MONEY

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)とは?概要や特徴、今後の将来性を解説

lamden_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のLamden(TAU)について詳しく知りたい。Lamden(TAU)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Lamden(TAU)の概要
  • Lamden(TAU)の特徴
  • Lamden(TAU)の価格推移
  • Lamden(TAU)の将来性
  • Lamden(TAU)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から20種類ほどの暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手暗号資産(仮想通貨)メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

暗号資産(仮想通貨)のLamden(TAU)ってどんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

Lamden(TAU)は、アメリカのLAMDEN社が提供するブロックチェーンとアプリケーション作成を容易にできるプラットフォーム「Lamden」内で使用される暗号資産(仮想通貨)です。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用しているぼくが、Lamden(TAU)の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとLamden(TAU)の概要や特徴が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

なお、Lamden(TAU)を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)の概要

lamden01

出典:Lamden公式サイト

 

名称 Lamden
通貨単位 TAU
仮想通貨ランキング 793位(2021.11月23日現在)
価格 ¥23.41(2021.11月23日現在)
時価総額 ¥3,329,218,703(2021.11月23日現在)
公式サイト Lamden公式サイト
ホワイトペーパー Lamdenホワイトペーパー
購入できる取引所 Pancake swap、Txbit

 

Lamden(TAU)は、LAMDEN社が提供する新たなブロックチェーンとアプリケーション作成を簡単にする「Lamden」で使用される暗号資産(仮想通貨)です。

 

Lamden(TAU)の概要については、以下の動画を観るとわかりやすいです。

 

 

LamdenとTAUを利用することで、従来よりも簡単にかつ低コストでブロックチェーンを活用したアプリなどを開発できるようになります。

 

特にDefiで利用される次世代のdAppsの開発が容易になるため、今後の需要増加が期待されています。

 

仮想通貨
【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

続きを見る

 

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)の特徴

lamden02

出典:Lamden公式サイト

 

Lamden(TAU)の特徴は以下のとおり。

 

  1. TAUトークン
  2. Saffron
  3. Flora
  4. CLOVE

 

①TAUトークン

 

TAUは、Lamdenブロックチェーンを動かす通貨です。これにより、アプリの売買や取引承認などのやり取りを含むトランザクションの支払いが可能になります。

 

Lamden BlockchainでTAUを使う場合は高速処理と低コストが特徴であり、1秒未満の処理時間で0.6 TAU未満のガス料金で済むためLamdenは多くの人にとって利便性の高いプラットフォームとなります。

 

LamdenNetworkのトランザクションと処理能力に対して支払う単位を「スタンプ」と呼んでいます。スタンプ価格は、マスターノード/デリゲートのコミュニティによる投票によってのみ変更できます。

 

現在、TAUには36個のスタンプがあります。通貨取引には常に19スタンプがかかりますが、費用が固定されているので計算の必要も無いのでわかりやすいことが特徴です。

 

TAUは、取引所から購入するか、誰かから支払いを受けることで購入できます。

 

②Saffron

 

Saffronは、開発のための機能をパッケージした開発アプリです。このアプリケーションを通じて、複雑なアプリ開発を簡略化されたAPIを通じて簡単にできるようになります。

 

あらかじめ構築されたテンプレートを使用することで、各プロジェクトにブロックチェーンの機能を簡単に実装することができます。

 

自社にブロックチェーンのスキルや知識が無くても、Saffronを使えばDappsアプリ開発などが可能になります。

 

暗号資産(仮想通貨)のCOCOSなども開発キット(SDK)を提供しています。COCOSについては以下の記事で詳しく紹介しています。

 

COCOSlogo-min
仮想通貨Cocos-BCX(ココス/COCOS)とは?概要や特徴・今後の将来性を解説

続きを見る

 

③Flora

 

Floraは、イーサリアムと他のスマートコントラクト機能との連携ができる分散型パッケージマネージャです。

 

イーサリアム(ETH)logo
【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

続きを見る

 

分散型パッケージマネージャを使用することで、開発でよく使うコードを開発者間で共有できるため、開発が効率化します。

 

これにより、従来よりも少ない人員、時間、コストで開発ができるようになり、迅速かつ安価なアプリ開発が可能になります。

 

④CLOVE


Cloveは、異なるチェーン間のアトミックスワップを可能にする機能です。

 

アトミックスワップとは、異なるブロックチェーン上の暗号資産(仮想通貨)を、取引所を使わずに直接交換する技術のことを指します。

 

アトミックスワップに対応していると、以下のようなメリットがあることが特徴です。

 

  • 支払いが容易
  • 取引手数料がタダ
  • 取引時間短縮

 

例えば、ビットコインのような特定の通貨だけしか対応していない店舗でも、アトミックスワップでTAUで支払可能になります。

 

