MONEY

仮想通貨Doge Killer(LEASH)とは?特徴・将来性、購入方法を徹底解説

LEASH

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のDoge Killer(LEASH)について詳しく知りたい。Doge Killer(LEASH)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Doge Killer(LEASH)の概要
  • Shiba swapとは?
  • Doge Killer(LEASH)の特徴
  • Doge Killer(LEASH)の価格推移
  • Doge Killer(LEASH)の将来性
  • Doge Killer(LEASH)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益を得ています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Doge Killer(LEASH)暗号資産(仮想通貨)SHIBが提供する分散型取引所のShibaSwapのネイティブトークンです。

 

この記事では暗号資産(仮想通貨)の運用で収益を得ている僕が、Doge Killer(LEASH)の概要や特徴、将来性、そして購入方法までを解説します。

 

この記事を読むとヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Doge Killer(LEASH)入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)の概要

SHIBA INU(SHIB)①

出典:SHIB公式サイト

 

トークン名称 Doge Killer
シンボル LEASH
価格(2022年1月1日時点) ¥163,880.15
時価総額(2022年1月1日時点) ¥17,758,666,692
公式サイト SHIB公式サイト

 

Doge Killer(LEASH)はShibaSwapのネイティブトークンです。ShibaSwapはSHIBが提供するDEX(分散型取引所)であり、SHIBに関連するトークンを取引できます。

>>【高騰】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)とは?今後の将来性や高騰の理由、購入方法を解説!

 

Shiba Inuの成功により、Shiba Network内でSHIB以外の他の2つのトークン、Doge Killer(LEASH)とBone(BONE)を誕生させました。現在、3つのトークンすべてがShibaエコシステムで利用されています。

 

当初、SHIBネットワークはリベースコインとしてLEASHトークンを立ち上げました。これはステーブルコインと同等の存在ですが、法定通貨の価格に紐づいていません。

 

たとえば、テザー(USDT)は、その価値が米ドルに固定されているステーブルコインです。

>>【仮想通貨】テザー(USDT)とは?特徴や今後の展望などを解説

 

典型的なステーブルコインでは常に1米ドルの値に等しくなります。ただし、コインのリベースに関しては、トークンは別の暗号トークンの値に固定されます。

 

LEASHは元々、ドージコインの価値に釘付けにされたリベースコインとして開発されました。その後SHIBエコシステムをサポートするためにLEASHの用途が変更されています。

 

Shiba swapとは?

shibaswap①

出典:SHIBASWAP

 

2020年8月にローンチされた暗号資産(仮想通貨)SHIBA INU(SHIB)は、人気のあるDogecoinをベースに開発されました。Dogecoinは、非常に大きなコミュニティを持つ分散型暗号通貨です。「Doge」という名前は、インターネットミームである日本の柴犬に由来しています。


SHIBA INU(SHIB)の成功をきっかけにShibaSwap 、すなわちShiba Inu独自の分散型取引所が2021年6月に開設されました。

 

ShibaSwapでは、ユーザーはShiba Inu(SHIB)、Doge Killer(LEASH)、Bone(BONE)の3つのネイティブトークンを取引することが可能です。その他、以下のような一部のアルトコインへスワップすることもできます。

 

token


ShibaSwapの2つの注目すべき点は、そのシンプルさと便利さです。初心者のトレーダー/投資家はプラットフォームにアクセスし、MetaMaskなどの分散型ウォレットを接続するだけでステーク、スワップなどのアクティビティを簡単に実行したり、プラットフォームに流動性を提供して報酬を獲得したりできます。

 

SHIBA INU(SHIB)人気とプラットフォームの使いやすさからShibaSwapユーザーも右肩上がりで増えています。

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)の特徴

LEASH

出典:SHIB公式サイト

 

LEASHは、他のネイティブトークンであるSHIBやBONEとは異なる性質を持っています。SHIBの循環供給と比較して、その総供給量はわずか100,000に制限されています。


