NFT

Wizardia(ウィザーディア)とは?概要や特徴、始め方を徹底解説

 

悩んでいる人
Wizardia(ウィザーディア)というゲームが話題だけどどんなゲームなんだろう?Wizardia(ウィザーディア)の概要や特徴や始め方、稼ぎ方を教えてほしい

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Wizardia(ウィザーディア)の概要
  • Wizardia(ウィザーディア)の特徴
  • Wizardia(ウィザーディア)のゲーム内容
  • Wizardia(ウィザーディア)の始め方
  • Wizardia(ウィザーディア)の稼ぎ方
  • Wizardia(ウィザーディア)の将来性

 

本記事の信頼性

筆者は実際に毎日Play to earnゲームをプレイして仮想通貨を獲得しています。さらに仮想通貨ブログで月200万円の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

ここ最近、プレイすることで仮想通貨が稼げるPlay to earnゲームが人気です。その中でも最近の注目株が「Wizardia(ウィザーディア)」です。

今回は日頃からPlay to earnゲームで仮想通貨を獲得している僕が、Wizardiaの特徴や始め方などを解説していきます。

今回の記事を読むことでWizardiaの始め方がわかるので、楽しく遊びながら仮想通貨を稼げるようになるはずです。

なお、Wizardiaを始めるためには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

Wizardiaを始める事前準備として少額の500円から購入できるコインチェックに無料登録して、イーサリアムなどを購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Wizardia(ウィザーディア)の概要

ゲーム名 Wizardia(ウィザーディア)
対応言語 英語
対応機種 iPhone・Android
ブロックチェーン SOL・BSC
トークン WZRD
公式サイト Wizardia公式サイト

 

WizardiaはWizardiaと呼ばれるモンスターを使って対戦するバトル型のPlay to Earnゲームです。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

3体のWizardiaでチームを作り、他のユーザーやコンピューターに勝利することでWRDを獲得できます。以下のプレイ動画を観ると概要がつかみやすいかと。

 

WizardiaはWZRDを消費して育成することが可能であり、能力が上がることでバトルで勝利する確率が上がるため、より効率的にWZRDを獲得できるようになります。

RPGの要素を取り入れることで従来のバトルゲームと差別化を図っており、ダークファンタジーなコンセプトが魅力。

BSCチェーンとSolanaチェーンを使って開発されており、以下の3つがゲームの柱となっています。

  • 斬新なターン制バトル
  • プレイヤーの意思決定によるゲームの進化
  • キャラクターをアップグレード可能

ターン制のバトルゲームであり、自分と相手が交互に攻撃を行い勝敗を決定します。

勝利することで各種アイテムやWZRDを獲得でき、Wizardの育成や日本円への換金などが可能になります。

Wizardiaはゲームを楽しみながら稼げるため、大注目のゲームとしてTwitter等で話題となっています。

早めに始めておくことで先行者優位に立って、利益を得やすくなるでしょう。

 

Wizardia(ウィザーディア)の特徴

Wizardiaの特徴は以下のとおり。

  1. 対戦型のゲーム
  2. 手頃な初期費用
  3. NFTを売買可能
  4. トークンWZRDを採用

順番に説明します。

 

①対戦型のゲーム

Wizardiaは対戦型のバトルゲームです。

従来のPlay to EarnゲームはMetakeeperやTitan Hunters等、どちらかというと放置型のゲームが多いことが特徴でした。

>>MetaKeeper(メタキーパー)とは?始め方・稼ぎ方を初心者向けに徹底解説

>>TITAN HUNTERS(タイタンハンターズ)とは?始め方や稼ぎ方、攻略法を徹底解説

放置型ゲームはほったらかしでいいので楽ですが、ゲームを楽しんでプレイしている感覚が乏しいのがネックですよね。

その点、Wizardiaは他のプレイヤーやコンピューターと対戦するゲームなので、大人でもワクワクしながら遊ぶことができます。

 

