MONEY

仮想通貨Nafter(NAFT)とは?特徴・将来性、購入方法について徹底解説

NAFT_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のNafter(NAFT)について詳しく知りたい。SuperFarm(SUPER)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Nafter(NAFT)の概要
  • Nafter(NAFT)の特徴
  • Nafter(NAFT)の価格推移
  • Nafter(NAFT)の将来性
  • Nafter(NAFT)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Nafter(NAFT)写真を投稿し、NFT化して販売できるプラットフォームです。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Nafter(NAFT)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとNafter(NAFT)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Nafter(NAFT)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の概要

NAFT01

出典:Nafter公式サイト

 

トークン名称 Nafter
シンボル NAFT
総発行枚数 1,000,000,000NAFT
価格(2022年1月時点) ¥1.58
時価総額(2022年1月時点) ¥788,953,541
公式サイト Nafter公式サイト

 

Nafter(NAFT)は写真を投稿し、NFTとして販売できるプラットフォームであり、そのプラットフォームで使われるトークンがNAFTです。

Nafter(NAFT)はSNSとNFTを組み合わせたプロジェクトであり、SNSユーザーへ新たな価値を提供することを目標としています。

>>NFTとは?概要や特徴、暗号資産との違い・購入方法などを解説

 

ユーザーはオリジナルの写真をNFT化して収益を得ることが可能であり、有料のプレミアムメンバー制度なども活用できます。

有名人やインスタグラマーのみならず、一般人でも自分が撮影した写真でマネタイズできることから注目を集めている次世代のSNSプラットフォームです。

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴については以下のとおりです。

 

  1. SNS×NFTのプラットフォーム
  2. ステーキングで報酬が得られる
  3. サブスクリプションが利用可能

 

①SNS×NFTのプラットフォーム

Nafter(NAFT)の大きな特徴はSNSとNFTを掛け合わせたプラットフォームという点です。

一般人が写真や動画を撮影してシェアし、このシェアした写真や動画で報酬を得ることができます。

Nafterプラットフォームにアップされた写真や動画はNFT化するので、世界に一つだけのアート作品として販売することができます。

 

②ステーキングで報酬が得られる

Nafter(NAFT)はステーキングで報酬を得ることができます。

ステーキングとは暗号資産(仮想通貨)などを保有することで報酬が得られる仕組みのことです。ステーキングについては以下の記事で詳しく紹介しています。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

 

ガバナンストークンであるNAFTを購入しPoolに預けているだけで、利息としてNAFTが増えていきます。

ステーキング機能自体はSolanaなどの他の暗号資産(仮想通貨)でもよく見られる機能です。

>>仮想通貨SOL/Solanaとは?概要・特徴や今後の将来性などを解説

 

③サブスクリプションが利用可能

Nafter(NAFT)でクリエイターになると、自分のステーキングプールを作ることができます。

これはサブスクリプションであり、YouTubeのメンバーシップと似た機能です。

ユーザーはステークすることでメンバー限定コンテンツを利用することができ、さらにNAFTを報酬としてもらえます。

つまり、サブスク利用者にも一定額のキックバックがあるということです。

クリエイターには、プール全体の20%が報酬として支払われます。

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の将来性

仮想通貨Nafter(NAFT)の将来性

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の将来性については以下のとおりです。

 

  1. NFT市場の拡大
  2. NFT×SNSの相乗効果
  3. NAFTの使用用途が明確

 

①NFT市場の拡大

ここ最近NFT市場は海外を中心に流行の兆しを見せており、クリプトパンクスやBAYCなどが高額で取引され、著名人も購入し話題となっています。

さらにNikeやadidasといった大手スポーツメーカーを初め、多くの有名企業がNFTへ進出しています。

 

今後も様々な分野の企業がNFTに進出すると見られており、NFT市場は拡大の一途を辿ると見られています。

さらに個人でもNFTアートを売って利益を得る人が増えています。

>>NFTアートとは?特徴や将来性、購入・販売方法から作り方まで解説!

 

NFT市場の拡大に伴って、NFTを作成できるNafter(NAFT)のニーズも上昇し、価格へ好影響があるでしょう。

 

②NFT×SNSの相乗効果

NFTもSNSも今後さらなる普及が期待されています。

Nafter(NAFT)はNFTとSNSを網羅しており、自分が撮影した写真や動画を簡単にNFT化することができます。

そのため、誰もが簡単にNFTを発行できるため参入ハードルが低いNafter(NAFT)を選ぶ人が増えるでしょう。

 

③NAFTの使用用途が明確

暗号資産(仮想通貨)の価格は、価値の有無よりも買い圧力が多いかどうかで価格が決まる傾向があります。

DOGEやSHIBA INUなどの犬コインも最初はジョークコインとして見向きもされませんでしたが、現在は時価総額上位に食い込んでいます。

>>【仮想通貨】ドージコイン(DOGE)の今後の予想や将来性を徹底解説

>>仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

 

一方でNafter(NAFT)はSNSとNFTという使用用途が明確になっているため、利用ニーズが増え価格への後押しとなるでしょう。

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の直近1年のチャートを見てみましょう。

 

NAFTチャート

 

2021年5月の公開当初は40円を記録し、その後は暗号資産(仮想通貨)全体の下落により値を下げています。

一時は40円台だったため、今後の価格上昇のポテンシャルは高いと言えます。

今後NFTがさらに普及することによってNafter(NAFT)のニーズが高まり、さらなる価格上昇が期待できます。

 

仮想通貨Nafter(NAFT)の購入方法

仮想通貨Klaytn(KLAY)の購入方法

 

Nafter(NAFT)は国内の仮想通貨取引所では購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でNafter(NAFT)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Nafter(NAFT)を購入する

 

そのため、Nafter(NAFT)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Nafter(NAFT)は将来性に期待できる

仮想通貨Klaytn(KLAY)は今後の成長が見込まれる

 

今回は、仮想通貨Nafter(NAFT)について解説しました。

 

Nafter(NAFT)は自分の写真を簡単にNFT化できるプラットフォームであり、NFTの普及とともに価格上昇が予想されます。

 

2022年1月現在、Nafter(NAFT)の価格は約1円と購入しやすい価格です。

 

NAFT価格

 

格安の今の段階で1万円分くらい購入しておくと、先行者利益を得られる可能性が高いです。

 

繰り返しになりますが、Nafter(NAFT)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Nafter(NAFT)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

残念ながらこの記事を読んだ100人中97人は行動しません。まずは無料で口座開設という行動を起こしてみましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5