Metaverse

【副業】メタバースでお金を稼ぐ方法8選【始め方も紹介】

 

悩んでいる人
メタバースって稼げるのかな?メタバースでお金を稼ぐ方法を具体的に教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • メタバースとは
  • メタバースでお金を稼ぐ方法8つ
  • メタバースの始め方

 

本記事の信頼性

筆者は日常的にメタバースに触れており、その情報発信で収益を得ています。さらにTwitterのフォロワーも2,000人を超えているので信頼担保になるかなと。

 

ここ最近、メタバースの話題が多くなってきました。

 

メタバースの市場規模は数兆円に上ると見られており、個人でもメタバースを利用して稼ぐチャンスが到来しています。

 

そこで今回は日常的にメタバースに触れている僕が、メタバースでお金を稼ぐ方法を厳選して8つ紹介します。

 

メタバースの始め方も併せて紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

もくじ

メタバースとは

 

メタバースは、インタネット上にある仮想空間のことを指します。

 

アバターを操作してメタバース内を散策したり、NFTを売買したり、他のユーザーと交流することができます。

 

メタバースの起源は以外と古く、2000年初頭にはメタバースの先駆けである「セカンドライフ」が一時話題となりました。

>>メタバースの元祖セカンドライフとは?人気だった理由などを解説

 

ここ数年ではゲームのマインクラフト、フォートナイト、あつまれどうぶつの森などが有名ですね。

 

 

メタバース内では現実世界と同じようなビジネス活動ができるので、今後爆発的に普及すると見られており企業も続々と参入しています。

 

 

このようにメタバースは単なる仮想空間にとどまらず、人々が多く集まる経済活動のプラットフォームとして確固たる地位を築いています。

 

黎明期の今のうちに始めておくことで、先行者優位に立つことができるので稼げる可能性が飛躍的に高まるでしょう。

 

メタバースについては【初心者向け】メタバースとは?特徴や仕組み、関連する仮想通貨を徹底解説!で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

 

メタバースでお金を稼ぐ方法8つ

 

メタバースでお金を稼ぐ方法は以下の8つ。

 

  1. ゲームを作って報酬を得る
  2. NFTアートを売買する
  3. ゲームをプレイして報酬を得る
  4. メタバース内の土地を売買する
  5. アバターを作成して販売する
  6. メタバース関連銘柄に投資する
  7. メタバース用のアイテムをデザインする
  8. メタバース内で接客する

 

①ゲームを作って報酬を得る

 

メタバース内のゲームを作成して、報酬を得ることができます。

 

メタバースによっては自作のゲームを公開し、プレイ料金などをもらうことができます。

 

公開しておけばメタバースのユーザーが遊びにきてくれるので、自分で集客をする必要がありません。

 

ゲーム開発用ツールなども用意されているので、専門知識が無くても開発可能です。


②NFTアートを売買する

 

NFTアートを売買して利益を得ることができます。

 

メタバース内にはNFTマーケットプレイスが併設されているので、他のユーザーとNFTアートを売買することが可能です。

 

自分の持つNFTアートが買った価格より値上がりしていれば、売却益が得られます。NFTアートの始め方については、NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説で詳しく解説しています。

 

NFT
NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

続きを見る

 

さらに、自分がクリエイターとなってNFTアートを作成し販売することもできます。NFTアートの始め方については、【保存版】NFTアートを始めるための完全ロードマップ【20記事で解説】で詳しく解説しています。

 

NFT
【保存版】NFTアートを始めるための完全ロードマップ【20記事で解説】

続きを見る

 

NFTは二次流通した場合でもクリエイターに報酬が入ってくるので、継続的な収入源として期待できるかもしれません。


③ゲームをプレイして報酬を得る

 

メタバースゲームをプレイして報酬を得ることもできます。

 

例えば、以下のメタバースはゲームをプレイして稼げることで有名です。

 

  • Axie infinity
  • Decentraland
  • Sandbox

 

特にAxie infinityは稼げるゲームとして有名で、海外ではAxie infinityの報酬で生活する人も現れています。Axie infinityの始め方については、【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)で詳しく解説しています。

 

AXIE_TOP
【スマホ版】Axie Infinityを始める方法を解説(iPhone・android)

続きを見る


④メタバース内の土地を売買する

 

メタバース内の土地は不動産として売買可能です。

 

以下のようにOpenseaなどで土地が売られており、需要と供給に応じて価格が変動します。

 

sanbox_sell-min

 

そのため、「安く買って高く売る」ということが可能となります。

 

ただ、購入もイーサリアムなどの仮想通貨で行うため、その仮想通貨自体の価格にも左右されるため購入するタイミングに注意が必要です。

>>【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

 

