CRYPTO

仮想通貨Astar Network(ASTR)とは?概要や特徴、将来性をわかりやすく解説

ASTR_TOP

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のAstar Network(ASTR)について詳しく知りたい。Astar Network(ASTR)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Astar Network(ASTR)の概要
  • Astar Network(ASTR)の特徴
  • Astar Network(ASTR)の将来性
  • Astar Network(ASTR)の価格推移
  • Astar Network(ASTR)の買い方

 

本記事の信頼性

筆者は実際にAstar Network(ASTR)を購入しています。さらに、暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Astar Network(ASTR)ってどんな暗号資産(仮想通貨)なんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

 

Astar Network(ASTR)はPolkadot(ポルカドット)のパラチェーンであり、世界的にも注目されている暗号資産(仮想通貨)です。

>>【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

 

今回は実際にAstar Network(ASTR)を運用中の僕が、Astar Network(ASTR)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでAstar Network(ASTR)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Astar Network(ASTR)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、少額の100円から購入できるビットフライヤーで購入しておきましょう。

 

\ 100円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

Astar Network(ASTR)の概要

出典:ASTR公式サイト

 

名称 Astar Network(ASTR)
時価総額 224位
取引所 BINANCE
価格(2022年4月時点) ¥29.35
時価総額(2022年4月時点) ¥61,073,578,628
公式サイト https://astar.network/

 

Astar Network(ASTR)はポルカドット(Polkadot)上でスマートコントラクト機能を実行し、Web3.0の実現を目指して開発された暗号資産(仮想通貨)です。

 

発行元のStake Technolosiesは日本人の渡辺創太氏がCEOを務めており、ギャビン・ウッドやサッカー選手の本田圭佑氏などから約25億円もの資金調達に成功。

 

2022年1月にローンチされた新しい暗号資産(仮想通貨)ですが、BINANCEGate.ioなどの大手取引所に上場を果たしており、世界中の投資家から大きな注目を集めています。

 

Astar Network(ASTR)の特徴

ASTR02-min

出典:ASTR公式サイト

 

Astar Network(ASTR)の特徴は以下のとおり。

 

  1. ポルカドット(Polkadot)のパラチェーン
  2. 日本発のパブリックブロックチェーン
  3. Defi/Web3.0関連のプロジェクト

 

①ポルカドット(Polkadot)のパラチェーン

 

Astar Network(ASTR)は、ポルカドット(Polkadot)のパラチェーンのひとつです。パラチェーンとはポルカドットのメインチェーンに繋がるブロックチェーンのこと。

 

ポルカドットは、異なるブロックチェーン同士に互換性を持たせる特徴があります。

 

ポルカドットのパラチェーンであるAstar Network(ASTR)を利用することで、ビットコインやイーサリアムなどの異なるチェーンでもポルカドットに接続可能になります。

 

②日本発のパブリックブロックチェーン

 

日本発のパブリックブロックチェーンであることも特徴のひとつです。

 

Astar Network(ASTR)の発行元であるStake Technolosiesは、ブロックチェーン関連事業を行う日本企業です。

 

CEOは渡辺創太氏で暗号資産(仮想通貨)に関する日本の法整備が遅いことを理由に、2020年に東京からシンガポールに本社を移転しています。

 

Astar Network(ASTR)は既にBINANCEやGate.ioなどの大手海外取引所に上場を果たしており、Jasmyと同様に世界に認められた暗号資産(仮想通貨)と言えます。

>>仮想通貨Jasmy(JMY/ジャスミー)とは?特徴や将来性、購入方法を解説!

 

③Defi/Web3.0関連のプロジェクト

 

Astar Network(ASTR)は、DeFi/Web3.0分野のプロジェクトです。

>>【初心者向け】Defiの始め方・やり方を画像付きでわかりやすく解説

 

ポルカドットはスマートコントラクト機能が無いため、DeFiプロジェクトが実行できませんでした。

 

そこで、スマートコントラクトを実行できるAstar Network(ASTR)がパラチェーンとなることで、Defi関連のプロジェクトを実行できるようになりました。

 

さらに仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなども可能になり、Web3.0領域もカバーしています。

>>Web 3.0とは?概要や特徴、代表的なサービスや仮想通貨を解説!

