MONEY

仮想通貨Sora(XOR)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

SORA_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のSora(XOR)について詳しく知りたい。Sora(XOR)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Sora(XOR)の概要
  • Sora(XOR)の特徴
  • Sora(XOR)の価格推移
  • Sora(XOR)の将来性
  • Sora(XOR)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のSora(XOR)ってどんな特徴があるんだろう。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

Sora(XOR)は、世界的な分散型中央銀行になることを目指しており、実用的で将来性のあるアプリケーション開発に資金を提供しています。

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、Sora(XOR)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

この記事を読むとSora(XOR)のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

なお、Sora(XOR)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨Sora(XOR)の概要

SORA01

出典:https://sora.org/

 

名称 ソラ(Sora)
通貨単位 XOR
仮想通貨ランキング 508位(2021.11月現在)
価格 約24,000円(2021.11月現在)
公式サイト 公式サイト

 

Sora(XOR)は、分散型の多元的経済システムになるために取り組んでおり、新しくエキサイティングなアプリケーション開発に資金を提供しています。

また、DeFiに活用できるポルカドットチェーンとパラチェーンに接続するポルカドットエコシステムのネットワークでもあります。

参考:【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

SORAネットワークは、アトミックトークンスワップ、トークンを他のブロックチェーンにブリッジする、デジタルアセットを含むプログラムルールの作成など、デジタルアセットを使用する分散型アプリケーション向けのツールの提供といった機能を実装しています。

SORAコミュニティは、SORAネットワークのガバナンスシステムであり、マルチボディ・ソート(ランダムに選出されたメンバーで構成される意思決定機関)により、公平性の強いガバナンス運営を実現します。

 

仮想通貨Sora(XOR)の特徴

SORA02

出典:https://sora.org/

 

Sora(XOR)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ガバナンスに参加可能
  2. プロジェクト提案ができる
  3. 投票券が与えられる
  4. ステーキング可能
  5. ポルカスワップ
  6. SORAウォレット

 

①ガバナンスに参加可能

SORAメンバーになると、SORA議会に選出され、ネットワークの更新や資本配分について意見を述べることができます。

SORA議会の主なタスクは、新しく作成されたXORを生産的なプロジェクトに割り当てることです。権力分立が明確で、市民がランダムに選ばれる複数の組織があります。これは、次の3つの主要な概念に基づいて構築されています。

 

  • イソノミア:市民であるすべての人が政治的平等であるという原則
  • イセゴリア:すべての市民が話し、貢献する権利
  • 仕分け:市民のグループをランダムに選択

 

SORAメンバー自身がネットワーク運営に参加できるようにすることで、コミュニティの健全な運営を図っています。

メンバーがコミュニティを良くしようと頑張る→Sora(XOR)の価値も上昇するという好循環が生まれます。

 

②プロジェクト提案ができる


Request for Proposals(提案依頼)を提出することで、ユーザーはPolkaswapやSORAネットワーク上で実現したい機能の開発や実装を行うことができます。

この機能により、既存のサービスではカバーできていない部分やユーザーのニーズを満たしたサービスの提供につながります。

現状維持にとどまらず、常に機能を改善していくというSORAプロジェクトの理念が現れています。

 

③投票権が与えられる

SORAアプリを使って、ネットワークの変更やSORAに構築されるプロジェクトの提案に投票することができます。

投票をすることで、ユーザーの意見をしっかりとネットワークの運営方針に反映することができます。

重要事項を一部の権力者が意思決定するのではなく、コミュニティ全体の合意形成を必要とすることでより強い納得感が得られます。

 

④ステーキング可能

トークンをステーキングして報酬を受け取ることができます。

参考:仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

その他にもバリデーターになってSORAのブロックを検証することでも報酬を受け取ることが可能です。

このように売買だけではなくトークンを預けたり、取引承認をすることで報酬が得られるため収益が安定するメリットがあります。

 

