NFT

Calo Run(カロラン)とは?特徴や始め方、稼ぎ方を徹底解説

calorunTOP

 

悩んでいる人
Calo Run(カロラン)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?Calo Run(カロラン)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Calo Run(カロラン)の概要
  • Calo Run(カロラン)の特徴
  • Calo Run(カロラン)の始め方
  • Calo Run(カロラン)の稼ぎ方
  • Calo Run(カロラン)の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月170万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、歩いて稼げるSTEPNなどのMove to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Calo Run(カロラン)」です。

Calo Run(カロラン)はSTEPNと同様に歩くことでCaloトークン・FITトークンを獲得できるNFTゲームです。

今回は日頃からNFTゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Calo Run(カロラン)の特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでCalo Run(カロラン)の始め方をしっかりと理解することができます。

なお、Calo Run(カロラン)を始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Calo Run(カロラン)を始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Calo Run(カロラン)の概要

ゲーム名 Calo Run(カロラン)
対応言語 英語
対応機種 iPhone・android
トークン CALO/FIT
ブロックチェーン BNB
公式サイト https://calo.run/

 

Calo Run(カロラン)は歩いたり走ったりすることでCALOトークン・FITトークンが獲得できるMove to earnゲームです。

スニーカーにエナジーやLVの概念があり、レアリティなども設定されているためゲームの内容はほぼSTEPNと同じです。

>>【簡単】STEPN(ステップン)スニーカーの買い方・購入方法を画像付きで徹底解説

ゲームを始めるためにはSTEPNと同じく、専用のNFTスニーカーを購入する必要があります。

最低価格が200FIT程度のため、約10万円ほどが初期費用としてかかってきます。

だいたい30日前後で原資回収できる見込みであり、早期に参入することでそれ以上に利益を得られる可能性もあります。

STEPNによく似たCalo Run(カロラン)ですが、将来的にメタバースやAR/VR分野への参入を計画しているようです。

今後メタバースの市場規模は数兆円に上ると見られているため、メタバース需要に後押しされてその他のMove to earnゲームとの差別化に成功すれば一気に人気が爆発する可能性があります。

>>【初心者向け】メタバースのやり方を解説【プラットフォームも紹介】

 

Calo Run(カロラン)の特徴

 

Calo Run(カロラン)の特徴は以下のとおり。

  1. STEPNと同じゲーム内容
  2. 4種類のスニーカー
  3. 2種類のトークン
  4. 他のアプリと併用可

順番に説明します。

 

①STEPNと同じゲーム内容

Calo Run(カロラン)はSTEPNと同様に歩いたり走ったりすることでトークンを獲得できるため、STEPNと同じゲーム内容です。

スニーカーの種類もwalkerやjoggerなど4種類に分かれており、MINT機能もあるためSTEPNユーザーなら説明書が要らないレベルです。

トークンを使ってスニーカーのレベルを上げると効率的に稼げるようになる点も同じなので、基本的にはSTEPNと同時起動してそれぞれのトークンを稼ぐのが良いでしょう。

 

②4種類のスニーカー

スニーカーは以下の4種類の中から選んで購入できます。

  • Walker:1~6km
  • Jogger:4~10km
  • Runner:8~20km
  • Trainer:1~20km

それぞれの種類ごとに対応スピードが異なるので、自分の歩くスピードに合ったスニーカーを購入する必要があります。

 

レアリティ

さらにスニーカーごとに以下のとおりレアリティが設定されています。

  • Common
  • Uncommon
  • Rare
  • Epic
  • Legendary


レア度が高くなるほど購入時や売却時の価格が高くなり、獲得できるトークンの量も増えます。

 

ステータス

スニーカーには「Attribute」というステータスが設定されています。

それぞれのステータスの内容は以下のとおり。

  • Performance:FITトークンの獲得効率
  • Luck:ガチャボックスの習得率
  • Speed:CALOトークンの獲得効率
  • Recovery:靴の耐久性

各ステータスはレベルアップの際に付与されるポイントで向上させることができます。

 

