MONEY

【初心者向け】仮想通貨/ビットコインのスプレッドとは?スプレッドが狭い取引所3選

仮想通貨

 

悩んでいる人
仮想通貨のスプレッドって何なんだろう?取引所によってスプレッドの幅が違うみたいだけど、どの取引所を選べばいいかわからない。スプレッドが狭いおすすめの取引所を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 仮想通貨のスプレッドとは?
  • 仮想通貨のスプレッドはなぜ発生するか
  • 仮想通貨は販売所と取引所でスプレッドが異なる
  • スプレッドが狭いおすすめの仮想通貨取引所3選

 

本記事の信頼性

筆者は2017年から仮想通貨を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のスプレッドって何なんだろう?スプレッドを小さく抑えるにはどの取引所を使えばいいんだろうか?

 

そう思って悩んでいませんか?

 

スプレッドは仮想通貨投資における買値と売値の差額のことです。

 

スプレッドは運用損益に影響を与えますが、初心者はつい見逃してしまいがちです。

 

そこで今回は、スプレッドについての概要とスプレッドが狭いおすすめの取引所をご紹介していきます。

 

この記事を読むと仮想通貨を購入する際に使うべきスプレッドの狭い取引所がわかるので、安心して仮想通貨を購入できるようになります。

 

初心者が仮想通貨投資を安全に始める方法については、【初心者向け】安全に仮想通貨を始める方法【3つの手順で解説】で詳しく解説しています。

 

仮想通貨のスプレッドとは?

仮想通貨

 

スプレッドとは、通貨を売買する際の買値と売値の価格差のことです。

 

例えば、コインチェックでのビットコインの購入価格は以下のとおり。

 

コインチェック購入

 

一方、売却価格は以下のとおりです。

 

コインチェック売却

 

購入価格が3,712,200円に対し売却価格が3,492,600円であり、購入価格から売却価格を引いたものがスプレッドです。

 

  • 3,712,200円-3,492,600円=219,600円

 

この219,000円がスプレッドです。



仮想通貨取引所は仮想通貨の在庫を確保する必要があるため、本来の価格に手数料などを上乗せした価格をユーザーに提示しています。

 

例えばスプレッドが5%であれば5%の手数料を取引所に払っていること同じになるので、スプレッドは狭い方が良いことがわかります。

 

仮想通貨のスプレッドはなぜ発生するか

暗号資産(仮想通貨)

 

仮想通貨の売買は取引所形式と販売所形式があり、コインチェックの例ですがそれぞれ以下のような違いがあります。

 

販売所と取引所の違い

 

  • 取引所:ユーザー同士が希望する価格で売買
  • 販売所:仮想通貨取引所がユーザー間に入り、販売所がユーザーと売買する

 

たとえば、取引所では「100万円でビットコインを売却したい」と思っても購入するユーザーがいなければ売買が成立しません。

 

一方、販売所では「100万円でビットコインを売却」と条件を提示すれば、100万円で売却できます。

 

販売所においては仮想通貨取引所が買い手と売り手を見つける手間が生じるので、販売所は売却時には利益分を上乗せした価格で販売し、購入時にはあらかじめ利益分を差し引いた価格で購入します。

 

このような理由で、購入価格と売却価格にスプレッドが発生します。

 

スプレッドの幅は仮想通貨取引所によってことなりますが、3%~8%程度のところが多いようです。

 

仮想通貨は販売所と取引所でスプレッドが異なる

仮想通貨

 

基本的なこととして、仮想通貨の購入の際には、「販売所」ではなく「取引所」を使うのがポイントです。

 

なぜなら、スプレッドが発生するのは販売所での売買時のみだからです。

 

取引所形式での売買はユーザー同士で条件がマッチした価格で取引が成立し、スプレッドは発生しません。

 

取引所ではスプレッドがかからない代わりに「取引手数料」がかかりますが、価格の0.1%ほどであり、3%以上のスプレッドと比較すると各段に安いです。

 

取引所は取引画面などが少し難しいため、慣れるまでに時間はかかりますが取引コストをできるだけ抑えるためにも取引所での売買をおすすめします。

 

スプレッドが狭いおすすめの仮想通貨取引所3選

スマホでお金

 

おすすめの取引所は、Coincheck、GMOコイン、bitFlyerの3つです。

 

それぞれの取引所の特徴を解説していきます。

 

①Coincheck

コインチェック

 

一番のオススメはコインチェックです。取引所形式でスプレッドを抑えて取引することが可能です。

 

コインチェックはマネックスグループ株式会社のグループ会社であり、2012年に仮想通貨取引所としてサービスを開始しました。コインチェックについては、コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しています。

 

ダウンロード数NO.1

 

Coincheckはアプリダウンロード数が270万以上と国内最多です。

 

コインチェックアプリ画面

出典:コインチェック

 

画面の見やすさとわかりやすい操作性で初心者にもとても人気があります。

 