ビットコイン
ビットコイン(BTC)の今後の予想や将来性を徹底解説

続きを見る

 

アトミックスワップは、Lamdenの大きな特徴のひとつであり、その利便性の高さから今後需要が増すと考えられています。

 

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)の価格推移

lamdenチャート

 

この数ヵ月価格が上昇トレンドにあることがわかります。

 

現在は比較的安定して推移していますが、容易にアプリ開発ができるLamden(TAU)注目が集まる可能性が高いです。

 

さらに、ビットコインをはじめとする仮想通貨全般の価格が上昇トレンドにあるので、Lamden(TAU)の価格の後押しとなるでしょう。

 

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)の将来性

lamden03

出典:Lamden公式サイト

 

続いて、Lamden(TAU)の将来性について見ていきましょう。

 

  1. 金融市場との統合
  2. 徹底した分散化
  3. オンボーディングの向上

 

①金融市場との統合

 

Lamden(TAU)は金融市場との統合を優先事項としています。

 

この優先事項の中心は、製品を直接「ビジネス化」することなく、継続的に資金を提供できるシステムを構築することです。オープンソースソフトウェアの最大の問題の一つは、収益化モデルの構築です。いわば水の流れに逆らうのではなく、ファイナンシャル・マネージャーやプランナーなどと協力して、時代の流れを賢い方法で利用し、売上を確保することを考えています。

 

革新的なファイナンシャルプランナーやオピニオンリーダーと協力することで、金融業界の中でより深い関係を築くことが可能になります。

 

この問題を解決するのが、DEXや分散型台帳とLamdenは考えており、新しい技術を提供し、金融機関の内部で活躍している人々とパートナーシップを築いていくことを計画しています。

 

②徹底した分散化

 

Lamden(TAU)コミュニティからは、より包括的なネットワーク体験のために、より大規模な分散化の取り組みを望む声が上がっています。

 

そのため、Lamdenはネットワークをできるだけ多くのノードに拡張するためのソリューションを検討中です。Lamdenの目標は、処理ノードを無制限に拡張できるネットワークアーキテクチャを提供することで、コミュニティメンバーの10%ではなく、1,000人がオンラインでノードを実行できるようにすることを目指しています。

 

現在、ソリューションの候補としてShardusを検討していますが、オープンソースであることについて交渉が難航しています。Shardusはまだ開発中で、彼らは準備が整うまでコードのオープンソース化には消極的です。Lamdenはできるだけ早く分散化の取り組みを終えたいと考えていますが不透明な点が多いのが実情です。LamdenはShardusと連絡を取り合っており、彼らの準備が整えば計画を進めることができます。

 

Lamdenの主な当面の目標は、現在のアーキテクチャを100ノードにすることです。その後も需要があれば、より深い分散化の取り組みに資源を投入していきます。そうでない場合は、別のアーキテクチャの方が後々より効率的にスケールアップできると考えても、ネットワークをそのまま稼働させる予定です。

 

③オンボーディングの向上


Lamdenはオンボーディング・エクスペリエンスの最適化を行います。

 

オンボーディングとは、組織やサービスに新たに加入した人をサポートし、慣れてもらう活動のことです。Lamdenはコンバージョン率を最適化するために、素晴らしいスキルと能力を持つコミュニティメンバーと協力しています。

 

開発者がLamdenでのローンチをサポートする材料として、ウェブサイト、ドキュメント、オンライン資料などのマーケティング資料を充実させることに注力する予定です。

 

暗号資産(仮想通貨)Lamden(TAU)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Lamden(TAU)は現在のところ国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

ちなみに、おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%がオフになります。

 

\ 世界最大級の取引所/

BINANCE公式サイト

 

ちなみに、海外取引所でLamden(TAU)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでLamden(TAU)を購入する

 

なので、Lamden(TAU)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

まとめ:Lamden(TAU)はdapps開発のシェアを握る可能性がある

まとめ:XinFin(XDC)は今後のDefi需要増加で価格上昇が見込まれる

 

今回はLamden(TAU)について解説いたしました。

 

Lamden(TAU)は、ブロックチェーンとアプリケーション作成を簡単にするプラットフォームであり、今後のDefi市場の拡大により需要が増加する可能性が高いです。

 

Lamden(TAU)は2021年11月現在で、22くらいと格安なので、試しに10,000円分くらいを購入しておくと将来利益が出るかもしれません。

 

lamden価格

 

繰り返しになりますが、Lamden(TAU)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Lamden(TAU)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで無料口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

関連記事

仮想通貨SHIBA INU(SHIB)の買い方はこちらで画像付きで解説しています。

SHIBAINUrogo
【画像付き】仮想通貨SHIBA INU(SHIB/柴犬コイン)の買い方の手順を解説

続きを見る

仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5