MONEY

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のTHORChain (RUNE)について詳しく知りたい。THORChain (RUNE)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • THORChain (RUNE)の概要
  • THORChain (RUNE)の特徴
  • THORChain (RUNE)の将来性
  • THORChain (RUNE)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のTHORChain (RUNE)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

THORChain (RUNE)は、異なるブロックチェーンをつなぐ「クロスチェーン」を提供して、仮想通貨を交換できるようにするプロジェクトです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、THORChain (RUNE)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとTHORChain (RUNE)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、THORChain (RUNE)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨THORChain (RUNE)の概要

rune①

出典:https://thorchain.org/

 

THORChain (RUNE)は、バイナンスの独自チェーン「BSC」を活用してトークンスワップサービスを提供するプロジェクトです。

 

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

 

トークンスワップとは、異なる種類のブロックチェーン間で仮想通貨を交換することを指します。

 

従来の仮想通貨取引所では中央集権的な取引所を仲介して暗号資産(仮想通貨)を取引する必要がありました。しかし、取引所のセキュリティをついたハッキングなどのリスクがあります。

 

THORChain (RUNE)を活用することで、ユーザー同士が取引所を通さずに仮想通貨を交換することができます。

 

仮想通貨THORChain (RUNE)の特徴

rune②

出典:https://thorchain.org/

 

THORChain (RUNE)の特徴を語る上でのポイントは以下の3つ。

 

  1. 異なるチェーン間での交換が可能
  2. 取引所との提携
  3. 高利回り

 

①異なるチェーン間での交換が可能

 

THORChainは以下のような機能を実装しており、誰でも簡単にトークンスワップができるようにしています。

 

  • ワンウェイステートペッグ
  • ステートマシン
  • Bifröst署名モジュール
  • TSSプロトコル

 

このように様々な新しいテクノロジーを組み合わせて、経験の浅いトレーダーでも簡単にプラットフォームへアクセスし、トークンスワップが可能になります。

 

②取引所と提携済

 

スイスの仮想通貨取引所ShapeshiftはTHORChainとの統合を公表しました。

 

 

THORchainとShapeshiftとの統合により、より多くの人が顧客確認不要で仮想通貨の取引が可能になりました。

 

Shapeshiftは、今話題の分散型金融(Defi)との進出を積極的に行っています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

中央管理者を必要としない分散型金融(Defi)は今後さらに需要が増すと見られており、THORChain (RUNE)の発展が見込まれています。

 

③高利回り

 

独自トークンのRUNEを活用することで、高利回りで利益を得ることが可能です。

 

具体的にはさまざまな経済的インセンティブの組み合わせにより、ノードオペレーターと流動性プロバイダーの両方に高いAPYを生み出すネットワークが生まれます。

 

仮想通貨THORChain (RUNE)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

THORChain (RUNE)は、今後も以下のような新しいプロジェクトを企画しています。

 

  • レンディング
  • 複合資産
  • 合成資産
  • レバレッジドトレーディング

 

レンディングなどは手持ちの暗号資産(仮想通貨)を貸し出すだけで、利益を得られるので投資経験の浅い初心者トレーダーなどに支持されそうです。

 

レンディングの始め方については以下の記事で詳しく解説しています。

 

お金を払う人
仮想通貨のレンディングとは?儲かる仕組みや始め方を紹介!

続きを見る

 

さらに今後も新たな取引所との提携などにより、THORChain (RUNE)の需要が増すと見られています。

 

仮想通貨THORChain (RUNE)の購入方法

仮想通貨を購入

 

THORChain (RUNE)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でTHORChain (RUNE)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでTHORChain (RUNE)を購入する

 

なので、THORChain (RUNE)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:THORChain (RUNE)は今後の需要増加が期待できる

まとめ:ENDOR(エンドール)は将来性に期待できる

 

今回はTHORChain (RUNE)について解説いたしました。

 

THORChain (RUNE)は異なるブロックチェーン同士をつないで、仮想通貨を交換できるのでユーザーにとって利便性の高いプロジェクトです。

 

THORChain (RUNE)は2021年10月現在は825円前後と非常に買いやすい金額ですので、今のうちに購入しておけば、将来大きな利益が出るかもしれません。

 

rune価格

 

繰り返しになりますが、THORChain (RUNE)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、THORChain (RUNE)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

おすすめのアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
アルトコインとは?種類や特徴・オススメ銘柄を徹底解説

続きを見る

仮想通貨で稼ぐためのコツについては以下で詳しく解説しています。

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5