②手頃な初期費用

Wizardiaは手頃な初期費用で始めることができます。

ゲームを始めるのに必要なWizardは安いもので一体約10,000円ほどであり、購入しやすい価格に設定されています。

Wizardは三体必要なので、約30,000円ほどでゲームを始めることが可能。

人気のSTEPNなどは初期費用として30,000円~100,000円程度必要なので、それと比較すると手を出しやすいと言えます。

>>STEPNの初期費用はいくらかかる?原資回収までの日数も紹介

そのため、従来のPlay to Earnゲームの初期費用がネックで始められなかった人でもサクッと始めることができます。

>>Play to Earn(P2E)とは?仕組みや始め方、おすすめゲームを徹底解説

 

③NFTを売買可能

WizardやアイテムはNFTであり、マーケットプレイスで売買可能です。

Wizardにはステータスやレアリティが設定されているため、高いステータスのものやレア度が高いものは高値で取引されています。

このようにゲーム内で育成したWizardや入手したレアアイテムなどをマーケットプレイスで売却することで利益を得ることができます。

NFTの転売で利益を出すコツについては、NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

 

④トークンWZRDを採用

Wizardiaはゲーム内トークンにWZRDを採用しています。

WZRDはバトルに勝利した際やNFT売却などで獲得することができ、BSCとSolana双方で使えるクロスチェーン・トークンです。

ステーキング機能もあるため、WZRDを預けて利益を得ることも可能です。

 

Wizardiaのゲーム内容

続いて、Wizardiaのゲーム内容の詳細について見ていきましょう。

  1. ゲームモード
  2. Play to Earn
  3. NFT
  4. WZRDトークン

順番に解説します。

 

①ゲームモード

シンプルなPvEやPvPの対戦モードから、ウィークリー・チャレンジ・シリーズや勝ち抜きトーナメントまで、いくつかのゲームモードが用意されています。

 

チャレンジャーファイト(PvE)

チャレンジャーファイト(PvE)モードはAI相手のバトルです。PvPでしっかり稼ぐ前に、このモードでゲームに慣れることができます。

 

デュエルファイト(PvP)

デュエルファイト(PvP)は2人のプレイヤーによるリアルタイムバトルで、勝利することでより多くの$WZRDトークンを獲得できます。

 

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)はその週に設定されたバトルに勝利することが目標となるモードです。報酬はプールされており、全プレイヤーが賞金を目指して競い合います。

 

アリーナトーナメント(PvP)

アリーナトーナメント(PvP)は、プレイオフ形式のPvPトーナメントで、参加費と$WZRDおよびNFTの高額な賞金プールが用意されています。プレイヤーは、5回のランダムなPvPバトルを経て、トーナメントへの参加資格を得る必要があります。トーナメントは各Wizardia Seasonの終わりに開催される予定で、1週間続き、土曜日に決勝戦が行われます。

 

ファイナルデストラクション(PvP)

ファイナルデストラクション(PvP)は、世界中にストリーミング配信される世界規模のトーナメントで、7桁の賞金総額が設定されています。Wizardia最強のウィザードを持つ最高のプレイヤーが、シーズン最強のソーサラーとして永遠に記憶されるために戦いを繰り広げます。優勝者は6桁のUSドルの報酬を格闘できますが、敗北したプレイヤーは所持金の大半とトーナメントに参加するために賭けた掛け金等を失います。

 

②Play to Earn

Wizardiaではゲームで遊びながら収益を得ることが可能です。

プレイヤーはWZRDを獲得するために時間・投資・学習の中からひとつの方法を選択することもできますし、複数の方法を組み合わせることもできます。

獲得したWZRDやNFTはゲーム内だけでなく、現実の取引所でも取引可能です。

ゲームバランスを支える2種類のNFTと、ゲーム内通貨としてのWZRDを通じてプレイヤーは以下のような報酬を得ることができます。

  • アリーナでの戦闘の報酬
  • ウィザードのNFTをレンタルするための料金
  • NFTを売却することで得られる収入
  • Genesis NFTsを保有することによる受動的な収入

