CRYPTO

仮想通貨Moonbeam(GLMR)とは?概要や特徴、将来性・買い方について解説

 

悩んでいる人
暗号資産(仮想通貨)のMoonbeam(GLMR)について詳しく知りたい。Moonbeam(GLMR)の特徴や将来性、買い方を教えてほしい。

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • Moonbeam(GLMR)の概要
  • Moonbeam(GLMR)の特徴
  • Moonbeam(GLMR)の将来性
  • Moonbeam(GLMR)の買い方

 

本記事の信頼性

筆者は実際にMoonbeam(GLMR)や他の暗号資産(仮想通貨)を運用しています。暗号資産(仮想通貨)の情報発信ブログで月7桁の収益を得ており、その経験を基に本記事を執筆しています。

 

Moonbeam(GLMR)ってどんな仮想通貨なんだろう?どこで買えるの?」と疑問に思っていませんか?

 

Moonbeam(GLMR)はブロックチェーンプロジェクト「ポルカドット(Polkadot)」の「パラチェーンオークション」で2番目に接続枠を獲得したプロジェクトとして知られています。

 

今回は実際に仮想通貨を運用中のぼくが、Moonbeam(GLMR)の概要や特徴・買い方などを解説していきます。今回の記事を読むことでMoonbeam(GLMR)に関する理解が深まるはずです。

 

また、Moonbeam(GLMR)は国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になるので、あらかじめコインチェックで購入しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

Moonbeam(GLMR)の概要

 

名称 Moonbeam(GLMR)
時価総額 120位
取引所 BINANCE
価格(2022年3月時点) ¥330.24
時価総額(2022年3月時点) ¥66,236,162,745
公式サイト https://moonbeam.network/

 

Moonbeam(GLMR)は、PolkadotのEthereum互換のスマートコントラクトパラチェーンです。

>>【仮想通貨】ポルカドット(DOT)とは?概要・特徴などを解説

 

イーサリアム開発ツールを使用して、基板ベースの環境でSolidityプロジェクトを簡単に開発することができます。

 

MoonbeamはEthereumのWeb3 RPC、アカウント、キー、サブスクリプション、ログなどを使えるようにするための、高度に専門化されたレイヤー1チェーンです。

 

Moonbeamプラットフォームは、オンチェーンガバナンス、ステーキング、クロスチェーン統合などの追加機能を使用し、イーサリアムの機能を拡張します。

 

Moonbeam(GLMR)の特徴

 

Moonbeam(GLMR)の特徴は以下のとおり。

 

  1. Solidityスマートコントラクト
  2. H160アカウントとECDSA署名
  3. パブリッシュ/サブスクライブ機能

 

①Solidityスマートコントラクト

 

特別な作業を必要とせずに、既存のスマートコントラクトをSolidityを使ってPolkadot環境に展開することができます。

 

SolidityはEthereum(イーサリアム)上で使用できる開発言語です。

>>【初心者向け】仮想通貨イーサリアム(ETH)とは?特徴や仕組み・購入方法を解説

 

SolidityはJavaScriptに似ているため、JavaScriptの知識があればSolidityを利用してEthereum(イーサリアム)上で動くプログラムを書くことができます。

 

そのため、初心者でも比較的簡単に開発がしやすいのが特徴です。

 

②H160アカウントとECDSA署名

 

H160アカウントとECDSA署名に対応しているため、開発者は特に変更を加えることなくパラチェーンに接続できます。

 

H160アカウントとはブロックチェーンアドレスのことであり、ECDSA署名はトランザクション検証に使われる署名です。

 

これらにより、特に新しいアカウントなどを必要とせずに、既存のSolidity APIとスマートコントラクトをスムーズに移行することが可能です。

 

③パブリッシュ/サブスクライブ機能

 

パブリッシュ/サブスクライブ機能により、利用者が発行者から情報をメッセージで受け取ることができます。

 

契約イベントやトランザクション、残高などに関する最新情報が定期的に発信されるので、自分から情報を取りに行く必要がありません。

 

Moonbeam(GLMR)の将来性

 

続いて、Moonbeam(GLMR)の将来性について解説します。

 

  1. BINANCEに上場済
  2. 6.6億円の資金調達に成功
  3. 様々なプロジェクトと提携

 

