CRYPTO

仮想通貨IMMOPET Token(IMPT)とは?特徴・買い方、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のIMMOPET Token(IMPT)について詳しく知りたい。IMMOPET Token(IMPT)の特徴や買い方、将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • IMMOPET Token(IMPT)の概要
  • IMMOPET Token(IMPT)の特徴
  • IMMOPET Token(IMPT)の買い方
  • IMMOPET Token(IMPT)のチャート・価格推移
  • IMMOPET Token(IMPT)の将来性
  • IMMOPET Token(IMPT)に関するよくある質問

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から暗号資産(仮想通貨)を運用しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月300万円ほどの収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

IMMOPET Token(IMPT)はペットロス症候群を克服し、さらに、家族を永遠に思い出せる仮想空間で様々なコンテンツを提供することを目的としたプロジェクトです。

今回は仮想通貨ブログで月100万円以上の収益を得ている僕が、IMMOPET Token(IMPT)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでIMMOPET Token(IMPT)に関する理解が深まるはずです。

なお、IMMOPET Token(IMPT)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要なので、少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録してビットコインなどを購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

IMMOPET Token(IMPT)の概要

名称 IMMOPET Token(IMPT)
時価総額 5922位
取引所 MEXC
価格(2022年11月時点) ¥2.99
時価総額(2022年11月時点) ¥149,509,377
公式サイト IMMOPET公式サイト

IMMOPET Token(IMPT)はペットロス症候群を克服し、さらに、家族を永遠に思い出せる仮想空間で様々なコンテンツを提供することを目的としたプロジェクトです。

IMMOPET Token(IMPT)が提供するメタバース内で自分のペットを育てることができるため、ペットロスなどの不安なくかわいいペットと長く過ごすことができます。

メタバースの始め方については、スマホで体験できるメタバース10選!やり方・始め方も紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

ブロックチェーン技術の経験とソフトウェア・ハードウェア開発のノウハウを組み合わせることで、ユーザーが簡単にNFTやメタバースにアクセスすることを可能にします。

IMMOPET Token(IMPT)のシステムは、ペットゲーム、ペットミーティングアプリケーション用のプラットフォームとして機能します。

そのため、ブロックチェーンの知識が無くてもソフトウェア、ハードウェアの開発ノウハウを簡単に利用することができ、より簡単にハードウェアを作ることができます。

 

IMMOPET Token(IMPT)の特徴

IMMOPET Token(IMPT)の特徴は以下のとおり。

  1. ペットをブロックチェーンに記録
  2. 先行販売・保管用NFTとして発行
  3. メタバースを提供
  4. ペットミーティングシステム
  5. NFTゲームを開発
  6. IMMOPET BET DOG NFT

順番に解説します。

 

①ペットをブロックチェーンに記録

ユーザーが育てたペット情報、写真、動画はNFT化してトークンブロックチェーンに記録され、永久不滅のペットとなります。

>>NFTの始め方とは?出品・購入方法や作り方をわかりやすく解説

そのため、現実世界で起こり得るペットロスの心配がありません。

 

②先行販売・保管用NFTとして発行

Immopetのゲーム内でペットを成長させると、永久保存と販売が可能になります。

ERC721ブロックチェーン技術を応用することで、ブロックチェーン上に自分のペットを永久に保存することができます。

キャラクターをImmopetゲーム内に永久保存しつつ、他のユーザーに配布することも可能です。

 

③メタバースを提供

IMMOPET Token(IMPT)はメタバースプラットフォーム「Immopet」を提供しています。

このメタバース内で自分のペットを飼うことができます。

ペット産業は年々成長しており、猫の飼育頭数は2万1000頭、犬の飼育頭数は4万5000頭にも上ります。

市場規模は2019年には250兆円を超え、2025年に300兆円を超えると言われています。

単身世帯の増加に伴い、ペットはもはや家族のような存在になっています。

ペットの情報、写真、動画などNFTでブロックチェーンに記録することで、すべての情報を壊さないように永久保存することができます。

いつでも自分のペットを思い出せるよう、マイペット専用スペースを作ることで365日、時間や場所にとらわれず、写真や動画を保存したり、思い出を投稿したりすることができます。

