NFT

BulletChain(バレットチェーン)とは?概要や遊び方、稼げる仕組みを徹底解説!

BulletChain

 

悩んでいる人
BulletChain(バレットチェーン)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?BulletChain(バレットチェーン)の概要や遊び方、稼げる仕組みを教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • BulletChain(バレットチェーン)の概要
  • BulletChain(バレットチェーン)の特徴
  • BulletChain(バレットチェーン)の遊び方
  • BulletChain(バレットチェーン)で稼げる仕組み

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to Earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月300万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to Earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「BulletChain(バレットチェーン)」です。

今回は日頃からPlay to Earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、BulletChain(バレットチェーン)の特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでBulletChain(バレットチェーン)の始め方がわかるので、ゲームで遊びながら稼げるようになるはずです。

BulletChain(バレットチェーン)は今年の春にアプリリリース予定です。まずは土地NFTを買って、稼ぎましょう。

土地NFTを購入するためには仮想通貨が必要となります。

BulletChainを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

BulletChain(バレットチェーン)の概要

BulletChain

ゲーム名 BulletChain(バレットチェーン)
対応言語 英語、日本語
対応機種 iOS・Android(今年の春にリリース予定)
トークン BCN・BUL
ブロックチェーン BSC
公式サイト BulletChain(バレットチェーン)公式サイト

BulletChain(バレットチェーン)は1つの拠点を2チームで占拠し合う多⼈数対戦型オンラインシューティングゲーム(TPS)です。

世界初のNFT対応のTPSゲームであり、多様な武器と兵器(乗り物)を駆使してチームで勝利を⽬指す次世代型TPSとして注目を集めています。

プレイヤー同士が2チームに分かれ、ヘリや戦⾞、様々な武器や乗り物で陣地を奪い合うゲームであり、相⼿チームよりも早く⼀定の占領ポイントを獲得することで勝利できます。

 

BulletChain(バレットチェーン)の特徴

BulletChain(バレットチェーン)の特徴は以下のとおり。

  1. 世界初のNFT対応TPSゲーム
  2. 華麗なグラフィック
  3. 多種多様な兵器を実装
  4. トークンにBCN/BULを採用
  5. NFTが売買可能

順番に説明します。

 

①世界初のNFT対応TPSゲーム

BulletChain(バレットチェーン)は世界初のNFT対応TPSゲームです。

TPSは「サードパーソンシューター」の略であり、「三人称視点」という意味です。

主人公を背中ごしに見ながらプレイする形となります。より客観性が高いゲームなので、シューティングゲームの初心者でも操作しやすいことが特徴。

TPSはフォートナイトや荒野行動のヒットなどにより、大人気のゲームジャンルとなっています。

BulletChain(バレットチェーン)は最近普及しつつあるNFTに対応したTPSということで多くの注目を集めています。

 

②華麗なグラフィック

BulletChainは華麗なグラフィックも特徴のひとつです。

開発にはアンリアルエンジンを使⽤しており、実物と遜色ないグラフィックを実現しています。

そのため、プレイヤーは実際の戦場にいるようなリアルな戦闘のスリルを味わうことができます。

 

③多種多様な兵器を実装

BulletChain(バレットチェーン)では多種多様な兵器を実装しています。

具体的には以下のような兵器を操作可能。

  • 戦闘機
  • ヘリコプター
  • 戦⾞
  • 戦艦等

そのため、自分好みの兵器を操りゲームをプレイすることができます。

 

④トークンにBCN/BULを採用

BulletChain(バレットチェーン)はゲーム内トークンにBCNとBULを採用しています。

 

BCN

BCNはガバナンストークンであり、以下の特徴があります。

  • ゲームガバナンスに参加可能
  • 最大21億枚の価値向上を目指したトークン

 

BUL

BULはユーティリティトークンです。特徴は以下のとおり。

  • ゲーム内のアイテム購入などで使用可能
  • 発行数に上限を設けない

このように用途を分けた2種類のトークンを採用し、ゲーム内のエコシステムの健全性を保っています。

 

⑤NFTが売買可能

BulletChain(バレットチェーン)はNFTをアプリ内のマーケットプレイスで売買可能です。

BulletChain

BulletChain(バレットチェーン)内の兵器や土地は全てNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

そのため、ゲームを通じて獲得したアイテム等を売却して利益を得ることができます。

NFT転売で利益を出すコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

BulletChain(バレットチェーン)の遊び方

BulletChain(バレットチェーン)の遊び方について見ていきましょう。

  1. ゲームモード
  2. 武器アップグレードシステム
  3. ガチャシステム
  4. レンタル/スカラーシップシステム

順番に解説します。

 