現在は仮想通貨全般が下落トレンドで価格が下がっているため、メタバースの土地の買い時と言えます。

 

安く買った土地が将来的に値上がりした時に売ることで、売却益を得ることができます。

 

メタバースの土地を買う方法については、【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説で詳しく解説しています。

 

【保存版】メタバースの土地を購入する方法を徹底解説

続きを見る

 

⑤アバターを作成して販売する

 

メタバースのアバターを作成して販売することもできます。

 

メタバース内ではアバターを操作するので、センスの良いアバターが欲しいという人がたくさんいます。

 

ただ、自分で顔や服装などを組み合わせてセンス良く仕上げるのはなかなか難しいんですよね。

 

そこでセンスがいいアバターを代行作成することで、そうした悩みを解決し、さらに収益を得ることもできます。

 

⑥メタバース関連銘柄に投資する

 

メタバース関連銘柄への投資で稼ぐこともできます。

 

株や仮想通貨の中にはメタバース関連銘柄が数多くあるので、それらに投資することで間接的にメタバースの恩恵を得ることができます。

 

具体的には以下のとおり。

 

メタバース関連仮想通貨

  1. SAND
  2. MANA
  3. ENJIN
  4. SLP

 

メタバース関連株

  1. Meta
  2. Nvidia
  3. Microsoft
  4. ソニー
  5. KDDI

 

このあたりに投資しておくと、将来メタバースが普及した際に値上がりが期待できます。

 

メタバース関連銘柄については、メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介で具体的に紹介しているので参考にしてください。

 

メタバースへ投資する方法とは?関連する暗号資産・株・ゲームをまとめて紹介

続きを見る

 

⑦メタバース用のアイテムをデザインする

 

メタバース用のアイテムをデザインして稼ぐこともできます。

 

具体的には以下のようなものになります。

 

  • 建物
  • 洋服
  • アクセサリー

 

メタバース内の建造物や、アバターが着用する洋服やアクセサリーをデザインして販売することで利益が得られます。

 

メタバースが普及するとかっこいい家に住んだり、おしゃれな洋服をアバターに着せたいというニーズが生まれます。

 

デザインのスキルがあれば、そうしたニーズをうまく汲み取ってビジネス化することも可能でしょう。

 

⑧メタバース内で接客する

 

メタバース内で接客することで給料をもらうやり方もあります。

 

メタバース内のアバターを操作して、現実と変わらない接客が可能だからです。

 

実際にドコモがアバター接客の技術を公開しています。

 

 

実際にメタバースで働く求人もあり、「メタジョブ」ではデジタルワーク(拡張テレワーク)に特化した求人を掲載しています。

 

 

自分は自宅にいながら、アバターを通じて接客をして給料をもらうという働き方が増えるかもしれません。

 

メタバースの始め方

 

メタバースでの稼ぎ方がわかったら、実際にメタバースに触れてみましょう。

 

メタバースの始め方は以下のとおり。

 

  1. 暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する
  2. メタバースのアカウントを作る
  3. メタバース内通貨を購入する
  4. プラットフォームに入る

 

①暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する

 

メタバースを利用する際に暗号資産(仮想通貨)が必要なので、口座を開設します。

 

取引所はいくつかありますが、「コインチェック」がおすすめ。

 

アプリがとても使いやすく、初心者でも迷うことなく簡単に暗号資産(仮想通貨)を売買できます。

 

暗号資産(仮想通貨)のアプリダウンロード数No.1の取引所であり、口座開設は無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェック公式サイト

 

②メタバースのアカウントを作る


続いてメタバースのアカウントを作りましょう。

 

一般的には各メタバースがアプリを提供しているのでそれをダウンロードしてアカウントを作成する流れです。

 

代表的なメタバースのアプリは以下のとおり。

 

 

すべて無料で使えるので全部試してみて、自分の好みにあったメタバースを探してみるといいでしょう。

 

おすすめはClusterです。メタバースの代表的なプラットフォームなので迷った場合はまずはClusterを使ってみてください。

 

メタバースゲームもおすすめ

メタバースを楽しみながら体験できる以下のゲームもおすすめです。

 

  • Axie Infinity
  • The Sandbox
  • Decentraland

 

上記は知名度が最も高くユーザーも多いため、ネット上に情報が豊富で初心者でも簡単に始めることができます。

 

さらにゲーム内のキャラクターや土地をNFTとして転売することも可能です。特に、アクシーインフィニティは初心者の僕でも月に1~2万円程度を稼ぐことができました。

 

なお、メタバースゲームは【2022年最新】おすすめNFTゲーム人気ランキング10選【GameFi】で詳しく紹介しています。

 

③メタバース内通貨を購入する

 