また、メモリアルホールとして、ペットが好きだった様々なアイテムを置くことができ、より多くの思い出を楽しむことができます。

 

④ペットミーティングシステム

IMMOpetアプリケーションのGPS位置情報を利用して、一定範囲内で散歩中や待ち合わせをしている飼い主の情報を表示します。

一定範囲内で散歩中の飼い主や会いたい人の情報が表示されます。

ステータスを確認し、「一緒にお散歩申請」/「待ち合わせ申請」を行うことができます。

また、ペットの状態に応じて、近くの動物病院や動物専門のカフェを調べることもできます。

ペットショップの価格や評価などを参考に、希望の店などを提案してくれます。

 

⑤NFTゲームを開発

IMMOPET Token(IMPT)はNFTゲームを開発しています。

ブロックチェーン技術を利用することで、ゲーム内のサーバーに保存されているデータだけでなく、自分のバーチャルペットを自分だけのNFTとして所有することができます。

永遠に変わらないペットとバーチャルライフを送り続けることができます。

その他のおすすめのNFTゲームについては、放置で稼げるNFTゲームおすすめランキング10選!始め方・稼ぎ方も紹介【2022年最新版】で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

⑥IMMOPET BET DOG NFT

IMMOPET BET DOG NFTもIMMOPETチームが手がけたゲームコンテンツです。

それぞれ個性を持った「BET DOG」が、NFTオーナー主催のレースに参加することができます。

BET DOG NFTはオーナーにメンバーシップを提供し、IMMOPETのメタバース内にBET DOG NFTオーナーだけが参加できる空間を提供します。

また、以下のようなユーティリティを用意。

  • BetDogレースへの無料入場と商品購入時の割引を実施
  • エアドロップ+PFP NFT提供
  • オフラインイベントへのご招待

このようにホルダーとなるメリットが多いため、IMMOPET BET DOG NFTを購入するユーザーが増えそうです。

 

IMMOPET Token(IMPT)の買い方・購入方法

IMMOPET Token(IMPT)は残念ながら国内取引所では取り扱いがないため、海外取引所で購入する必要があります。

IMMOPET Token(IMPT)の買い方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックで仮想通貨を購入する
  3. MEXCで口座開設
  4. MEXCにイーサリアムを送金する
  5. MEXCでIMMOPET Token(IMPT)を購入する

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

海外取引所に送金するためのイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込など幅広く対応しています。

仮想通貨を500円から購入できますし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックで仮想通貨を購入する

コインチェックで口座を開設できたら暗号資産(仮想通貨)を購入します。

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にて、例えばイーサリアムなら「ETH」を選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

他の通貨を買う際も同じ手順でOKです!

 

③MEXCで口座開設

続いて、海外取引所のMEXCで口座開設をしておきます。

マイナーな仮想通貨は海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

以下のリンクから口座開設を済ませておきましょう。

>>MEXCで口座開設する

 

④MEXCに仮想通貨を送金する

MEXCへの登録が完了したら入金が必要です。しかしMEXCは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からMEXCへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤MEXCでIMMOPET Token(IMPT)を購入する

入金が完了したら、MEXCでIMMOPET Token(IMPT)を購入しましょう。

まずは国内取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、少額の500円から買えるコインチェックで無料開設し、少額の仮想通貨を購入しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

IMMOPET Token(IMPT)のチャート・価格推移

IMMOPET Token(IMPT)のチャート・価格推移についても見ていきましょう。

 

①2022年1月~5月

2022年初頭、その後のDefiの人気と仮想通貨市場の盛り上がりで一気に話題となり、価格は7円近くまで跳ね上がりました。

また、Defiの利用者が急増したことも価格を押し上げたと考えられます。

Defiの始め方については、【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

②2022年6月~10月

2022年6~10月にかけて金融情勢の緊迫化に伴う仮想通貨全般の下落に連動し、急激に価格を下げました。

一時2円ほどまで下落しましたが、その後仮想通貨市場が若干持ち直したため、4円前後まで上昇しています。

その後、しばらくの間は方向性に乏しい展開で価格は安定的に推移しています。

今後の価格推移を予想するためには、基軸通貨であるビットコインの価格推移を注視することも重要です。

 