さらに、現在スカラーシップ機能の開発に取り組んでおり、NFTオーナー・トレーナー・トレーニー間で収益を共有できるようになります。詳細は近日中に発表される予定です。

 

③NFT

Wizardiaでは以下の3種類のNFTが用意されています。

  1. Genesis NFT
  2. Arena Genesis NFT
  3. Wizard NFT

 

Genesis NFT

Wizardiaにおける土地や建物はGenesis NFTとしてプレイヤーや投資家が所有することが可能です。

例えばアリーナはゲームの正式リリース時に最初に追加され、プレイヤー間のすべてのバトルが行われる場所となります。

Wizardiaに他の主要な建造物が追加された場合、随時ジェネシスNFTとして投資可能となる可能性があります。

 

Arena Genesis NFT

Arena Genesis NFTを所有すると、アリーナで取引された取引手数料の一部を受け取ることができます。

Arena Genesis NFTの所有者への支払い額はサイト内で計算可能です。

アリーナの開始(2022年第2四半期)前に、すべてのArena Genesis NFTは自動的にステークされ、保有者は報酬をWZRDで受け取ることができます。

 

Wizard NFT

Wizard NFTは、Wizardiaのゲーム内キャラクターを表します。アリーナでバトルを行うには、プレイヤーは少なくとも3人のウィザードを必要とします。所有するウィザードはアップグレード、トレード、レンタルが可能。

ウィザードの価値は、レアリティ、属性、アビリティによって定義されます。ウィザードリアの神話やウィザードがどのように生まれたかについても細かく設定されています。

Wizard NFTの販売は2022年第1四半期に開始される予定です。

 

④WZRDトークン

WZRDトークンは、Wizardiaゲームおよび将来のメタバースの中核となるユーティリティ・トークンであり、ゲーム内通貨です。

トークンは使用するだけでなく交換も可能。WZRDはBSCとSolana上のクロスチェーン・トークンです。

サステナブルなゲームシステムを構築するため、300,000,000(3億)ドルのWZRDトークンが発行される予定です。Binanceスマートチェーン(BSC)とSolana(SOL)間でトークンの移動が可能です。

WZRDトークンはステーキング、イールドファーミング、およびトレード等の用途を備えたユーティリティトークンとなる予定です。

 

Wizardia(ウィザーディア)の始め方

Wizardiaの始め方は以下のとおりです。

  1. コインチェックで口座開設
  2. コインチェックでイーサリアムを購入する
  3. BINANCEで口座開設
  4. BINANCEにイーサリアムを送金する
  5. BINANCEでBNBを購入する
  6. Metamaskをインストールする
  7. Metamaskに入金する
  8. NFTを購入する

少し手順が多いですが、NFTゲームは全てこうした手順を踏むので最初に取引所の登録を済ませておくと後が楽です。

順番に解説していきます。

 

①コインチェックで口座開設

ゲームを始める前の事前準備として、仮想通貨取引所の口座が必要になります。

ゲームで遊ぶ際にイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるからです。

取引所は複数ありますが、最初はコインチェックをおすすめします。

アプリが使いやすいので初心者でも迷うことなく取引でき、入金もコンビニ入金や銀行振込、クイック入金など幅広く対応しています。

国内でも最大手な取引所ですし、口座開設はもちろん無料なのでサクッと開設しておきましょう。

>>コインチェックで無料で口座開設する

 

②コインチェックでイーサリアムを購入する

コインチェックで口座を開設できたらイーサリアムを購入します。

ゲームを始める際に必要となるNFT購入にイーサリアムが必要になるからです。

イーサリアムの購入の手順は、【初心者向け】イーサリアム(ETH)の買い方・購入方法を解説【画像付き】で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

