MONEY

仮想通貨Ontology(ONT/オントロジー)とは?概要や特徴・将来性を解説

ontTOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のOntology(ONT/オントロジー) について詳しく知りたい。Ontology(ONT/オントロジー) の特徴や今後の価格の見通し、どこで買えるのかを教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Ontology(ONT/オントロジー)の概要
  • Ontology(ONT/オントロジー) の特徴
  • Ontology(ONT/オントロジー)の展望
  • Ontology(ONT/オントロジー) の購入方法

 

本記事の信頼性

筆者は実際にOntology(ONT/オントロジー)や他の暗号資産(仮想通貨)を購入し、約200万円ほどの収益をあげています。その経験を基に本記事を執筆しています。

 

総資産推移

 

仮想通貨のOntology(ONT/オントロジー)ってどんな特徴があるんだろう?どこで買えるの?」と悩んでいませんか?

 

今回は実際にOntology(ONT/オントロジー)を保有しているぼくが、Ontology(ONT/オントロジー)の概要や特徴・将来性などを解説していきます。今回の記事を読むことでOntology(ONT/オントロジー)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Ontology(ONT/オントロジー)は現在国内取引所では取り扱いが無く、BINANCEなどの海外取引所を使う必要があります。

>>BINANCEで口座開設する

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、前もってコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

Ontology(ONT/オントロジー)の概要

ontTOP

 

Ontologyは、完全分散台帳とスマートコントラクト機能を併せ持つブロックチェーンを提供するプロジェクトです。ブロックチェーンについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

【ゼロから学ぶ】仮想通貨でよく聞く「ブロックチェーン」とは?

 

Ontologyのブロックチェーンを活用することで、異なるアプリケーションに違うブロックチェーンを適用することができます。

 

またOntologyは、複数のブロックチェーンの基盤としても機能します。

 

分散型フレームワーク、分散型データ交換プロトコルなど様々な分散型シナリオの基盤となり、共通したモジュールを提供します。

 

Ontologyは常に新しい共通モジュールの開発を継続することを宣言しています。

 

Ontologyは仮想通貨NEOに関係が深く、Binanceへの上場時にはNEOの保有者へONTが配布されました。NEOについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

暗号資産(仮想通貨)ネオ(NEO)とは?特徴や展望を解説

 

Ontologyの開発者は中国のOnchain社であり、Onchain社のCEOであるDa Hongfei氏はNEOの創業者でもあります。

 

つまり、Ontologyの開発環境はNEOと同レベルであり、信頼できる開発環境であると言えます。

 

Ontology(ONT/オントロジー)の特徴

クアンタムの今後の展望

 

Ontology(ONT/オントロジー)の特徴は以下のとおり。

 

  1. 高い処理能力
  2. 汎用性の高いブロックチェーンを提供
  3. NEOとの統合

 

①高い処理能力

 

OntologyはNEOのネットワークに関連しているため、高い処理能力が特徴です。

 

NEOは、国際送金システムの課題を解決する「リップル(XRP)」に匹敵する処理速度を誇るため、Ontologyにおいても同様の処理能力を有していると言えます。

 

リップルについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

【初心者向け】リップル(XRP)とは?特徴や今後の動向を徹底解説

 

②汎用性の高いブロックチェーンを提供

 

Ontologyはブロックチェーンをあらゆる場所で使用できることを目的としています。

 

Ontologyはあらゆる分野にブロックチェーン技術を提供しつつ、ブロックチェーンに関連する情報を統合して利用できるネットワークです。

 

スマートコントラクトを活用した契約事務などの他にも、あらゆるデータベースをブロックチェーンで連携できるため、ブロックチェーンでのデータ管理などの分野における導入が期待されています。

 

③仮想通貨NEOとの統合

 

Ontologyは将来的にNEOと統合される予定です。

 

つまり、NEOとOntologyは将来性や評価を共有していると言っても過言ではなく、Ontologyのブロックチェーン提供の普及は結果的にNEOの評価に繋がります。