①ゲームモード

BulletChain(バレットチェーン)は、個人のスキル、戦略、チームワークの組み合わせで展開するように設計されています。

現在、ゲームモードは1つだけですが、BulletChain(バレットチェーン)の開発に伴い、様々なゲームモードが登場する予定です。

1チーム最大50人で構成され、相手プレイヤーを排除し、相手の土地を征服することを目指します。

相手プレイヤーを排除し、その土地を征服します。武器やキャラクター、乗り物を使いこなすことが勝利への近道となります。

シンプルなルールで初心者でも簡単にプレイ可能であり、上級者は様々な武器やスキルを使いこなすことができ、幅広い層のプレーヤーが楽しめます。

 

②武器アップグレードシステム

戦闘中、武器をアップグレードするためのパーツがドロップすることがあります。

アップグレードする前にプレイヤーはクラフトテーブルを組み立て、集めたパーツを使用して武器をアップグレードしていきます。

さらに、アタッチメントも用意されており、対戦中に拾って装備することができます。

 

③ガチャシステム

武器はNFTとして販売・配布され、ガチャシステムから入手することができます。

ガチャシステムとはゲーム内マネタイズの仕組みの一つで、プレイヤーはゲーム内通貨を使用して、ランダムで武器を受け取ることができます。

ランダム化することで、プレイヤーは宝物のようなスリルを味わいつつ、目的の武器を手に入れるまでのワクワク感を味わうことができます。

 

④レンタル/スカラーシップシステム

BulletChain

レンタル/スカラーシップシステムは武器などのゲーム内アイテムを気軽にレンタルして使用できるシステムです。

この機能により、プレイヤーは様々なアイテムを試すことができ、より多様なゲーム体験を提供することができます。

オーナーは、マーケットプレイス上でレンタル期間を設定し、レンタル料として、レンタルした人がそのアイテムを使用して得ることができる収益の数パーセントを請求することができます。

レンタル期間は、マーケットプレイス上で設定し、そのアイテムを使用した際に得られるであろう収益の何割かをレンタル料として請求することができます。また、レンタルする側は、以下のオプションを選択することができます。

また、レンタル者は自分の出品物を一般に公開するか、特定の人物に限定し、その人物はカスタムリンクから出品物にアクセスすることができます。

その他にもスカラーシップ制度も充実しているので、初心者の方でも安心して試すことが可能。

コミュニティとゲームを成功に導くために、より多くの人が参加できるように設計されています。

 

BulletChain(バレットチェーン)で土地NFTを購入する方法

BulletChain(バレットチェーン)で土地NFTを購入する方法は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBNBを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックに登録

NFTを始める最初のステップとして、コインチェックで口座開設をしましょう。

NFT売買の手数料に必要となるイーサリアムを購入するためです。

まず、以下のリンクからコインチェックにアクセスします。

 

コインチェック公式サイト

 

トップページの「口座開設(無料)はこちら」から登録できます。

本人確認書類などを登録して、審査が完了したら仮想通貨の取引が開始できます。

 

②コインチェックでイーサリアムを購入

登録が完了したら、NFT売買で使われる仮想通貨であるイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

②イーサリアムを購入

入金方法には「銀行振り込み」、「コンビニ入金」、「クイック入金」の3つから選択可能です。

コインチェックに日本円が入金できたらホーム画面の「販売所(購入)」にてイーサリアムを選択して日本円で購入します。

イーサリアムを選択

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

Pancakeswap⑤

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBNBが必要になるので、BNBを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

③Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

④Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したBNBをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑤NFTを購入する

続いて、公式サイトにアクセスし、ウォレットを連携してNFTを購入すればプレイ可能になります。

BulletChain

予算に応じて好きなNFTを選びましょう。

 

BulletChain(バレットチェーン)で稼げる仕組み

BulletChain(バレットチェーン)の稼ぎ方は以下の4つです。

  1. ゲームをプレイして稼ぐ
  2. NFTで稼ぐ
  3. スカラーシップで稼ぐ
  4. アフィリエイトで稼ぐ

順番に解説します。

 

①ゲームをプレイして稼ぐ

BulletChain

基本となるのがゲームをプレイして稼ぐ方法です。

プレイヤーは、参加費を支払って予想バトルモードに参加し、勝利したチームは賞金プールを獲得することができます。

すべての予想は、ゲームプラットフォーム "SKYNET "のコロッセオで行われる予定です。

ランドNFTオーナーには参加費の5%が支払われ、残りは賞金プールに還元されます。

また、視聴者やファンにとってはより正確な予想をするために、世界のトッププレイヤーを追いかける動機付けとなります。

 

②NFTで稼ぐ

NFTでは2種類の稼ぎ方があります。

1、ステーキングして稼ぐ

土地NFTオーナーは土地NFTをステーキングすることでBCNを受け取ることができます。

ステーキングはゲームをプレイせずに稼げるため、ゲームプレイに自信のない方や稼ぐことが目的の方におすすめな方法です。

既にマーケットプレイスからはステーキングが行えて稼げる仕組みを提供しております。

ステーキングを行う方はこちら

 