③2種類のトークン

Calo Run(カロラン)にはCALOトークンとFITトークンの2種類のトークンが存在します。

それぞれのトークンの用途の違いは以下のとおりです。

  • CALOトークン:ガバナンストークン。発行上限あり
  • FITトークン:運動して得られるトークン。発行上限なし


CALOトークンはガバナンストークンです。CALOトークン保有者は運営に関する投票に参加したり、エアドロップを受け取る権利を得られるなどのメリットがあります。

FITトークンはゲームをプレイすることで獲得できるトークンです。スニーカーのレベルを上げたり、新たなスニーカーの購入などに使われます。

 

④他のアプリと併用可

Calo Run(カロラン)は他のMove to earn系アプリと同時使用できます。

例えばSTEPNやSweatcoin、Agletなど同時起動して歩くだけでそれぞれのゲーム内トークンが獲得できます。

そのため、いままでと同じように歩くだけでより多くのトークンが稼げることになり、運用効率が向上します。

その他のおすすめMove to earnゲームについては以下で詳しく解説しています。

 

Calo Run(カロラン)の始め方

 

Calo Run(カロラン)の始め方は以下のとおり。

  1. アプリをダウンロード
  2. メールアドレスを登録
  3. ウォレットを作成

順番に解説します。

 

①アプリをダウンロード

まずはiOSかandroidのアプリをダウンロードします。

 

②メールアドレスを登録

メールアドレスを入力し、「Send Code」をタップして送られてきたコードを入力して「LOGIN」をタップ。

 

③ウォレットを作成する

アプリ右上の稲妻マークのアイコンをタップ。

 

「Wallet」をタップ。

 

「Create a new wallet」をタップ。

 

6桁のパスコードを設定したら完了です。

 

その後はアプリ内のショップで好きなNFTスニーカーを購入すれば、Calo Run(カロラン)を始めることができます。

 

Calo Run(カロラン)の稼ぎ方

 

Calo Run(カロラン)の稼ぎ方は以下の5つです。

  1. シングルモードで稼ぐ
  2. チャレンジモードで稼ぐ
  3. ミッションをクリアして稼ぐ
  4. NFTスニーカーを売って稼ぐ
  5. NFTスニーカーを貸して稼ぐ

順番に解説します。

 

①シングルモードで稼ぐ

シングルモードは最もオーソドックスな稼ぎ方です。

スニーカーを保有して歩くことによってFITトークンを獲得することができます。STEPNと同様にスニーカーのレベルやレア度が高いほど獲得できるFITトークンの量が増えていきます。

シングルモードではガチャボックスを獲得できる場合があります。ガチャボックスとは移動中にランダムに割り振られる魔法の箱で、中には石(レベル1~3)が入っています。

ハッチングと呼ばれるガチャボックスの枠は、ユーザーごとに4つ用意されています。5種類あるガチャボックスもスニーカーと同様にレアリティが設定されています。

ガチャボックスは入手した時から自動的にカウントダウンが始まり、カウントダウンが終わると開けられなくなるとのこと。ガチャボックスのカウントダウンの時間は中身のレア度が高いほど長くなります。

 

②チャレンジモードで稼ぐ

チャレンジモードでは、ウィークリーとマンスリーチャレンジが用意されており、ランキング上位者にはFIT/CALOトークンとゴールドNFTメダルが贈られます。

また、チャレンジ参加者全員にNFTメダル(参加賞)がプレゼントされます。

参加する場合は24時間前までに、チャレンジセッションに登録する必要があります。登録の際には確実な参加を促すために登録料が必要です。

アクティベーションコードを共有することで、ユーザーは累積ポイントやメダルを獲得できるとのこと。

個人によるチャレンジモードの他、チームチャレンジではチーム同士で競い合うことができます。ランキングは参加者の人数と一定期間に蓄積された総キロメートルに基づいて計算されます。

優勝チームは、Calo Metaverseのトークンに加えて、限定NFTスニーカーを獲得することができます。

 