①BINANCEに上場済

 

Moonbeam(GLMR)は、海外の大手仮想通貨取引所であるBINANCEに上場を果たしています。

>>BINANCE(バイナンス)の手数料はいくら?手数料を安くする方法・他社比較を解説

 

BINANCEは上場時の審査が厳しいことで知られており、そのBINANCEに上場したことで実用性に一定のお墨付きが得られた形です。

 

今後他の取引所に新規上場する可能性もあり、その際にはさらなる価格上昇が期待できます。

 

②6.6億円の資金調達に成功

 

Moonbeam(GLMR)を開発するPureStake社は600万ドル(6.6億円相当)の資金調達に成功しています。

 

 

この投資には以下のような有名VCが多数参加しており、将来性を高く期待されていることがわかります。

 

  • Coinbase Ventures
  • Fenbushi Capital
  • Hypersphere Ventures
  • Signum Capital

 

この資金を元手に人材の雇用や、セキュリティ監査の実施、アジア市場におけるマーケティング活動などを活発化するとのこと。

 

資金調達で苦労するプロジェクトも多い中、6.6億円もの資金調達に成功したMoonbeam(GLMR)は頭一つ抜きん出た存在と言えるでしょう。

 

③様々なプロジェクトと提携

 

すでに多くのプロジェクトがMoonbeam(GLMR)のチェーンを利用して構築されています。

 

一例は以下のとおり。

 

 

見ての通り、有名プロジェクトが多いためMoonbeam(GLMR)の実用性が評価されていることがわかります。

 

仮想通貨Moonbeam(GLMR)の価格推移

仮想通貨Klaytn(KLAY)の価格推移

 

仮想通貨Moonbeam(GLMR)の直近のチャートを見てみましょう。

 

 

2022年1月にバイナンスに上場した影響で約420円まで急騰。

 

その後は価格は落ち着いて200円~300円台で推移しています。

 

現在は暗号資産(仮想通貨)全般が下落トレンドにあるので、上昇トレンドへ転換した際には400円台への到達が見込めるでしょう。

 

Moonbeam(GLMR)の買い方・購入方法

 

Moonbeam(GLMR)は残念ながら国内取引所では取り扱いがありません。以下の海外の仮想通貨取引所で購入できます。

 

 

おすすめ海外取引所として自分はBINANCEを使っています。BINANCEは以下のようにメリットが非常に多いため満足して使っています。

 

  • 手数料が安い
  • Defiにも対応
  • NFTも取り扱う
  • 100種類以上の銘柄を取り扱う
  • ステーキング・レンディングなど運用方法が豊富

 

今後、仮想通貨投資を継続したいと考えている方にとってはBINANCEは必須の取引所になるので、早めに口座開設しておきましょう。

 

当ブログからの申込者限定で以下のリンクから口座開設すると取引手数料の10%が永久にオフになります。

 

BINANCEで口座開設する

 

ちなみに、海外取引所でMoonbeam(GLMR)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

 

そのため、まず国内取引所で仮想通貨を購入して、その仮想通貨を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所にビットコインを送金
  3. Moonbeam(GLMR)を購入する

 

そのため、Moonbeam(GLMR)を購入したいという方は、コインチェックの口座を開設しておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

まとめ:Moonbeam(GLMR)は今後さらなる成長が期待できる

 

今回はMoonbeam(GLMR)について解説してきました。

 

Moonbeam(GLMR)はポルカドットのパラチェーンを利用しているため、ポルカドットの発展と共に成長が見込まれます。

 

Moonbeam(GLMR)は2022年3月現在で320くらいと激安なので、少額の資金大量保有できるので値上がり時の利益が期待できます。

 

 

繰り返しになりますが、Moonbeam(GLMR)は海外取引所でしか購入できず、海外取引所は日本円が使えないので国内取引所から仮想通貨を送金する必要があります。

 

なので、Moonbeam(GLMR)を買いたいという方は、コインチェックで口座を開設して購入用のビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買っておきましょう。

 

\ アプリダウンロード数No.1/

コインチェック公式サイト

 

コインチェック
bitflyer

当サイトで使用する「仮想通貨」とは「暗号資産」を指します。

-CRYPTO
-, , ,

© 2022 ふぁふぁぶろ Powered by AFFINGER5