③2022年11月~

2022年11月以降は仮想通貨全般が下落トレンドにあるため下落基調です。

しかし、今後の好材料をきっかけにさらに一気に上昇トレンドが加速する可能性もあります。

一方で相場の方向性に乏しいため、トレードを控えて様子を見ることも重要かと。

現在は3円前後で推移しており、今後のプロジェクトの進捗次第で価格が大きく動きそうです。

今後、新たな取引所への新規上場の可能性もあるので期待が高まっています。

 

IMMOPET Token(IMPT)の将来性

続いて、IMMOPET Token(IMPT)の将来性について解説します。

  1. ロードマップが明確
  2. メタバースの普及
  3. NFTの需要増加

それぞれ解説します。

 

①ロードマップが明確

IMMOPET Token(IMPT)はロードマップを明確に示しています。

2023までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q4

  • IMMOPETペットミーティングシステムを開発
  • IMMOPET GAME & の紹介
  • 仮想メモリアルパーク トークン決済システム
  • NFT取引所(WNFT)開設

 

2023.Q1

  • IMMOPETメタバース正式リリース
  • メタバース予約システム開発
  • ETHブリッジ対応

 

2023.Q2

  • ペットAIシステム開発
  • IMMOPET Metaversポータルサービス開発

 

2023.Q3~Q4

  • IMMOPETゲームメタバース連動サービス開発
  • IMMOPETトークン・エコシステムの拡大

 

2024

  • サービスアップグレードをリリース
  • メタバースとNFTエコシステムの実環境での相互運用技術の継続的な開発
  • メタバースとNFTエコシステムの相互運用技術の開発

 

ポータルサービスやトークンエコシステム拡大などを予定しており、プロジェクトをさらに発展させるための計画が策定されています。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

IMMOPET Token(IMPT)に関するよくある質問

最後にIMMOPET Token(IMPT)に関するよくある質問に答えます。

  1. IMMOPET Token(IMPT)は国内取引所で買える?
  2. IMMOPET Token(IMPT)はステーキングできる?
  3. IMMOPET Token(IMPT)の発行上限はどのくらい?

順番に回答します。

 

①IMMOPET Token(IMPT)は国内取引所で買える?

IMMOPET Token(IMPT)は国内取引所では購入できません。

IMMOPET Token(IMPT)を購入する際は以下の海外取引所を使う必要があります。

海外取引所は日本円が入金できません。入金用の仮想通貨はアプリが使いやすいコインチェックで購入しておきましょう。

 

②IMMOPET Token(IMPT)はステーキングできる?

はい、ステーキング可能です。

IMMOPET Token(IMPT)の公式サイトでステーキングすることができます。

ステーキングはトレードをする必要が無く、簡単に報酬が得られるので初心者にもおすすめの方法です。

ステーキングの仕組み等については、仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

③IMMOPET Token(IMPT)の発行上限はどのくらい?

IMMOPET Token(IMPT)の発行上限は2,000,000,000です。

発行上限が定められているため、価値が下がりにくく価格が上昇する傾向にあります。

そのため、将来性があり購入しやすい投資先として注目を集めています。

 

まとめ:IMMOPET Token(IMPT)は将来性が期待できる銘柄

今回はIMMOPET Token(IMPT)について解説してきました。

IMMOPET Token(IMPT)はペットのためのメタバースやNFTを提供しており、メタバース・NFT需要の増加に伴い今後のさらなる普及が期待できます。

既にMEXCなどの大手取引所に上場済であり、実用性も高く評価されています。

IMMOPET Token(IMPT)はこのように様々な要因で将来性に期待が持てるので、少額でもいいので早めに購入することで先行者利益を得やすくなります。

繰り返しですが、IMMOPET Token(IMPT)を購入するためには海外取引所を使う必要があり、海外取引所への送金には国内取引所の口座が必須です。

IMMOPET Token(IMPT)に興味がある方はアプリが使いやすいコインチェックで無料で口座開設し、10,000円くらいの資金を入金して購入準備をしておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5