③ミッションをクリアして稼ぐ

ホワイトペーパーによるとミッションをクリアして稼ぐ方法もあるとのこと。

ミッションと報酬の内容は以下のとおり。

  • Daily Mission: 固定報酬
  • Weekly Mission: 追加クエスト
  • Monthly Mission: トークン付与
  • Holiday Mission: 限定NFTスニーカーエアドロップ

こんな感じで歩いて稼ぐ以外にも報酬が得られるため、運動が苦手なユーザーでも気軽に稼ぐことができます。

 

④NFTスニーカーを売って稼ぐ

保有するNFTスニーカーはアプリのマーケットプレイスで自由に売買することができます。

例えばスニーカーのレベルを上げてから売却することで利益を得ることができます。

さらにSTEPNと同様にMINT機能もあるため、MINTで生まれたスニーカーを売ることで安定的な収入を得ることができます。

>>STEPN(ステップン)のMint(ミント)とは?費用と仕組み、やり方まとめ

 

⑤NFTスニーカーを貸して稼ぐ

NFTスニーカーを他のユーザーに貸して稼ぐことも可能です。

2022年中にレンタル機能が実装される予定であり、自分で歩かずにFITを報酬として受け取れます。

スニーカーをレンタルするには、まずアプリにアクセスして自分のニーズに合ったスニーカーを選んで、保有者のレンタル条件に合意します。

レンタル契約が完了すると、24時間以内にスニーカーが借り手に送られます。レンタル契約は最長で7日間まで可能です。借り手がレンタル契約の条項に従わない場合、信用度は星1つ分下がります。

借り手がソロモードでの歩行を終了するたびに、スマートコントラクト機能に基づいてレンタル契約に従った報酬が貸し手に付与されます。

レンタルモードはNFTスニーカーを借りられるので、初期費用を抑えたいユーザーにとって便利な機能と言えます。

 

Calo Run(カロラン)の将来性

 

Calo Run(カロラン)の将来性についても見ていきましょう。

  1. トークノミクスが理想的
  2. ロードマップが明確
  3. Move to earnゲームの普及

順番に解説します。

 

①トークノミクスが理想的

Calo Run(カロラン)のトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

コアチームの保有割合が10%であり、エコシステムへの配分が48%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますが10%なので理想的な割合と言えるでしょう。

 

②ロードマップが明確

Calo Run(カロラン)はロードマップを明確に示しています。

2022年第四4半期までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

Q1/2022

  • ベータテスト
  • Dappマーケットプレイス
  • チャレンジモード

 

Q2/2022

  • ステーキングプール
  • アプリ内マーケットプレイス
  • NFTスニーカーシステム
  • 正式な立ち上げ

 

Q3/2022

  • チャレンジモードのアップグレード
  • アチーブメントシステム
  • マーケットプレイスのアップグレード

 

Q4/2022

  • ミッション
  • レンタルシステム
  • マルチチェーン

 

Q1/2023

  • チームモード
  • ARシングルモード
  • カスタマイズ

 

AR対応の新しいゲームモードの開発やマルチチェーン対応を予定しており、ゲームの楽しみ方が増えそうです。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

③Move to earnゲームの普及

今後Move to earnゲームはゲーマーのみならず、一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNの成功をきっかけに「歩いて稼ぐ」ことの実用性が証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

実際にSweatcoinやAglet、そしてこのCalo Run(カロラン)など多数の類似ゲームがリリースされ多くのユーザーがプレイしています。

そうしたMove to earnゲーム人気に後押しされCalo Run(カロラン)も多くのユーザーを獲得する可能性が高いでしょう。

さらにメタバースやAR領域への進出も計画しており、うまくいけば他のゲームとの差別化ができるため、頭ひとつ抜きんでた存在になるかもしれません。

 

まとめ:Calo Run(カロラン)は将来性に期待できる

 

今回はCalo Run(カロラン)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

Calo Run(カロラン)はMove to earnの普及に伴い、今後人気を集めることが予想されます。

Calo Run(カロラン)はスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Calo Run(カロラン)を始めるためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5