MONEY

仮想通貨Cocos-BCX(ココス/COCOS)とは?概要や特徴・今後の将来性を解説

COCOSlogo-min

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のCocos-BCX(ココス/COCOS)について詳しく知りたい。ココス(COCOS)の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • ココス(COCOS)の概要
  • ココス(COCOS)の特徴
  • ココス(COCOS)の展望
  • ココス(COCOS)の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にココス(COCOS)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のココス(COCOS)について知りたい!どんな特徴があるんだろう」と悩んでいませんか?

 

ブロックチェーンゲームの開発においては、ゲーム開発スキルやブロックチェーンの知識の両方が必要になるため、開発のハードルが高いのが現状です。

 

Cocos-BCXは簡単にブロックチェーン上でゲームやDappsなどを開発することができるプラットフォームなので、ココス(COCOS)を利用することでブロックチェーンゲームの開発が容易になります。

 

今回は実際にココス(COCOS)を保有しているぼくが、ココス(COCOS)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでココス(COCOS)に関する理解が深まるはずです。

 

また、ココス(COCOS)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどの海外取引所を使う必要があります。BINANCEについては、BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説で詳しく解説しています。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

ココス(COCOS)の概要

COCOSlogo2

 

ココス(COCOS)とは、中国のChukong Technologiesによって開発されたゲームフレームワークのことで、2Dゲーム開発に最適化されており、ゲーム開発に必要な機能を多く実装しています。

 

日本でもココス(COCOS)の技術が活用されており、以下のゲームはココス(COCOS)を利用して開発されています。

 

  • モンスターストライク
  • LINE:ディズニー ツムツム
  • 剣と魔法のログレス
  • ブレイブフロンティア
  • FINAL FANTASY Record Keeper
  • ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

 

有名ゲームが多いので聞いた事のあるタイトルが多いと思います。

 

このように、コナミやスクウェア・エニックスなど大手メーカーで採用されているため、実用性の高さが証明されています。

 

ココス(COCOS)の特徴

仮想通貨のステーキングで利益を得られる仕組み

 

ココス(COCOS)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ゲーム用ブロックチェーンに特化
  2. クロスチェーン対応を視野
  3. SDK導入により容易な開発が可能
  4. コミュニティが発達

 

①ゲーム用ブロックチェーンに特化

 

通常のゲーム系ブロックチェーンでは、従来のプログラミング言語には対応していないことがほとんどでした。

 

そのため、新たにブロックチェーン言語を習得する必要がありましたが、ココス(COCOS)はこの点を改良しています。

 

 

ココス(COCOS)を活用する場合は新たにブロックチェーン言語を習得する必要はありません。従来のプログラミング言語を使ってブロックチェーンゲームの開発が可能になります。

 

②クロスチェーン対応を視野

 

ココス(COCOS)はクロスチェーンに対応することも計画しています。

 

クロスチェーンとは、通常接続できないブロックチェーン同士を接続できる技術で、異なるブロックチェーンを連携することができます。

 

この技術により、他のブロックチェーンを活用して作られたゲームをそのままココス(COCOS)に移植することが可能です。

 

従来のゲームにおいてはそのブロックチェーンにおける特定の通貨しか使うことができませんでしたが、クロスチェーン技術によってココス(COCOS)でビットコインやイーサリアムなど様々な通貨を使うことが可能になり、ユーザーの利便性が向上します。

 

③SDK導入により容易な開発が可能


SDKとはソフトウェア開発用キッド(Software Development Kid)の略で、ゲームなどのソフトウェアを開発するためのフレームワークです。

 

ココス(COCOS)ではより簡単にブロックチェーンが開発できるように、5つのSDKをオープンソース化しており誰でも閲覧可能です。

 

SDKを使うことでブロックチェーンの知識がない開発者でも、従来のプログラミング言語を使ってブロックチェーンゲームが開発できるようになります。

 