僕自身もよくコインチェックのアプリで仮想通貨を売買していますが、快適なので特に不満はありません。

 

取り扱い通貨数が国内最多

 

また、取扱い通貨が国内取引所で一番多く、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨以外にも合計15種類の銘柄を取引できます。

 

取引はスマホ画面からワンタップで簡単に買うことができます。

 

口座開設ははとても簡単でサクッと5分でできるので、この機会に口座を作っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

②GMOコイン

GMOコインTOP

 

2つめはGMOコインです。

 

GMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所で、高性能な取引ツールを提供しているのが特徴。GMOコインについては、GMOコインとは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説で詳しく解説しています。

 

GMOコインでは「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」の全てが無料なので、どの取引所よりも安く、暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。

 

また、取引所形式を採用しているので、スプレッドが圧倒的に狭いため取引コストを抑えることができます。

 

取引手数料が無料

 

暗号資産(仮想通貨)売買の取引手数料は無料で、24時間365日の取引が可能。

 

売買を積極的にしたいという方には最適の取引所と言えます。

 

高性能チャート「TradingView」を提供


GMOコインは、販売所と取引所の両方の販売形式を提供しています。

 

取引所では、投資家達に人気の高性能チャート「TradingVeiw」を使うことができます。

 

tradingview

 

本格的にチャートで値動きを見ながら、じっくりと暗号資産(仮想通貨)の取引をしたい人に最適の取引所です。

 

PC・スマホそれぞれに取引ツールを用意していて、スマホでも数種類のチャートや複数のテクニカル指標を利用可能です。

 

GMOコインで口座開設する

 

③bitflyer

ビットフライヤー

 

3つめはbitFlyerです。bitFlyerについては、bitFlyer(ビットフライヤー)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設手順を解説で詳しく解説しています。

 

絶大な知名度を誇り、初心者でも簡単にを購入することができます。

 

シンプルなチャート・取引画面で使いやすいため、初心者から上級者にまで支持されている取引所です。

 

信頼性が高い

bitFlyer株主



ビットフライヤーは資本金が40億円と潤沢であることや、SMBCベンチャーキャピタルやみずほキャピタル、電通といった大手企業からの出資を受けています。

 

さらに、国内取引所のコインチェックやZaifは過去にハッキングの被害を受けていますが、bitFlyerは一度もハッキング被害にあったことがなく、高いセキュリティ性を誇っています。

 

こうした理由から、倒産リスクを最小限に抑えることができ、かつ安定した運営やセキュリティ性の高いサービスを受けることができます。

 

補償制度がある


ビットフライヤーでは、万が一ハッキング被害にあってしまった場合、最大500万円までを補償してくれます。

 

 

このような補償制度がある取引所は国内ではbitFlyerとコインチェックのみ。

 

そのため万が一の際の補償を求めてbitFlyerを選ぶ人が多くなっています。

 

bitFlyerで口座開設する

 

仮想通貨のスプレッド・手数料を取引所で比較

クアンタムの概要

 

  コインチェック GMOコイン ビットフライヤー
取引手数料 無料 無料 無料
入金手数料 無料 無料 無料
出金手数料 400円 無料 220~770円
送金手数料 0.001BTC 無料 0.0004BTC
スプレッド 広め 狭め 広め

 

上記のように手数料などを比較すると最もコストを抑えて取引することができるのはGMOコインなどが挙げられます。

 

手数料の安さも重要ですが、それ以上に重要なのがセキュリティ面です。

 

過去には「Zaif」や「Binance」などの大手取引所もハッキングの被害にあっています。ZaifとBINANCEについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>>Zaif(ザイフ)とは?概要やメリット・デメリット、口座開設方法を解説

>>BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

ハッキングの原因は取引所のセキュリティ対策の弱さにあることが多いので、セキュリティがしっかりした信頼できる取引所を選ぶのが重要です。

 

まとめ:スプレッドの狭い仮想通貨取引所を選んで賢く売買しよう

投資

 

今回は仮想通貨売買にオススメのスプレッドが狭い取引所を3つご紹介しました。おさらいすると以下のとおり。

 

おすすめ取引所

 

こちらの取引所を選ぶようにすると失敗しないはずです。

 

その中でもCoincheck(コインチェック)は、初心者向けに特にオススメの取引所です。

 

Coincheckは取り扱い通貨が多いことや、取引画面が使いやすいことから初心者~上級者まで多くの人に利用されています。

 

「スプレッドを抑えて仮想通貨を購入してみたい」という方は、ひとまずCoincheckに登録しておくと安心ですよ。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨のおすすめ銘柄についてはこちらで詳しく解説しています。

アルトコイン
仮想通貨おすすめ銘柄&取引所ランキング!今後伸びる可能性が高い通貨を紹介

続きを見る

 

海外取引所も含めたおすすめ取引所については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

ビットコイン(BTC)の価格予想
【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5