoChainマスターノードの候補になるには、申請者は50,000 TOMOをデポジットすること。候補者はいつでも自由に辞任することができます。ただし、辞任後デポジットしたコインは30日間ロックされます。


候補者は、投票で上位150以内にはいると、TomoChainマスターノードになる資格を得られます。TomoChainマスターノードも辞任できますが、30日間のロック期間が必要になります。さらに、マスターノードが受け取る報酬は、マスターノードとして承認する取引量に比例します。

 

②高いセキュリティ性


TomoChainは、個人データや機密データを安全に暗号化して処理する技術を提供します。

 

これはTomoChainプライバシーを通じて実現され、二重検証による高いセキュリティ性、ランダム化、およびウォレットアドレスやトランザクション値などのトランザクションデータの暗号化を通じて匿名トランザクションを可能にしています。

 

仮想通貨TomoChain(トモチェーン/TOMO)の購入方法

仮想通貨を購入

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でTomoChain(トモチェーン/TOMO)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでTomoChain(トモチェーン/TOMO)を購入する

 

なので、TomoChain(トモチェーン/TOMO)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:TomoChain(トモチェーン/TOMO)は今後の需要の伸びが期待できる

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

今回はTomoChain(トモチェーン/TOMO)について解説いたしました。

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)は、企業ですでに採用されている数少ないブロックチェーンの1つであり、高速処理と安い手数料が特徴のため今後も新たな企業やプロジェクトで導入される可能性が高いです。

 

TomoChain(トモチェーン/TOMO)は2021年10月現在は約1円と非常に買いやすい金額ですので、試しに1万円分くらいを持っておくと銀行に頼らなくても週7日・24時間、世界中どこでも利用できるため便利です。

 

TOMO価格

 

繰り返しになりますが、TomoChain(トモチェーン/TOMO)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、TomoChain(トモチェーン/TOMO)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5