④コミュニティが発達


Cocos-BCXはコミュニティも発達しており、中国のみならず日本でもユーザーが増えています。


日本向けのTwitterアカウントの「 Cocos-BCX Japan Official」のフォロワーは約1,1万人に上ります。

 

 

ココス(COCOS)の今後の展望

ビットコイン上昇

 

続いて、ココス(COCOS)の今後の展望について解説していきます。以下のように好材料が多いことから将来性が見込まれています。

 

  1. 多くの開発者が参加
  2. 大手海外取引所バイナンスに上場
  3. 大企業からの出資

 

①多くの開発者が参加


現在、ココス(COCOS)には約130万人ほどの開発者が登録されています。

 

たくさんの開発者が登録しており、ゲーム開発に必要な環境も整えていく予定なので、さらに開発者が増えると見込まれています。

 

②大手海外取引所バイナンスに上場

 

ココス(COCOS)はBINANCEに上場しています。

 

 

BINANCEに上場する際は費用がかかるため、IEOなどで資金調達をするのが普通ですが、ココス(COCOS)はIEOを行わずに0円で上場しています。

 

IEOとは「Initial Exchange Offering」 の略称で、新規上場するトークンをBINANCEなどの取引所が先行販売する仕組みのことです。

 

これは審査の厳しいBINANCEがココス(COCOS)の高い将来性を認め、取り扱うメリットが大きいと判断したことによるものです。

 

BINANCEで取引できる通貨ペアは以下の3種類です。

 

  • COCOS/BNB
  • COCOS/BTC
  • COCOS/USDT

 

BNBやBTCなどメジャー通貨とのペアなので誰も気軽に買えるようになっています。BNBとBTCの詳細については、以下の記事をご参照ください。

>>【仮想通貨】バイナンスコイン(BNB)とは?特徴・今後の展望などを解説

>>【初心者向け】ビットコインの基礎知識について解説【利益200万】

 

③大企業からの出資


Cocos-BCXは以下のような複数の大企業からの出資を受けています。

 

  • NGC
  • Binance Lab
  • INBlockchain
  • Dfund
  • 500Startups
  • BlockVC
  • OK Blockchain Capital
  • Yisu Capital
  • Grand Shores Fund
  • FreeS FUND

 

上記以外にも多くの企業がCocos-BCXに出資をしています。

 

Cocos-BCXはこうした大企業や投資家から40億円以上の資金調達に成功しています。

 

また、TRONやEOSなどの人気の仮想通貨とも提携しているため、ニーズの高まりによりココス(COCOS)の価格上昇の後押しとなります。

 

EOSについては、仮想通貨EOS(イオス) とは?概要や特徴、今後の展望を紹介で詳しく解説しています。

 

ココス(COCOS)の購入方法

仮想通貨を購入

 

ココス(COCOS)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の多さや、手数料の安さなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でココス(COCOS)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでココス(COCOS)を購入する

 

なので、ココス(COCOS)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:ココス(COCOS)は今後の将来性に期待できる

飛翔

 

今回はココス(COCOS)について解説してきました。

 

ココス(COCOS)の発行元であるCocos-BCXは開発キッドを提供しており、開発が容易であることと手厚いサポート体制により今後多くのゲームが開発されると見込まれています。

 

現在、ココス(COCOS)のプレイヤーは全世界で約8億人に上ると見られており、魅力のあるゲームを供給することで需要が増し、ココス(COCOS)の価格上昇につながります。

 

ココス(COCOS)は2021年7月現在で0.5くらいと手ごろな価格なので、先行投資として30,000円分くらいを保有しておくと将来上昇するかもしれません。

 

繰り返しになりますが、ココス(COCOS)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、ココス(COCOS)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

将来有望なアルトコインについてはこちらで紹介しています。

アルトコインロゴ
【2021年版】将来有望なアルトコインのおすすめ銘柄5選【上がる】

続きを見る

 

今後伸びそうな草コインについてはこちら。

アルトコイン
【2021年6月更新】おすすめの草コイン厳選5選!購入方法も紹介

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5