③BINANCEで口座開設

続いて、海外取引所のBINANCE(バイナンス)で口座開設をしておきます。

ブロックチェーンゲームをプレイする際に必要となる仮想通貨が海外取引所でしか買えない場合が多いからです。

BINANCEの口座開設手順は以下の記事を参考にしてください。

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

④BINANCEに仮想通貨を送金する

BINANCEへの登録が完了したら入金が必要です。しかしBINANCEは海外取引所なので、日本円を直接入金することができません。

そのため、あらかじめ購入しておいた仮想通貨を国内取引所からBINANCEへ送金する必要があります。

今回はコインチェックを使った画面で説明します。今回はイーサリアムを使った手順ですが、ビットコインやリップル等好きな通貨を送金してOKです。

 

Pancakeswap⑤

 

  1. Coincheckのコイン送金画面から、「Ethereumを送る」を選択
  2. 送金先リストにコピーしたERC20アドレスをペースト
  3. 送金したいETHの金額を入力
  4. 「送金する」ボタンをクリック

 

初めて仮想通貨の送金をする方はまず少額で送金テストを行ってください。

送金でミスすると最悪自分のお金を失うことになります。

まず少額で送金してみて問題ないことを確認してから、残りの資金を送金するようにすると安心です。

 

⑤BINANCEでBNBを購入する

続いて、BINANCEでゲームに必要となる仮想通貨を購入します。

まずはBNBが必要になるので、BNBを購入しておきます。

BINANCEでの仮想通貨の買い方は以下の記事を参考にしてください。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

⑥Metamaskをインストールする

ブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットが必要です。

オススメはイーサリアム系ウォレットのMetaMaskです。

まだ導入していない方は以下の記事を参考にインストールしておきましょう。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑦Metamaskに入金する

仮想通貨ウォレットにゲームをプレイするために必要な仮想通貨を送る必要があります。

そのため、BINANCEで購入したBNBをMetaMaskに入金しておきましょう。Metamaskへの入金方法は以下の記事を参考にしてください。

>>MetaMask(メタマスク)とは?使い方や入金・出金方法、各種ネットワーク設定を徹底解説!

 

⑧NFTを購入する

続いて、公式サイトとウォレットを連携してNFTを購入すればプレイ可能になります。

稼ぐためには最低3体以上のNFTキャラクターが必要になるので、予算に応じて好きなキャラクターを選びましょう。

 

Wizardia(ウィザーディア)の遊び方・稼ぎ方

Wizardiaの稼ぎ方は以下の3つ。

  1. バトルで稼ぐ
  2. NFT売買で稼ぐ
  3. ステーキングで稼ぐ

順番に解説していきます。

 

①バトルで稼ぐ

1つめがバトルで稼ぐ方法です。

以下の5つのバトルモードが設定されており、それぞれ勝利することでWZRDを獲得することができます。

  1. チャレンジャーファイト(PvE)
  2. デュエルファイト(PvP)
  3. ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)
  4. アリーナトーナメント(PvP)
  5. ファイナルデストラクション(PvP)

 

チャレンジャーファイト(PvE)

チャレンジャーファイト(PvE)モードはAI相手のバトルです。PvPでしっかり稼ぐ前に、このモードでゲームに慣れることができます。

 

デュエルファイト(PvP)

デュエルファイト(PvP)は2人のプレイヤーによるリアルタイムバトルで、勝利することでより多くの$WZRDトークンを獲得できます。

 

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)

ウィークリーチャレンジシリーズ(PvE)はその週に設定されたバトルに勝利することが目標となるモードです。報酬はプールされており、全プレイヤーが賞金を目指して競い合います。

 

アリーナトーナメント(PvP)

アリーナトーナメント(PvP)は、プレイオフ形式のPvPトーナメントで、参加費と$WZRDおよびNFTの高額な賞金プールが用意されています。プレイヤーは、5回のランダムなPvPバトルを経て、トーナメントへの参加資格を得る必要があります。トーナメントは各Wizardia Seasonの終わりに開催される予定で、1週間続き、土曜日に決勝戦が行われます。

 

