MONEY

モネロ(Monero)の今後の予想や将来性を徹底解説

モネロ(XMR)ロゴ2

 

悩んでいる人
モネロを買ってみたいけどは今後も上がるのかな?いきなり下がったりしないか不安…。モネロの今後の予想や将来性を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • モネロの概要
  • モネロの特徴
  • モネロの現在の価格
  • モネロの将来性
  • モネロの購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にモネロや他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

モネロは2021年3月時点で時価総額は5900億円ほどにのぼり、仮想通貨の時価総額ランキングでは29位に位置しています。

 

この時価総額の多さを見るとモネロの将来性に期待している投資家が多いことが伺えます。

 

今回は暗号資産(仮想通貨)取引で200万円ほどの利益を上げている僕が、モネロ(XMR)の概要や特徴、そして今後の見通しなどをわかりやすく解説していきます。

 

この記事を読むとモネロ(Monero)の今後の見通しがわかるので、安心してモネロ(Monero)を購入できるはずです。

 

ちなみにモネロ(XMR)は国内取引所では取り扱いが無いので、国内取引所から仮想通貨を送金して海外取引所で購入することになります。

 

まずは、国内取引所のコインチェックで口座開設して、購入用のビットコインやイーサリアムを準備しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

モネロ(XMR)の概要

モネロ(XMR)ロゴ1

 

モネロ(XMR)の概要は以下のとおり。

 

通貨名 モネロ(Monero)
ティッカーシンボル・単位 XMR
現在の価格(2021年9月時点) 約33,000円
時価総額(2021年9月時点) 約5,900億円
時価総額ランキング(2021年9月時点) 29位
公式サイト Monero公式サイト

 

モネロとは2014年に公開された暗号資産(仮想通貨)であり、匿名性が高いため自分のプライバシーを守れることから、人気を集めている通貨です。

 

モネロ(Monero)はエスペラント語で「コイン」「硬貨」という意味の言葉です。当初はBitMoneroという名称でしたが、途中から名称を変更し現在のMoneroとなりました。

 

なお2021年5月現在、モネロ(XMR)は国内取引所での取り扱いが無いため、購入するためにはBINANCEなどの海外取引所を利用する必要があります。

>>BINANCEで口座を開設する

 

モネロ(XMR)の特徴

お金を追う

 

モネロ(XMR)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ステルスアドレスを使用
  2. リング署名を採用
  3. アルゴリズムにCryptoNight(クリプトナイト)を採用

 

①ステルスアドレスを使用


ステルスアドレスとは、送金時にワンタイムアドレスを作成し、それを使用して取引をする技術のことです。

 

先述のとおり、Moneroのアドレスは閲覧用アドレスと送金用アドレスの2種類があります。

 

2つのうち閲覧用アドレスは取引履歴の確認に使われ、公開されません。

 

もうひとつの送金用アドレスについても、取引毎にワンタイムパスワードが発行されるため、外部から追跡する事が困難です。

 

②リング署名


一般的な仮想通貨の取引においては、公開鍵が分かれば取引履歴をブロックチェーンから追跡できます。

 

ブロックチェーン
【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

続きを見る

 

モネロ(XMR)ではセキュリティ性を高めるため、取引時に複数の公開鍵で署名し、複数のうち誰が送金者なのかを特定できないようにしています。

 

この技術をリング署名と言い、「複数署名者のうちの誰かが送金者である」ということしかわからないので、高い匿名性を担保できます。

 

モネロ(XMR)はリング署名とステルスアドレスを組み合わせることで、極限まで高いセキュリティ性を誇っています。

 

ちなみに仮想通貨のテゾスもリング署名を用いています。テゾスについては、【仮想通貨】テゾス(XTZ)とは?概要・特徴などを解説で詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

 

③アルゴリズムにCryptoNight(クリプトナイト)を採用

 

モネロ(XMR)ではクリプトナイトと呼ばれる特殊なアルゴリズムを用いています。

 

クリプトナイトではトランザクションが追跡できないため、高い匿名性を保った通信が可能です。

 

更にクリプトナイトはCPUとGPUの両方でマイニング可能というメリットもあり、トランザクション処理が効率化します。

 

モネロの現在の価格

pic_01-min

 

モネロ(Monero)の現在の価格は以下のとおりです。

 

 

 

アルトコイン全般の下げに連動して値を下げていましたが、今後のBTCの値動きなどに連動して40,000円台に到達するのも時間の問題と見られています。

 

モネロ(XMR)の将来性

展望

 

続いて、モネロ(XMR)の将来性について解説します。

 

  1. 多くの取引所に上場済
  2. マイニングが容易

 

①多くの取引所に上場済

 

モネロ(Monero)は海外取引所大手のBINANCEをはじめ、Poloniex、bittrexなどにも上場しています。

 

BinanceTOP
BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

 

多くの取引所に上場することで購入が容易になるため、取引量や流通量が増えるという好影響があります。

 

今後、新たな取引所に上場する可能性もあるので、その場合にはさらなる価格の後押しにつながると見られています。

 

アルトコイン
仮想通貨おすすめ銘柄&取引所ランキング!今後伸びる可能性が高い通貨を紹介

続きを見る

 

②マイニングが容易


個人にとって仮想通貨のマイニングは参入ハードルが高いですが、モネロはマイニングが容易であることが特徴です。

 

モネロ(Monero)ではWindows、macOS、Linux、Androidといった利用者の多い主要なOS全てでマイニングが可能です。

 

さらにモネロ(Monero)はマイニングのやり方をサポートしており、個人がマイニングプールに参加したり、直接マイニングして報酬を得ることができます。

 

草コイン
仮想通貨が儲かる5つの仕組みと稼ぐための3つのコツ

続きを見る

 

モネロのマイニングは、特別な設備や機器を必要とせず、一般的なPCで行うことが可能であるため、マイニング目的でモネロ(Monero)を保有する人が増えると予想されています。

 

モネロ(XMR)の購入方法

仮想通貨を購入

 

モネロ(XMR)は国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所かDEXを使う必要があります。ちなみにぼくはBINANCEを使っており、取り扱う暗号資産(仮想通貨)が多いことや、手数料が安いことなどから満足しています。

 

海外取引所

 

DEX

 

海外取引所でモネロ(XMR)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでモネロ(XMR)を購入する

 

なので、モネロ(XMR)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:モネロ(XMR)は今後も価格上昇する可能性が高い

飛翔

 

モネロ(XMR)は国内では知名度が低いですが、海外ではその匿名性の高さと高速処理に注目が集まっている銘柄です。

 

個人でもマイニングにより報酬を得ることが可能という特徴もあるため、今後一層モネロの価値が上昇すると見られています。

 

現在のビットコイン(BTC)を始めとする暗号資産の上昇トレンドを見ると、モネロ(XMR)もまだまだ伸びしろがあるので今のうちに購入しておくのがオススメです。

 

なおモネロ(XMR)は海外取引所か分散型取引所でしか購入できないので、モネロ(XMR)に投資するならコインチェックで口座を開設して取引用のビットコインを送金できるようにしておくと安心です。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5