⑤ポルカスワップ

SORA、Ethereum、Polkadot、Kusamaなど、さまざまなブロックチェーンネットワークのトークンを交換することができます。

さらに、流動性プールを提供し、交換手数料から報酬を得ることも可能です。

既存のブロックチェーン同士は互換性が無いので交換に手間がかかりますが、Sora(XOR)を使えば簡単に交換ができるようになります。

参考:【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

⑥SORAウォレット

SORAウォレットを使うことで異なるネットワークの資産を1つのアプリに保存できます。

また、資産を他のウォレットに送金したり、ネットワーク間で移動させることが可能です。

アプリで資産管理が可能なので、保有する暗号資産(仮想通貨)銘柄が増えてきたとしても、保有数や評価額が一目で把握できます。

ちなみにハードウェアウォレットは安全性が高いとされているので、自分の暗号資産(仮想通貨)を安全に保管したい方は購入することをオススメします。

 

 

仮想通貨Sora(XOR)の価格推移

SORAチャート

 

この1年は価格が上昇傾向にあることがわかります。2月~5月にかけて高騰しましたが、その値動きは少し落ちついている状況です。

Sora(XOR)は異なるチェーン間での暗号資産(仮想通貨)の交換が可能であることから、Defi人気にあやかって需要が伸びると想定されます。

参考:【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Sora(XOR)の価格の後押しとなるでしょう。

 

仮想通貨Sora(XOR)の将来性

SORA03

出典:https://sora.org/

 

続いて、Sora(XOR)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. XOR、VAL、PSWAPの3つのトークン
  2. メタバースへの進出
  3. バリデーターで報酬獲得

 

①XOR、VAL、PSWAPの3つのトークン

Sora(XOR)には以下のとおり3つのトークンがあり、それぞれ役割が分かれています。

 

  • XOR:SORAネットワークでの取引手数料(ガス)に使用される
  • VAL:SORAネットワーク上のバリデーターに報酬を与えるために使用される
  • PSWAP:Polkaswapの 流動性プロバイダーに供給を減らして報酬を与えるために使用される

 

この3つのトークンにより、SORAのエコシステムは既存の中央集権型エコシステムに対しても競争力を有しています。

 

②メタバースへの進出

SORAは、メタバースなどの他の分野にも進出することを計画しています。遠い将来、地球以外の惑星にも住むようにになると、SORAは、その主な特徴として分散化を維持しながら、経済に合わせて拡張することができます。

XORは、民主的なプロセスを介して生産的な経済活動のためにXORを作成できるため、どの国でも通貨として使用することが可能です。 XORは予測可能な価格ダイナミクスを備えているため、メタバースの経済構造を支えるのに適した暗号資産(仮想通貨)と言えるでしょう。

フェイスブックがmetaに社名を変更したように、メタバースは今後大きなトレンドになると見込まれており、Sora(XOR)の知名度上昇につながるかもしれません。

 

③バリデーターで報酬獲得

SORAネットワークは完全に分散化されているため、ノードの実行はコミュニティメンバーが担っています。

バリデーターとはブロックチェーンに記録されるデータの内容が正しいかどうかを検証するノード(メンバー)のことです。

バリデーターノードは、ネットワークでブロックを作成することができます。Polkaswapの安定した運営には、SORAネットワークでバリデーターノードを実行する際のコミュニティサポートが必要です。

バリデーターノードになると検証作業をする見返りとして報酬が得られます。この報酬目的でSORAネットワークへ参加する人が増えるため、Sora(XOR)の価格の後押しになると考えられます。

 

仮想通貨Sora(XOR)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Sora(XOR)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCE公式サイト

 

ちなみに、海外取引所でSora(XOR)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでSora(XOR)を購入する

 

なので、Sora(XOR)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

まとめ:Sora(XOR)は今後のDefi需要で値上がりが期待できる

まとめ:Tidal Finance(TIDAL)は今後の需要増加が期待できる

 

今回はSora(XOR)について解説いたしました。

Sora(XOR)は、分散型の多元的経済システムで新しくエキサイティングなアプリケーション開発に資金を提供しており、今後のDefi拡大による需要増加などが見込まれます。

Sora(XOR)は2021年11月現在で、800くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

SORA価格

 

繰り返しになりますが、Sora(XOR)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

なので、Sora(XOR)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5