2、NFTの売買で稼ぐ

NFTを売買して稼ぐことも可能です。

BulletChain(バレットチェーン)のNFTはマーケットプレイスで購入することができ、レベルやステータスによって価格が異なります。

レベルが上がるほどNFTの価格が高価になり、より多くのトークンを獲得できるようになります。

 

③スカラーシップで稼ぐ

BulletChain

スカラーシップを利用して稼ぐこともできます。

強力な武器NFTを所持するユーザーが他者に武器をレンタルすることで、報酬としてレンタル料を受け取ることが可能です。

レンタルした武器を使用したユーザーがバトルで勝利すると報酬から一定割合をリーダーにシェアする仕組みです。

自費でガチャやNFTの購入が難しいユーザーは格安でゲームをプレイして稼ぐことができ、レンタルする側は自分でゲームをプレイせずに報酬を得ることができます。

 

④アフィリエイトで稼ぐ

BulletChain

アフィリエイトで稼ぐことも可能です。

BulletChain(バレットチェーン)ではアフィリエイトを採用しており、BulletChain(バレットチェーン)を紹介することで報酬を得ることができます。

仕組みとしては以下のとおり。

  1. 配信者などが招待コードを配布
  2. ファンや視聴者が配信者の招待コードを使って登録する
  3. 招待限定プレゼントを獲得
  4. 課金額の一部が配信者に分配

海外ではTPSゲーム配信で1動画5000万回再生以上稼ぐ配信者も存在します。

日本よりも海外の方がTPSゲームの根強いファンが多いため、アフィリエイトシステムを使うことでそれらのユーザーを巻き込み易くなります。

 

BulletChain(バレットチェーン)の将来性

BulletChain(バレットチェーン)の将来性についても見ていきましょう。

  1. ロードマップが明確
  2. Play to Earnの普及
  3. トークノミクスが理想的

順番に解説します。

 

①ロードマップが明確

BulletChain

BulletChain(バレットチェーン)はロードマップを明確に示しています。

2023年までのロードマップを示しており、以下のような開発を計画しているようです。

 

2022.Q2

  • ティザーサイトの立ち上げ
  • コミュニティーの形成

 

2022.Q3

  • エンジンカスタマイズ
  • LandNFTの発行と先行販売

 

2022.Q4

  • クローズドベータテスト
  • BCNとBULのトークンリリース

 

2023.Q1

  • 新ゲームモード配信
  • シーズンアップデート

 

2023.Q2~

  • メタバースアップデート
  • その他にも...!

ここまではロードマップ通りに推移しており、順調な進捗と言えます。

こんな感じで今後の開発目標が明確なので、将来性が期待できるでしょう。

 

②Play to Earnの普及

今後Play to Earnゲームは仮想通貨に関心が無い一般人の間にまで普及していくと考えられています。

STEPNが爆発的な人気を獲得したことにより、Play to Earnが現実的に可能であることが証明されたからです。

>>STEPN攻略!効率的に稼ぐためのコツ7選【始め方も解説】

このBulletChain(バレットチェーン)をはじめ、My Meta FarmやTitan huntersなど多数の人気Play to Earnゲームがリリースされています。

>>My Meta Farm(マイメタファーム)とは?特徴や始め方、稼ぎ方について解説

>>TITAN HUNTERS(タイタンハンターズ)とは?始め方や稼ぎ方、攻略法を徹底解説

Play to Earnゲーム人気に後押しされ、BulletChainも多くのユーザーに支持される可能性が高いです。

 

③トークノミクスが理想的

BulletChain(バレットチェーン)はトークノミクスが理想的と言えます。

BulletChain(バレットチェーン)のトークノミクス(配分割合)は以下のとおり。

BulletChain

運営チームの保有割合が10%であり、P2Eへの配分が35%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがBulletChain(バレットチェーン)は理想的な割合と言えるでしょう。

 

まとめ:BulletChain(バレットチェーン)は将来性に期待できる

今回はBulletChain(バレットチェーン)の概要や特徴、始め方などについて解説しました。

BulletChain(バレットチェーン)は世界初NFT対応のTPSゲームであり、Play to Earnゲームの人気に後押しされ、今後多くのユーザーを獲得する可能性があります。

BulletChain(バレットチェーン)はスタートして間もないので、今のうちに土地NFTオーナーになることで、先行者利益を得やすくなります。

1月18日(水)からマーケットプレイスで販売開始予定のため、是非購入をして見てください。

まずは土地NFTの購入に必要な仮想通貨をスムーズに買うためにも、今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは仮想通貨を500円から購入できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して少額の10,000円くらいを入金しておきましょう。

 

\ 取り扱い通貨数が国内最大級!/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5