 

Ontologyは異なるデータベース間の情報共有を可能にし、ブロックチェーン技術を持たない企業・プロジェクトなどに対して、ブロックチェーン技術を提供します。

 

さらにNEOは多様なプログラミング言語に対応しているため、活発な開発が期待できます。

 

そのため、OntologyとNEOの優れたブロックチェーンネットワークが普及することで、OntologyとNEOの技術が世界中にシェアを広げる可能性があります。

 

Ontology(ONT/オントロジー)の今後の展望

お金を追う

 

続いて、Ontology(ONT/オントロジー)の今後の展望について解説していきます。

 

  1. 大企業からの提携
  2. 中国政府との連携を予定

 

①大企業との提携

 

Ontology(ONT/オントロジー)はブロックチェーンの国際開発コミュニティである「Hyperledger」にも参加しており、現在ではIBMなどと共同して、ブロックチェーン技術の開発を進めています。

 

また、onchain社はアリババと提携しており、中国トップクラスの大企業であるFosun Groupからの融資を受けています。

 

このような世界的大企業との提携や出資を通じて、onchain社は良質な開発環境を確保しています。

 

そのため、Ontologyの今後の将来性は高いと言えます。

 

②中国政府との連携を予定

 

OntologyはNEOとの統合に加えて、中国政府との連携も視野に入れています。

 

つまり、Ontologyのブロックチェーン技術は将来的に中国政府と連携できるほどの高い信頼性を持つ可能性があるということです。

 

既に海外の最大手取引所である「Binance」に上場しており一定の信頼度は得ているため、今後他の取引所などに上場することも考えられます。BINANCEについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

BINANCE(バイナンス)とは?特徴やメリット・デメリット、登録方法も解説

 

複数の取引所への上場を経て、市場評価を獲得した後に中国政府と連携することも十分にありえます。おすすめの取引所については、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

【最終結論】仮想通貨の取引所5社を徹底比較【海外も紹介】

 

Ontology(ONT/オントロジー)の購入方法

仮想通貨を購入

 

Ontology(ONT/オントロジー)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。なので、以下の海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所

 

ぼくはBINANCEを使っています。Ontology(ONT/オントロジー)以外にも200種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、手数料が安いことなどから満足して使っています。

>>BINANCEで口座開設する

 

gate.ioも300種類以上の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っているので、オススメです。

 

ちなみに、海外取引所でOntology(ONT/オントロジー)を購入するという場合には、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入する
  2. 海外の仮想通貨取引所へビットコインを送金する
  3. ビットコインでOntology(ONT/オントロジー)を購入する

 

なので、Ontology(ONT/オントロジー)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

 

まとめ:Ontology(ONT/オントロジー)は将来性が高いので先行投資しておくべし

仮想通貨ICOを行う目的

 

今回はOntology(ONT/オントロジー)について解説してきました。

 

Ontologyは、NEOのネットワークを利用した仮想通貨ですが、ネットワークとしてのOntologyの開発はまだ始まったばかりです。

 

今後、中国政府が正式にOntologyを採用すれば、中国の仮想通貨市場への規制も緩和される可能性が高く、Ontologyの価格も一気に跳ね上がります。

 

Ontology(ONT/オントロジー)は2021年6月現在で65くらいと手ごろな価格なので、買いやすい今のうちに30,000円分くらいを先行投資しておくと将来爆上がりするかもしれません。

 

Ontology(ONT/オントロジー)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので、国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Ontology(ONT/オントロジー)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座開設する

 

初心者向けのビットコインの始め方・買い方についてはこちらで詳しく解説しています。

金鉱を掘る
【超簡単】ビットコインの始め方・買い方について解説【儲かる】

続きを見る

 

仮想通貨の安全な始め方については、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ。

PCでお金を稼ぐ
【おすすめ】初心者が失敗しない仮想通貨投資の方法【3つある】

続きを見る

 

※当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指しています。

コインチェック
GMOコイン

-MONEY
-, , , ,

© 2021 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5