続いて、メタバース内通貨を購入しましょう。

 

メタバース内では特定の暗号資産(仮想通貨)が通貨として用いられています。

 

例えば、以下のような感じで各メタバースで使う暗号資産(仮想通貨)が決まっています。

 

  • Axie Infinity:ETH
  • The Sandbox:SAND
  • Decentraland:MANA

 

メタバース内通貨の買い方

 

コインチェックで暗号資産(仮想通貨)を購入し、それをBINANCEへ送金してメタバース内通貨を購入する形です。

 

SANDやMANAはコインチェックでは取り扱いが無いので、取り扱い通貨が豊富な海外取引所のBINANCE(バイナンス)で購入する必要があります。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

④プラットフォームに入る

 

アカウントを作成したら早速どこかのメタバースに入ってみましょう。

 

メタバース内にはユーザーが作ったワールドや企業ブースなどがあり、いろいろな楽しみ方ができます。

 

大抵のメタバースにはチュートリアルを学べるワールドがあるので、そこで基本的な操作などを学ぶといいでしょう。

 

基本的な操作を学んだあとは、自由にメタバース内を探索してみてください。

 

メタバースのおすすめプラットフォーム5選

 

メタバースのおすすめプラットフォームは以下の5つです。

 

  1. Cluster
  2. Axie Infinity
  3. Decentraland
  4. The Sandbox
  5. VRChat

 

①Cluster

cluster

 

まずはメタバースの代表格、Clusterです。

 

ユーザーが3Dアバターを選んでメタバース内に入り、公開されているワールドを探索したり、イベントやライブに参加したりできます。

 

 

どのメタバースを使うか迷ったら、ひとまずこのclusterを試してみるといいでしょう。

 

②Axie Infinity

axie01

 

Axie Infinityは、Axie(アクシー)というモンスターを育成する対戦型のゲームです。

 

 

アクシーやゲーム内の土地は全てNFTなのでマーケットプレイスで売買して収益を得ることができます。

 

NFTTOP
NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

続きを見る

 

ゲームをやり込んでいくと、より強いアクシーやレアなアイテムをGETできるようになり、効率的に収益を上げることができるようになります。

 

Axie Infinityは、初心者が始めても月に1~5万ほどは稼ぐことが可能です。初期費用は約2ヵ月程度で回収できるので、興味があるなら始めてみることをおすすめします。

 

AXIE_TOP
アクシーインフィニティ(Axie Infinity)とは?ゲームの始め方や仮想通貨の稼ぎ方を解説!

続きを見る

 

③Decentraland

mana

 

Decentralandは、ブロックチェーンを使ったメタバース空間で探索やゲームを楽しむことができます。

 

 

プラットフォーム内で動画や画像のコンテンツを作成してDecentralandのマーケットプレイスで売買可能です。

 

作成したコンテンツの価値が下落するのを防ぐ対策がとられており、安心して利用できます。

 

MANA_TOP
仮想通貨Decentraland(ディセントラランド)/Mana(マナ)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

続きを見る

 

④The Sandbox

sandbox

 

The Sandboxは、メタバース上に提供された複数のゲームから自分の好きなゲームを選んでプレイできます。

 

 

ゲーム内で入手したアイテムをマーケットプレイス内で売却して利益を得ることも可能です。

 

また、ゲーム内の土地の貸し出しなどで収入を得ることができ、現実世界と同じような資産運用が可能です。

 

adidasなどの大手企業ともコラボしており、今後さらに人気となる予感です。

 

 

sandboxについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

sandboxサムネ
仮想通貨SAND/The Sandboxとは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

⑥VRChat

VRchat

 

VR Chatは、VRゴーグルを使う体験型のVRプラットフォームです。

 

 

VRとSNSを両立させたプラットフォームであり、オリジナルのアバターを作成し他のユーザーと交流を図ることができます。

 

VR Chatはユーザーの動きをゲーム内のアバターに反映させ、ジェスチャーなどで意思表示することが可能です。

 

メタバースで稼ぐ方法は豊富!さっそく始めてみよう

 

今回はメタバースで稼ぐ方法について解説しました。

 

メタバースの市場規模は今度数兆円に上ると見られており、今のうちから始めることで先行者利益が得られます。

 

試しに始めたメタバースが、思わぬ利益を生むかもしれません。

 

メタバースを始めるには暗号資産(仮想通貨)が必要になるため、事前に準備をしておくことでチャンスを逃さずに済みます。

 

メタバースに少しでも興味があるなら、取り扱い通貨数国内最大級のコインチェックで口座を無料開設して暗号資産(仮想通貨)を購入しておきましょう。

 

\ 最短5分で開設できる!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-Metaverse
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5