 

Astar Network(ASTR)の将来性

 

続いて、Astar Network(ASTR)の将来性について解説します。

 

  1. ポルカドットの需要増加
  2. 多くの企業からの出資
  3. 新たな取引所への上場

 

①ポルカドットの需要増加

 

今後多くのDappsやDefiプロジェクトがポルカドットを利用する可能性があります。


Astar Network(ASTR)によりポルカドットに以下の機能が追加されたからです。

 

  • スマートコントラクト機能
  • 他のブロックチェーンとの互換性
  • Dappsなどの開発



スマートコントラクト機能が実装されたため、イーサリアムチェーンを利用しているDappsやDefiプロジェクトでも接続が可能になりました。

 

ポルカドットの需要が増えることで、そのパラチェーンであるAstar Network(ASTR)のニーズも増加するでしょう。

 

②多くの企業からの出資

 

Astar Network(ASTR)は多くの企業や投資家からの出資を受けています。

 

一例を出すと以下のとおり。

 

  • Coincheck Labs
  • Alameda Research
  • Alchemy Ventures
  • Animal Ventures
  • Crypto.com Capita
  • 本田圭佑
  • ギャビン・ウッド

 

これだけ多くの企業が出資しているため、Astar Network(ASTR)の将来性が高く評価されていることがわかります。

 

さらに、Astar Network(ASTR)はMicrosoftとも提携を果たしています。

 

 

共同で支援プログラム「Astar Incubation Program」に取り組み、Web3.0分野の開発を行うスタートアップ企業を支援を行う予定です。

 

このような多数の企業からの出資、そしてMicrosoftとの提携によりAstar Network(ASTR)の実用性が評価され、価格への後押しになると考えられます。

 

③新たな取引所への上場

 

Astar Network(ASTR)は既に多数の取引所に上場しています。

 

 

特にBINANCEは上場時の審査が厳しいことで知られており、上場したことで将来性に一定のお墨付きが得られた形です。

>>【画像付き】BINANCE(バイナンス)の仮想通貨の買い方・購入方法を徹底解説

 

今後新たな取引所に上場する可能性もあるため、新規上場時には価格が上昇するかもしれません。

 

Astar Network(ASTR)は日本発のプロジェクトなので、国内取引所のコインチェックビットフライヤーなどに上場する可能性もあります。

 

Astar Network(ASTR)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

Astar Network(ASTR)の直近のチャートを見てみましょう。

 

 

当初は11円前後で推移していましたが、その後32まで急騰。

 

急騰の要因は以下のとおり。

 

  • Microsoftとの提携
  • 仮想通貨全般の上昇トレンド
  • 複数プロジェクトのローンチ情報

 

今後も引き続き注目を集める通貨なので、過去最高値を更新する可能性も大いにあるでしょう。

 

Astar Network(ASTR)の買い方・購入方法

 

Astar Network(ASTR)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

その他のおすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でAstar Network(ASTR)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. ビットフライヤーで仮想通貨を購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に仮想通貨を送金
  3. Astar Network(ASTR)を購入する

 

なので、Astar Network(ASTR)を購入したいという方は、ビットフライヤーの口座を開設しておきましょう。

 

\ 100円から購入可能!/

ビットフライヤー公式サイト

 

まとめ:Astar Network(ASTR)は今後の将来性が期待できる

 

今回はAstar Network(ASTR)について解説してきました。

 

Astar Network(ASTR)は日本発のパブリックブロックチェーンとして多くの出資を受けており、今後も価格上昇が見込めます。

 

さらに今後のDefiやWeb3.0分野の市場拡大により、Astar Network(ASTR)の需要が増加するはずです。

 

Astar Network(ASTR)はこのように様々な要因で今後も人気が継続すると思われるので、今のうちにチェックしておきましょう。

 

また、Astar Network(ASTR)を購入するためには海外取引所を使う必要があるので、送金が簡単なビットフライヤー公式サイトをチェックしてみましょう。

 

\ 100円から購入できる!/

ビットフライヤー公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5