このトークンの基本的な目的の1つは、流動性プロバイダー(LP)にインセンティブを与え、さらには特別な報酬を提供することです。具体的にはLEASHを購入、もしくは他のトークンと交換し、それらを賭けたり埋めたりすると、xLEASHトークンの形で報酬を受け取ります。xLEASHトークンの保有者として、あなたはxLEASHの流動性プールの一部になります。このプールのメンバーとして、元のブロックチェーンに追加されたブロックごとにすべてのBONEの0.5%を受け取ります。


また、LEASHトークンで流動性を提供することにより、LEASH / ETHShibaSwap流動性プールの所定のシェアを受け取る権利があります。

 

LEASH・SHIB・DOGEの類似点

DOGE_SHIB_TOP


ドージコインとSHIBA INU(SHIB)の時価総額は似通っています。2022年1月1日時点のSHIBA INU(SHIB)とDOGEの時価総額は以下のとおり。

 

  • SHIB:¥2,144,496,806,945
  • DOGE:¥2,631,541,073,535

 


総供給量に関しては、LEASHは他の2つとは大きく異なります。DOGEとSHIBの総供給量はそれぞれ数十億と数兆ですが、LEASHの総供給量はわずか10万に制限されています。この総供給量の違いが以下のようにトークンの価格(2022年1月1日時点)に反映されています。

 

  • SHIB:¥0.003899
  • DOGE:¥19.85
  • LEASH:¥165,441

 

3つのコインが共有する1つの類似点は、それらがすべてミームコインカテゴリに属していることです。

 

しかしSHIBA INU(SHIB)やDOGEは小売店舗での決済導入や取引所への新規上場が進んでおり、もはやミームコインの枠組みを超えて主要通貨になりつつあります。

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)の将来性

SHIB将来性

 

SHIB初のAMAにてDoge Killer(LEASH)が独自ブロックチェーンであるShibarium内のトークンとして活用されることが発表されました。

 

 

この発表を受けてLEASHの価格は一時急騰を見せました。

 

また、現在開発中のSHIBブロックチェーンゲーム内にてアプリ内課金で得られる収益がSHIBとLEASHのバーンになる計画であり、LEASHのニーズが増えることが予想されます。

 

また、基軸通貨であるSHIBA INU(SHIB)は2021年度に43万倍もの成長を見せているため、SHIBの人気が継続すればLEASHも連動して価格が上昇すると考えられます。

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)は良い投資先か

ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)の創設者

 

LEASHは、もともと2021年4月にUniSwapプラットフォームで発売され、当初の価格は約6万円でした。

 

その後6か月足らずで、その価格は爆発的に上昇しました。一時は700%まで急騰し現在は約15万円ほどで推移しています。

 

LEASHの成功は、その親ネットワークであるShibaSwapの成功にかかっています。すべてがShibaSwap取引所でうまくいき、LEASHの実用性が認められると2022年末までに115万円に達する可能性があると分析されています。

 

長い目で見るとLEASHは良い投資対象と言えるでしょう。もちろん下落の可能性もあるので投資判断は自己責任で行ってください。

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)の購入方法

仮想通貨Augur(REP)の購入方法

 

Doge Killer(LEASH)は国内の仮想通貨取引所で購入できません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でDoge Killer(LEASH)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Doge Killer(LEASH)を購入する

 

そのため、Doge Killer(LEASH)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Doge Killer(LEASH)は価格上昇が期待できる

仮想通貨ヘデラハッシュグラフ(Hedera/HBAR)は今後需要が増える見込み

 

今回は、仮想通貨Doge Killer(LEASH)について解説しました。

 

Doge Killer(LEASH)はShiba Swapの利用者増などから今後も注目され、価格上昇が予想されます。

 

2022年1月現在、Doge Killer(LEASH)の価格は約16万円。

 

LEASH価格

 

今のうちに試しに3万円分くらい購入しておくと、将来大きな利益を得られるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、Doge Killer(LEASH)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

そのため、Doge Killer(LEASH)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨CENNZ(センズ)についてはこちらで紹介しています。

CENNZlogo
仮想通貨Centrality(CENNZ/センズ)とは?特徴や将来性、買い方について解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5