ファイナルデストラクション(PvP)

ファイナルデストラクション(PvP)は、世界中にストリーミング配信される世界規模のトーナメントで、7桁の賞金総額が設定されています。Wizardia最強のウィザードを持つ最高のプレイヤーが、シーズン最強のソーサラーとして永遠に記憶されるために戦いを繰り広げます。優勝者は6桁のUSドルの報酬を格闘できますが、敗北したプレイヤーは所持金の大半とトーナメントに参加するために賭けた掛け金等を失います。

 

②NFT売買で稼ぐ

2つめがNFT売買で稼ぐ方法です。

Wizardiaのゲームを通じて獲得したWizardや土地・建物等はNFTマーケットプレイスで売買可能です。

NFTにはレアリティやステータスが設定されており、レア度が高いものや高ステータスのものは高値で売ることができます。

また、安く購入したNFTの価値が上がったタイミングで売ることで売却益を得ることも可能です。

NFT転売のコツについては、【保存版】NFT転売のやり方を徹底解説!転売を成功させるコツも紹介で詳しく解説しているのでよかったら併せてご覧ください。

 

③ステーキングで稼ぐ

WZRDのステーキングで稼ぐこともできます。

ステーキングとは仮想通貨を預けることで報酬として利息分の仮想通貨がもらえる仕組みのことです。

>>仮想通貨の「ステーキング」とは?利益を得る仕組みを解説

以下のステーキングプールにWZRDを預けることで報酬としてWZRDが付与されます。

プールは先着順で満杯になり、満杯になると次のステーキング期間までステーキングすることはできません。

 

Wizardia(ウィザーディア)の将来性

Wizardiaの将来性についても見ていきましょう。

  1. 多数の企業と提携
  2. トークノミクスが理想的
  3. ロードマップが明確

順番に解説します。

 

①多数の企業と提携

Wizardiaはすでに様々な企業・プロジェクトと提携を果たしています。

CRT CAPITALやSCORPIO VCなど有名プロジェクトが多数名を連ねています。

今後新たな企業・プロジェクトと提携する可能性もあるため、Wizardiaの信頼性や実用性がより評価されそうです。

 

②トークノミクスが理想的

Wizardiaはトークノミクス(配分割合)が理想的と言えます。

Wizardiaのトークノミクスは以下のとおり。

運営チームの保有割合が18%であり、プレイヤーへの報酬が40%となっています。

運営の保有割合が多いと、トークンの持ち逃げなどのリスクがありますがWizardiaは理想的な割合と言えるでしょう。

 

③ロードマップが明確

Wizardiaはロードマップを明確に示しています。

2022.Q4までのロードマップを示しており、内容としては以下のとおりです。

 

2022.Q2

  • バトルアリーナゲーム(α)
  • トーナメント方式
  • ウィザードNFTの売上
  • コミュニティ 400k

 

2022.Q3

  • Tier 1 CEXに上場
  • 世界大会
  • 拠点構築
  • マーケットプレイス
  • コミュニティ 600k

 

2022.Q4

  • ゲーム本編のリリース
  • VR/ARインテグレーション
  • モバイルアプリ
  • コミュニティ 800k

 

新規上場やVR分野への進出など今後の開発目標が明確なので、将来性に期待が持てそうです。

 

まとめ:Wizardia(ウィザーディア)は将来性に期待できる

今回はWizardiaの概要や特徴、始め方などについて解説しました。

WizardiaWizardiaはPlay to earnの普及に伴い、今後人気を集めることが予想されます。

Wizardiaはスタートして間もないので、今のうちに始めることで初期ユーザーとして先行者利益を得やすくなります。

なお、Wizardiaで効率的に稼ぐためには、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、スムーズに始めるためにも今のうちに口座開設を済ませておくべき。

オススメは最短1日で口座開設できるコインチェックです。口座開設はもちろん無料なのでサクッと口座開設して入金も済ませておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-NFT
-, , , ,

© 2023 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5