MONEY

仮想通貨RAMP (ランプ) とは?概要や特徴、将来性を解説

RAMP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のRAMP (ランプ) について詳しく知りたい。RAMP (ランプ) の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • RAMP (ランプ) の概要
  • RAMP (ランプ) の特徴
  • RAMP (ランプ) の将来性
  • RAMP (ランプ) の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際に2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用し、収益をあげています。さらに複数の大手仮想通貨メディアで記事を執筆中です。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

仮想通貨のRAMP (ランプ) の特徴が知りたい。どこで買えるのかな」と悩んでいませんか?

 

RAMP (ランプ) 既存の金融サービスとブロックチェーンを連携させることを目的に進められているプロジェクトです。

 

今回は2017年から複数の暗号資産(仮想通貨)を運用をしているぼくが、RAMP (ランプ) の概要や特徴、将来性などを解説していきます。

 

この記事を読むとRAMP (ランプ) のことが理解できるので、安心して保有することができるはずです。

 

なお、RAMP (ランプ) を入手するにはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

仮想通貨RAMP (ランプ)の概要

ramp①

出典:https://www.rampdefi.com/

 

RAMPとは、マルチチェーンのDeFi貸付プラットフォームです。

>>【大注目】仮想通貨Defiとは?仕組みや稼ぎ方を解説【よくわかる】

 

資産預金に対してrUSDステーブルコインを借りることができ、rUSDの流動性をネットワーク間でシームレスに転送します。

 

rUSDステーブルコインに対しても利息がつくため、高い利回りで運用できることが特徴です。

 

仮想通貨RAMP (ランプ)の特徴

ramp②

出典:https://www.rampdefi.com/

 

RAMP (ランプ)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 最適化された貸付
  2. ステーブルコインの流動性を借りる
  3. クロスチェーンrUSD転送

 

最適化された貸付

 

RAMPは、Binance SmartChainおよびPolygon内の担保資産の最高の預金利回りと最低の借入手数料のいくつかをユーザーに提供するDeFi貸付プラットフォームです。

 

BinanceTOP
バイナンススマートチェーン(BSC)とは?概要や特徴、始め方を解説

続きを見る

PolygonTOP
仮想通貨Polygon(Matic)とは?概要や特徴、将来性を徹底解説

続きを見る

 

ステーブルコインの流動性を借りる

 

資産預金を担保することで、ステーブルコインであるrUSDを借りることができます。PancakeSwapやQuickSwapなどのAMMで直接rUSD流動性を利用して、購入したいトークン資産と交換することができます。

 

PancakeswapTOP
PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?始め方を徹底解説

続きを見る

 

クロスチェーンrUSD転送

 

担保資産は引き続き高利回りを生み出しますが、借りたrUSDはネットワーク間でシームレスに転送できます。つまり、BSCアセットで借りて、rUSDをPolygonに送信してQuickSwapで新しいトークンを購入したり、その逆でPancakeSwapでトークンを購入したりできます。

 

仮想通貨RAMP (ランプ)の将来性

仮想通貨Compound(COMP)の将来性

 

RAMP (ランプ)は他のコインを購入するための資本を得るためにコインを売る代わりに、投資を維持し、そこから流動的な資本を抽出し、それを使用して新しい投資を購入することができます。

 

これは新しいタイプの貸付であり、RAMP (ランプ)のプラットフォームは開発が順調にいけば普及が進むはずです。

 

2020年8月に行ったトークンのプライベートセールではAlameda Research、XRP Capital、IOST等のVCから1億円以上の資金を集めることに成功しています。

 

仮想通貨RAMP (ランプ)の購入方法

仮想通貨を購入

 

RAMP (ランプ)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

上記いずれか好きな取引所で購入してOKです。

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でRAMP (ランプ)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインなどを送金する
  3. ビットコインなどでRAMP (ランプ)を購入する

 

なので、RAMP (ランプ)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

まとめ:RAMP (ランプ)は今後の需要の伸びが期待できる

まとめ:Kishu Inu(KISHU/紀州犬コイン)は第二のドージコインになる可能性がある

 

今回はRAMP (ランプ)について解説いたしました。

 

RAMP (ランプ)は、資産の運用効率を最大化するマルチチェーンDeFi貸付プラットフォームであるため、今後のDefi需要の伸びに応じてユーザーが増える可能性が高いです。

 

RAMP (ランプ)は2021年10月現在は約30円と非常に買いやすい金額ですので、試しに1万円分くらいを買っておくと将来利益が期待できるかもしれません。

 

RAMP価格

 

繰り返しになりますが、RAMP (ランプ)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、RAMP (ランプ)の将来性に期待して購入したいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

関連記事

コインチェックについてはこちらで紹介しています。

コインチェック
コインチェック(Coincheck)の評判は?メリット・デメリット、登録方法も解説

続きを見る

人気の仮想通貨SHIBA INUについてはこちらで紹介しています。

SHIBAINUrogo
仮想通貨SHIBA INU(SHIB)とは?概要・特徴や今後の将来性を解説

続きを見る

おすすめ取引所については以下で詳しく解説しています。

積立投資の始め方
【初心者向け】仮想通貨・ビットコインの始め方とおすすめ取引所3選

続きを見る

コインチェック
GMOコイン

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-MONEY
-, ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5